© 講談社

戦争で愛する人と引き離された娘が、その身を変えたと言われる樫の木。その樫の木は、願いを叶えてくれるという伝説の木だった。本を愛し、小説家になることを夢見る少年ウィリアム。生まれつき身体が弱く、二十歳までは生きられないだろうと言われていたウィリアムは、父の死により、過酷な運命を強いられることに…。少女マンガの巨匠、水上澄子の代表作、ここに復活!

樫の木物語

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

樫の木物語のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    これは
    マンガを超えたマンガ
    小公女 小公子 赤毛のアンなどの
    世界の文学作品に
    けっしてひけをとらない名作です

    私の子供時代の一番お気に入りのシリーズです
    今でも時々読み返しては泣けます

    一人でも多くの方に読んでほしい
    涙なしには読めない
    感動のシリーズ作品の代表作です

    キャラクターに命があり
    人々の間には細やかなヒューマンドラマがあり
    心優しい愛の物語がそこにあります

    いつか
    続編の
    「花かざりの道」や
    番外編
    「キャンドルライト」
    次世代編
    「僕たちの行進曲」なども
    こうして
    読みたいです

    特に単行本未収録作品は
    ぜひともお願いします!

    このシリーズ全部の愛蔵版
    永久保存版が未来にもしあれば
    棺桶まで持っていきたいです♪

    のせていただいてありがとうございました!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 とても好きなお話です10年以上前に母の実家で発見して読んだのが最初で、作品自体も昔で時代背景はもっと昔ですが、涙なしでは読めないお話で何度も読み返してしまう作品です。絵がキレイで読み始めたのですが、途中で複数の登場人物の死があり、最後、主人公は幸せになれるのか心配でしたが、ハッピーエンドで終わって良かったです。
    人間、いつ死ぬのか誰にもわからない、愛する人との時間を大切に生きてこそ人生だと感じる作品でした。少しでも気になっている方には是非読んで頂きたい作品です。

  • 100

    cmoa

    水上先生の描く作品はとても優しく心に沁みてくる。
    辛いことや困難なことが次々と降りかかって来ても、心優しく美しく、そして強く生きていく生き様は今の自分にも大きな影響を与え続けいています。好きすぎて特にこのシリーズは圧巻です。子供達にも是非読んでほしい不朽の名作です。

  • 100

    cmoa

    子供の頃に大好きだった漫画を読む事ができて嬉しいです。感動が蘇ってきました!登場人物それぞれがよく描かれていて本当に良い作品です。昔と同じように泣いてしまいました。(^^)お勧めです。番外編もあわせて読んでみてください。

  • 100

    cmoa

    わたしも、子供の頃大好きだった作品です。絶版になってしまったのでもう読めないと思っていたのでとても嬉しいです!
    まだ電子化されていない、僕たちの行進曲も是非お願いします
    ウイリアム大好きです

ネット上のイメージ

感動
子供
優しい
教師
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 子爵の理想の花嫁選び
    ハヴロック子爵グレゴリーは英国屈指の旧家の出身で、財産も充分にあり、見た目も悪くない。ロンドン社交界一の花婿候補として大勢の未婚女性たちから狙われている身だが、正直うんざりしていた。しかし、そんな彼が結婚しなくてはいけなくなってしまう。腹違いの妹を引き取るには、妻帯者であることが条件なのだ。グレゴリーは悪友たちと相談し、理想の花嫁を探す条件リストを作ることにした。そして、舞踏会をめぐり、条件ぴったりのメアリーを見つけだすが…!?
  • ネコろび八起き
    「大事な人ができました。さようなら。」そう書き残して、彼女は消えた。俺と猫を残して――。海の見える街で暮らす優生は、グラフィックデザイナーとして成功することを夢見ながらも、かなわず鬱屈とした日々を過ごす。彼女の茜にも出ていかれ、どん底の優生だったが、猫がきっかけで思いもよらぬ世界が広がって…!? 雑誌掲載時に圧倒的共感を呼んだ前後編読み切り「家族前夜」前編も同時収録。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • いのちの器
    女性はいのちをはぐくむ器です。そして響子先生の山野産婦人科医院はそれを包む大きな大きな愛の器です。父親の死で郷里の田舎町の産婦人科医院を継いだ響子さん。妊娠、そして出産という女性の永遠の営み、そこにこめられた祈りと喜びと悲しみと……。それらをやさしく見守り続ける響子さんの感動愛シリーズがここに!!
  • 輩(ヤカラ)と鈍感【描き下ろしおまけ付き】
    【描き下ろし番外編5Pを新たに収録!!】「俺が躾けてやる」そういいながら先生の指が私のナカにぐぷぷっと入ってきて…――口が悪い絵本作家・百田のもとで家政婦をしながら働いている来香。過去に両親を事故で亡くし、他に身寄りもないけれど、いい職場で働けて衣食住があれば大丈夫と思っていた矢先。住んでいたアパートが火事になって家を失ってしまう。他に頼るところがない来香は百田に相談すると、家に置く代わりに百田のペットになる条件を突きつけられた!?【桃色日記】【本作品は「輩(ヤカラ)と鈍感」第1~8巻/第1~24話を収録した電子特装版です】

イメージの近い作品(最近)

  • 不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~
    10年間に及ぶ不妊治療の末、最後に選んだのは「ふたりで生きていく」こと。突然の子宮内膜症手術、度重なる人工授精、流産……。どんなに辛い時も、ふたりで上を向いて歩いてきた――。手塚治虫の愛弟子・堀田あきおと妻・かよが今、日本に“夫婦の絆”を問いかける――!! 今年一番泣けるコミックエッセイ!!
  • 私がダメ母だったわけ
    極度の人見知り、自分に自信がもてない。でもそれはそういう性格なんだと思っていた。けど、子どもを産んでから、むしょうにイライラが募り、今まで以上の自己嫌悪にさいなまれる毎日。「お母さん」が子どもにイライラするのは普通だとダンナは言うけれど、どうも私の場合、普通じゃないような気がする…。どうしてだろう?可愛いし愛しているのにうまくいかない。そんなやるせない日々の中、ふと気づいた自分の中から湧き出る「怒り」の感情。でもそれは「子ども」に対してではなく、「親」に対するものだった。もしかして子育てがうまくいかないのは「親」のせい?本書は「子育て」を通して、自分の、そして娘との親子の問題を描きます。両親との問題に悩む人はもちろん、核家族化でさらに増えていると思う「子育て」の悩みを抱えている人にも読んで欲しい問題作。