© 講談社

電波があるから始まる恋、電波がないから始まる恋。――榛名優(はるな・ゆう)は、絶えずスマホを手放せない少年。彼が出会った少女、秋月風夏(あきつき・ふうか)はいまどき携帯電話を持っていない!! 最近、優がツイッターで繋がったのは、なんと大人気歌手の氷無小雪(ひなし・こゆき)!!! ある日、優は風夏に誘われ小雪のライブへ! 実は、小雪と優は昔なじみなのだが、それを風夏に言えぬままライブの幕が上がる。その瞬間、小雪、優と風夏……3人の視線と想いが交錯する――!! 真夏に始まるトライアングル!!

風夏

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

風夏のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

88件のネット上の評価があります

  • 60

    sakuhindb

    【良い点】絵が綺麗。女の子が可愛い。【悪い点】最後スカッとしなかった。【総合評価】本当に最後だけです。最後……スカッとさせてくれたら、文句なしの最高点を上げたかったのですが…… ある一点のみどうしてもメッチャマイナス点になった。最高→普通。……最悪まで行きそうだったけど、まぁ そこまではいかなかったかな。踏みとどまれたかな。何よりもマイナスなのが、あのクソ生駒社長の存在。もうアレが出てくるたびに腹が立って、不快で、本当に仕方がなかった。ガキの癇癪と言うか、ほんま 現実でもおる嫌なヤツそっくりで(男だけど)。一連の妨害工作で 世間を敵に回して 大炎上して潰れてまえ! ってずっと思ってたのに、なんだ?アレ。何故、最後 社長解任はまぁ 良かったのに、なんか最後の2pくらい出てきて吹っ切れた顔してんの? なんで清々しく去っていってんの? ……と言うか、『ウチのマネージャーに何すんの!』って言って蹴り入れたまでは良かったのに、何で簡単に許してんの? 青葉が許した、とかだったらまだ良いかもだが、そんなシーン無いし。 …………昔馴染みだから? あんな犯罪レベルの事をしといて、なんで餞別まで渡して次へ見送ってんの? 天谷のその神経が理解できない。会社クビだけじゃなく、牢屋にぶち込めよ。あんなクソ女!そして、あの最後のフェスを妨害して、その上青葉をぼこぼこに殴ったクソ男をもっと制裁して欲しかった。ナイフ出してんだよ? 普通に傷害通り越して殺人未遂かもしれないんだよ? なんで、蹴り一発で後はフェードアウトなんだよ!! ふざけんな! 滅茶苦茶ヘイト溜まってたのに、最後で全然発散できなかった。 まぁ物語は、大体読めてたからって理由もあるかもだけど。絶対最後は 神様的なのが出てきたり、実力では少々劣ってるんだけど、なんかハプニングが起きて中止になったり、って大体が予想通りだった。(てっきり、風夏が『邪魔しないで!!』って言って制裁加えるんじゃ? と思ってたけど)つまり 勝ち負けで言えば主人公側が勝ちだけど、相手側のプライドを保つ負け方をして終わると思ってた。あんな天災が起これば仕方ないでしょ?続ける方がおかしいって。

  • 20

    sakuhindb

    【良い点】 部分的に今時珍しい綺麗な恋愛漫画だと思いました。 小雪の純粋な思いに心を打たれました。 【悪い点】 風夏は、過去作品の涼風からの流れで見ている方もいると思います。 過去作品の主人公達の子供を殺すのはタブーではないかと率直に思いました。(漫画家にとってキャラクターは自分の子供と同等ではないのかなとも) しかも、先々まで読んで殺す意味はなかったのではないかなと思います。 更に、作者自身も3人も同じ顔のキャラを出し壊れてきてる様にも感じました。 作者が結婚して子供が産まれ自分の子供に風夏を読んでどう思われるか、簡単に言うとモラルを疑います。 ですので少年漫画に不適切です。確かに漫画ですので書けば良いだけですが漫画を通して人が見ています。そこが一番重要だと気が付いて欲しいです。もう少しファンや読者の視点に立って漫画を描いてもいいのではないでしょうか?上手く言えないですが、漫画家も読者がいないと成り立たないですし、読者も漫画を描く人がいないと読めないので漫画家よりの独りよがりな漫画にも感じました。 過去作品の良い所、悪い所も生かして下さい。 タイトルに拘る事なく無理やり路線に戻すのではなく自然な流れも必要だと思いました。 【総合評価】 個人的 風夏が殺された後は優と小雪が幸せになる話になるのかと思っていました。 ですが、更に酷い設定でしたので118話で個人的には心の中で最終回にしてます。 小雪の幸せを願います。

  • 20

    sakuhindb

    連載のきっかけにしたであろう涼風の続編的要素を殺す作者の度胸は凄いですね、ヒロイン死んじゃった!だけだったらここまでの精神攻撃にはなりません。作品を自分に酔って描いた結果票が取れず、作者と編集が明後日の方向に熱意を向けたと言われても仕方ないですね。開幕→主人公真っ直ぐハーレム突入→風夏ホームラン→テコ入れしてハーレム継続これでは願望にしか見えません、作者は自分を作品で挑戦する姿勢と思ってるのでしょうか?読者を喜ばせる方法をスケベ、ハーレムで足りると思っているならアシスタントになるのが一番いい就職先でしょう。涼風の題材陸上でも思いましたが、作品の題材に対する研究が全く足りてません。今回はバンドですが、もはやバンドやってる人に喧嘩売ってるレベルです。共感出来ないから魅力が欠けて作品に引き込まれない、短編では誤魔化せても連載が続くとコケますね。軍事衛星無しで戦争するようなものです。ヒットは打ててもホームランは打てないでしょう。風夏のホームランではもっと用意周到に読者を畳み掛ける計画的犯行が見たかったですね。瀬尾先生の絵や場面毎の表現はかなり完成度が高く感じます。この作品の打開策は見当たりませんが、原作を貰っての漫画に専念したらかなりの作品が期待できますね。優はさっさと結婚させて次の作品に行きましょう。

  • 50

    manga_review

    点数は仮に5点とする。

    物語の開始後暫くして、ヒロインが交通事故で死亡してしまった衝撃的な漫画。バンドの漫画のようだがヒロインがバンドを始めて直ぐに死亡したので、回想シーンで、ヒロインとバンドの絡みを書けないという崖っぷちマンガであるため、ある意味で目が離せないマンガである。4巻以降のコミックの表紙は誰になるの??

    駄作への道 >風夏の兄弟や従兄弟が出てきてバンドに絡んでくるケース。近況では、ガンダムOOが先にやっているので全く駄目。そもそも主要人物を事故死させて物語を引き締めるのはタッチの印象が強く、誰かが死ねばいいというものではないし、ヒロインのエピソードが少ししかないのに事故ってしまったため、今後のストーリ構成が薄っぺらくなることが心配される。小雪がヴォーカルになるのなら、タイトルは小雪にすべきだし、一回出た外人小娘がヴォーカルになるために死んだとしたら、風夏が可哀そうすぎである。

    成功への道 >Acid Black CherryやSEKAI NO OWARIクラスの大物が映像化の段階で楽曲を最低でも5曲は提供してくれる。とても厳しい。

    割り切ってギャグ漫画へ変換 >二番煎じと言われようが、風夏を地縛霊として登場させ、優くんと小雪の恋路を邪魔させる。

  • 60

    cmoa

    瀬尾公治さんは個人的には結構好きなラブコメ作家なのですが(斬新だから)、
    何が斬新かというとヒロインが全然魅力的な性格をしていないのです。
    私個人の趣味でもなく、この人の作品は随分な高確率でメインヒロインの人気がないです。
    メインヒロインいい子にしすぎて空気!な作品は割とよくありますが、
    空気ではなくイヤな奴として嫌われています。メインヒロインが。(大事な事なので2回)

    作家が新人の頃、試行錯誤した結果、メインヒロインが嫌な女化してしまうケースはままありますが、
    そうではなくこの作者さんは安定して連載貰えているベテランにも関わらず毎回ウザヒロインを自らプッシュするのです。
    魅力的な子を描こうとして失敗ではなく、暴力・暴言・キツイ性格のヒロインを能動的に描き、
    サブではなくメインヒロインにします。毎回。
    前作の同系統ヒロインが人気なかったにも関わらず、毎回メインにします。

    多分作者はマゾなんだと思います。
    この作者が連載常連なのも、なんだかんだ文句言いつつ読者にもマゾが多いからだと思います。

  • 20

    sakuhindb

    【良い点】絵はキレイ。成り上がって行くサクセスストーリーは読んでいて面白い。【悪い点】・読者に音楽的知識がある事前提でストーリーを進めてるから、話が進めば進むほど訳が分からなくなる。活字と絵しか伝達媒体が無い『漫画』で何故に音楽をテーマにする作品を取り扱ったのか。キレイな絵を見ても、ボンヤリと「なんか頑張って歌ってる」くらいしか伝わらない。・物語の進行や主要キャラの成長が早過ぎる。苦境に立たされたり、自分への課題が見つかっても、1,2話挟めばアッサリ解決、克服するヌル過ぎる展開。【総合評価】『涼香』『君のいる町』と同様、後半のカタルシスの無さが酷過ぎる。次回作に創作意欲がシフトしてしまってる所為か、終盤の手抜きっぷりは本当にヤバイ。

  • 20

    sakuhindb

    【良い点】特になし【悪い点】自分はバンドをやっているため、音楽マンガということでどんな感じか見てみました。はっきり言います。音楽をなめんなっ!何一つ理解してない浅いバンドの知識にラブコメを乗せるなよ。読んでて、腹が立ったので講談社にクレームの葉書書こうかと思ったくらいです。それでいて、何?袋とじ選手権だ?ふざけんなよ?そんな事するんだったら、最終回はこうしたら?「夢破れて、事務所は大赤字。借金返すためにオーナーチェンジした所、AV事務所に鞍替え。ボーカル、ギター、マネージャーはAV女優に仕立て上げられ、借金返した後も男漁りに余念がなくなった。…これは、バンドを軽く見ていた者の末路を描いた物語である」と。【総合評価】

  • 80

    cmoa

    偶然の出会いから始まって、ようやく動き出した幸せな生活。これから先もずっと続いていくはずだった、ずっと離れることはないはずだった関係がある出来事をきっかけに突然終わりを迎えてしまい、これから先のストーリーは一体どうなってしまうのだろうと読んでる側が心配になってしまうような衝撃的な展開で一気に引き込まれていきましたね。
    同じくマガジンで連載されていた前作の『君のいる町』は好きな恋愛ストーリーでしたが、今回の『風夏』は前作以上に作品の中に漂う甘酸っぱさ、切なさ、もどかしさが増した感があります。
    読んでいくうちに『偶然』の出会いが重なっていき、これは『必然』の出会いだったんだと気付かされていく作品です。

  • 20

    sakuhindb

    【良い点】好みじゃないけど絵は上手いと思う。ヒロインが死ぬのに対して批評が多いけど、最初から決められていたと思うので悪い展開ではないと感じる。登場から結構話数を使っているので特に印象的になった。【悪い点】キャラクターの行動が急で感情移入できない。ナヨナヨした主人公といきなり親密になる女性達。みんなしていきなり「優くん!」って…彼を好きになるポイントそんなにあった?恋愛マンガなので、もっと練習したら?とか理論的な部分があったら…というのは置いといて、活動に対してもっと泥臭さがあったらよかった。【総合評価】元アイドルの子の想い届かなすぎで哀れ。この作者は一人不憫な子を作るね。

  • 40

    sakuhindb

    【良い点】比較的絵が綺麗【悪い点】バンド(音楽)漫画を名乗ってはいけない。設定も登場人物もお話も全てが寒いし、中身無いし、現実感0過ぎて…毎回読んでて恥ずかしくなる。これほんとに作者が真剣に描いてるのであれば相当痛い。前作の君町はまだ良かったのになぁ…個人的に、毎話 俯瞰構図で女の人のおっぱい強調した絵が絶対に描かれてて、気持ち悪いなぁと思ってる。【総合評価】ギャグ漫画、中身のない漫画と思えば、嫌悪感なくそれなりに楽しめるかもしれない。個人的にはお金出してまで読む価値なし。

  • 40

    manga_review

    絵は良い。
    衝撃的な展開も、作者なんだから好きにすればいい。

    ただ読み手としては、「バンド」「音楽」に興味が沸かない。

    読んだところで音は聞こえないんだから、
    「凄い音」「いい歌声」とか言われても説得力がない。

    そもそも、近年の「商品音楽」にウンザリしてるので、
    それをマンセーするのが見え見えなので期待感もない。

    こちとら「作品音楽」が好きなんで。
    数年前の紅白でも一番感動したのは美輪さんの「ヨイトマケの唄」だったんで。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 瀬尾公治さんの三番目のアニメ化作品。 自分は風夏で瀬尾公治さんを知り、はまりました。 主人公たちのぐちゃぐちゃとした恋愛が大好きです。 瀬尾公治さんが書いた「君がいる町」の娘さんがメインヒロインとして出てきますが、事故で死んでしまいます。 瀬尾公治さんも悩んだと言われて、ネットでもたたかれたらしいですが、自分はこの作品が好きです。

  • 60

    cmoa

    1巻無料読みました。ケータイ片手に常にツイッターしてるちょっと内気な主人公、今時ケータイ持ってない少女、主人公と幼なじみのアイドルの三角関係?物語。風夏ちゃんのする事がぶっ飛んでいて、主人公が風夏ちゃんに振り回されっぱなしでおもしろい。その風夏ちゃんに刺激受けて成長していくのかな☆絵も綺麗。1巻では恋愛関係の話はあまりなかったけど、それも絡んでくるのかな☆先が気になります。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 はじめはまたいつものラブストーリー物が始まったと思ったのですが、あっさり風夏を死なせてしまった展開には驚きました。その後を読んでいると、作者の描きたかったことがわかってきます。良いのではないでしょうか。
    追記:アニメは全く違った展開で驚いてますが、こちらは少し無理がある気がします。やはり原作を読むのをおすすめします。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 とても丁寧な絵で読みやすいです。携帯ばっかりいじってる人、好きじゃないので、主人公にも好感がもてなかったのですが、少しずつ変わりそうな予感。
    幼馴染みのアイドルと、歌手を目指すクラスメイト。いかにもな設定ですが、どちらも主人公をきっかけに夢を目指す少女たちなので、恋愛模様も含めて、これからの展開が楽しみです。

  • 20

    sakuhindb

    涼風での続編的要素とも言えるヒロインを殺すなどの常識では考えられない発想をするのはすごい。キャラクターにも感情移入もできないし不快。バンドをやってる人に対して失礼なんじゃないかというレベル最近のどのヒロインのHが見たいとかいう総選挙にはもう絶句レベル。もう風俗にタイトル変えてもいいと思う。というより打ち切ってほしい。なぜこんなものを続けさせているのか理解に苦しむ。

  • 80

    cmoa

    絵も綺麗だし、何より青春って感じです。無料の一巻だけ読みましたが、主人公をめぐる三角関係(?)も気になるし、風夏ちゃんの夢がどうなっていくのかも気になります。主人公が人に影響与えるくらいイイ奴なのに、自分がそれに気づいていない設定も、これから女子二人に囲まれてどうなっていくのか、期待しちゃいます。爽やかでイイ話だと思います♪

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 相変わらず絵がきれいで好みです。が、涼風同様すぐ暴力+ろくに話を聞かない風夏に感情移入も出来ず、事故で死んでも別段どうってことないあっさりとしたものでした。
    真夏に始まるトライアングル!!とか書いてますがすでにトライアングルとか軽く突破してるんだよなぁ・・・

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻よみました。初めは主人公が携帯ばかり見てるのがちょっといやかもと思いましたが、とっても明るく元気な女の子に振り回されて徐々に変わっていくのかな?って感じの展開っぽくなり、楽しくなってきました。三角関係の予感もあり続きが気になります。

  • 100

    cmoa

    バンドものです。風夏は音楽が大好きで歌が上手い女の子。主人公の男の子と高校で知り合い、バンドを結成。風夏はボーカルとして活動していくが…。波乱万丈の展開。瀬尾先生らしく、やはり恋愛要素は満載。ちょいエロも。過去の瀬尾先生作品のキャラクターも登場します。面白いので読んでみてくださいね。

ネット上のイメージ

綺麗
恋愛
可愛い
女の子
感動

イメージの近い作品(ランダム)

  • ザンメンまみれ
    天然系おっとり女子大生の木本陽凪は、眉目秀麗で温厚な年上の東野真琴と交際を始めた。何もかも完璧で王子様のような真琴だが、ある日初めて部屋に呼ばれ、隠された「性癖」を知らされる――。イケメンで残念な男子たちに、陽凪はHに翻弄されちゃう!
  • 四代目の花婿 1
    お嬢の子供は、俺が産みます。 組長不在の八剱組を背負って立つ女子高生・燈子(とうこ)。 彼女が組を継ぐためには婿取りをしなければならなくて…。しかし燈子が求める理想の男性は、産める男性で!? 男性妊娠が可能になった世界で繰り広げられる異色のラブストーリー!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 彼女ができたから。
    すごい美人の彼女ができた。人生で最高の波が来た! だけど妹みたいに思ってた隣に住む幼なじみのすずが、“ある悩み”を抱えているのを知って……? 傷つけあわなければ気付かなかった恋。心から泣ける。切なくて、幸せな気持ちになる。表題作他、3編を収録した傑作ラブストーリー集。
  • 肉食 龍ちゃん
    酒屋の正太郎の恋人(?)はトップモデルの龍!? 売り物の酒を飲み干し、枕接待を要求し、好き勝手にイカセては去っていくのです。見た目も中身も超一流で唯我独尊、恐竜みたいな男に惚れられちゃって!? 平凡な俺をどうして龍ちゃんは抱くんだろ? 常人には理解不能な肉食男に振り回されて!? 肉食だけじゃない! 草食、雑食、偏食、飽食、総食…様々な男たちの恋模様★

イメージの近い作品(最近)

  • 本当にあった感動H体験 みんなのH
    Hしてあせったことは? 笑っちゃったことは? Hして感動したことは? みんなの恋とHはどーなっている!? 10代の女のコの体験談を徹底取材して完全漫画化した恋愛ライブレポート!!
  • らせつの花
    日向羅雪は浄霊を請け負う強力な霊能者。とある理由から彼氏大募集中☆なのだが、性格が災いしていまだ彼氏ナシ。そんな彼女のところへ浄霊の依頼に訪れたのは…!?