© 幻冬舎コミックス

この家に住んでた人って…どんな人だったの…? 夢の一戸建てマイホームへと引っ越した神木家。しかし、家族7人揃ってのありふれた幸せを満喫する間もなく次々と不幸で不気味な出来事がこの一家にふりかかる…。鬼才・押切蓮介の超絶ホラー、開幕――。

サユリ(押切蓮介)

| 幻冬舎コミックス(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

サユリ(押切蓮介)のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

27件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    初レビューです。それくらい衝撃を受けました。
    以前から作者の名前は聞いたコトがあったけど、絵が好みではなく避けてました。 でも早く読めばよかった!連載時に人気だったのも納得です。
    1巻は最近自身も引っ越しをしたばかりなので、ただただ怖く、夜に読んだコトを後悔しました。でも2巻は。。最後ボロボロ涙が止まりませんでした。
    (別の意味では2巻も怖かったですが笑)
    本当に恐く、感動できたこの作品は相当オススメです!!

    おばあちゃんの最後の言葉もスゴく心に響きます。
    確かに理不尽です。でもそこからどう生き直すかが大切なんだな、と思える希望のある終わり方だと思います。

  • 100

    cmoa

    理不尽!本当に理不尽だ!
    でも なぜこんなめに合わなければならないという思いに囚われずに バアちゃんは則雄に「このままでいいんか?やられ損なままでいいんか?」とバアちゃんの覚醒と共に
    理不尽な悪霊に対して 「生きてる」=「活きてる」力で 反撃に出ます。
    バアちゃんの 言葉が、いろんな箇所で本当に良いです。ラストシーンでは 目頭がジーンとなりました。バアちゃんの 乱暴だけど 家族への愛情。とりあえず 掃除しないと!て思います(^^) 別に悪霊とは関係なく
    掃除は大切だと 身にしみました。食事もね♪

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 おばあちゃーーーん!!!物語後半、何度心の中でそう叫んだことか。そして同時に、おばあちゃんの見せた当たり前の感情が心に突き刺さりました。
    そうですよね。大切な家族をああまで理不尽に奪われたら、恐怖より怒りが勝りますよね……。
    終盤、その理不尽に対して行う制裁は何とも勇ましいものですが、その裏に隠された喪失感や悲しみを思うと涙腺が緩みました。
    大切な家族との日常を徐々に壊されてゆく。そんな恐怖が丁寧に描写されている作品だと思います。

  • 80

    cmoa

    読んで見て思ったのは、家族って奥深いです。自分にも子供がいるから、大きくなったらどうなるんだろうってすごく考えるけど、この主人公やおばあちゃんみたいに心の強い人になって欲しいって思ったのと、自分もそうならなきゃと思いました。もう一つの家族については、思いがあるからこその行動だと思ったけど、自分の子供に対しては酷いなと思いました。作中の絵が不気味で怖くて、見えたらマジでひくと思いました

  • 80

    cmoa

    圧倒的ホラー。
    夜寝る前に読むと一層ドキドキしちゃいます。
    読み始め10ページいく頃には次のページが気になって仕方がありません。
    他の無料サイトで一部読んだだけで、続きの読みたさからシーモアで思わず検索をしてしまいました。
    スッキリしないと言えばそうですが、スッキリしないの部類が明確なので、読みやめられない…
    ホラー好きなら読みたい1作かな、と思います。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 サユリの家族!!!!お前らのせいじゃーーー!!
    全てはお前らのせいじゃ!
    かなり怖かったけど、主人公含め、主人公の家族達が本当にとばっちり!
    別の家に引っ越してたらこんなことにならなかった…
    悲しい…
    それと同時にさゆりの家族のせいじゃー!!
    おばあちゃんすごい!かなりカッコいい!

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公たち家族が巻き込まれたあまりにも理不尽な八つ当たりに、読んでるこちらまで心折れそうになりましたが、婆ちゃんの熱く滾った言葉や行動に救われました。これって、霊的な現象だけの話じゃなくて、心の病に罹りそうなときにも言えることかもしれません。よく食べ、よく笑い、強く生きる…ですね。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 理不尽な目にあってしまった不幸の家族の話。
    でも、ボケてたばぁちゃんの男前加減とその勢いの影に見えた想いが、人間らしさを感じました。
    結局奪われた家族が戻ってくることはなかったけれど、ばあちゃんの残り少ない余生を則雄がしっかりと支えていってくれるんだろうなと思うと、ホッとしました。

  • 100

    cmoa

    この人の作品は、いつも怖さが知らない間に胸を絞るような哀しみにかわるんですよね。
    絵も上手いかといわれると違うんだろうけど、単なる画力以上のものがあって、話と見事に絡み合います。この話を例えば美麗な絵で描かれても、絶対なんにも伝わらない。
    そういう意味で、類まれなる作家です。
    グロ表現は少ないので、オススメしやすいです。

  • 80

    cmoa

    しっかり怖くてしっかり内容もあって満足です。あり得ない話を、まるで実話のごとく納得できるように描かれていて上手いですね。
    幸せな時が描かれているのはとても短かいのに、そこがとても効いています。

    ただ、登場人物の見分けがつきにくいのでマイナス1点。男の子と女の子でさえ見分けが付きにくい。絵がもうちょっと好みだったら満点!

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 呪怨みたいな王道のホラー漫画なんだけどただ死ぬことを怖がらせるだけじゃなくて、どうやって生きていくかという名言も描かれていて最後は励まされるような終わり方でした。全2巻なのでスッキリしていて読んでよかったです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ちゃんとホラーらしく怖いのに後半家族の絆とか描かれてて後味悪かったり胸くそ悪かったりせず、イイハナシダナーって思えて良かった。
    ばばあが強いのはベルセルクinばばあへの布石…(混乱)

  • 100

    cmoa

    面白かった!

    序盤は王道ホラーらしくひたすら恐怖を煽ってくる。5人も死んでしまって、どう終わらせるのかと思ったけど、まさかのババア無双。

    押切先生は復讐もの描かせると本当面白い。
    怖いけど後に引っ張る感じじゃない。終わりは爽やか。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 久々に本格ホラーを読んだ!って感じで、、、次々死んでいくのが怖かったおばあちゃんも死んじゃうんじゃないかと最後までドキドキ緊張しましたまたこういう作品を期待しています!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 面白かった!
    おばあちゃんがとにかく強い!
    このおばあちゃんがいれば、何でも乗り越えてしまいそうやなって感じ。
    後味も悪くないし、オススメです。

  • 100

    cmoa

    とにかく絵が怖い 笑
    ばあちゃん強過ぎて格好いい。怖いけど最後まで読んで良かったと思いました。
    一つ気になったのはテレビは結局なんだったんだろう…?じいちゃんも何か知ってる用な感じだったけど。

  • 80

    cmoa

    画の雰囲気が物語の面白さを倍増させていますね。マンガとしては当たり前のことなのでしょうが特にすごいと思います。呪いより生命力のほうが強い! 親子関係のあり方まで深く読める、不思議なホラー。

  • 80

    cmoa

    普通のハウスホラーが、途中からババア活劇に変わります。一作で二つ味わえるお得感があります。また、この話にはこの絵が最高です。べつに上手い絵じゃないんだけど凄く魅力的。この作者凄い。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ばあちゃん、(*^ー゚)b グッジョブ!!
    悲しい終わりだけれど、のりおが強く生きていって欲しい!

  • 100

    cmoa

    すごくこわかったですが、
    2巻までぜひおすすめします!

    2巻が真髄だとおもいます!!大好きな作品です!
    でもこわいので、昼間にしか読めません…

ネット上のイメージ

怖い
家族
ホラー
子供
感動

イメージの近い作品(ランダム)

  • おいもわかいも!
    お年寄りが大好きで、老人ホームで働き始めた新人の介護福祉士・ナツキ。だけど、老人ホームのご老人達と訪れる人々はひと癖もふた癖もあるツワモノばかりで…【恋するソワレ】
  • パンドラの告白 第1話
    “上書き…して。アイツに触られたところ気持ち悪い。消して…この手で…” 幼少時の虐待により辛い記憶を閉じ込めて、誰とも関わらず生きてきた凌(19歳)。しかし過去の自分を知る男・翔平(18歳)と偶然再会し、人生が激変していく――。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 強制除霊師・斎 因縁の家系
    「先祖は侍。人を殺しすぎて恨みを買っている――。」家系に起こる不可解な出来事、数々の不幸は、もしや何かの祟りなのか? 毒舌だけど人情派の霊能師・斎が、まんが家・小林薫一族に恨みを抱く、老武将の声を聞く! 湧きあがる恐怖の連鎖!!
  • 礼能家のヨメ
    霊感ゼロの可哉が嫁いだのは、家族全員が霊能力のある一家だった。悪霊祓いを得意とする祈祷師の義母を筆頭に、占い師の義姉、憑依体質で動物霊を操る姪など、個性豊かな面々ばかり。可哉は霊がらみの怖い事象に巻き込まれながらも、持ち前の明るさと根性で人々の悩みを解決し、嫁の務めを果たしていくが…!? 月刊誌『ミステリーブラン』で大人気連載中、さかたのり子の最新作が登場!!

イメージの近い作品(最近)

  • 渡千枝 放課後の怪談シリーズ花いちもんめ
    死んだ女の子がクラスメートを迎えにきた!? 次々と意識不明となる友人たち。少女の霊を成仏させるため、紗那たちは学校を駆けぬける!! 大人気! スクール・ホラー!!
  • 「ティッシュ。」
    母親の再婚によって義理の兄となった男・直樹(なおき)から、執拗に狙われる17歳の少女・佐伯ちあさ(さえき・ちあさ)が体験する恐怖を描いたサイコサスペンス。苦労してきた母・美佐子(みさこ)と大学教授・佐伯の再婚を祝福していた娘・ちあさは、無口で得体の知れない義兄・直樹に気味悪さを感じる。そしてちあさの入浴中に脱衣所へ入ってきたり、ゴミ袋から使用済みの生理用品を漁る直樹を目撃したちあさは……!?