© 東京漫画社

幼なじみの白石陸と八津透。好きなのに体を強要することでしか関係を築けない八津。しかし白石もそんな八津にある想いが芽生えはじめた矢先、交通事故に遭いすべての記憶を失ってしまった。2人の想いの行き着く先は…?同人誌で人気のシリーズ「架空の日々」が待望のコミックス化。生徒×先生、高校生×オヤジなどなどシリアスからラブコメまで日の本也流せつないボーイズラブ全6作品を収録!

架空の日々

| 東京漫画社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

架空の日々のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

8件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    かわいい絵柄と話の雰囲気がぴったりとハマっていてイイ感じです明るくて可愛くて、でもちゃんとピンポイントで切なさもアリ、ちょっとした隙間に毒もアリ(さすが日の本サン!)。この6ストーリーもそれぞれテイストが違っていて飽きずに楽しめると思います。思いのほか読みごたえがありました!

    が、しかし、
    (他の方のレビューにもありますが)ダークでちょいブラックな日の本さんがお好きな方は、1〜5話はお止めになった方が無難です

    【はじまりの日、先天性よい子、幼友だち】
    明るくてあっけらかんなほのぼの高校生モノ。甘酸っぱくて可愛すぎですおバカでかわいい男子たちのカワモエを満喫個人的にはこんなかわいくておバカな感じ大好きです

    【無情ロマンチスト】
    幼い時、自分を誘拐しイタズラした犯人に復讐する話(下剋上モノ)。でも本当はずっと犯人のことが好きだった、というオチ。監禁萌え嗜好の方向き?でもそんなにエグくないです。

    【僕のセンセイ】
    生徒×先生。この作品の中では一番エロくて甘アマ〜な話。でも描写はあっさりだからエロ萌えはないかも。先生、アナタ…理性は何処へ?

    【架空の日々】
    幼馴染み同士の切なくてたまに毒?もあり、でもどこかほのぼのな恋の話。オススメです。読むなら全部通して読んでください。で、2度読みをオススメします。
    始まりはあれっ?って感じですが、その後の展開がまさに「架空の日々」!1回通して読んでみた時は、ほのぼのなのに何かシリアス…あれ?よくわかんないかも…(゚〜゚)?と思ったんですが、読み返すとよく分からなかった部分がちゃんと見えてきて「あ、何かいいかも」と思いました。ラストで八津(攻)の想いが明かされるんですが、もう切なくて痛くて…でも、それってもしかしてちょっと病んでる?(笑)みたいな。そこらへんが日の本印

    「…この気持ちには名前すらない」

    ラストのこの言葉に堕ちました…


    以上、長くなりましたが、個人的には購入をオススメ!といきたいところですが、内容にかなり落差があるので如何とも…でもやっぱり表題作は何気にオススメです

    未読なら是非

  • 40

    cmoa

    レビューの評価を見て思わず買ってしまったけど…好みが分かれる作品だと思う。パックじゃなく単品買いのがオススメ。

    1、2話 突然告白された千里。相手はなんと好きな♀の好きな♂。と言うことで付き合い始めた千里だったけど…。ほんわか可愛い話。

    3話 級長に想いを寄せる大塚。構って貰おうと級長に迷惑ばかりかけといたけど。結局ラブラブだからいいのか?

    4、5話 幼なじみのなっちゃんが転校してきた。負い目を感じる哲はなっちゃんを避けるが…。なっちゃんのヤキモチと最後のオチが良かった。

    6話 誘拐犯と誘拐された子の話。誘拐犯の家を訪ねた主人公はそこで…。何がしたいか分からなかったけど、愛なのかな?個人的には好きじゃない。

    7、8話 怖い先輩からオモチャの堤先生を貰った四谷。関係を続ける内にハマっていき…。これはいい話だった。

    9、10、11、12話 幼なじみの陸と透。透が呼び出しては体だけの関係を続ける2人。でもお互い両想いだったりして。そんなある日、陸が記憶喪失になってしまい−。陸の記憶が戻ったのかとか色々中途半端で分からなかった。

  • 100

    cmoa

    この短編集は、日の本也さんの他の作品に比べるとダークさがあまりなく、ホラー話とかもなく、全体的にほのぼの〜とした感じでした。
    特に1〜5話はすんごいほのぼのしてて明るいです。逆にビックリ(笑)
    表題作はちょっと切ない感じかな。

    どの話も可愛かったです個人的には、4・5話の幼なじみの話が特にラブラブで可愛いと思います。6話の誘拐犯と被害者の再会の話も、ちょっと痛いけど一途な感じが可愛いです

  • 100

    cmoa

    これか!と思いました
    正直、何で自分がこの作家さんのマンガ購入し続けているのか(失礼な話…)分からなかったけど、ショートの3話目を読んで、やっと納得。絵が好みだから、きっと面白い話がある筈っていう期待ってやつですね?変に半端な暗い話より、全然こっちの能天気さが合ってて、最高に面白かったです!
    読んでて、思わずぶっと吹き出してしまう程おかしくて。本当、楽しかった〜

  • 60

    cmoa

    他の方のレビューにも書いてありますが、表題作を読んだ時ちょっと分かりにくい感じを受けます。
    なので、一通り読んでまた読み返すと分かりました(突如黒髪の子とかオカマの子が出て来た?って思ってたところとか)
    私的にはみどころを見たとき、ハードな印象を受けましたが、実際は淡々としていて切な系で良かったです

  • 60

    cmoa

    記憶喪失かぁ…記憶がないのに、退院して一緒に住むなんて、心の何処かでは安心感があったのかなぁ。やり直すキッカケか…好きだから傷つける思考は切ないけど、ちょっと解るかも。好き過ぎたんだな眼鏡…

  • 80

    cmoa

    初めてこの作家さんの作品を読みましたが全編にわたる文学みたいな心理描写が素敵でした。人間味溢れてて私は好みです
    エロ描写は控えめなので、激しいの好きな人は物足りないかも。

  • 80

    cmoa

    日の本也さんの他の作品に比べて幸せ率が高かったので、最初ははちょっとびっくりしたけど、普通に面白かったです♪

ネット上のイメージ

可愛い
切ない
エロい
教師
怖い

イメージの近い作品(ランダム)

  • 恋を語らない唇
    「心なんかなくても抱ける。ゲイなんて、みんなこんなだろ?」 恋を信じない川元は、身体だけの関係ばかり続けていた。ある日、大学の天文部で黒木というOBと知りあい、軽い気持ちでベッドに誘うが、アッサリふられてしまう。黒木は、天文部の教授に7年も片想いをしているのだ。「側にいるだけで、幸せ」 ひたむきに誰かを想う、自分とは対照的な姿を見て、川元は初めて本気の恋をするが…
  • ビーボーイ旬コミ 別冊「鹿乃しうこ」
    大人気シリーズ「P.B.B.プレイボーイブルース」が涙々の完結! この機会に、めくるめく鹿乃しうこの世界に溺れてみませんか――? 「P.B.B.プレイボーイブルース」、「Punch↑」、「兄貴上等」それぞれの作品の1話目がたっぷり読めちゃう「旬コミ」が登場。ホストやガテン、濃厚すぎる兄弟愛など、新しい扉が開く一冊です。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • おいたが過ぎるわ子猫ちゃん
    「寝込みを襲うんじゃねー! この万年発情エロオヤジ!」花の男子高生・小森弓太と、その親戚・河西越郎。ちゃらんぽらんな越郎は女グセが悪く、弓太にまで何かとちょっかいをかけてくる。そんなある日、越郎が弓太をかばって名誉の負傷!弓太が住み込みで越郎をお世話することになったから、さあ大変!!果たして弓太は越郎のエロエロ攻撃をかわしきることができるのか!?ふしだら狼さん×なまいき子猫ちゃんのドキドキ同居ライフスタート【電子限定のおまけマンガ(1P)を巻末に収録配信!!】
  • プリンシプル
    絶対に誰にも本気にはならない、これが俺の信条(プリンシプル)。エリート建築士×褐色ビッチ大工。腕の良い大工の山城の性癖は30歳以上のノンケの童貞を奪うこと。でもセックスの際には独自の細かいルールがあった。そんな山城が職場で出会ったのが一級建築士で謎多きエリート・八代。彼から見た山城の第一印象は変態。第二印象は食えない人。しかし、そんな二人が一度きりのセックスで終わるはずがなく…。男臭いビッチ、インテリとガテンのバトル…などコミカルにエロい展開から目が離せない!大幅加筆11P描き下ろし。

イメージの近い作品(最近)

  • 神サマHelp!!
    「関わる人間は必ず不幸に見舞われる」とウワサされる少年。少年を救おうとする教師は、その困難を乗り越えることができるのか!? シリアスあり、コメディありの「松本ゆうか」ボーイズラブ作品集。
  • 誰にも言えない
    人付き合いが苦手な高校生・圭斗は、いつもフォローしてくれる幼なじみの真紀にムチャな相談をした。 『男同士のHの仕方』を知りたがる可愛い弟のために「経験したい」とねだったのだ! でも慣れてる風な真紀にモヤモヤするのは何故…!?