© 祥伝社

なにげない日常が、こんなにもいとおしい・・・ 4人の女性の日常にある、それぞれの恋模様。 さりげない台詞が妙に心に残る。等身大の恋愛模様を描かせたらピカイチの著者・南Q太の会心作。 男子高校生、松平一雅(まつだいらかずまさ)の日常を描いた「さすらい」も同時収録。

天井の下

南Q太(著)
| 祥伝社(出版)

立ち読み

天井の下のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

3件のネット上の評価があります

  • 100

    amazon

    私にとっては初めての南Q太作品で、これがきっかけで彼女に興味を持ちました。この短編集は、一見平凡そうでいながら、何かのきっかけで少しだけいつもの日常から逸脱してしまった人々のお話です。しかし、綴られているのは本当にありのままの「生活」で、そこにはいかにもな物語的脚色は感じられません。故に、現実の脆さ、人間の弱さ、醜さ、も何気ない瞬間に気付く世界の美しさ、も、人と人との触れ合いから生み出されるあたたかさ、も、切なさ、も全てが等価値でそこにあります。それはとても正直な姿勢で、だからこそ、彼女の作品の読者一人一人がそこから必ず「何か」を受け取り、またひとつ、前に進む気持ちになることが出来るのでしょう。南先生は基本的に現実世界を常にまっすぐ、ありのままの目で捉えようとなさる作家さんです。しかし、そこから生み出されるストーリーはあくまで登場人物の等身大の生活レベルで語られます。だからこそ、読者に安心感を与え、共感させることが出来るのだと思います。さらりと描かれた独特のタッチのイラストも、良い味を出しています。個人的にはこの方の描かれる人物のフォルムが好きです。手の表情が良いと思います。南先生の作品をこれから読み始めるという方にもお勧めしたい佳品です。

  • 100

    amazon

    あいかわらずすごいです。Q太さんはなぜココまでリアルに恋愛感情の描写ができるのでしょうか?(もちろん具体的には何も描いてないんですよ?でもすごくうまいんです。主人公の複雑な心情の描写が)なんでもない日常の出来事もQ太さんが描くだけでこんなに後になって、じわーっと効いてきます。読んでみて損はない一冊です。

  • 100

    amazon

    南Q太の中で一番面白い。ぼやー、ぼけー、っとするような話が入っていた気がします。好きだということは覚えている。友達に貸したまま返ってきません。

ネット上のイメージ

教師
日常
恋愛
独特
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • 恋愛ディストーション
    大学生の大前田真と緑川棗(なつめ)は同じ大学に通う、高校時代から交際しているカップル。そして真の友人、江戸川陽一は元担任の大塚まほと付き合っている。 気の強いなつめに翻弄されながらも暖かく彼女を支える真と、5歳年上の、教師なのにどこか危なっかしいまほに夢中の陽一。このどこにでもいるような2組のカップルのほのぼのとした日常を優しく暖かく描く連載の第1巻。昔、教え子と生徒の関係にあった、まほと陽一の出逢いも明かされます。
  • うつむく視線
    【あなたの体温に、心が震える……】愛情に対して臆病だった、中学校の美術教師・美雪を変えたのは、家具デザイナーの馨だった。けれど、心と身体を触れ合わせ、互いにとってなくてはならない存在になる程に、何故か不安が募っていき……!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • Paradise Kiss
    塾と学校の往復だけだった受験生の紫(ゆかり)が、はじめて足を踏みこんだ場所はパラダイス!? あの「矢澤芸術学院」とアトリエを舞台に繰り広げられる、恋とミシンとステージのハッピーストーリー。2011年、待望の実写映画化!
  • 波よ聞いてくれ
    舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

イメージの近い作品(最近)

  • THE END
    68 THE END
    男の名前はシロウ――。 毎日が退屈で、イラツいて、何もかもに意味を見出せなかったシロウの前に、ある日突然、空から女の子が降ってきた。シロウはルーシーと名乗る不思議なその彼女と過ごす時間に充実したものを感じていた。しかしある夜の事件をきっかけにルーシーは姿を消し、シロウ自身も巨大な運命の波にのみこまれてゆく……!!
  • 小津くんのヰタ・セクスアリス
    30歳にして彼女なし。それどころか夢見がちな恋愛観のせいで、いまだ童貞の小津くん。それが人生最大の恥にして秘密だったのに、超イケメンの友人・蘭にうっかりばれてしまう。動揺する小津くんだったが、蘭も女性経験はないと知り、イケメンでも童貞なんだと安心したのに――!?