© リブレ

幼馴染のチバとヒロト。チバがヒロトへの気持ちに気づいたのはヒロトに好きな子ができた中学生の時。ゲイの父を持つ環境、好きな子の一番近くにいる環境…そこで身に付けた処世術、心が崩れそうな時に目を閉じて3秒数える…そうすれば平静になれるチバ。そんなチバにお構いなしで親友として心も身体も至近距離のヒロトに毎日どきどきされっぱなし。そろそろ我慢も限界?と思ってた矢先、遠方へ転校しなければならなくなり…! 子供だった2人は、離れることは別れだと思ってしまった。伝えそびれた想いを抱える究極の胸キュンラブストーリー! 単行本未収録のショートも入った電子特別版。

目をとじて3秒<単行本未収録ショート付>

| リブレ(出版)

立ち読み

目をとじて3秒<単行本未収録ショート付>のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

24件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 幼馴染同士で 最初は自分の幼馴染に対する想いや欲を 一生懸命押し殺して側にいる 健気男子の話かと思いきや ただただ どれタレ笑。親の都合で離れ離れになっても お互いの気持ちは変わらず 会えなくても 忘れらないというより 心に引っかかっていて。4年ぶりの再会でハピエン。幼馴染でずっと側にいて 離れててもやっぱりお互いが好きなのに まだ嫌われたら恐いと 何度も二の足を踏む 2人のお話し。2巻はその後。お値段通りかなり短いです。内容は 付き合い始めても やっぱり変わらない2人の初H。

  • 80

    cmoa

    何読んでもじわっと感動する作品ばかりで、
    阿仁谷さんさすがです。
    他の作品に比べて直接的なエロはすくないんですが、心の動きとか、こまかな仕草とか、
    感動するなぁー。

    目を開いても〜の方は
    30ページ位で200円と、お値段高め。(阿仁谷さんの本このパターンが多いです。)
    ですが、本編に入りきらなかったその後等、
    満足のいく内容が多いので、必ず買ってしまいます。
    こちらはかなりエロかったです。

  • 100

    amazon

    お互いに好きなのにハッキリと言えないままタイミングが悪く気まずいまま離れ離れになる高校生のヒロトとチバ。「好きだ」って言ってほしくて「好きだ」って言ってほしかった。後悔を抱えたまま4年後に再会しますが、久しぶりに会う二人のドキドキが伝わってきました。阿仁谷先生の描く独特の雰囲気、表情、胸をぎゅぎゅぎゅ~っと鷲掴みにされてしまうような感覚が味わえる1冊です。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 マナとヒロの2人とっても好きなんですが、エロが無かったから。阿仁谷先生の私の好きなエロが無かったから寂しかったんですが!!!続編!!!致してる時の心の声が好きです。好きなのが表情からも声からも、心の声からも伝わってくるのが好きです!欲を言うならヒロがしてるのも見たかったです。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 両片想い大好きなのでキュンキュンしました!双方の目線で読めるので、お互い相手を想う気持ちが痛すぎるくらいわかって良かった!もうちょっと題名にもなっている、目を閉じて3秒で気持ちをリセットさせるチバの辛い感じが見たかったなぁ。後半の目を閉じるなっていうのは良かったです☆

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 心理描写がしっかりとされているので、すれ違いにとてもキュンキュンしました。くすっと笑える表現も多く、絵柄も激しめですが、わたしは好きです。
    攻めが少しもだもだしすぎですが、その分、感情のままに突っ走る受けが生きていて、とてもよい関係性だと思いました。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 両片思いの可愛くもじれったい話です。どっちも気持ちを伝えないので、中途半端なまま4年も離れ離れになってしまいました。ですがその分思いが通じあってからは甘いです。エロはないんですが、何分食事の仕草が色気たっぷりでエロ成分補給されています。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵が苦手な感じなので購入するか悩みましたが買って良かったです。
    お互い好きなのに一人は告白待ち、もう片方は両想いだとは思わず逃げてしまうのが切ない。
    読み出したら絵が苦手なことは気にならないくらい面白かったです。

  • 80

    cmoa

    目を閉じて3秒我慢してやり過ごしてたけど、想いも伝えずに離れちゃった。
    再会するまでに思いが募ってラブラブになります。
    攻めと思ってたけど、受けだったんだー。
    多分リバなのでどっちもありだろうなぁー
    お父さんのお話も気になりました。

  • 80

    cmoa

    ずっと幼なじみの二人に突然の別れがきて、それから4年間もお互いに想い続けてそれが実るというお話で、とてもよかったです。やっと実ったこ純愛をこれからもずっと育んでほしいです。卵焼きのエピソードがお気に入りでした。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 臆病な二人だから、途中どうなるのかハラハラしたけど、時間かかったけど最後ハッピーになれてよかった。目を閉じて3秒、私も試してみようと思える素敵な作品でした。

  • 80

    cmoa

    すごい、食べている様がエロい。ストーリーも切なくて良かったー!想いが通じ合った後の2人をもっと見たかったのでそこは物足りないかな。本筋とは違うけどパパカップルの話もじっくり知りたくなりました。

  • 60

    cmoa

    何というかチョット物足りなさが残りました。チバは優男で気弱だけどイケメンで天然色気ありで好みだったんだけどヒロが何というかちょっと好みと違った。。ストーリーももうひと捻り欲しい所でした。

  • 100

    cmoa

    買って良かったーこれは何回も読み返したくなるお話です
    チバもヒロトもどちらも可愛い
    ホテルを出たあとのチバの笑顔がすごくいいです。
    この作者さんの泣き顔、笑顔、どれも好みです

  • 80

    cmoa

    作品紹介で話がモロバレしてしまっている……!これでいいのか……よくあるカプだしお話だけど、よくあるほど感情移入しやすくって、面白いんですよね。キュンキュンします。

  • 60

    cmoa

    この作者さんは食べるシーンがとにかくエロい。
    食欲=性欲ってかんじ?
    「もういちど、なんどでも。」を読んでからこっち読んだので何か似通った雰囲気でした。

  • 100

    cmoa

    片思い×片思い(そんなタイトル他に見たことがあるかもです)の二人が時間をかけて一つになるお話です。最後までヘタレですが、そこが良い!というお話でした。

  • 80

    cmoa

    そのまま離れちゃうの??と思ってしまいましたが、離れてもお互いを想いあっていて、ちゃんと再開出来たしちゃんと気持ち伝え合って上手くいって良かったです!

  • 80

    cmoa

    ユイジ作品は、独特な雰囲気が好きでど嵌りです
    切なくてキュンキュンするのに、表情はトロエロ
    そのくせみんな純情かよって
    作者買いしちゃうよねーww

  • 100

    cmoa

    だが、そこがいい!という感じです。不器用で臆病な二人の姿がとてもかわいくて、読み応えがありました。やっぱり、阿仁谷さんはすごいです。

ネット上のイメージ

エロい
可愛い
独特
切ない
感動

イメージの近い作品(ランダム)

  • 黒猫の憂鬱
    「きっとあなたの店を潰してみせます!」猫の耳を持って生まれてしまった少年・黒猫は、その容姿から厄病神として人々に嫌われていた。婦女子に人気の呉服屋「八重垣屋」に乗り込む目的は「不幸を呼ぶ」ため…ライバル店の策略である。それを知ってるはずなのに、店主の八重垣は優しくって切なくって…。宝石箱のようにラブリーな短編集――。
  • 狼少年とハムの人
    【3巻は別作品「せいなるよるに」収録となります】「人のチ〇コ触ってキモくねぇの?(オレも触りてぇ…)」本当は心も体も同級生の公和(きみかず)を求めているのに、口から出るのは嘘ばかり…自分がゲイであることを自覚している勇大(ゆうだい)は、周りににバレないために嘘を重ねた学生生活を送っていた。もちろん、片思い相手の公和に告白なんて論外!眺めるだけの淡い恋を胸に、無事に迎えた卒業式の夜。酔った勢いで同級生にキスをしまくり、いい思い出にしようと思っていたら…気付けば公和と舌を絡めたキスを交わし、遂には最後まで…!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • この夜のすべて
    心を殺さなければ─── ある政治家の私設警護班『士旗の会』に所属する七青は、新入りの葵の教育を任せられる。軽薄なようでいて汚い仕事も淡々と確実にこなす七青と、優秀な腕と頭脳を持ちながら潔癖で純粋な一面がある葵。水と油のようにまるで性質の違うふたりだったが、息の合った連携で次々と功績を上げていく。しかし、葵にはある秘めた想いが胸にあって……闇に生きる男たちが辿り着いた先とは?
  • 辺獄のカレンデュラ Ⅰ
    【罪深き男が世界の果てで愛を知る。】目が覚めるとそこは死者の国だった――。生前、軍人だったこと以外の記憶がないカレンは、『辺獄』と呼ばれるこの国の管理人・マコトと共に生活をしはじめる。己の罪を贖うため、神から与えられた『死神』の任務をこなすカレン。一途に想いを寄せてくるマコトに支えられ、彼への愛しさを募らせる。しかし、マコトはいつか、朽ち果ててしまう泥人形だと知り…。ドラマティックな世界観と魅力的なキャラが織りなす、切なくも愛しい、贖罪の恋。

イメージの近い作品(最近)

  • はつこいの死霊
    母親の浮気に嫌気がさしていた智はアパートの隣人である裕一と仲良くなる。誰かを好きになることはない、無意味だ、という智に「それでもきっと誰かを好きになるよ」と裕一に慰められた夏休みのある出来事。それが10年後に初恋の死霊となって息をふきかえすとは思ってもいなかった…。『全ての不幸の元は初恋の祟りである。』ロングセラーで未だ人気が衰えない本作品は草間さかえの代表作ともなった長編ボーイズラブ。これを読めば草間ワールドが堪能できます!
  • アダムの純情
    三人兄弟で暮らす家に、ある日長男が男を連れ帰ってきた。ハルキと名乗ったその青年は、妙な色香で俺を惑わす。男なんかに惚れるはずない─そう思っていたけれど、ある時俺は見てしまったのだ。長兄に泣きながら抱かれるハルキの姿を。そして同時に気づいた。ハルキに恋していることを…。