© 白泉社

革命期フランスの動乱の中、名門貴族に仕える切れ者執事・クロードと、贅沢に慣れきった美しい主人・アントワーヌの甘く密やかな恋愛劇。身分違いの、それ故に熱く切ない二人のロマンスを完全収録。(この作品はボーイズラブ作品となります。)

執事の分際

| 白泉社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

執事の分際のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

17件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    映画化された先生の他作品は長編のためハードルが高い。よしなが先生初心者には一冊完結物からと思った。

    BL以外の何物でもないのに、本作はその範疇に入れられてない。掲載誌を最後にチェックしてみても、BE_BOYと同人誌とあるから、詳しくない私にも判りやすい、ならではの出身であるにも拘わらず、だ(他のレビューアーさんも同様の指摘有)。


    とにかく凄いの一言。余白や余韻の持たせ方上手いし、自分の世界をお持ちのような展開で、実力者ぶりをいかんなく発揮。恐いくらいにポルノ漫画な感じ、そんなところも中途半端で済ましてないのだ。といって、ストーリーは独特の時間進行であるにはある。時代背景を物語の作り込みに巧みに材料化し、貴族描写を肉付けしている。絵の力で既にまごう事なき貴族なのに。陰影とトーン捌きの職人芸のなせる技なのか? 出している雰囲気が、並ではない。
    ただ、絵は私の好みでは全くない。絵やコマ割の上手さを、絵柄が好みでないからと過小評価しないので、Hが多すぎる作品に高評価を回避する傾向の私でも、これは別格の存在。

    極めていやらしいシーンも何度も出くわして、情け容赦もなくBLで、しかも、二人の関係は主従の軛を超えて真剣な愛だ。このジャンルにありがちな、相互の愛情の確信までの回り道迷い道もあり、やっと二人は相手一人だけ、という状況を迎えるまでは仄暗い。
    それに、前半は別カップルだ。

    初BLレビュー。読んでいない訳ではなく。。今後もあまり積極的にはこの分野のレビューはしないだろうとは思うが、本作はレビューを入れておこうと思った。

    このジャンルのレビューは難しいので敬遠していた。
    竹宮先生が「風と木の詩」を連載されていた頃、弟の勧めで十何巻まで読み進めたが脱落、完読していない。単行本は未完だった当時買い進めたものの完結巻まで辿り着く直前に売り飛ばした。
    以来、電子書籍でBLという一大ジャンルとして扱われる現実に接する迄は、ずっと遠ざかったままだった。かつて読めないと思っていた世界に、入ってみるとそこは専門用語の飛び交うレビューで高く支持され、やはりクラッとは来るのだが、かつては耽美一辺倒だった気がするこの世界、驚くほど広がっている。

    レビューはBLについては門外漢過ぎて今後もやはりあまりしないつもり。
    本作は、本作でかねて関心のあったよしなが先生作品に初めて触れて、つい書いておきたくなった。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 多分に濃厚なBL要素ありますが、味わい深くウイットに富んだ質の高い作品なので幅広くいろんな方におすすめしたいです

    どちらかと言えばシンプルな作画なのに、貴族の暮らしぶりが端的に伝わってくる描写は見事

    顔だけは天使のような美形、ナルシストでわがままでへなちょこなアントワーヌは没落貴族のお坊ちゃん。一方、まぁまぁの男前ながら食えない奴で世渡り上手、毒舌だが有能な執事クロード

    フランス革命前後を踏まえて少々のドサクサがありますし、クロードの出自などワケありですが、重くなりそうな話も淡々とした展開。クスッと笑えるシーンありつつ、心に染みる語り口は、さすが、よしなが先生

    アントワーヌもけっこうキツい生い立ちなのに、執事クロードのおかげか、貴族らしくプライド高くも享楽的にお気楽にお育ちのご様子w

    主従とはいえ、いわゆる日本的な忠義とはちょと違うし、色恋がからむところがフランス的というか

    まさしく“執事の分際”で坊ちゃんを小バカにしたような言動の数々。でも実はアントワーヌを真摯に愛しているツンデレクロード。父のような兄のような一面も?

    顔を合わせりゃ辛らつなやりとりばかりの二人だけど、ちゃんと互いを思い合っている。その絆も感じられてのエスプリの効いたハピエン、最高でした。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 フランス革命前の貴族と中国の血が入った執事のお話。1つ目のお話は単話なんだけど、次のお話はフランス革命後にまで続きます。ツンツンなSの執事が革命で解雇宣言した直後一気にデレるところが見所です。当時の貴族の生活の様子がリアルに描かれていて、その普段の暮らしの様子があるから、夜のシーンも品があるのに濃密な感じで読めました。ふだんの2人のやりとりがほのぼのしていてよかったです。1巻完結なのが残念だったので星4つです。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    ジャンルはBLではなかったですが 完全BLですね。ジャンル分けて何かなと思うときあるので BLの良作を見るようなこの作品も ジャンル超えて良いです。執事の愛が深く濃厚で エロいシーンももうシッカリかなりありますが さほどBL好きでなくとも興奮しちゃう これだけ想い想われの二人 革命からも逃れ いつまでも仲良く 一生幸せで 執事のがかなり年上でも 先に亡くならないだろうな。とか 先のことまで妄想しちゃいました。

  • 100

    cmoa

    初よしながふみさん、最高でした!
    導入話の2人から鷲掴みにされ、主役が代わったらより一層切ないやら萌えるやら。
    本場パリ仕込み?のエスプリの効いたクスッと笑える会話に、絶妙な間や表情の見せ方などなど完成度高い!
    また、タイトル通り執事の分際ではしっかりと立場を弁えている執事が職を解かれた時…もー色々官能的で、でもチラリ父性の様なものも感じたり…グッと来る所も沢山ありました。
    親戚の少女の話も切なかったなぁ。

  • 100

    cmoa

    BLジャンルの方で先に出ていた「愛とは夜に気付くもの」に抜けていたお話が追加されて新たに電子化されたのですね。「愛とは〜」を既に購入していましたが、繋がった物語をちゃんと全部読みたかったのでとっても満足です。…が、なんで少女マンガジャンルなんでしょう?よーわからん。先に此方が出ていれば重複購入しなくて済んだのに…とは思います、不親切。

  • 100

    cmoa

    文庫化シリーズありがとうございます。
    ひとつにまとめられてとても読みやすいです。
    主人と執事のお話がオムニバス的に入ってる作品で、フランス革命真っ只中なので時代背景を考えつつ読むと余計に深くて面白いです。
    表紙の主人がめちゃくちゃ可愛いー!執事がポーカーフェイスで主人を守り抜くのが本当に格好いいです。

  • 80

    cmoa

    BLものは好きではないのですが、こちらはすんなりと読めました。
    登場人物の表情やさりげない表現で、読み手に物語をわかりやすく
    伝えるよしなが先生の漫画は、本当にすごいなと思います。
    人間同士の関係が、切なく、時にはユーモラスに描かれていました。
    おすすめします。

  • 100

    cmoa

    よしながふみ先生の作品はどれこもれも本当に大好きです。こちらは同人誌なんかも纏めてあるので読み応えたっぷり。笑える所もありつつ胸にグサッとくる台詞や展開がありとても面白いです。そしてエロが濃厚でこれまたとても楽しめます。先生の表現力にあっぱれ。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 BLもの?とら知らずに立ち読みから入ってしまいました。初BLもので驚きましたが、普通に静かでとてもよい話で偏見は良くないなと気付かせてもらえました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    派手な絵柄ではないですしコマ割りなどもシンプルなのに、読後にはじわじわと心に染み渡るような幸福感でいっぱいになりました。本当に2人で死ぬまで楽しく生きていくんだろうなと幸せな気持ちでいっぱいです。

  • 100

    cmoa

    「愛とは夜に気付くもの」を既に読んでいて、抜けてる話があるな、と思っていたので、こちらの作品で補完されて大満足。BLは苦手なのですが、よしながさんのは、なぜか読める。不思議です。

  • 100

    cmoa

    主従物ですね。ヨーロッパ中世なのでロマンチックでした。センスがあって面白かったですよ。エロもなかなか思ってたより濃かった。絵が独特ですがお話はとても良かったです

  • 100

    cmoa

    作者買い。
    王道執事もの。フランス革命のお話だけど、そこまで暗くない。言葉のセンスが凄いです。萌の宝庫です。執事好きの方には絶対読んでもらいたい!

  • 100

    cmoa

    作者さんの描く男性の表情の、何とも言えない色気が好きです。1つ1つの作品のラストで、胸にチクんと刺さるものがあります。

  • 100

    cmoa

    世界観が大好きなので読んでみました。
    よしながふみ先生の作品はやはり素晴らしかったです。
    何度読んでもドキドキします。

  • 100

    cmoa

    試し読みをしたら、買わずにいられませんでした!期待に違わない正統派(!?)執事ものです。

ネット上のイメージ

教師
エロい
切ない
独特
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • 捨て猫のカルテ
    ゲイの薫は、つきあっている相手のことを本当に好きでも、それをあまり口に出さないため、冷めた態度だと誤解され、いつもふられていた。ある日、投げやりな気分でハッテン場に行った薫が出会ったのは、ノンケで天然な陽平だった。陽平の自分に対する優しい言葉に惹かれ、つい出来心で彼に手を出してしまった薫だったが――!? 本当は寂しがりやの男の恋の行方は――。
  • 流星と銀河
    流星と銀河は幼なじみ。幼い日、流星にとって、1つ下の銀河は何でも言うことをきく「犬」だった。けれど、銀河から恋心をぶつけられ、流星は逃げ出した。親の離婚に乗じて引っ越したのだ。なのに7年後、銀河が流星の前に現れる。流星を追って転校してきた彼はいくら邪険にしてもつきまとい、ことあるごとに関係を迫ってきて――。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • おおきい小竹とちいさい武田 上【電子配信限定描き下ろし付き】
    「僕、小さくなりに行ってくる」巨人族の小竹は手違いで普通の高校に入学してしまう。ほどなくして転校することになった小竹だが、普通サイズの武田と両想いだったことが分かり付き合うことになった。二人はセックスができなくても幸せな日々を過ごしていたが、ある日、小竹が大きいものを小さくする”木の実が存在するのだと言いだし――。”
  • 最も優しい殺し方1
    「――さぁ足を開いてください…まだ時間はたっぷりあります」――幼いころ両親が亡くなり天涯孤独となった私。小さいころからの夢だった憧れの劇団に入り女優を目指していた…そんなある日、突然「あなたの命をいただきにきました」と死神が現れて!? 死ぬまでのリミットは3時間。せめて死ぬまでの一瞬偽りでもいいから誰かに愛されたいと思い神に抱いてほしいと頼むことに…。彼の妖艶な色気と性戯に溺れてしまい――?

イメージの近い作品(最近)

  • ポルノトピア
    新人の五樹を目の敵にしている副院長の青野。だがある夜を境に、夜毎に淫らな行為に耽るようになり…? 深い情火に溺れる、これも愛の形。※本電子書籍は「麗人uno! Vol.4 職業・制服」に収録の「ポルノトピア」と同内容です。
  • かげふみの恋【き】
    好きな人には、好きな人(オレの父さん)がいました。伯父×甥っ子の表題作の他、オメガバース作品を含む珠玉の短篇集。描き下ろし大量の40P!★電子版限定 描き下ろしペーパー特典付! !★<あらすじ>悠太は伯父の秋文さんのことが好き。でも、秋文さんは悠太の父親のことが好き。二番以下の自分にこんなにしてくれるなら、叶うはずのないオレの想いは成就しているんだ。それでもくやしいんだよ――…CONTENTS「かげふみの恋」 「僕たちはまるで誘蛾灯のように」…オメガバース「籠の中」…オメガバース 「あなたは冷たい」「嫉妬と支配欲の共生論」「今度は幸せになろうね」「それぞれのハッピーエンド」…描き下ろし