© 講談社

「あいつ、好きになったら泣くよ。自分以外の人ぜったい好きになんないから…。」―――ちずは、風間徹が大キライ。キライなあまりいつも意識をしてしまうほど……。とめられない想いが心を裏切るショックな恋を描いた野心作、第1巻!!

39℃ショック

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

39℃ショックのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

26件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 皆さん懐かしい懐かしいと書かれてますが、ほんと、懐かしい!!笑笑
    子供の頃にに読んだことがあるのですが内容をあまり覚えていなかったので、気になり再読しました。
    昔読んだときは内容わからなかったけどなんだかドキドキした記憶と、絵とお話しの雰囲気が印象に残ってる、程度だったのですが、改めて読んで以下ネタバレと感想です。

    ネタバレ
    主人公のちずはクラスメイトの風間くんが大嫌い→
    風間くんは親友ののりちゃんの彼氏だったことが発覚→ちず、風間くんへの恋心を自覚して、のりちゃんに風間くんが好きであることを伝える(その場に風間くんもいる)→のりちゃんと風間くんはギクシャクして別れる→ちずと風間くんが付き合う→ちずの大学受験の日、風間くんはちずをかばって交通事故(全治2週間)にあう→ちず、心配で受験を放棄し病院へ付き添った為、風間くんに怒られ、[このままじゃ嫌いになる]と言われる→嫌われたと思ったちず、ショックで風間くんを避けまくる→卒業式の日、風間君から[別れるなんて言ってない]と言われ、抱き合う2人→エピローグは大学の入学式にカフェで待ち合わせて、これからの付き合いを連想させるようにカフェを後にして並んで歩く2人のカット。前は合わせてくれなかった歩幅を、ちずに合わせて歩いてくれる風間くんに気づいたちずは笑顔になるのでした。

    個人的な感想
    作者の方があとがきで、とにかくいい男を出すことと、高熱にうかされるような恋愛ものを描きたかったと書かれていたので、風間くんはおそらく作中では見た目イケメン設定。しかし中身はいい男かと言われると?何に対しても冷めた目で見てる感がすごくて、そのくせすぐ女の子につきあおっか、と言ってくるなど、何考えてるのか謎すぎて全然いい男には見えません。
    でも、何度も読むと風間君も最初からちずのことを気になっているような描写もチラホラあり、ニヒルな男が自分から最後にはちずちゃんへの執着心を見せるというキュンキュン描写もあり、おおお!と興奮しました。最後まで言動は素直じゃないけど、男を見るときは言葉じゃなくて態度で判断しろ、を体現してるようなキャラクター?と思います。全然言ってほしい言葉をくれないし、最後の執着の時でさえまわりくどい!でも態度だけならちずちゃんに対してが一番愛情を感じました 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 単行本もってたはず。誰かにもらったんだよね。タイトルにすっごく覚えが…内容はもう覚えてなかったので購入しました。子どもの頃は意味分かってなかったな、たぶん。

    登場人物は主人公、親友、親友の彼の3人のみ。他には名前のないクラスメートがちらほら。性格悪い人はいないし、いい人もいない。普通が妙にリアル。
    嫌いだから気にさわる。好きだから気になる。好きだからイライラする。自分が自然体でいられるから好き。みんなの気持ちが伝わる。クラスメートの態度も親友の態度もすっごくリアルを感じるし、主人公が一度選んだ答えもリアルだな。
    彼の気持ちはすごく分かりづらくて、何股もできる彼なのか疑うような描写もあるけど、決してそうではなく…

    作品の雰囲気がマーガレットコミックスの片岡吉乃さん(今はもう絶版で電子書籍化はどのサイトもしてないから古本屋ぐらいにしかないかも)のシリアス系「クールガイ」に似てるかな?男の子が今でいうS彼だけど、チャラ男じゃなくてどこか不良っぽくて何考えてるかわかんないみたいな感じ。

    ぎゅーっと締め付けられる。読後あとからじわじわくるよ。ご注意あれ! 続きを読む▼

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 懐かしい!と思って購入しちゃったけど、当初も確かになんじゃこりゃと思ってたなと、記憶がよみがえった。
    主人公にも、喧嘩別れした親友も、周りもイラつくw
    なんか無理やり感が多過ぎて、どんどん冷める。
    ありがちな展開ならもっと丁寧に個々のキャラをたててくれよと。多重人格者ばかりで謎過ぎる。意思も弱いし、ズッコケた。あー...お金がもったいない。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 風間くんの魅力が全くわからず、主人公に共感できませんでした。それなのに、親友の彼氏だったりいじめだったり、主人公がピュア過ぎるからこそ、心の痛さだけが突き刺さって、打算的な私には読んでて逆に辛かったです。伊藤ゆうさんの作品は昔からちょっと苦手で、20年以上たってから読んでもやっぱり苦手でした。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    好きな人を諦めるフリしながら、すごい明るくしつこく話しかける悲劇のヒロイン気取りの主人公の女の子みたいなタイプ大嫌いでイライラしました。
    こういういい子ちゃんぶりっ子な女が最終的に良い思いするお話はやっぱり主人公を応援する気持ちにならないし読んだあと読んで良かったと思えない。

    主人公のお友達のが絶対いい子。

  • 100

    cmoa

    昔年の離れた従姉妹が伊藤ゆうさんが好きで、借りてよく読んでました。
    切ない話が多いですが、絵が可愛くて私も好きでした。
    特にこの39°Cショックとダイナマイトキッスが好きでした。
    今見ても古臭く感じないと思います◎
    伊藤ゆうさんの作品、もっと読みたいです^^

  • 100

    cmoa

    昔 読んだ印象と、大人になってから読んだ印象と違うことに驚きました。
    その後の2人の話が読みたいなあと思いました。
    でも、なさそうだから 妄想で(⌒-⌒; )

    風間くん、イライラしないで大事にしてあげて欲しいなぁ。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 昔に読んだ記憶があり、懐かしさから購入しましま
    小学生の時に読んだので大人な恋愛にドキドキしましたが、今読むと、彼があまり魅力的に思えませんでした。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    高校生の頃、読んでたなぁ。
    あの頃は、風間くんがかっこよく思えたけど、今はこんな面倒なオトコは嫌だ(笑)
    でも、久しぶりに読んでも面白かった。
    もっと、伊藤ゆう作品を読みたくなりました。

  • 60

    cmoa

    彼女さんの気持ちがわからない風間君。
    こういう人もいるんだろうなぁ。

    それでも、最後は風間君に変化があるだろうと期待してたら、
    風間君は最後まで風間君らしくて、えーって思った。

  • 80

    cmoa

    懐かしい!伊藤ゆう先生の作品は色々読みましたが、39℃ショックが一番好きでした。胸がきゅーんと締め付けられるような感じで読んでたのを思い出しました。他の作品も読みたいですね。

  • 100

    cmoa

    子供の頃、読みましたが大人になってから読み返しても素晴らしい作品です。
    切なさともどかしさで胸がぎゅーってなります。
    名作だと思います!伊藤ゆう先生の他の作品も見たい!

  • 60

    cmoa

    っていう印象。1巻と2巻を読んでみて。
    なかなか話が分かり辛い。
    読んでいて、イラっとしてしまうところもありますが、
    3巻が気になるので、続きを読んでみようと思います。

  • 100

    cmoa

    学生の頃、読んだのを思いだし、読んでみました。
    あの頃の事が蘇り、懐かしー気分。
    今読んでも、ちずちゃんの切ない気持ちが伝わってきますね。

  • 80

    cmoa

    中学生の頃、読んでました。私が読む本は母親も読んでいて、私と母親も泣きながら読んでいたなと思い出があり、また読んでいて泣いてしまいました。

  • 60

    cmoa

    伊藤先生が好きでした。でもこの作品はあまり好きではなかったです。風間くんの魅力が分からなくて、主人公に共感出来なかったからかな?

  • 60

    cmoa

    懐かしい!と思って一巻読んでみたけど、内容を全然思い出せなくて、、、男の子、こんなにいやなヤツだったっけ、、、?って思いました。

  • 100

    cmoa

    昔コミックを読んでたのを思いだして購入。やはり伊藤ゆうさんの作品はいいですね!他の作品も読めるようにして下さい。

  • 80

    cmoa

    ずっと昔、夢中で読んでいた事を思い出しました。話の内容もそうだけど、私にとって懐メロを聴く感覚で読みました。

  • 40

    cmoa

    いまいち誰にも共感できなかったです。こういう感じの作風が流行った時期もあったなあ、と思い出したりしました。

ネット上のイメージ

懐かしい
驚き
教師
女の子
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • 送信
    80 送信
    服従をしいる右松から逃れることができない彩香。中学時代の後輩マキオに再会した彼女は、右松の目の前でヤるという恥辱の行為に彼を巻き込む。救いを求めて彼女が送る無言のメッセージにマキオは気付くのか。
  • 先生のひみつ
    台風の日、大雨で休校かも知れないと思いつつも登校した桂木桐子。理由は、鴨居先生が死なないか心配だったから。鴨居先生は、前から死にたがっている。学校で鴨居先生には会えたけど、やっぱり今日は休校だということで、せっかくだから保健室で勉強を見て貰うことにした。先生は言う。「桂木は俺が心配で来たのか?」「…雨の日には死なないよ」どうして?先生。どうして雨の日には死なないの?そして、どうして死にたいの…。先生は何も言ってくれない。ただ黙って私に触れてくる。私達、こうして体は重ねるけれど、私は先生のこと何も知らない。先生は、私のこと本当に好きなの…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 円舞曲は白いドレスで
    昭和10年、戦争の影が忍びよりつつある激動の時代──。洋服店の娘、湖都は遠縁にあたる男爵家の次男、将臣と婚約する。そんな折、英国大使館での舞踏会 に出た湖都は、スパイ騒動に巻きこまれ英国海軍将校のサジットと知り合い…。昭和の初めを舞台に描くドラマチック・ロマンス第1巻!
  • ネガ
    89 ネガ
    オレたち3人はいつも一緒にいた。卒業式の日、オレがアイツの想いを拒否するまでは。だけどアイツらはオレの知らないところで―――。幼馴染同士のヒリつく三角関係を描いた「後悔の海」「スイメンカ」をはじめ、光る金属に目を奪われてはじまる「ピアスホール」、ニューエイジな感覚で描かれる「リスタート」、女子視点からのBLを描いた「わたしたちはバイプレイヤー」など“ネガ”な作品を一冊に集約した、はらだ節がはじける短編集。【収録作品】後悔の海/スイメンカ/ピアスホール/リスタート/リスタート/ミキ[描き下ろし]/わたしたちはバイプレイヤー★単行本カバー下イラスト収録★

イメージの近い作品(最近)

  • 禁断 秘密の花園
    あの日から、夜ごと貴方は私を抱く――。貴方にとって、私は何?ただの玩具?それとも…!?孤児の萌子と、萌子を引き取った御曹司・毬也との危険なロマンスが、作者の大幅な加筆により、完全版として、今、新たな物語の幕を開ける!刑部真芯の描く、甘く耽美なラブ・ワールド、衝撃の第1弾!【第9-10話は「ずっと言えなかったこと」という別ストーリーが挿入されています。】
  • すもも
    近未来の鎌倉。この町で一人暮らしの16歳の少女 雪野すももの元に1台の家庭用お手伝いマシーン はたらき小僧 がやって来た。本来は従順で優秀なロボのはずだったが、すももの元に来たのはやんちゃな欠陥品の小僧。その日から、二人のドタバタ騒動と笑いあり涙ありの日々が始まった。