© 一迅社

気づいたらセックスしてた。理系の男子校で女子と無縁の生活を送る横井と吉岡は「唇の柔らかさは女子と男子で変わらない」という理系的考えの元、ある日キスをしてしまう。その日を境に勉強会と称してエッチへの探求にも精を出すようになった二人だったが、覚えの早い吉岡はどんどんエスカレートしていき――。

放課後のYくん

| 一迅社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

放課後のYくんのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

231件のネット上の評価があります

  • 40

    cmoa

    ノンケ男子高校生2人がフラストレーションの発散にお互いのtnk弄り始めて気が付いたら結構際どいトコまでする様になり、お互いを意識する様になるが、同性相手という価値観の壁も加わりこのドキドキが恋愛の高鳴りなのか、はたまたtnk弄り合いという所業のせいなのかモヤモヤし始める…という思春期のノンケ男子をコメディタッチに描いたもの。

    読み放題であればそれで十分。無ければ半額セールの時にでも。
    この作家さんの作品を読む度に コメディぶりが炸裂してんな って思いますね。表現が面白いんだけどなんか古い…感じも受ける。
    何だろ、読んでていうも思い浮かぶのは、「おそ松くん」若しくは「バカボン」。なんかね、“赤塚不二夫の作風をBLに活かした”みたいな感覚かな。

    面白いんだけどね、ホントにフフッて笑いが出ちゃう位に面白いんだけど、中身がない!みたいなね。
    なので定価で買うには勿体無いかなって思いますね。

    【独断と偏見評:1(糞)〜10(超絶良)】
    作画→ 4
    目元が茶木ひろみ(銀の鬼)を彷彿とさせる。あと少年漫画並に線が太いw
    構図・コマ割→ 4
    読み易いけど、動きや仕草がぎこちない。構図が平面的に感じる。
    設定(世界観・キャラ)/構成(粗筋)→ 2
    作者がこの設定を好きなんだろうけど、シチュエーションを変えただけで何度も同じ構成されると飽きるよな。
    展開→ 1
    「アホエロ」でお腹いっぱい。
    演出/描写→ 2
    BL界のコメディ王!…だが風味が古く中身は空っぽ
    エロ→ 3
    あーエロいけど、構図がボロいから萌えない。悪くはない。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 おまけの、受けの子のモノローグ、想像の中の未来の彼氏を眩しく思う気持ち、期待と、だからこその将来への不安、みたいなのがリアルで切なくて、すごく心に響きました。いや、君だってきっとすごく素敵な大人になって、広い世界の皆が君を見つけるんだよ...と言ってあげたい気持ちもあり。私も、自分と仲良くしてくれる知人のことが大好きで、めちゃめちゃすごい人だと思うあまり「この素晴らしい人は偶然私と出会ったからこうして一緒に過ごしてくれてるけど、本当は私なんかより相応しい相手がどこかにいるんだろうな。その人を見つけられなかったおかげで私と一緒にいてくれて幸運だなあ、申し訳ないけど」みたいなことを思ったことがあるので(重)、すごく共感してしまいました。
    両想いからのラブラブバカップルエンドかと思っていたので、良い意味で予想を裏切られました。作者さんのラブラブバカップルエンド、大好きですが(笑) 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    あ〜もう、好き重い実先生の作品のドツボにはまるあとがきはなぜか決まってキャラの寝相について書かれているのですが、そんなところにすらセンスが溢れていると思うクセのある独特な作風ですけども、凄く色気がありエロも予想よりずっとエロくて、全体的にシュールな笑いなのか単なるアホなだけなのかもしれない(褒めてます)ギャグが心地良い今回は天が二物を与えた天才肌の横井くんとコツコツ派だけど秘めたる才能をチラつかせる吉岡くんの学生CP甥っ子(横井くん)ラブの美形正弘おじさんと美人すぎる女装男子吉岡兄のゆくえも気になりまして眠れません重い実先生のことなので今後描いてくださると期待したいまるで女のような受けは苦手の自分としては、変態でもそこにカオスがないS攻めと男らしい美形受けがどストライク吉岡くんが必死すぎで牽制がクラスの皆にバレバレなのも可愛かった特に何があるストーリーでもなかったけど、作者さんのファンなので迷いなく☆5

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 理系男子校の同級生、横井×吉岡。

    日々、勉強のしすぎ…若さ故の青春、性への好奇心からのキス。まぁ、それから、サイキック横井が、吉岡くんを意識して、崩れて、人間味溢れてるくるのがイイ

    そして、吉岡くんの横井くんへの独占欲丸出しっぷりもイイでも、実は、一見、吉岡くんの執着の方のが凄そうだけど、横井くんが吉岡くんを想う気持ちの方が、重々しく、危ういというのもイイ

    でも、何だろ。作家様の他作品に比べ、わりとノーマルに感じた。シュールな笑いも押さえ気味のように感じて…良くも悪くも、作家様には、普通以上を求めてしまい、少し物足りなく感じてしまいました

    でも、変わらず、脇を固める、甥(横井)LOVEな正弘さんや、女装癖のある吉岡の兄(超イケメン)や、クラスメイト達のキャラも良く、楽しめる作品であることは、間違いないです 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 いやもう、立ち読みの時点で、えぇっ?もう?ってくらいのキスの嵐でドキュンとやられ、続きが気になり即購入しました!アホエロも読んでましたけど、こちらの作品はまた違った意味でエロかった。横井くんはバイトだから、叔父の前であんなになんの迷いもなく服脱げるのに、吉岡くんの前では恥ずかしがってかわいいし、セクシーだし、吉岡くんは何するにも1つ1つ確認してからやるし、「背中痛くないか?」って優しい心遣いにキュンキュン。でもいざ、抱く時になると男らしくて情熱的!
    絵柄もすごく綺麗に書く方で、なんでか84ページのお尻の綺麗さに感動しました(笑)
    女装のにいちゃんと正弘のその後気になります。にいちゃん脱がされんのかな?(笑) 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    丸々表題作です。アホエロが好き過ぎるもんで、立ち読みで、これはアホエロっぽい…!っと思ってウキウキ購入したんですが、うーん。男子高という閉鎖空間かつ思春期ど真ん中という年代の二人を描いている本作は、一見アホエロっぽいように見えて、根本が全然違った。ハピエンはハピエンなんですが、個人的には読後感が微妙でした。横井は頭がいい分、なんだかんだ客観的に見れるということなんだろうな。最後(特に『その後』)の横井の懸念が共感できるだけに、切ない気持ちになって終わってしまった…。取り越し苦労とは思えず。こういう独占欲や執着心とか、ふと挟まれる不穏な空気は、重い実作品の世界観を構成する大事な要素だと思うのですが、うーん、すみません、今回は嵌まりませんでした。

  • 100

    cmoa

    あー今作もめっちゃ面白かった!重い実先生の突き抜けたギャグセンスと人を好きになることのヘビーさの描写がすごく好きです。本人たちは至って大真面目に全力で恋愛してるのがたまらなくイイ。で、いっつも思うのは攻めの仕草!!絡みのシーンの攻めの仕草がいちいちツボすぎて私なんかは萌え転がりそうになります。だから重い実先生のエロな描写が好きなんだ、私!ってようやく自覚しました(笑)。本編ラストと描き下ろしの横井のモノローグは秀逸もはや美しくさえあります。今作は重い実作品の中ではコメディ寄りのライトな作品ですが、その中に時折り漂う不穏な空気がやっぱり重い実先生らしくてクセになっちゃうんだよなぁ。※修正は目を凝らせば見える!な白抜き(白トーン?)。

  • 100

    cmoa

    「放課後のYくん」全5話
    理系男子校の横井と吉岡のお話。勉強してるはずが、気が付けばどんどんエスカレートしていく関係がとてもエロい。いつも個性的でシュールな感じが面白くて作家買いしてしまう重い実先生作品。この独特の空気感が癖になっちゃうんだよなー。どことなく、アホエロを彷彿させる今作、あちらが大好きなのでこのテイストは好きだなぁ。描写は白抜きに見えるくらいの白いトーンで。全体的にいつもよりさらりと読めました。

    「その後」14ページ
    横井の想い。チラリと見える不安定さがいい味でてるなー。

    「あとがき」1ページ
    二人の寝相。

    「特典ペーパー」1ページ
    理系男子校○○高校の奇跡

  • 100

    cmoa

    さすがの重い実ワールドです。やっぱり、どの作品にも共通する独特な世界観と描写で、どうしてもはまってしまう不思議な感覚です。主人公目線の主観的な語りが、読んでるこちらまで同じ目線、同じ感情に引き込まれていきます。
    同じ空間で、同じ時間を共にいたら若いんですもの、エッチな感情が沸き上がっても不思議じゃないですよね。そこからスタートする恋愛感情もあるだろうし、同性でまだ子供で、気持ちのすれ違いとか、誤解とか独占欲とかいろんなものが、入り交じって答えにたどり着くって思います。まだまだ若い実なので、エッチに励み大人へとなるのかな(笑)
    高校生でもエロ可愛い二人です。

  • 100

    cmoa

    169ページ、1冊表題作(描き下ろし後日談14p+電子限定1p付)。

    うーん、今回はそんな変設定ではないんだけど、やっぱり読んでて不思議ちゃんに不思議ストーリーに感じてしまう。
    この不思議読み応えは、もう作者さんの作風なんですね!

    この味ある不思議感は、ハマるとくせになるかも(笑)。
    私はけっこう、このズレた感覚で進む読み応えが楽しくて好きです。
    説明しにくいけど、変わった話も好きな方にはぜひオススメ!

    どうでもいいけど、またもや中身のイメージと結びつかない、露出の高い表紙。
    作者さんはどんだけぱんつが好きなんだ?

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は攻めが受けを無自覚でも好きになり、それが独占欲に繋がっていき、そんな態度を出された受けも段々と攻めをそういう目でみるようになった…という感じでしたが、最後の内容を読んだら流されて何となくではなくきちんと攻めを好きなんだなって思いました。まだ若いから狭い世界で生きているという点とお互いゲイというわけではないから男同士なのが…という不安な気持ちが凄く伝わってきて切なくなりました。願わくば攻め君にはよそ見をすることなく受け君一筋でいて欲しいと思いました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 重い実さんにハマって何作品か読んできました。他作品に比べるとシュールな展開は控えめですが、独特の雰囲気、切なさと可笑しさがしっかりとあります。ストーリ自体は比較的王道かな?なのにやっぱり不思議な感覚、読後感。作者さんの個性を改めて感じさせられました。時々読み返す作品になりそうです。
    ラストはちょっと意外な着地。甘苦いモノローグが沁みました。
    寝相コーナーのところの壁、ん?なんて書いてある?と画面拡大したら…ダース買い、笑いました!拡大して損した!笑 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 重い実先生の作品はこれで3作品目ですが、今のところ全くハズレがありません。今作品も独特な世界観、面白かったです。吉岡くんは徐々に独占欲が出てくるところが良かったです。横井くんは色気のある表情が良く、ドキッとします。エチシーンでは特別派手なことはしないけどエロく感じるし、エチの最中の2人の会話や心の声も好きです。5話の後のその後は、今まで読んだ重い実先生の作品の中では意外な描写で少し切なくなりました。でも、そこも含めて良かったと思います。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    重い実先生の作品大好きです☆レビューを読んでずっと気になってました。切ない描写があるのかな??って思ってなかなか手が出せなかったんですが、買って良かったです。確かに横井の最後のセリフは切なかった。。でもそれは同性だろうが異性だろうが恋愛だけに限らず色んな関係が、広い世界に出た時に変わってしまう事もあれば変わらない事もある。。って改めて考えたり。
    重い実先生の作品はシュールな世界観の中にもフッと何かリアリティを感じる時があり。。中毒になります〜〜…笑

  • 100

    cmoa

    この作者、読者の心を掴むのが本当に上手い!大体「…おいおい、そんな訳ねーだろ?」から始まるのですが、気が付けばどっぷり世界に惹き込まれてしまってます。いい加減な話に見えてそうではない。胸キュンするところとシリアスで纏めるところを上手く取り混ぜて、その計算された罠からは逃れられません。そんな目新しい話でもない、特別美しい絵でもない。なのに良いと言わされてしまう。今回のラストはちょっとキュンきます。受の攻への気持ちが可愛くて愛おしくて切なくて…。

  • 80

    cmoa

    始まりから気軽に読めて、そのままの勢いで終わるのかと思いましたが、最後の最後に横井君のあのセリフ・・・・・・
    漠然とした先への不安から出た正直な気持ちなんだろうと、こちらも同じように不安になりました。ちょうど半額になっていあたので、「アホエロ」と購入。
    初めて読んだ作者さんでしたが、終わりが全く違う2作品で面白かったっです。
    こういう、心の中は嵐みたいな感じなのいいですね。二人がどうなっていくのか見てみたいです。

  • 100

    cmoa

    制服のくびれは私も気になってました〜(笑)
    ほんとローライズだわ、これシャツどうなってるんだろ、はみ出さないの不思議(笑)

    小竹と武田〜が良すぎて初読み時は少々物足りなく感じたのですが、読み返すとやはりそこかしこにじわじわきます。

    いつも作者のレビューは面白い!シュール!しか書いていないのですが笑、キュンキュンや切ない、ホロリ…も一緒にあってこその面白い!なんですねー。
    ほんと好きです、重い実さん(^^)

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 が好きで色々読んでます。この話はアホエロっぽくて抜きあってたらエスカレートしてヤッてた、ってやつです笑。アホエロの方が受けがもっとアホで可愛らしい感じですが。流されアホ受けが好きなんですが流されてますがこの子は聡くてアホ感はないかなー。でも色気あって好きです。皆さん仰ってますが重い実さんの作品は脇役の存在感が濃い!本作も攻めの兄ちゃん、濃いです笑。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 「ビッチなスズキくん」、「アホエロ」のナチュラルながら独特なギャグが大好きですが、今回はギャグ少なめです。それゆえか、良くも悪くもさらりと読めてしまいました。ハッピーエンドと思いきや「その後」のお話は、どんでん返しとまではいかないものの、手放しでは喜べない余韻を残していきます。この余韻は好き嫌い分かれそうですが、切ない話が好きな人にはオススメです。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 今回はあんましギャグ要素無く、結構ちゃんとした(?)恋愛漫画だった気がします。随所に独特の表現はあるのですがw あと「その後」を読むとなんだか悲しい気持ちになります。吉岡君はきっと一途なはず。地球上には星の数ほど人間いるし男がイケるなら対象は2倍ですが、きっと他になんかいかないと信じています(>_<) しかし随分惚れちゃってたのね横井クンw 続きを読む▼

ネット上のイメージ

エロい
教師
独特
可愛い
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • 海と二人の塩分濃度
    今度こそ――大学生の隆太は、勝ちめのない恋に終止符を打つため、海沿いで居酒屋を営む尚希のもとを訪れる。久しぶりに会った尚希は、彼女と別れ、猫とひとり暮らしていた――。そんな彼の背中を見ていると、あきらめるはずの想いがあふれだしてきて…!! 無愛想大学生×10歳上の居酒屋店主の静かに激しく心を揺らす愛――。
  • 添い寝ラヴァーズ 【き】
    せっかく一晩恋人同士なんだし、添い寝…以上のこと、してみない?無愛想なナゾの男×落ち目のアイドルトンデモ企画の結末は!?幸原克也(ゆきはらかつや)・通称「ユッキー」は大手タレント事務所に所属するデビュー7年目のアイドル。デビュー当時の人気は見る影もなく、CD売り上げ貢献のために抽選で選ばれたファン1名と企画で添い寝をすることになってしまった。当選者「いちご」ちゃんのお宅を訪れ、どんなドルオタかミーハー女子が出てくるかと思いきや、現れたのはいい歳をしたガタイの良い男・鵜田一吾(うだいちご)! ヤラセ企画かとホッとしたのも束の間、会ったばかりの一吾と一夜を共にすることになり…!?一筋縄ではいかないラブの行方と想定外の結末――ドキドキ&キュン★な表題作他3編を収録!【収録作品】添い寝ラヴァーズアンチヒーローエゴイスト監禁25年生活(前編)監禁25年生活(後編)天国の特等席突撃ラヴァーズ(描き下ろし)★単行本カバー下イラスト収録★【電子限定で描き下ろしの3ページ漫画が収録されています。】

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 起きて最初にすることは
    ≪志村貴子 初BLコミックス≫「不憫BL」で人気を博した義兄弟のシリーズ連載が待望のコミックス化。4年前、親同士の再婚で突然出来た2才下の弟・夏央。兄となった公崇は夏央に勉強を教えてあげると「兄ちゃん」と頼ってきてくれるようになり、そんな弟が可愛くて仕方ないしあわせな日々。しかしある日、公崇は、自室に男を連れ込みHしてるところを夏央に見られてしまった! 嫌われた上にゲイだと学校で言いふらされ…不登校→退学→ニートの道の公崇。それでも夏央が欲しくてたまらない。好かれたい触ってほしいセックスがしたい! 欲情が甘く痺れる、ダメ恋ボーイズラブ。
  • ポルノグラファー
    現実は妄想よりスゴイ。ポルノ作家と俺の“代筆”のお仕事。  大学生の久住(くずみ)は、ポルノ作家・木島(きじま)の腕を骨折させてしまい、口述筆記で代筆することに。仕事をはじめて数日。淫らな文章を読み上げる木島の声は久住の耳を責めたて、疼いた下半身は完勃ち状態に…。「抜いてあげようか? 口でしてあげる」からかわれた久住は、その日から木島で“エロい妄想”をするようになってしまい――? 純情大学生×思わせぶり官能小説家のお子様厳禁セクシャル・ワールド。

イメージの近い作品(最近)

  • 恋の口火
    「健一と僕は親友で、幼なじみで、恋人で、今も当たり前みたいに二人一緒にいる。僕は変わらない二人の関係を愛してる。なのに、僕だけが変わっていく。歪んだ方向へ自分の足で歩いている――。」バラエティ溢れる傑作作品集!
  • センチメンタルな刻 
    ショタ同人界を震撼せしめた伝説の作家・19号。つくも号と名を改め、ついに初コミックス登場! BL・ショタに囚われない独自の作風は今なお変幻自在。商業デビュー作「まっすぐな道」を筆頭に全13作品を収録。(注意!! つくも号ワールドの虜になっても当社では責任を負いかねます)