© コミックハウス

「健一と僕は親友で、幼なじみで、恋人で、今も当たり前みたいに二人一緒にいる。僕は変わらない二人の関係を愛してる。なのに、僕だけが変わっていく。歪んだ方向へ自分の足で歩いている――。」バラエティ溢れる傑作作品集!

恋の口火

| コミックハウス(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

恋の口火のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

8件のネット上の評価があります

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 う〜ん…なんともいえない世界が広がっていました…。
    絵のインパクトがとにかく強い。
    今回で読んだのは2回目なのですが、
    1回目はこの絵のインパクトが強すぎて、
    あんまり読んでて気持ちのいい作品ではありませんでした。

    でも2回目、絵にも抵抗感がなくなり、
    お話も解ってはいましたが、前よりすんなり入ってきて、素直に読めた。
    とにかく1話目がいい。
    かなり重いですが、いいです。

    以下ネタバレ含むレビューです。
    ネタバレなしで読むのをおすすめします。

    健一と悟郎シリーズ。
    何故悟郎がそういう病気になってしまったのか
    何故健一が今そういう生活をするのに至ったのかが書かれてないのですが、
    逆にそれが良かったのかも。
    読み手としては、読みたい部分でもありますが、
    3話目の所で充分それは解りますから。
    最後、健一が「悟郎」っと呼び止めた時、
    泣きそうになりました。
    なんで一緒にいられなかったんだろう…(泣)
    「おそれずにいこう」というエンディング、
    中身は相当な覚悟だし、こうでなきゃの最後ですが、
    お涙頂戴になってない静かな終わり方が好きでした。

    後好きだったのは「浮遊感覚」かな。
    広瀬の「謝ることができねぇわけがようやくわかった」に至るまでの流れが好きでした。
    後、沖田先生の方が最初あんまり好きじゃなかったのですが、
    いいですね〜、結局プールでは先生の方が緊張しちゃってるのが、妙にはまりました。

    次は「スローフード」、
    なんだかんだ言ってお兄ちゃんの方が弟に甘えてる感じ。
    それが解ってて、弟も甘えてる。
    可愛いです。

    「LIFE」前編後編は、楽しかった。
    後エロシーンが、なんかエロくて好きでした。

    「Engel Herz」は、
    うーん…ちょっとオチが見えちゃいまして、
    なのに登場人物の関係性がなんか解り辛くて、
    そういう世界とか、そういうオチの話が書きたかったんだなぁ〜という
    ふわふわ感で終わっちゃいました。
    素敵なお話だとは思うのですが、
    私としてはもぅちょっとだけ解り易かったらいいなぁ〜と。
    あんまり解り易いと、この世界が失われちゃうんだとも思うのですが…もぅちょっとだけ。

    そんな感じの1冊でした。
    頻繁には読み返さないとは思いますが、手放したいとは思わない1冊ですm(_ _)m

  • 80

    cmoa

    半音だけで出来た音楽みたいな、不思議な切なさの短編集です。

    1〜5話 幼なじみの二人が恋を自覚し、同棲し、別れ、人生の曲がり角を過ぎてなおお互いを想い続け、二人で歩いていくお話。

    受けの悟郎が性交依存という病を抱えている為、甘いお話ではナイです。
    途中、読んでるの苦しくなりました。
    でも深くて枯れない健一の愛と、細く絡まりがらもちぎれる事のない悟郎の愛がやっと寄り添うラスト

    6〜7話 先生と生徒モノ。このお話が一番好きです。お互いの気持ちをぶつけた夜のプール。綺麗です。

    8話 近親相姦…かな。歳の離れた兄をまっすぐ隠さず好きでいる弟。
    巧くかわしてきたはずの兄なのに、泥酔した春の晩ついに。うん、あれは兄が誘ってますね。

    9〜10話 大学の寮での恋落ち。ズレた恋落ちの仕方で、ほのぼの。

    11〜12話 近未来&外国。執事ロボットとその主である犯罪者。
    懸賞金狙いの二人組の目を通して、主従関係とヒトと機械である事を越えた哀しい愛をみせます。

    独特の絵柄と極端に少ないセリフ。全体に漂うけだるげなセクシーさ。
    好みは分かれそうですが、私は浸れました

  • 80

    cmoa

    設定はありふれているけど、人物の心情を感じ取ることが難しく、絵も見づらいけど、心に引っかかりを残す話が多かった。作品の持つ独特な雰囲気も嫌じゃなかった。

    〜最初はいい雰囲気だったのに…。悟郎が依存症治療から逃げ込んだ先が、健一の元だったのは運命ですかね。歳をとったからこそ、お互いを思いやることができる2人が素敵。
    修羅場かと思いきや、広瀬の沖田先生への無自覚な告白だったんですね。プールの中の浮遊が気持ちよさそうでした。
    寝たふりして弟が触るのを許してる星冶は、小悪魔っぽくてドキドキしました。実月は小さい時はカワイかったのに、むさい高校生になっちゃったな(苦笑)
    要領のいいヒカルに、生真面目なサト。これからも2人の上下関係が変わることはないような‥。この話はライトで読みやすかった。
    捻りの効いたストーリーで、なかなかよかった。主人アイザックに初めて名前を呼ばれる時が永遠の別れになるなんて、哀しいけどロマンティックにも思えるラストが印象的でした。感情を持つはずがないロボット執事が、主人を守ろうと命令に背こうとする姿が健気です。

  • 80

    cmoa

    素直に面白かったです。
    絵柄が明暗のコントラストがくっきりしてる風なので好みが凄く別れそう。
    少年誌っぽくて私は好きです。

    始めの話のように長いスパンを描いているのはいいですね。刹那的な関係ではなく、二人に未来を感じられて、途中のやりきれない切ない気持ちから安堵に変わりました。
    恋愛以上の愛ですね。

    兄弟物が一つありましたが苦手な枠なので「う〜ん…」でした。
    でもしかし、全体的に良かったです。
    この作家さんのお話また読みたいです。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 本当に独特でした。要らない物を根こそぎ取り払った、詩のような…話は飛び飛びだし人物も急に年取って容貌変わったりで判りづらかったですがストーリーはとても良かったです。最初購入したのを後悔しましたがジワジワきます。特に最後のお話は切なくて好きです。雰囲気と感性で読ませる所があるので好き嫌いはハッキリ別れるとは思いますが好きな方には堪らない無二の作家さんになりそう。

  • 60

    cmoa

    1〜5話の2人の話は、少年期・青年期・中年期(って分け方で良いのかは分からないですが)の3部構成で。何か人生を感じさせるというか。こんな風に一生付き合っていくっていう形もあるか…と、妙にしみじみ考えさせられました。
    1番好きだったのは、9・10話の寮生な2人の話です。こちらは明るくBLで。後輩×先輩(小悪魔系?)な2人のやり取りが微笑ましくて可愛かったです。

  • 60

    cmoa

    好きな作家さんなので星4か3か迷ったんですが古め作品なので色々考えて星3で。絵柄も万人受けじゃないかな?雰囲気や内容が独特というか世代を感じて懐かしさもわいてくる感じ。エロさはあります。

  • 60

    cmoa

    独特感ある雰囲気。
    絵もストーリーも不思議な感じがある作品。
    好みの善し悪しはあるかもしれないが、いくつか話があるのでどれか読んで見るのも悪くないと思う。

ネット上のイメージ

独特
教師
エロい
切ない
可愛い

イメージの近い作品(ランダム)

  • 燃えろ!!堀本学園
    私立堀本学園は、良家の子息が多く通う名門男子校。しかしその実態は…ホ○の巣窟だった!!ノンケの新米教師・桜井をめぐり、繰り広げられるセクハラバトル。この過酷な戦場に救いの手はあるのか!?
  • 朝日奈怜一郎はいつも憂鬱
    大学准教授の朝日奈は、学生の椎名と付き合っているものの、どこかはっきりとしない。そんな朝日奈の気持ちに不安な椎名はぐいぐいアピールするも、朝日奈がどうしても忘れられない男が現れてしまって…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ポルノグラファー
    現実は妄想よりスゴイ。ポルノ作家と俺の“代筆”のお仕事。  大学生の久住(くずみ)は、ポルノ作家・木島(きじま)の腕を骨折させてしまい、口述筆記で代筆することに。仕事をはじめて数日。淫らな文章を読み上げる木島の声は久住の耳を責めたて、疼いた下半身は完勃ち状態に…。「抜いてあげようか? 口でしてあげる」からかわれた久住は、その日から木島で“エロい妄想”をするようになってしまい――? 純情大学生×思わせぶり官能小説家のお子様厳禁セクシャル・ワールド。
  • 放課後のYくん
    気づいたらセックスしてた。理系の男子校で女子と無縁の生活を送る横井と吉岡は「唇の柔らかさは女子と男子で変わらない」という理系的考えの元、ある日キスをしてしまう。その日を境に勉強会と称してエッチへの探求にも精を出すようになった二人だったが、覚えの早い吉岡はどんどんエスカレートしていき――。

イメージの近い作品(最近)

  • センチメンタルな刻 
    ショタ同人界を震撼せしめた伝説の作家・19号。つくも号と名を改め、ついに初コミックス登場! BL・ショタに囚われない独自の作風は今なお変幻自在。商業デビュー作「まっすぐな道」を筆頭に全13作品を収録。(注意!! つくも号ワールドの虜になっても当社では責任を負いかねます)
  • 愛玩マゾ教室
    清楚でド痴女な秀才クンのセキララ性生活!!女子高生好きの伊東は、念願の教師になったものの、男だらけの男子校勤務に虚しさを募らせていた。そんな中、教師の間でもクセ者とウワサの優等生・山口の様子が気にかかり声をかけたのだが、思わぬ事態に発展してしまい…!?日常に潜む男達のエロス・挑発合体を切り取った秀作8本を収録!!