© メディアソフト

学園キングの執着攻め×ド屑ヤンキーの狂愛俺以外に縋るのは許さない★特典ペーパー付き!!★〈あらすじ〉友達がいなくても、家族に見捨てられても、理人くんさえいれば大丈夫…どうしようもないクズの大我は、学園のキングで幼馴染の理人に懐いているし甘やかされていた。しかし、手ひどく扱った女が理人の彼女だと分かり、理人達からお仕置きと称して犯されてしまう。泣きながら何度も理人の名前を呼んで許しを請う大我。その姿を見て、怪しく笑う理人。「ああ、可愛い…俺の大我」学園キングの執着攻め×ド屑ヤンキーの歪んだ共依存BL。CONTENTS「薔薇とヘドロ」1~4話「幼なじみ」「片恋トライアングル」「描き下ろし」

薔薇とへドロ

| メディアソフト(出版)

85

非常に良い

228件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

薔薇とへドロのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

228件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 元々作家さんが好きだったのと、レビューが「やばい」「重い」「しんどい」「闇が深い」「きつい」とかばっかな割に評価が高いのが面白くて購入しました(笑)

    読了後の感想は、たしかにやばいわ。の一言に尽きます。
    共依存という言葉ですら足りないほどの闇と狂い方が中々に凄いです。理人の最初からヤバい感と大我の小並感が後半に行くにつれ拗れに拗れまくります。
    他の方も書いていましたが、理人の家庭環境と育ち方を考えると理人が大我にした事は理人の中では寧ろ優しい部類に入っていたのではないかと思います。
    とは言え大我にとったら「理人くんなんで」な事情な上に「理人に捨てられたくない」という脅迫概念にも近い思想があるので、まぁなんというか見ていて凄いしんどいです。いつかやらかすなと思った矢先流血沙汰が起きて「やっぱりな〜〜!!」と「待ってた」の感情がごった煮になって自分でも困惑しました。
    そのあとの理人の思考もぶっ飛んでいて素晴らしいなと思うと同時にある意味一番幸せな結末なのではと思います。理人の言う「好き」は愛とか恋とかじゃないんだろうなと。
    あと理人の友人ズが微妙に謎な感じが良かった。何考えてんのか理人以上に分かりませんでした(笑)ただ本人が言う通りゲームなのかな。

    その他の小話も大変よかった!表題作を見たあとだと薄れて見えますがこちらも中々に共依存。特に幼なじみはそれが顕著です。トライアングルは終始「瞬かわ」な感情で見てました。

    兎にも角にも、犯罪臭満載な共依存BLですが精神に余裕のある方や闇が深いのがお好きな方には大変オススメな作品です。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 表題作は共依存の二人のお話でした。攻(理人)も受(大我)も狂ってます。理人はかなり酷いことを大我に命令してさせる(いん尿や3P等々)のですが、理人は大我を自分に執着させたい、大我が自分のためなら何でもすることを確認したいためそのようなことをしたのかなと思いました。そして、ラストで大我は自分に嫌われたと感じたら死のうとするんだ(理人に嫌われることが死ぬほど嫌なのだ)ということを知れて大変満足したんだと思います。ですが、個人的に特に好きだったのはそのシーンではなく、ラストで理人が大我に好きと言ったシーンです。あれを理人にちゃんと自覚させて、かつ言葉にさせたのは大我の手柄だと思いました。また、後日談も良かったです。溺愛ラブラブな二人の様子が見れて最高でした。というよりも、あれがなければしんどすぎたと思います。溺愛共依存BLが好きな方は途中痛々しすぎてしんどいと思いますが、ラストと後日談で救われると思います。表題作の後に短編が2つ入っています。幼なじみのCPで、暗くはなくハピエンでした。しかし途中リバ表現があるので注意してください。その次の短編は三角関係のような感じで、かつショタ攻の表現があったので私は好きではありませんでした。表題作がとても良かった(特に後日談)ので、☆5とさせて頂きました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 理人は歪んだ両親のハイブリッドだったのでないかと思います。凄いサラブレッドを母が更に鍛えちゃったのでは。
    幼少期の親の躾も理人にとっては普通の事だったのでないかと思いました。 共感力が乏しく狡猾な感じも、これぞサイコパス!って感じがします。大我の追い詰め方もとてもひどく見えますが、彼の育ちからしたら大したことしてないつもりかも。入院騒動も理人からしたらそんなに辛かった?って感じで大我にいわれるまでよくわかってなかったぽいし。
    告白シーンも、追い詰められた犯罪者のような顔で尋問されてるみたいな、理人が全然ロマンチックじゃないところがまた彼の異常性を表しててよかったです。
    大我が俺もって言った時に理人は後ろを向いていて顔が見えない演出でしたが、ラストの理人のものすごいかわいい笑顔を見て、あぁ理人の初恋が実ったんだな!と思いました。
    ちょっと深読みし過ぎかも知れませんが、大我も理人ももともとちゃんとお互いが好きで、共依存に見せかけた両片思いの拗らせサイコパス風味なんじゃないでしょうか。おまけでは、理人が大我をめちゃくちゃ甘やかしてるのがよかったです。この二人はこれで最高に幸せなのでよかったと思います。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 《表題作》
    理人×大我。
    理人の庇護下、やりたい放題の大我。
    その二人の関係がある日を境に激変して…。

    それはもう、キチクの極みのような扱いを受ける大我。
    それでも、何をされても、理人に許されたいと願う大我の理人への依存が痛々しい。対する理人も又、幼少期の大我の一言に、自分の存在価値を見いだし、捕らわれ、依存したんだろうな。

    そして、最終的にとった大我の究極の行動。
    その先に、二人にしか理解出来ない、二人だけの歪な愛の形があった。何か凄い共依存だった。でも、この世界観嫌いじゃないなぁ。

    《幼なじみ》
    尊×ハナ。Hもする仲の二人。付き合ってたと思っていた尊に彼女がとっても、オチが可愛い、相思相愛のリバップルのお話。

    《片恋トライアングル》
    史哉×瞬の両片想いなのかな。その二人に割って入る、瞬の近所に住む幼子京太。このお話は、もう突っ込み処満載こんなの、ありえるって展開が笑えるお話。京太が成長してからの三人のお話が見てみたい

    表題作が病みに病んでるお話でしたが、他の二作が可愛らしく笑えるお話だったので、読後感は悪くない。しかし、表題のインパクトは凄く引き込まれた 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    鬼チク系BL読みたい気分になったらオススメします。
    支配欲の塊みたいな攻め×馬鹿で攻めが全てな人生を送っている受けのカップルです。
    攻めの理人の、大我に対する愛し方はホント歪んでるし鬼チクだなと思います。両想いなのにこんな愛し方しかできない。そして全く伝わってないから大我は追い詰められる。
    しかしまぁ、大我のヤンチャぶりも大概鬼チクでしたが。女性目線で見てしまうと気分悪くなるくらい酷いですね大我、さやかちゃん可哀想…。
    しかしそんなヤンチャな大我さえ、理人のコントロールのもと作られた振る舞いなのだろうなと思うと、本当に恐ろしい。

    「理人くんがいないと生きていけない」と言う大我が何よりも愛しい理人。そんな理人も大我がいないと生きていけないんでしょうね。まさに共依存。
    頭おかしいくらい執着して歪みまくってるような愛が好きな人には、どハマりするシナリオだと思います。

    ただ繊細な人には色々NGだと思える描写もあるので注意です。
    暴力とか、無理矢理とか、目の前で他の奴に…なんてことも。まさに鬼チクBL好きさんにオススメです。
    ここまで鬼チクなのはなかなか見ないですね。

  • 100

    cmoa

    前からずっと気になっていたものの、1話目無料読んでもこりゃアカンやつだー、レビュー見てもやっぱ無理そうだー、でも執着依存好きなんだよーでもハッピーものがいいんだよ〜と、めっちゃ気になるけど悩んで購入諦めるをずっと繰り返してきた、ものすんごく気になるけど読む勇気がないナンバーワン作品でした。で、続編先に購入してやっぱり気になったので購入。U+B7U+B7あれ?思っていた程ひどくないぞ?どんだけひどいんだと闇の想像膨らませていたせいか、思いの外いけた!そしてすごかった!内容確かにヒドイんだけど、その描写の上での二人の背景や心理と終着点の流れ。この壊れた二人の突き抜けた世界観をよくぞ書いてくれました。なんだか胸いっぱいになって、短編2つが全然頭に入らなかった。皆さまが中毒性があるとおっしゃってるの分かるわ。けどダメな人にはほんとダメだと思う。私のようにずっと読みたいけど購入する勇気の無かった方、恐れを膨らまし闇のハードルをうんと高く上げてから一読してみることをオススメします。ずーっと気になってた作品だったからやっと読めてスッキリした!

  • 80

    cmoa

    レビューを読んで、怖いもの見たさで購入しましたが、レビュー通り病み系でした。

    暴力、流血、小スカ、無理やり、いじめ描写ありますが、絵が硬質な感じ?というか、肉っぽくなく、
    描き込みがあっさりしているので、
    私はあまりグロさは感じませんでした。

    みなさん、レビューで書かれてるので言及するまでも無いですが、苦手な方は控えた方がいいです。
    個人的には
    女性キャラの扱いが最悪なのと
    短編にかなりのショタ表現があるのが苦手でした。

    二人とも一途っちゃあ一途だし…
    あまあまっちゃあ、あまあまなのかなあ…。
    幸せならいいのかなあ…?
    二人が幸せになる為なら仕方ない…か…?と
    二人の周りのキャラを人間と思えなくなってきて
    倫理観が揺らぎまくり…。
    酷い扱いの後にラブラブエッチでほっとし、
    次はいつ酷いことが起きるのか不安になり…。
    読んでいるこちらもデートバイオレンスを受けているような気持ちになります(・・;)

    タイトル作品+短編2本、みんなヤンキー。
    ヤンキー好きな作家さんなんですね…
    ゆるぎない人、好きです(^ν^)

  • 100

    cmoa

    まさに題名通りでした。ヘドロの中の美しい薔薇の様な。かなり暴力的なので要注意ですが、私にはその暴力も無理矢理の乱暴も、理人の大我への気持ちが備わって見えました。執着と共依存が病みレベルですが、幼い頃からお互いが求め合い、いないと何も出来ない依存性の高さで運命だったのでしょうね。去ろうとしたら地の果てまで追いかけて閉じ込めようとするであろう理人と、心の中に自分はいないと思ったら消えようとする大我のこの違いで、どちらが捕らえて離さない存在なのか想像で楽しめます。私には、大我は他に優しく依存させてくれる人が現れたら理人でなくても平気になってしまう様な気がします。理人は大我でなければ生きていけなそう。もしも大我に他の人が現れたら?想像するとゾクッとしますね。描写が暴力的だし病み系なので苦手な人が多そうですし、個人的にもそういうのは苦手な方なのですが、愛憎でもそこに想いがあると180度変化して好きジャンルになるので、今作は最高傑作でした。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 もしくは大河へ向ける感情のこと?

    歪んだ家庭に育ち、幼い頃に自分を肯定、頼ってくれる大河に執着。ただちゃんとした愛情表現が分からず、頭はいいので、罠に嵌めて、大河が自分だけを頼るように仕向ける。
    最後は好き、という気持ちを伝えますがあの時の彼の、好き、に意味は無いのかも。でも、彼を失えないことは自覚して、歪んだ愛はとてもとてもある、ということ。

    大河しかいない、という強烈な執着と歪んだ愛、歪んだ愛情は積み重なり、これからもずっと進んでいく、そんなタイトルに思えましたー、
    いやー病んでますね。

    他2編が入ってますが、3話はショタ攻めもありです。
    元々同人誌で病みショタ攻め描いてらして、
    ショタは好きではないのですが、この作者さんの攻めの受けへの執着がとても好きで。

    結局、この作品はとても好みです、という結論になりました 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    表題作の衝撃が凄い!
    攻めの受けへの執着が凄まじく、攻めからの愛情を欲しがり、その為に何でもする受けを虐めまくり、それに耐えて悲しむ受けを見て興奮する話。
    しかしながら、心が震えるラストにたどり着きます。描き下ろしの溺愛漫画が最高。この描き下ろしがあるから全部が救われる感じがあります。この飴のために、壮大な激し過ぎるツンを読まされたんだなーと思える。クセになります。最後に飴が待ってると信じて、執着BL好きの方に是非手にとってほしい作品です。
    絵も綺麗でエロもいいです。
    又、短編が二本入ってますが、こちらは可愛いお話となってます。リバカップルの漫画と、三角関係のお話。
    この、三角関係のお話が、キャラの1人が小さい男子(攻め)となってまして、まさかのショタおにが拝めるという、ショタおにが性癖の自分としては神作となってます。よくぞ描いて下さった!という気持ちです。

  • 80

    cmoa

    表題作の「薔薇とヘドロ」は4話あります。間違った教育をされたせいか傷や血を見て興奮するサディスティックな性格に育った攻。幼馴染の受を可愛がっていたものの、愛し方が暴力的になっていき、受は愛されていないと絶望していくことに。攻のやり方がえげつなくて受が可哀想になるけど、共依存というのでしょうか、これが二人の良いバランスなのかな。受の「やらぁ」「突かないれ」といったセリフが幼稚で気になった。あと、幼少期、描き下ろしでの見た目もガラッと変わっていて混乱しました。キャラも最初と最後では別人の様です。
    同時収録の「片恋トライアングル」はコメディに振り切ってて面白いです。表題作がシリアス過ぎたので、こちらは深く考えずに楽しめば良いかと。
    人によっては地雷だらけだと思うので、レビューとか読んで判断した方が良いと思います。

  • 100

    cmoa

    単行本待ってました。表題作が◎ 理人と大我の共依存愛の世界観に度ハマリし連載配信からずっと読み続けてました。とにかく歪。泣きわめき許しを請う大我を見る狂おしい理人の表情、一歩間違うと狂人なのに純粋さが背後に見え隠れし散りばめられた執着に鳥肌だち、幼い頃に大我が理人に放った一言が依存の始まりでラストシーンは涙が止まらなかった。裕福な理人にも歪みの原因もあり、理人さえ居れば生きていられる大我、二人にしか見えない絆、二人だけの愛。震えました。他の二作品は対照的に可愛く、明るいお話しは楽しく読めた。書き下ろしの薔薇ヘドが最高です。大我がエロ可愛く理人の執着っぷりヤバイですし加筆されたページで理人の取り巻き二人にも、えーそうだったんだとなりました。

  • 80

    cmoa

    単話版にはなかった中学時代の話が入ったので、全て理人が仕組んだ感がより強く出てます(後、カラーが上手くなってる)。中学時代から大我に欲情して薬仕込んでる理人は筋金入りのヤバい奴です。最初大我が調子にのったヤンキーだったのも、理人がそう仕向けて、自分以外の友人ができないようにしていたのでは。で、大学進学する前に仕上げをしたと。大我は頭良くなさそうだけど根は素直っぽくて、理人に依存しながらも気持ちを盾に相手をコントロールするようなところがないので、最後に理人から好きだという言葉を引き出せたのかも。こういう依存ものって男女だと全く違う印象になるでしょうから、BLって面白いなあと思います。他の収録作品に苦手なショタがあったのが個人的に残念。

  • 100

    cmoa

    作者さん買いです。ヤンキー、暴力、DV、いじめ、無理やり複数プレイ、など色々と痛々しいのですが全てお話に必要な要素なので仕方がないです。しかし描写が先生ならではの綺麗な絵と構成なのでその部分の表現がうまく薄められているためグロさが目立ちすぎることなくつらくて途中で読むのをやめようとは思いません。最後がメリバなので読む人により好みは分かれるでしょう。私は好きです。
    表題作以外にも2作品ありこちらはリバが一つとショタもの一つです。どちらもシリアスで重い表題作の後味をさらっと楽しく明るい気持ちに切り替えてくれる作品です!薔薇とヘドロしか読んで無かった人はアフターストーリーも入っているし是非コミックスで1冊丸読みしてほしいです。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 表題作他2篇。まずは表題作。試し読み時に感じた以上のサイコさ、酷さがありました。攻めの彼、ヤバすぎる…。受けも攻めも、育った環境が極端で、それが人格形成に大きく影響しているのは明白です。その辺を考えだすと、現実問題とリンクして重い気持ちになってしまうため、あくまでBLジャンルのフィクションとして読むのをお勧めします。突き抜けた執着攻め、正常な判断の出来なくなっているネグレクト育ちの受け、と。
    その他の2作は、ショタ攻めはちょっと苦手でしたが、学生同士のものはこのコミックスの中だからか、ほのぼの出来ました。全て修正は白抜き。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 うーん…
    受けの大我をバカっ子なのに自サツ未遂まで追い詰める理人。理人の家庭環境も鬼*畜両親に育てられてて、人の気持ちの分からない子に育っちゃったから、仕方ないかも知れないけど、受けの子もいい感じのクソったれ振りなので、追い詰められてても私的には琴線に触れず、最後はそれなりのハッピーエンドって事で、まあ良しか…?
    あの、snsに流した2人もついでに同じ事させて、(2人でイタさせて、大我が理人にsnsで流させるとかして)因果応報ってことば回収までキッチリしてたら、もうすこし私的にはしっくりした話になったなぁとか思いました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 これは、おそらく好き嫌いがとても分かれる作品だと思いますが、個人的にはものすごく好きでした。
    攻めが病んでるどころの騒ぎじゃない。病みまくってる。だけど、そこには彼自身の過去があるからで、きっと愛情のかけ方をうまく知らないのかなと、まあそこに興奮を覚えているのでどうかわかりませんが。
    いわゆる共依存というか、お互いがお互いをものすごく依存しているんですね。依存が好きという方は是非読んでいただきたいです。
    描写はそこまでではないですが、小スカや他の人との行為とかあるので苦手な方は気を付けた方が良いかと思います。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    最近執着攻めにハマっていたのもあって、こちらの漫画が面白そうだったので購入しました。
    結果を言えば、想像通り面白かったです。攻めの受けへの執着が良かったです。
    攻めの指図で受けが他人にレ◯プされたり、途中からどんどん精神的に衰弱していく受けの姿を見るのはちょっと辛かったですが、最終的に結ばれて良かったです。両想いというより共依存ですかね。
    受けも攻めもどっちもクズだし特に攻めはとても歪んでいますが、想いの元を辿ればある意味純粋?な所もあるのかも。と、最後の幼き日の理人の笑顔を見て思いました。
    他の短編2つもおもしろかったです!

  • 100

    cmoa

    色んな解釈があると思うけど、わたしが読んだ感じだと歪みきってるのは攻めの理人だけで受けの大我は罠にはめられ歪まされてゆく感じに思えました。大我が幼い時から性的な目で見ていた理人は徹底的に大我を甘やかし、ゆっくり自分に依存させていったんじゃないかなーと。手の平を返したように冷たい扱いをすることで大我を混乱させ恐怖させ、自分が大我をどうとでもできるようにしたんだと思います。理人は思いやりも優しさもありません。徹底して歪んでます。執着物の中でもここまでやばい攻めはなかなかお目にかかれないので、とても楽しく読ませていただきました。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 こーわ!病みが凄すぎて何とも… 攻めは幼少期の親のせいで心に病みがあった所に純粋に慕ってくる受けに出会って執着していくんだけど、受けがまたおバカなもんだから攻めのトラップに引っかかって、それを皮切りに執着大爆発させて来る攻め。やり過ぎて受けの精神が壊れて大変な事になった後はまぁ、共依存の関係に落ち着いてるけど、ならワザワザ女に手を出さなきゃいいのになとおもったり。 あと、攻めの手下(友人?)2人がとても不快。この2人は痛い目に遭って欲しかった… 続きを読む▼

ネット上のイメージ

怖い
幸せ
可愛い
綺麗
エロい

イメージの近い作品(ランダム)

  • パブリック・セックス
    「佳直が尻に挿れられなきゃイけないんなら、俺が抱いてやるから…」高校からの気の置けない友人同士としてルームシェアしている大学生の深島征と森村佳直。けれどある日、お尻を弄りながら自慰をしている佳直の姿を征が目撃してしまったところから、ふたりはセフレの関係に…。更に佳直には、アナニー以上に変態的な趣味があって!? 同居する部屋で、公園で、教室で、非常階段で、路地裏で…ありとあらゆるパブリック・スペースでふたりが繰り広げる痴態、その先に待つのは愛か、それとも――?
  • ボーイ ミート ボーイ
    『みっちゃんて、白くて柔らかくて…美味しそう』 元・ぽっちゃり男子の“みっちゃん”は、幼い頃に親友だと思っていた“きぃ”に「肉まんに似てる」と言われ、ショックのあまり絶交してしまう。その悔しさをバネに猛烈なダイエットに挑み、見事スレンダーボディをゲット! 素敵なキャンパスライフを送っていたけど、なんと隣の部屋に忌まわしき“きぃ”が引っ越してきて…!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 地雷カレシ【新装版】【ペーパー付】
    「地雷踏んだ、…かも。」“ミケ”こと三池竜也(みいけ たつや)は、ノンケ童貞以外とは一切セックスをしない主義。毎晩筆おろし志望者を募ってはとっかえひっかえし、後腐れのないセックスライフを楽しんでいた。しかし、今夜の童貞……どこか様子がおかしい。やたら見つめてくるし、キスしようとするし、何よりしつこく求めてきすぎ!?それもそのはず、引き当てた獲物は超絶愛の重い、ミケのストーカーだったのだ…!
  • てんしくん【き】
    仕事ナシ金ナシ、最高にツイてない鉄舟。地獄の境遇から逃れようと以前暴言を吐かれた金持ち男の屋敷に強盗しようと忍び込んだら、Hな道具で責められたまま拘束されている男を見つけてしまい!?「ド底辺の男にアナ弄られて感じてんだからざまあねえよなあ」と鬼畜でエッチな復讐開始★超美形の学生×冴えない高校教師の関係は…ハートフル?バイオレンス?なてんしくんの弟編も収録!アッパーなセックスとダウナーな恋愛事情テンションの高低差が最高にキモチイイ星名あんじ最新刊▼★単行本カバー下画像収録★【電子限定で描き下ろしの4ページ漫画が収録されています。】

イメージの近い作品(最近)

  • ずるいカラダ
    義兄とのいけないカンケイに溺れる実果。2人はどこまで堕ちてゆくのかー!?お姉ちゃんの旦那さんと、こんな関係になるなんて……。ドSな義兄・直也と1年も不倫している美果。関係を精算しようとしても、どこまでも追ってくる直也からは逃げられなくて……。
  • 性春キネマ
    クラスのムードメーカーな藤堂には秘密がある。それは…『短小包茎』ということ!人気ものの俺、この秘密は絶対に誰にもバレちゃいけない!トイレは絶対に一人で行き、修学旅行先でも友人と大浴場には入らず一人個室で寂しくシャワー…そんな必死な思いで守り抜いてたこの秘密。まさかあんな奴に知られるなんて…。明るく友人も多い藤堂と、根暗でオタクな山本。普通に生活しているだけでは絶対に交わらなかった二人が『アソコ』を通じて秘密を共有する事になり…。