© メディアソフト

高校3年の春、先生に恋をした―――生徒×先生の切なく甘い青春BL。コミックス創刊第3弾! 描き下ろしペーパー特典付! ! <あらすじ>澄人(すみと)はある日、公園で泣いている男性を見かけた。それはなんと、自分が通う学校の国語教師、染谷(そめや)だった。染谷のことを知れば知るほど惹かれる澄人と、澄人のことを知れば知るほど近寄れなくなる染谷。頑に澄人を拒む染谷には苦い過去があって…! ?純粋で一途な生徒×過去にとらわれた先生の切なく甘い青春BL。表題作の他、「ルアーノート」、「ファイナルチャプター」の2作品+「雪解けの恋」後日談の描き下ろし収録!!

雪解けの恋

itz(著)
| メディアソフト(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

雪解けの恋のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

201件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    このお話の季節になったら読もうと、とっておいた作品。雪解けの季節…そろそろいいかなぁと読んでみました。評判の良さは知っていましたが、本当に素晴らしかった!絵の美しさ、とても丁寧な構成、台詞運び、1コマ1コマじっくり堪能しながら読み進めました。表題作は「ぼくらが恋を失う理由」がスピンオフ作品となり、澄人の友人おーちゃんがメインのお話となります。澄人と染谷もチラチラ登場。短編2作は切なく余韻が残る作品でした。作者さん初コミックス、出会えて良かったです!

    「雪解けの恋」全5話
    高校生・澄人と国語教師・染谷のお話。公園で泣いている染谷を見かけてから、何かと気になるようになった澄人。だんだん距離が縮まり、自分だけが知る染谷を好きになるが…。桜の季節に舞う雪や、雪の中に埋まる二人だけの世界など、雪の描写が美しくて、その温度を感じられるほど。雪にかき消された台詞にぐっときました。ちなみにキスのみです。

    「ルアーノート」
    バイトの山下は、酔った瀬戸を自宅に泊めるが…。山下の香水の匂いに反応する瀬戸。忘れられない想い出の香りに…。「発情BL」収録短編。

    「ファイナルチャプター」
    高校の元同級生同士の朝哉と夕。再会ものストーリー。お互い想い合いながら、その先が怖くなって逃げ出した夕。今も変わらぬ想いが溢れながらも…。指輪とピアスがあたるシーンが切なかった…。デビュー作「背徳BL」収録短編。

    「雪解けの恋in東京」描き下ろし8ページ
    東京に遊びにきた染谷。澄人の部屋にて。

    「120ページ下絵公開・81ページネーム公開」カバー下

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 表題作と短編2作品入り。『ファイナルチャプター』はアンソロの【背徳BL】でレビュー済なので割愛。『ルアーノート』は同じ職場の後輩(ノンケ)×先輩(ゲイ)の話。先輩はノンケの親友にずっと片想い、でもその親友が彼女と入籍したので失恋。失恋のショックで悪酔いして終電を逃し、後輩の家に行き介抱してもらう。その時後輩が付けていた香水が親友が以前使っていた物と同じだった為、匂いに流されて今まで親友に秘めていた気持ちを後輩に明かし、そのままキスしてしまい…流れ的には良くあるパターンです。最後はくっつかないまま終わりました。切なさは伝わるけど、後輩がいい奴過ぎて出来過ぎな感じもしました表題作の『雪解けの恋』は生徒(ノンケ)×先生(ゲイ)の話。短編2作品と比べて攻が高校生なので癒されました。男の先生に惚れちゃった!?どうしよう!!ってワンコみたいで可愛い。でも先生みたいに同性しか愛せない方の救い方は難しいなと考えさせられました。明かしてないだけでもしかしたら身近に居るかもしれないし何年後かは分からないけど、過去に傷付いた人は巡り巡って運命の人と出会えるんですねフィクションだとしてもステキじゃないですかエロさは少なめですが、読ませるBLが好きな方は是非お読み下さい。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 生徒と先生のお話し(^○^)
    青春BLが私は大好きです

    現国教師染谷先生と見た目とちょっとギャップがある純粋でまっすぐな生徒澄人くん。
    先生とは本の貸し借りをしてるうちに意気投合普段クールな先生が見せる笑顔や泣いてる姿を見た澄人くんは徐々に先生に惹かれていきーー先生に想いをぶつけるけどうまくいかず
    男の人を好きになったのが初めてな澄人くん先生以外はダメ先生が特別なかんじがまたイイんです。

    先生はもともとゲイで学生時代の恋愛が原因で恋愛に臆病になってます。いつから澄人くんのことを好きだったのかわかりませんが、好きなのに自分と一緒になったら不幸になると突き放してしまいます。
    でも、そんな先生の考え方を変えるのも澄人くんなんです
    澄人くんが友だちに『先生が好きなんだ』と暴露する場面に感激しました先生のトラウマが解消される瞬間きたーーって思いました笑

    先生の頭の中には澄人くんが自分から離れて行ってしまう考えはあるのに、先生が澄人くんから離れるという考えがなかったことにびっくり
    二人とも赤くなっちゃって可愛い和む作者さんやってくれるわ〜と思いましたね笑

    続編希望したいです。
    二人のその後…ラブラブしている姿が見たいです 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    215ページ、表題作5話(後日談描き下ろし4p付)+短編2つ、計3作品。

    初コミックだそうですが、かなり良かったです。
    絵がきれいですが、ただきれいなだけじゃなく目元とか雰囲気がある。

    そしてタイトルが良い!
    特に短編は意味深で、読み終わって気づいて納得。

    表題作は根暗な先生に比べ、明るいワンコで一途な主人公が楽しく可愛かったです。
    キメ顔で友人とのジョークは、ツボでした(笑)。
    そして、たった4pですがラスト収録のおまけ描き下ろしがとても良かったです!
    いやー、もっとその先まで、1冊表題作で読みたかった!

    とはいえ、同時収録の短編2つも別な意味でかなり良いです。
    短いので物足りなくはあるんですが、どちらも含みのあるストーリー、その陰鬱さに味がある。
    読み手によっては幸せかどうかわかりにくいけど、本人たちにとっては幸せなんじゃないだろうか?
    双方、独特の余韻を残す。

    表題作もストーリー背景には哀しみもあり、そういうお話が上手な作者さんなのかな?
    今後の作品も、とても楽しみです!
    期待と応援を込めて星5で。

    <短編>
    2作目(ルアーノート)酔っ払いリーマンとゲイのバイトと香水。
    3作目(ファイナルチャプター)10年来忘れられなかった同級生友人との再会。

  • 100

    cmoa

    表題作のスピンオフ「僕らが恋を失う理由」のレビューを先に書いたんですが、本当にこの作家さんオススメです。

    1(糞)〜10(超絶良)で評価してみる。
    ・作画→9(限りなく10に近いぐらい上手いと思う)
    ・描写→10(丁寧で解り易く上手い)
    ・構図→9(奥行きあって見易い)
    ・設定→9(王道だが基本自分は王道が好き)
    ・構成→10(これも王道だが作り込みが丁寧で読み応えあり)
    ・台詞→8(設定をうまく台詞で表現できており、日本語キレイ)
    ・エロ→1(薄過ぎ…というかスルー?)

    こんな感じかな?
    表題作は、高校時代のトラウマを抱えその時の想いから抜け出せず傷付いた教師と至ってフツーのノンケ高校男子(生徒)の物語。
    上手くまとまっているがストーリーとしては短い。エロもサラッとどころか、身体重ねる描写あれど華麗にスルー。
    あと別ストーリーの短編が2つ掲載されてある。この2つの作品も短編ながらも上手くまとまっており至って丁寧な作品構成だと思う。
    ラストの作品はエロなしアンハピエンだが、その切なさが苦し過ぎず心地良い。

    個人的には好きな作品でした。
    でも買うならバーゲンかレンタルをオススメ。
    表題作のスピンオフの方が読み応えあり。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】
    絵、画面から受ける雰囲気
    とても綺麗で儚げな感じに惹かれて
    読んでみましたヾ(´∀`)ノ

    最近は雰囲気だけで中身すっからかん
    なんて落ちが多いので期待し過ぎずに
    読み始めたのですが、、
    この作品は良かったです(o>艸
    澄人が先生に惹かれる過程は
    ちょっと甘いなと思うのですが、、

    感情や二人の世界観を画面でも上手く
    演出していて、ドラマチックでした。

    最近はドラマチックなんて思う作品
    なかなか無いので
    久しぶりに、胸が高鳴るようなドキドキを
    感じられて良かったです(o>艸
    特に雪の中での先生の描写が
    凄く切なくて、、初めて先生の心が
    面に出た瞬間かなとσω`*)

    このシーンは何度も見返してしまうくらい
    ドラマチックでとても素敵でした。

    この世界から現実へ戻った時の
    先生の葛藤、心理描写が上手く描かれていて
    結ばれた時は、私まで幸福な気持ちに
    なれましたヾ(´∀`)ノ

    ☆4つなのは、澄人が恋に落ちる過程を
    もっとしっかり描いて欲しかったので、、

    先生と教師っていいですよね(*//艸)
    続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 雪の降る中、桜の下で泣いている教師・染谷を見つけた高3の澄人。気になって声をかけ懐いているうちに恋心を抱くようになるが、染谷には澄人を受け入れられない辛い過去が。「ぼくらが恋を失う理由」を先に読んでいて、おじさん受けはあまり…と思っていたんですが、最近こだわりもなくなってきたので購入。読んでよかったー!最初の印象ほどおじさんではなかったし。絵もストーリーも初コミックスとは思えないクオリティ。雪の中のふきだしの使い方とか上手いなあ。先生の過去のことは、相手をずるいと思うけどすごくリアルで、人の輪からはみ出す怖さも分かってしまう。でもやっぱりずるい。澄人の想いの強さ、真剣さが先生を優しく溶かして、陽の光の下に連れ出してくれてよかった。最後まで読んでからもう一度表紙を見たら、涙が出そうになりました。他に短編2作あり。どちらも薄暗く背徳感があって、短いけど読み応えありました。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ずっと気になってた作品&作家様。値引きの機会に。

    高校生の澄人。公園で雪の中泣いていた、染谷先生に捕らわれて...。

    もう、とにかく澄人が先生のことが、好きで好きで、何度も何度も、無邪気にまっすぐに想いを伝えるのがイイ。若さ故のまっすぐさに心打たれた

    過去の経験から、澄人のまっすぐな気持ちを受け入れる事が出来ない先生の気持ちも分かる。マイノリティな関係であるが故の不幸や困難を、澄人に与える存在になりたくなかったんですよね。

    そんな先生の気持ちをも解きほぐす、澄人のまっすぐな気持ちに、ホントに幸せな気分で読み終えました

    初めての作家様でしたが、とっても絵が綺麗で私好み描写は無いに等しいけど、ストーリーで楽しませて頂きました。勿論、スピンオフも購入です 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 表題作品はとても青春ぽくて、甘酸っぱい感じでした。先生と生徒なんて禁断のという感じがするけどそんなに重くもなくて良かったです。友達もイイ人でわりとすんなり受け入れていたところがよかったなと感じました。先生も最初は戸惑って自分の気持ちを押し殺していましたが、最後はハッピーエンドで終わって良かったです。
    短編の方でいえば同級生同士の背徳感たっぷりのが気になりました。お互いにパートナーがいるのに昔の恋が忘れられず、再会したことで暴走してしまうと思ったところで物語が終わっていたので、想像を掻き立てられました。一体この先のどうなったのでしょうか?
    こういう作品もありかもしれないですね。自分で想像をして自分なりの物語ができるというのはなかなか斬新でした。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 とても良かったです。完成度高いです!
    作画も綺麗だし、雰囲気もストーリーも良かったかなと思います。
    色んな情報がごちゃごちゃしてなくて読みやすいし、グッとくる場面もあるし、好みに差が出ない優等生的な作品だと思います。
    BL初心者の方にもオススメです。
    爽やかで優しい気持ちになれるので、そういう気分の時にちょうどいいかなと思います。

    主題作以外の作品は、「発情」と「背徳」のテーマに沿った作品ということですが、そちらの雰囲気もすごく良かったです。
    また主題作とは全然違う雰囲気を纏っているので、こういう雰囲気の作品ももっと読みたいと思いました。個人的には主題作よりもこちらの方が拗らせてる感じが好みでした。また違う作品も読んでみたいと思います! 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    教師と生徒の恋愛作品が好きなんですけれど、まぁ、よかったと思います。最初っから こうなるだろうなーってわかる展開でしたけど、わかりやすいプロットだったこそ 堪能できました。あと、真っ白な雪の降る世界がイメージできたし、その寒さが、先生の心(生徒を好きになる事と男性を好きである事とその世界に生徒を引きこんでしまうかもしれないという不安との闘い)を凍結しているようで、切なさを感じました。だけど、ある生徒の出現によって、どんどん 凍結された心が溶かされている感じが 春と重なって、この作者さん、上手く季節と心を重ね合って、描写されているなぁって そこが ポイント高かったです。繊細で綺麗な画です。短編が2つ入っていて、そちあrも 楽しめました。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 大変繊細な絵を描かれて、とても初コミックスとは思えない今後が楽しみな作家さんですね。
    コマ割りや背景もすっきりとした画面に丁寧に描き込まれるタイプで、どのシーンでも身体のアライメントを狂わすことなく安心して読めました。
    特に染谷先生のビジュアルは超好みで口元に手を当てて笑う仕草が色っぽい。これで受けだと確信!笑
    あと、おーちゃん雰囲気あるな〜って思って見ていたら次作の主役だそうで、そちらも楽しみです。
    星ひとつ減なのは、赤面の表現(○田雅美先生を彷彿とさせる)が画風に合っていないように感じたことと、割と重要なシーンでの手のアップ(手指の比率)が気になったので。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    『僕らが恋を〜』と、『リバイバルブルー』を先に読みました。
    全てに共通して言えるのは、恋人になるまでの過程がメインに描かれたお話しと言う事ですかね。
    恋してる時の苦しさや切なさ、嬉しさとかドキドキが詰まってます。

    そういう心情を自然かつ丁寧に描かれる作者さん。
    くっつくまでの焦れ焦れが好きだから、今のところ好みの作品ばかりで、今回も同じくでした。
    登場人物も、どこか不器用だけど真っ直ぐ優しい人達で◎、じんわりしました。
    そんな感じなので、Hも気軽にはせず最後ちょこっと。ストーリー的にもそれが自然で良かったです。

    ただ・・3冊共通して攻めの顔は凄い好みなのに、受けが全然好みじゃないんですよねえ。。苦笑

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 いくつかの作品が入っていました!
    高校時代に好き同士だったけどお互いに想いを伝えず離れて片方が結婚して、片方が恋人がいるという2人のお話があったのですが‥
    あの終わり方は幸せになったということでいいのか‥多分そうだと思うのですが分かりにくいというかはっきりしないというか‥その後が読みたかったです!
    香水のお話も、最後の好きは香水が好きなのか本人が好きなのか‥はっきり言われないと分からない人にとっては、??となるかも知れません‥
    自分が理解力がないだけだと思うので何度か読み返してみようと思っています!
    トータル、よい作品でした! 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    公園で泣いてた現国の教師・染谷と、それを見て気になった生徒・澄人。
    染谷が傷心中だからか性格が暗いです。
    そこに澄人がぐいぐい行って先生の冷たい心を解かす訳ですが、
    読んでていまいち気分が乗らず。
    染谷のネガティブな思考があまり好きじゃないからかな...
    いつもうつむいて下ばかり見てるのが暗ーく感じるのですね...
    でも雪のシーンの描写は良かったです。
    表題作は150ページまでと巻末に描き下ろし。

    ほか、短編が2本入ってます。
    社会人×大学生バイトくん、12年ぶりに再開した元同級生同士。
    これらも全般的に暗い気分の登場人物たちです。

    ★3と4の間くらいです。
    総215ページ。

  • 80

    cmoa

    表題作は高校生と教師のお話。
    若さ故のストレートさと、大人故の臆病さ。その2つが、見事に融合して切なくて甘いです。
    要所要所で鍵となる雪の降るシーンがとても印象的で、ストーリーの世界観によく合っています。静かに距離を進めていくので、夏よりも冬。太陽よりも雪の似合うお話で、色に例えるなら無色透明。もしくは純白。それくらいに澄み切ったストーリーでした。
    表題作以外の短編も切ないストーリーなので、読後は「楽しかった!」とはなれませんが、いつもより大切な人に優しくしたくなる、心優しくなれる作品でした。
    初めての作者さんでしたが、切ないお話がとても上手くほかの作品も購入してしまいました。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 レビューの評価が高かったので、割引期間中に試し読みをして即購入決定!試し読みの数ページで画力の高さに驚き、ストーリーに引き込まれました。冒頭の先生の泣き顔にグッときましたね。あと、後半の山場の大雪のシーンも良かったです。ずっと真冬の雪の世界のように閉ざしていた先生の心が、澄人に出会い彼の一途でまっすぐな想いによって雪解けを迎える。まさにタイトル通りに綺麗にまとまっていました。胸が切なくなるようなシーンも多かったので、二人が共に春を迎えハッピーエンドになって良かったです。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    作者さんの作品、初めてです。初コミックスなんですね。高校生と先生の恋愛モノ、多いですよね。男女間でも多いネタです。だいたいが生徒が先生を好きになる。絆される先生。そこは、こちらの作品もなんですが、先生を気になりだすシーンとか、ストーリーは王道ながら、ドラマチックになるシーンの描写が綺麗です。切なさの描写が上手い、というか。
    感情表現が大きくない先生と明るい性格の生徒の対比もいい具合です。
    ごくたまにデレる先生への対応もかわいいです。
    短編も2話入ってましたが、どちらも切ないですー。幸せな結末まで見せてくれない作品たちでした。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 「雪解けの恋」は教師(ゲイ)と生徒(ノンケ)のお話で、先生は過去のこともあり生徒に本音を言えず辛そうでしたが、生徒の押しのおかげで2人幸せになれてよかったです少ししか出てこなかったけど、私はおーちゃんが淡々としてて好きでした(笑)「ルアーノート」はこれからってところでendだったので、幸せな続きが見たいなという希望が残りました!「ファイナルチャプター」は高校の時の想いを伝えられずに、片方が結婚してしまってだので切ない終わり方でした絵が好みで満足の1冊でした! 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    表題作がとてもとても好きです。お互いが惹かれ合う流れが違和感なく丁寧に描かれています。特に大雪の場面は美しいし切ないしでギュッと胸が締め付けられました。感動 このページ数でこんなに綺麗にまとめられるの素晴らしいです。でも素晴らしいだけに、もっとじっくりと見たかった、という願望もありました。スピンオフにも出てきますが、この2人の話ももっと見たいです。
    2,3作目はこれはこれとして好きだけど、どちらも終わり方がモヤっとするので4つ。表題作に続いて読むとモヤモヤ度が上がって一冊が消化不良なまま終わっちゃいました。

ネット上のイメージ

教師
切ない
綺麗
幸せ
丁寧

イメージの近い作品(ランダム)

  • JITTER BUG
    モデルとしての仕事ばかりが増え、ショータは芝居への熱を燻らせていた。そんな折に舞い込んだ一本のドラマ出演依頼。相手役は、とある事情で活動休止中のミュージシャン・渋川だという。待ちに待った芝居のオファー、しかも憧れの人との共演だと張り切るショータをよそに、当の渋川はひどく投げやりな態度で現場に現れる。それでも半ば泣き落としで渋川とふたりきりの「自主練」に持ち込んだショータは、特別な時間を重ねるごとに距離を近づけていくが――。
  • さよなら同僚
    奥村は惚れっぽい同僚の藤原にずっと片想い中。ノンケ相手への不毛な想いを断ち切ろうと決意し、フラれて傷心中の藤原に襲いかかるケド!?※本電子書籍は「麗人uno! Vol.49 リーマン アフター5はヤリすぎ注意!」に収録の「さよなら同僚」と同内容です。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • Blue Lust
    暑い夏の午後、隼人は一人の男子生徒と出会う。それは、無口で周りと馴染もうとしない転校生の奏真だった。屋上に立つ奏真の姿と、自身の後ろめたい過去を重ねてしまう隼人は、彼のことを気にかけるようになる。そんな隼人の優しさに触れ、周りと馴染めずにいた奏真にも次第に笑顔が増えていく。そんな折、過去に隼人が傷つけ、拒絶した相手・宮沢が現れ―――。
  • ぼくらが恋を失う理由
    「俺のこと、利用していいよ」謎めいた優しい男と幼馴染の間で揺れる、にがくてあまい三角関係BL。電子書店【殿堂入り】の人気配信作、待望の書籍化★描き下ろしペーパー特典付! !★<あらすじ>幼馴染のコバへ長年密かに想いを寄せている央志郎(おうしろう)。ある日、バーで飲んでいると稲村(いなむら)という男に声をかけられる。軽い調子の稲村を不審に思うが、コバへの恋に悩む央志郎は優しく包容力のあるその手に救いを求めて……。CONTENTS「ぼくらが恋を失う理由」1話~6話「ぼくらが恋を失う理由」描き下ろし

イメージの近い作品(最近)

  • 紅葉繚乱
    学生時代から憧れ続けた天才画家・篠井圭吾と結ばれた佳乃。だが彼の目的は佳乃の父への復讐のためだった。憎まれながらも、孤独に苦しむ篠井を愛し続ける佳乃の想いは、果たして伝わるのだあろうか…。表題作「紅葉繚乱」を含む、哀しく切ない愛を描き出した感涙のラブ・ストーリー傑作選。
  • ≠ ノットイコール
    《明日、俺は父親に呪いをかけた――》幼少期に別離した父親との再会を果たした直後、突如22年前にタイムスリップした凉! 時は、バブル絶頂期の昭和。そして、そこには三つ年下の父・果がいた…!慣れない環境と、現在へ戻れない不安から焦燥感を募らせる凉だったが、透明な果の存在に癒され、その感情がやがて形を変えていく…。池玲文が放つ、本格長編意欲作、第一巻!!