© マッグガーデン

誰も未だ見たことのない、狡噛慎也の物語――。 (C)サイコパス製作委員会

PSYCHO-PASS 監視官 狡噛慎也

| マッグガーデン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

PSYCHO-PASS 監視官 狡噛慎也のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

10件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメ・劇場版をみてからの購入です。

    絵も綺麗で全く違和感なく読めました。

    その後アニメの中で関係してくる人物などの名前があって、テンション上がりました。

    「深淵を覗く時深淵もまたこちらを覗いている」
    アニメの中で、この言葉をとっつぁんが言っていたが、和久さんの言葉でもあったのかという発見もある。

    和久さんの「君が怪物とならないことを」と狡噛に対するその願いに、アニメ・劇場版を経ての狡噛の未来を知っているからこそ、切なくて悲しくて何とも言えない気持ちになった。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 狡さんが監視官になるお話。なんでこのサイコパスシリーズは涙なくして読めないかなあ・・・。「いい猟犬は飼い主の言うことを聞くものです」と言って執行官を逃がしたり、狡さんのチームはちょっと失うものが多かったな。

  • 100

    cmoa

    アニメから入ったのですが、現在放送中の2期にも、影響を及ぼす存在の噛慎也の新人時代のストーリー。執行官になるまでの、彼の変化が描かれて行くのか、楽しみです。

  • 100

    cmoa

    狡噛さんがうどん食べて、汁がギノさんのメガネに…
    なんて、ラジオで言ってたシーンがあって面白かったです(*`・ω・)ゞ

  • 100

    cmoa

    このシリーズ、全部好き!
    最初は慣れない用語?にちょっと難しいなと思ってましたが、すぐハマりました。

  • 100

    cmoa

    狡噛慎也が監視官時代の話です。
    サイコパスのファンとしては欠かせない作品です。
    狡噛慎也が暴れます!

  • 80

    cmoa

    皆の表情筋があまり動かないのでうーんって感じはありますがストーリーは5巻からが特に面白かったです

  • 100

    cmoa

    監視官時代のことが詳しく描かれており、ファンとしては大満足です!OVA化してほしいくらいです!

  • 80

    cmoa

    10月からアニメの2期も入っている「PSYCHO-PASS」の小説版?だと思います。

  • 80

    cmoa

    アニメでは見れなかった裏側ですね!アニメからハマり漫画も買ってます過去話好きです。

ネット上のイメージ

感動
切ない
刑事
モンスター
綺麗

イメージの近い作品(ランダム)

  • キミと、世界が終わるまで
    孤独な少女・なつめが唯一心を許せるのはクラスの変わり者・節。なつめはずっと彼からもらった携帯の空メールの意味を考えていた。彼が、事故で亡くなる直前に送ったメールを――。織田綺が贈る、涙が止まらない極上ラブストーリー!!
  • 同棲ゲーム【単行本版】
    【※この作品は話売り「同棲ゲーム~エロメンが教える本当にすごいセックス~」の単行本版です】「練習は、ハグにする?キス?それとも……?」官能小説家なのにSEXシーンを書けないしほり。偶然知り合った宿無しイケメン俳優・コウの提案で恋愛テクニックを教わる代わりに同棲生活を始めることにしたのだが……?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 毒姫
    87 毒姫
    幼い頃から体内に微量の毒を取り込むことによって、体液が猛毒と化し、敵国に寵姫として送られる毒姫。彼女達の使命は王族の暗殺…失敗は死を意味する――!?待望のコミックス第1弾!!
  • それから、君を考える
    高3の夏。幼馴染みの同級生。口にできない想い。娯楽も何もない退屈な田舎町。そんな町で幼い頃から共に過ごしてきたタカシとヤスは、高校生になった今でも一番の親友同士。しかし、ヤスはタカシに友達以上の感情を抱いていた。想いを口にできないまま季節は受験シーズンへ突入し、そこでタカシから東京の大学に受験することを打ち明けられる……。思春期の揺れる気持ちを繊細に描いた、小松・渾身のデビュー作!

イメージの近い作品(最近)

  • テガミバチ
    夜が明けることのないAG(アンバーグラウンド)という名の地。首都を照らす人工太陽の光も届かない危険な土地で人々のテガミを届ける仕事があった。命を賭してテガミに託された“こころ”を運ぶ彼らを、人はテガミバチと呼んだ!
  • ちいさこの庭
    “ちいさこ”と人が紡ぐ、大人のための童話森に棲むといわれる“ちいさこ”たち。絵本好きな少女、恋愛小説家と編集者、引きこもりの男子中学生……生きる時代も性別も立場も違う人間たちが“ちいさこ”に出会い--?“ちいさこ”と人間の不思議な体験が詰まったファンタジックオムニバス