© 講談社

男の名前はシロウ――。 毎日が退屈で、イラツいて、何もかもに意味を見出せなかったシロウの前に、ある日突然、空から女の子が降ってきた。シロウはルーシーと名乗る不思議なその彼女と過ごす時間に充実したものを感じていた。しかしある夜の事件をきっかけにルーシーは姿を消し、シロウ自身も巨大な運命の波にのみこまれてゆく……!!

THE END

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

THE ENDのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    ウシジマくんにはまって、全巻購入してみた。確かに読み始めは絵が荒く感じたけれど、主人公の純粋さが心に沁みる。そして、謎解きがすすむほどに、ぐいぐい引き込まれた。この作者ならではのキャラクター満載で、決して明るくはない話なのに、よくできたハリウッド映画のような爽やかさがある。

  • 60

    manga_review

    ストーリーは面白かった。
    格闘シーンも勢いのある描写で迫力があった。
    また登場人物達は個性豊かで謎が多く、続きが気になる。

    ストーリーのラストに向かっていく描写も良かった。
    しかし物語としてのオチにあまりインパクトがなかったのが残念。

  • 40

    cmoa

    ウシジマ、スマグラーが好きで真鍋先生の過去作見たくて買いましたが…
    絵がまだ粗すぎる
    スマグラーぐらいの雑さなら大丈夫なんですが、これは1話から粗すぎないですか…

    1話買って次買ってません

  • 60

    manga_review

    この作者独特の空気が好きならこの作品も楽しめると思います。

    戦闘シーンも、絵の荒さも手伝ってなかなかスタイリッシュ。

    間違いなく普通の漫画ではないです。

  • 80

    cmoa

    引き込まれました!ウシジマくんとはまたちがったかんじ!切なくなりました。うまく裏切られました!

ネット上のイメージ

恋愛
独特
切ない
教師
日常

イメージの近い作品(ランダム)

  • 「先生、おしえて。」 プチデザ
    友達にも言えない恋、しちゃった…! 「ザデザート」で大人気を博したちょっぴりカゲキで純粋な、先生と生徒のオムニバス禁断ラブストーリー、エピソード1。カラダでしか人とのつながりを感じることができないアタシ。ある日学校で、彼氏とのHな場面を三上先生に見られてしまい…。見逃してくれたかわりに先生がアタシに命令したことは!? 先生、おしえて…好きな人とのHってどういうものなの?
  • 恋愛戦略家
    恋愛成就に必要なもの? それは、きっと先を見据えた上手なかけ引き――。社内の便利屋で、お人好しの先輩・津川(つがわ)の意外な一面を知った松実(まつみ)は!? みんなの盛り上げ役に徹する詠美(えいみ)。そんな彼女を認めてくれたのは、彼氏ではなく…。など、こんな恋が始まるなら、罠にハマるのも悪くない!! ドラマティックなオトナのリアルラブストーリー集!「恋愛戦略家」、「キミにだけ秘密」、「ふたり暮らし」、「彼の好きなヒト」の全4編収録。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • Paradise Kiss
    塾と学校の往復だけだった受験生の紫(ゆかり)が、はじめて足を踏みこんだ場所はパラダイス!? あの「矢澤芸術学院」とアトリエを舞台に繰り広げられる、恋とミシンとステージのハッピーストーリー。2011年、待望の実写映画化!
  • 波よ聞いてくれ
    舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

イメージの近い作品(最近)

  • 小津くんのヰタ・セクスアリス
    30歳にして彼女なし。それどころか夢見がちな恋愛観のせいで、いまだ童貞の小津くん。それが人生最大の恥にして秘密だったのに、超イケメンの友人・蘭にうっかりばれてしまう。動揺する小津くんだったが、蘭も女性経験はないと知り、イケメンでも童貞なんだと安心したのに――!?
  • 天井の下
    なにげない日常が、こんなにもいとおしい・・・ 4人の女性の日常にある、それぞれの恋模様。 さりげない台詞が妙に心に残る。等身大の恋愛模様を描かせたらピカイチの著者・南Q太の会心作。 男子高校生、松平一雅(まつだいらかずまさ)の日常を描いた「さすらい」も同時収録。