© KADOKAWA

文明と緑の共存という理想を掲げた緑化都市、風祭市。そんな平和な街で、神戸小鳥、吉野晴彦らとともに平凡な学生生活を送っていた天王寺瑚太朗は、街で囁かれているオカルトチックな噂を調べるバイトを始める。しかし、それが常識を覆す大きな謎に繋がっていき……。大人気ゲームブランド・Keyが贈る人気タイトルをコミカライズ!!

Rewrite:SIDE-B

Key(著)
| KADOKAWA(出版)

立ち読み

Rewrite:SIDE-Bのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

9件のネット上の評価があります

  • 80

    amazon

    Rewrite最初のコミカライズ。製品版発売前から連載開始し、(製品版が発売延期したこともあり)この漫画の単行本さえ製品版より前に発売されました。当初の製品版発売日を見ると、同時に出す予定だったんだろうなぁと思います。内容はよくあるゲームのコミカライズという印象。原作では見られなかったちはやの「さくらんぼ」が見られるのは人によっては嬉しいかもしれません。連載時点で既に体験版は出ていたはずですが、ところどころ違和感のある箇所あり。特に小鳥が自分から(=瑚太朗を介さず)ちはやと接近し、いきなり「ちーちゃん」呼びするのは違和感が強かったです。静流も初対面で特に話してもいない小鳥・ちはやと「交流したい」と言い出すなど、二人とも人見知りとは思えません。ちはやはキャラが違うという事はないのですが、原作と違い遅刻も段ボールが破けるのも瑚太朗が関わっていないのに、原作同様「瑚太朗のせい」と思ってしまうのはちょっと…これではちはやの被害妄想になってしまっています。「ちはやの瑚太朗に対する印象は最悪」という点は重要であるのは間違いないですが、それなら原作同様、初対面時のちはやの不幸は瑚太朗のせいにしないといけないと思うのですが。小鳥が「機動力あふれる小型高機能少女」ってそんなイメージ全然ないのですが…最初、静流のこと言っているのかと思いました。後今宮ですが、回想でチラッと出てくるだけなのでわかり辛いのですが、眼鏡かけていないような?作画ですが…他の方のレビューだと好評ですが、個人的には今一つ。東条さんには大変失礼なのですが、雑な気がします。特に扉絵の小鳥はコレジャナイ感が。瑚太朗がリライト使う場面など、演出が今一つと思うところも。粗探しみたいになってしまいましたが、全体的には無難に原作を表現しているので、特にダメという事はないです。細かい描写以外はたいてい原作通りですが、そもそも原作発売前から連載しているのでそれは予定通りでしょう。例の選択肢を見ると静流ルートっぽいと思いますが、これからどういう風に話を進めていくかは期待しています。

  • 100

    amazon

    keyのゲームRewriteのコミカライズである。基本的にはゲームと同じでオカルト研究会の面々が集まるまでが描かれる。同先生がリライトの初回特典冊子に載せた漫画を見てこのコミカライズに興味を持ったので読んでみた。絵がとても可愛らしい上に原作では分からない動きや表情の変化が読み取れるので漫画版としては理想のものではなかろうか。また、原作ではちょっと人と距離を置いていた小鳥だが、この漫画版ではあまりそうは感じさせず、瑚太郎とのやりとりはほんわかとした気持ちにさせてくれる。漫画ということで気軽にリライトの世界に浸れるこの本は、リライトを知っている人にも知らない人にもオススメのコミックである。ちょっとネタバレを含むが、一点だけ個人的に残念だったのが今宮と会うシーンが一コマだけですっ飛ばされており、彼が一度きりのモブのような扱いだったことか。リライトの全容を考えると、裏路地での瑚太郎と今宮の出会いは大切な場面であったはずだが、この本が出たのは原作の製品版発売前。敢えてさらっと流したか、それとも作者にも情報がわたっていなかったのであろうか。。。

  • 80

    amazon

    原作に興味があり、購入しました。体験版は未プレイでしたので、こういうオカルト要素のある内容とは思っていなかったので意外でした。ストーリーに関しては未読の方に配慮して詳しくは書きませんが、作画がいいです。久しぶりに表紙買いして正解だと思いました。女の子は可愛らしく、男の子も可愛く…繊細なタッチで描かれており、好感が持てました。個人的にこう言ったアニメやゲームがコミカライズした場合作画に不満を抱く事が多いのですが、今回は問題なく読む事が出来ました。ちはやが可愛いです。ゲームにも興味が持てました、発売したら購入してみたいと思ってます。☆−1の理由は時折何が起こっているのか?場面展開が解りにくい場面があり、少々難点を感じました。ネタバレになるので細かい描写は避けますが…主人公が夜うなされているシーンなど、その後のキャラクターの会話で「そいういう場面だったのか」とようやく理解に至る事ができる場面が何箇所かあり、−1とさせていただきました。

  • 60

    amazon

    絵は可愛いんですが、ちょっと1コマに情報を詰め込みすぎて、「コマの流れで動きを見せる」という感じが希薄に思えます。ひとつのシチュエーションに対して、もう少し腰を落ち着けて描いた方がいいんじゃないかな、と。あとは吹き出し外のオマケ的台詞が多いので、ごちゃごちゃして見えてしまうのが残念。原作にある台詞を詰め込みたい気持ちは解るんですが、もう少し台詞を厳選した方がテンポ良く読めるかも。キャラの魅力は存分に感じられるので、今後の期待を込めて☆3つ。

  • 100

    amazon

    表紙買いしました。絵がとても綺麗で可愛くて自分好みです!この1巻は世界観や主要キャラの紹介を主にしてますがなかなか楽しめました。そしてこれから面白くなりそうで続きが気になります。絵も終始綺麗でとても安定しています。原作ゲームは発売延期となってしまいまだ発売していませんが、気になる方は読んでみてはどうでしょうか?また表紙の絵が良い!と思った方も読んで損は無いと思います。

  • 100

    amazon

    東条先生の絵も男子女子含め可愛いし、綺麗で描き下ろしの私服遊びが可愛かったです話も笑えるところは声を出すほど面白かったしホラーな所も割りとグロくなくて良かったですちなみにお気に入りのキャラは全員なんですが瑚太郎と小鳥と吉野が可愛いし面白かったですkeyのRewriteのホームページを見なくても多分楽しめると思います文章ヘタですみません・・・

  • 100

    ebj

    ゲーム未プレイですが、作家さんの絵が好きなので購入。東条さかなさんのコミックは初めて読みましたが、正解でした!まず表紙と中身の絵にほとんど差が無いことに感動。(こういうコラボものだと表紙は綺麗...

  • 100

    amazon

    もともと、東条さかなさんの絵が大好きでこの本を買いました。キャラクターが可愛く続きが気になる内容になっています。

ネット上のイメージ

可愛い
綺麗
教師
女の子
男の子

イメージの近い作品(ランダム)

  • 愛してるよバイバイ。
    超名門高校で「囚人」のような高校生活をおくる宇理が修学旅行で出会った男の子・ソラは破天荒な自由人。なんと修学旅行の団体行動から、宇理を奪取。宇理の黒髪が本当は「金髪」を染めていることを見抜いたソラは宇理に「本当の姿をみたい」とお願いする。たった一晩しか一緒にいられなかった二人。新学期、宇理の学校に意外な人物が入学してきた…。今、2人の運命の恋がスタートする!!
  • 君は、オレが好きだって言ったらどんな顔するだろう。
    今、1番片想い片想い男子の恋を描く、白石ユキ最新作!!Sho-Comi本誌でも話題沸騰中!バスケ部を舞台に、完璧男子の不完全な恋にきゅんきゅん!!モテモテなイケメン高校生・神崎颯士の悩み・・・それは初めてときめいた相手があろうことか「男子」だってこと!!どうして、こんなにモテてるのに初恋が「男子」なんだ!?そのお相手・朝比奈湊のバスケに打ち込む姿に惹かれていく・・・。でも、「彼」には、とんでない秘密があった!?初めての恋に悶える完璧男子の片想い純恋ストーリー開幕!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 僕から君が消えない
    憧れの榛名(はるな)先生のいる高校に入学!今日から毎日、先生と一緒!ワクワク気分のほたるだけど、入学早々、嫌なヤツと会っちゃった!なんと、その男の子・康佑(こうすけ)は、先生の弟!強引な人は苦手…と避けてたのに、嫌がらせされたほたるを助けてくれた。優しい姿にドキドキしたほたるは…!?
  • あくまで恋しよう
    女癖サイアクの兄の悪行の因果か、恋愛迷子の女子高生・ナルミ。親友の付き合いでウォッチングしていた人気読モの同級生・セナくんの爽やかで誠実な「天使」の横顔に、恋におちてしまう彼女。でも、誰もいない放課後の教室で、彼の「悪魔」な素顔を知ってしまって…? 秘密を持った男の子と秘密を知った女の子の、運命の恋を描くピュア・ラブコメディー!

イメージの近い作品(最近)

  • 君さえも愛の鎖
    幼なじみの美桜乃(みおの)と祥太(しょうた)。互いの気持ちに素直になれない…。そんな2人に、陰陽師の血を引く化学教師・薫丸は「美桜乃が運命の恋人と出会っていて、それがもう1人の美桜乃を呼び覚ます」と予言。その言葉が発端となったかのように、祥太の体の中に鬼が入り込んだ。時を超えた運命の輪が、回り始める…。
  • ラブ・トランス
    黒川夕美香は同じクラスの廣見紺がどーも苦手。カッコよくてモテる彼はすぐにからかうようなコトを言ってきて、どう反応したらいいかわからなくなるから。そんな時、さりげなく助けてくれるのが同じクラス委員の金谷守。優しくて人望のある彼は地味でさえない夕美香とも普通に接してくれるけど…。二人の男の子の間で揺れる乙女ゴコロを描いた表題作他5編を収録した胸キュン&H満載の著者初コミックス!!