© 講談社

あなたの会社の社長も読んでいる…!?ビジネス書でも、社会学の本でもありません。いわゆるただの4コマ漫画です。とある会社の総務課を舞台に繰り広げられるOLたちの華麗なる?日常。

OL進化論

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

OL進化論のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

23件のネット上の評価があります

  • 70

    manga_review

    4コマギャグ                                                              OLに関するあるあるネタだが男でも納得できる                                              毎回安定して楽しめる シンプルでかわいらしい絵もよい                                          長期連載でありながら常に進化をつづけている作品      

  • 80

    sakuhindb

    【良い点】長期連載でもちゃんと時代に合わせているところ。キャラクター。あるあるネタ。【悪い点】社長やレイコさんが出てこなくなったこと。(好きだったのに)【総合評価】特殊な能力をもったわけではない人たちの普通のお話。それでもおもしろいのは作者の力ですね。初期のころを読むと30手前になるとすでに「おばさん」な感じでしたがいまではそんなこといったらぶん殴られますね。長期連載でも安定したおもしろさを保つ漫画だと思います。

  • 80

    sakuhindb

    OLのジュンちゃんを筆頭にOLの日常を描いた4コママンガです。個人的には優秀な社長秘書「礼子さん」が気に入っています、空気は読めるし、優秀だし雲の上の人ですね。うらやましいと心底思えるキャラクターだと思います。「35歳で独身で」シリーズも身につまされるリアリティが・・・。(あっ、目に涙が出てきそうな感じが・・・・。)ジュンちゃんの上司もいい味出しています、あの飄々としたところと突っ込みぶりがいいですね。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最初に読んだのが高校生の頃で、当時「OLってこんな暇なの?」って思いましたね。

    今読むと、パソコンがデカかったりバブルっぽい話とかあったり、若い人には分からないかもしれない。

    とりあえず「結婚相手は選り好みしないでおこう」と強く思ったあの頃です。笑

  • 60

    cmoa

    これも面白いですよね。秋月氏が会社勤めの経験がないと聞いてびっくりするくらい自然に描かれています。まあ今の世相とはちょっとあわないかもしれませんが、これもトイレにおいておきたい作品ですね。秋月氏のポリシー(ご本人は画力がないからなどと謙遜されてますが)か下ネタに走らないのもポイント高いところです。

  • 60

    sakuhindb

    これも面白いですよね。秋月氏が会社勤めの経験がないと聞いてびっくりするくらい自然に描かれています。まあ今の世相とはちょっとあわないかもしれませんが、これもトイレにおいておきたい作品ですね。秋月氏のポリシー(ご本人は画力がないからなどと謙遜されてますが)か下ネタに走らないのもポイント高いところです。

  • 100

    cmoa

    四コママンガほど難しいものはない、と私は思っています。長編にしてもおかしくないネタをこんなに短くまとめるのは至難の技。
    しかし、この作品は惜しげも無くしかもコミカル、かつ、ほのぼのだったり、問題提起だったり。
    疲れた日に読んで、ニヤリとして、また明日頑張ろうと思える作品ですよ。
    オススメ!

  • 100

    cmoa

    あるある話で結構楽しい作品だと思います
    ずぼらな主人公のジュンちゃんに重なる自分がこわい(笑)

    作者が男性だとこんなOLいないよ、っていうことも多いけど、さすがは女性が描いてるだけあっていいとこついてます

    肩肘はらず楽しくサクサク読めますね。

  • 100

    cmoa

    このコミックは最高!4コマ漫画ですがじっくり読んでオチが分かるって感じです。じゅんちゃんのボケぶりも可愛らしいですし、課長のぽーっとした感じもほのぼのします。課長一家の4人が揃うと、こんな家庭っていいな、と思えます。

  • 60

    manga_review

    感動する性質の漫画ではないが、すばらしい作品である。作者の目の付け所やその切り口には、ただただ舌を巻く。

    つまらない新聞の4コマよりこの作品の方がはるかに、社会を風刺できている。

  • 60

    cmoa

    安定のキャラクターたちに世界観。よい箸休め。
    だけど、初期のころは主人公がジュンちゃんじゃないっぽい?のにビックリ!!どれくらいから今の感じになったのか地味に気になりました(笑)

  • 60

    cmoa

    どちらかというと『あるある』ネタが多くて、大爆笑よりもクスッと笑えるので安心して読める感じです。
    OLさん達の元気な、ちゃっかりした感じが今も昔も変わらないなぁと思います。

  • 80

    cmoa

    この作品、大爆笑という作品では無いが、思わずクスリと笑ってしまう作品。登場人物達の明るさ、奔放さ、お茶目がナイス!の一言。

  • 60

    cmoa

    どこかにいそうな癖のあるOLたちが主人公の四コマ漫画です。テンポ良く、ちゃんと落ちかあります。途中の巻からでも読めますよ。

  • 80

    cmoa

    読めるお気楽な四駒。
    誰でも普段感じたり、やらかしたりしてることが、ネタになってるので、爆笑というよりはクスクス笑える

  • 80

    cmoa

    思いっきし笑える!ってのとは違うけど、現実ちっくな、実際ありそうな愉快な話で、なごんでしまう。息抜きにいいかも。

  • 80

    cmoa

    読んでて、あるある!って共感出来る部分も多く、面白いです。
    読みやすく、何も考えずに読めるので好きです。

  • 80

    cmoa

    あるなぁ、とクスリとくる作品です。こういう事するの私だけじゃないんだと思う内容もあり、楽しく読んでます

  • 60

    cmoa

    仕事だけじゃない、OLの生活が垣間見れて面白い!
    分かる!とか私も!って共感できる話ばっかり!

  • 100

    cmoa

    すっごく笑えるというわけではないんだけど、とてもなごめます。息抜きにちょうどいいです。

ネット上のイメージ

感動
お仕事
日常
ギャグ
リアリティ

イメージの近い作品(ランダム)

  • CAとお呼びっ!
    イイ女になりたくてCAになったのに、仕事はキツくて安月給。男にモテたためしもなく、今夜もサエは、同僚の恵やユカに愚痴をこぼしまくる。そんなサエがCAになろうと考えたのは、大学一年の春のこと。当時、田舎から出てきたばかりのダサい女だったサエが、初めての合コンの席で“肉じゃが”にまつわる大恥をかかされたことがキッカケらしく…。昔、空飛ぶイイ女。今じゃただの肉体労働。CA=客室乗務員の魂の叫びを聞けっ! ポストバブルを生き抜くイマドキCA・山田紗依の、金、オトコ、幸せは…!?
  • ユキポンのお仕事
    発端は、酔ったご主人様の一言だった。「おまえに食わせるメシはない。自分で稼げっ!」 クズで酒飲み、おまけにふしだら。6畳1間のフリーターご主人・あけみちゃんのために、超ケナゲな働き猫・ユキポンが、今日も一生懸命働きます。後に、第31回日本漫画家協会賞新人賞受賞。および、まさかのTV実写化を果たす和み系ネコ漫画の傑作。輝かしき(?)ユキポンの職歴は、ここから始まった! 読者投稿・ユキポン川柳も収録。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • さよならもいわずに
    「祈りのような清々しささえもたらす」夏目房之介、絶賛。『このマンガがすごい! 2011』第3位、『このマンガを読め!2011』第3位、第14回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品、マンガ大賞2011第6位…現代を代表する漫画として高い評価を受け大ヒット。幸せな家庭を築いていた漫画家に突如訪れた悲劇、妻の死。最愛の人との最後の日々を、繊細で果敢に描き尽くすドキュメント。
  • ガイコツ書店員 本田さん 1
    (業務と)戦うガイコツ書店員、本田さん!! コミック売り場がこんなに笑える職場だなんて聞いてない!? 爆笑必至の本屋さん実録お仕事マンガ☆

イメージの近い作品(最近)

  • 暴れん坊本屋さん
    切なくも心暖まる作品を描くマンガ家久世番子。実は彼女にはもうひとつの顔があった!ある時は自分のコミックスを大量に発注し、ある時はマナーの悪い立ち読み客を呪い、ある時は注文した本が届かないとぼやく。そう、彼女は「暴れん坊本屋さん」だったのだ!!マンガ家兼書店員の久世番子が本屋さんの本音や裏話を描いた赤裸々エッセイコミック登場!!
  • ウチのダンナはサラリーマン山伏
    山伏とは「山野に起き伏して修行するお坊さん」のこと。天狗の元になったくらいだから、とっくにいなくなったものだと思っていたら…いるんです! しかも東京のコンクリート・ジャングルに! 修験道オタクが高じて、週末だけ山伏になったサラリーマンと結婚! あのキモカワキャラ『あおくび大根』の作者がおくる、究極のバチあたりコミックエッセイ!