© 小学館

2015年。印刷工場に勤める坂本拓郎は、今までずっとパッとしない人生を送ってきた。そんなある日、旧友の越後からギャルゲー(美少女ゲーム)を勧められるが、「現実の女が大事」と言って一度は踏みとどまる。だが、その後も彼が女に相手にされることは全くなく、30歳の誕生日、ついに大金をはたいてギャルゲー道具一式を購入してしまい―――!!金ナシ、女ナシ、おまけにブサイク! 三拍子そろったダメ男・坂本拓郎(30歳)が辿り着いた先は、3D美少女ゲームの仮想現実世界…!!

ルサンチマン

| 小学館(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ルサンチマンのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

38件のネット上の評価があります

  • 60

    manga_review

    連載終了して数年になりますが仮想現実の技術開発のニュースが出るたび
    未だに「『ルサンチマン』の世界に〜」という言い回しをちらほら聞きます。
    4巻と比較的短いながらオタク界隈ではなかなかの印象を与えた漫画。
    というのもこの作品
    仮想現実で女の子とイチャイチャといういわゆる二次元オタクが
    妄想しがちな理想郷をかなり詳細に描写しており
    一部で非常に惹きつけられる世界設定を持っているのです。

    ストーリーは実際の現実と折り合いをつけつつ仮想現実にはまっていく
    主人公をめぐるハード?SFですが作品全体が上手く練りこまれていません。
    開発者の存在や暴走するAI、仮想現実を支配するボスの正体など
    個々の素材はなかなか素晴らしいのですが中途半端に出ては退場したりと、
    非常にバタバタ詰め込まれています。
    ストーリーはなんとかまとめたものの仮想現実が本物の現実を超えられるか?等々の
    テーマが上手く伝わらず消化不良といった感じです。
    作りようによっては傑作になっただけに非常に惜しい作品。
    …でもやっぱり世界観は魅力的なのでこの点数でw

    この種のコンプレックスへの葛藤をテーマにした作品は
    まだまだ主張してもしきれないほどの鬱屈さとそれ求める土壌があるため
    これからますます開拓されていく事とは思います。
    とりあえず二次元最高!を掲げる人は通過儀礼として読んでおきましょう。

  • 70

    manga_review

    喪男が共感できる作品を次々と生み出すスピリッツの主砲・花沢健吾の衝撃的デビュー作。

    男性が求める性欲と恋愛願望を先鋭化させ、近未来における欲望充足の方法を思考実験、提案、描出している。突き抜けた妄想が創造へと結実した近未来SFともいえる。その時代では、男性の性欲は、リアルの女性ではなく、バーチャルなキャラクターへと向かう。

    事実、草食系男性の増加が叫ばれる昨今、男性の欲望の矛先は、着実にバーチャルへと向かっている。他方、子孫を残すという生物本能は確実に草食系男子の中にも根付いており、理想を求めるバーチャルへの憧憬と現実的な結婚・子育てという妥協の間で、誰しも葛藤する。男性ならば誰しも実感、共感できる目の前の課題だろう。

    その相克を本作は、リアルに生生しく描いているのだ。

    作品は4巻と短くまとまっており、同作者が後に描くボーイズオンザランやアイアムアヒーローに比して、無駄がない。リビドー漲って一気に書き上げた感がある。にもかかわらず、絵はすでに完成の域に達しており、非常にテンポよく読むことができる。これは花沢漫画の中でも最高峰の良作だ。

  • 90

    manga_review

    ずっと現実に生きてきた男が、仮想現実を知り、仮想現実に救われるという、ある意味「逆電車男」とでも取れるような作品。

    主人公のたくろーは、オンラインゲームの世界で、人工知能「月子に出会う。
    途中いくらかの紆余曲折があるものの、たくろーは月子に惹かれ、最終的には現実の女性を捨て、仮想の存在である月子を選ぶ。
    この「仮想現実の肯定」というテーマは評価が分かれる所で、「現実じゃないと意味がない」と考える人も多いだろう。
    しかし、現実では救われない、たくろーのような人間なんて、どこにでも居る。(自分がまさにソレ)
    そして現実で救われない人間を救うために、アンリアルのような仮想現実があるのではないだろうか。
    最終巻の「俺の人生30年より、月子ちゃんと過ごした3ヶ月がずっと重いんだ!」というたくろーの言葉がそれを表している。
    この場面では久々に思いっ切り泣かされた。

    ただ、話の方向が分からなくなる場面もいくつかあったので、その点を考えて9点。

  • 60

    sakuhindb

    中年のおっさんと仮想世界の女の子への恋とか色んな意味で世紀末です。外見だけでなく心まで穢れきった中年が、夢や希望もない現実からゲーム世界の純白可憐な手付かずの少女に逃げ出すのも無理はありませんよねネットの広大な世界に繋がりながら狭い部屋で暴れまわるシーンはギャップありすぎて涙でそうなくらい笑えるんだけど同時にそのおっさんの姿に悲壮感ありすぎて目を背けたくなりました外見だけでなく中身まで残念な拓郎の「ダメ人間物語」は決して綺麗とはいえないしむしろ汚い物語なんですが、生まれてくる命の切実さを訴えたSFとして完結させてあるのが見事であり小綺麗に表面を繕うのではなく、小汚いながらも真摯に人間を描こうとする作風は作者の作品の全てで表現されている特徴であり、そして一番の魅力でもあります※この物語の舞台は2015年の東京。まさに今年が世紀末大戦が起こる年ですが作中のようなゲームソフトはまだ開発されていませんね。あったら絶対買うのに(笑)。。。

  • 90

    manga_review

    時代にあわなかった不遇があったとおもいますが、
    先読みしたような作品。

    不器用で等身大でキモい主人公を描くのが得意の花沢先生ですが
    この作品も救いがないくらいキモい。けど一生懸命。

    おいおいおい!ってつっこみたくなる行動に
    目をおおいたくなるけど ついみてしまう。

    アンリアルにいったときの越後は性格も若干見た目にあわせて
    変化していたり 演じていたり
    ネトゲでもあるあるって感じがでててすごくひきこまれます。


    神崎はデブでキモい引きこもりではなく、
    デブでキモいけど 一応本当にアンリアルを開発したというのでいいんですよね?
    神崎の正体はなにもしてないニートみたいな表現だったので


    本誌での評判はそれほどよくなかったようなので、
    終わり方が急いで収束した感がありますが、すごく評価できる作品だとおもいます。

  • 60

    manga_review

    現実サイドの主人公像が格好悪いを通り越して、汚い・下品・高齢と救いようがなく、ギャグ漫画ならともかくストーリー物としては通常はありえない人物。絵だけ見ると敬遠してしまう。
    どんな漫画でも通常は、いくらダメ人間やもてない人物として描かれても、読者目線ではそれなりに格好よく描かれている物だ。
    一見すると、こんなキモいおっさんの話なんて読みたくねーよ、というのが人情。

    そしてストーリー自体もSF小説や映画などではありがちな設定。
    しかしながら読んでみると、この前述の意外性のあるキャラクターが活きてきて、他には類を見ない個性的なSF作品となっている。

    ラストはとても打ち切りとは思えないほど、うまいオチをつけている。
    描ききれなかった部分も若干感じるが、全4巻、物足りない位でちょうど良かったのではないだろうか。

  • 20

    manga_review


    アイアムアヒーローを先に読みとても感動したせいか、変わり映えなく面白さを感じなかったです。

    主人公のキャラは最初は良いと思いましたが、自分にはアクが強すぎたようで
    途中から面倒臭く感じましたし、
    現実と仮想現実の対比を極端にやっている所も面白かったのですが、
    物語の規模が戦争とか大きくなるにつれてその対比が自分の中で悪い方に傾いてしまいました。

    そして、最後月子が消えそうな時全く感情移入できなかったです。
    敵にあっさりそそのかされた挙句、主人公にしつこく「戻って来て」と攻撃したからかと。

    登場人物の心情がコロコロ変わる為、戸惑って漫画から意識が離れてしまう事が全体的に多かったです。

    でもアイアムアヒーロー大好きなのでこの作家さんの漫画全部読みます!

  • 90

    manga_review

    これは面白い。多分花沢作品の中では絵面が汚くないシーンもある方。何故これが受けなかったのかはしらないが、打ち切りのおかげで、あんまり風呂敷が大きくなる必要もなく、程よいまとまり方をしたと思う。(多少駆け足になったにせよ。)

    ブサイクがネトゲにおいて自分の居場所を見つけるってことを等身大で見ている。

    花沢の他作品は多分作者のモットー的に安易なハッピーエンドを許していないが、これは結構穏当なエンディング。花沢作品では、人間の良心と醜さがいつも綱引きしているけれど、この作品では良心がある程度感じられる。自分は恵まれた環境にいるせいか、どちらかといえば性善説信奉者なので、これくらいの方が好み。

  • 80

    sakuhindb

    この作品って、打ち切りだったんですねぇ。初めて知りましたよ。何で最後あんななんだ!?と息巻いてたりもしてたんですが・・・。どうりで・・・ね。さて、作品についてですが、非常に優れた作品だと思います。それだけにどうして打ち切られたのか、納得のいかないところなのですが・・・。作品の世界観も素晴らしいですし、展開も全く読めません。加えて、非常に感動的で涙なしでは読めない作品です。絵に関しては決して上手くはありませんが、それでも読めないということはありません。やはり良作です。個人的には今連載されている『ボーイズ・オン・ザ・ラン』よりも夢中になれました。『ルサンチマン』、是非一度読んでみてください。

  • 90

    manga_review

    ネットで評判になってたのでひとまず1巻購入。
    とても面白くてすぐに全巻購入しました。

    主人公は印刷会社に勤める冴えないオッサン。
    最初は最低だと思ってたけど不思議とだんだんかっこ良くみえてくるから不思議です。
    仮想現実の世界で女の子と恋愛できるという、
    近い将来実現されちゃいそうなリアル感もあり、ドップリはまりました。
    仮想現実の世界の街(ノスタルジア)が千と千尋の神隠しの最初の方に出て来た町並みに雰囲気が似てて好みです。

    この作者の、もてない男の描写が細かく丁寧で私は好きです。
    あと恋愛ゲームにハマる人の気持ちがわかります。
    すごく面白かった。

  • 70

    manga_review

    童貞代表花沢先生!大好きです。
    男が恋愛漫画を描くとこうなるのかーってちょっと思いました

    絵が凄く上手いと思います。女の子も可愛いし、必死な童貞を描かせたら一番上手だとおもいますし、キャラが生き生きとしてると思います。

    ただ、私の好きないくえみ先生にちょっと絵が似てるような。、、

    アンリアルの世界、魅力的ですよね、CGが発達した今、本当にリアルな女性よりも、CGの女性の方がスタイルもエロさも可愛さも上だと思う事あります。

    ブサイクがカッコよく見える!そんな漫画がかけて凄いと思います!

  • 80

    cmoa

    この作者のダメ男の原点である作品。ほんとブサイクでチビでデブにヘタレであります(笑)
    全く救いようがないように見えますがヘタレっぷりが可愛いとこもあり
    ピュアな所があるのが取り柄かぁと思いますが性的にピュアなだけなので見事に周りに振り回されます。
    こんな作品、どうなるんだと興味本位でもいいからみてくださいよ。
    ピュアな大逆転が待っていると思いますよ?あくまでもヘタレ感は逃さずシンミリとさせます。
    普通の作者が描いたら、この絶妙な雰囲気は出せないはずなので是非とも見るべし。

  • 40

    manga_review

    ゲームのことはよくわかんないけど、
    漫画にも言えることだけどさ、
    現実逃避はたまにしてもいいけど、
    ちゃんと現実を直視できる強さは
    ずっと持ち続けていたいなあと思う。

    折角この世に産まれて来たのだから、
    イヤなことがあっても、
    できるだけ楽しくしようって心がけがあれば、
    なんとかなるもんだと思うんだよね。

    と、なんか読んでて思った。


    ちょっとオタク向けの漫画なのかな。
    めっちゃポジティブだったり、
    心の強い人がこの漫画読んだらイラつくかもしれん。

  • 70

    manga_review

    「もてない男の恋愛」を近未来の世界と融合させ、今までの恋愛ものからは取りこぼされてしまったものを上手にすくい上げている。

    作者の力量、経験の不足から、物語が進むにつれむちゃくちゃになってきたが、それでもこの作品で描こうとしていたこと自体が極めて今日的、それでいて誰も正面から手をつけてこなかった題材であり、未熟な状態で生まれてしまったことが惜しまれる。

  • 100

    cmoa

    気になり、購入。
    主人公のダメぶりと、ダメな日本の痛い業界の発展ぶり。日本乙と思えた作品。
    漫画は面白かった。主人公そんなにまで不細工でいいの?って思ったしw
    漫画だし無茶な話しなんだけども、近い未来になくもない様な微妙さ加減。
    やってみたい気もするが、色物国家とか呼ばれそうな日本の将来が危ぶまれる。そんな気持ちにもなれるかもね。(笑)

  • 80

    manga_review

     
    素直に好きだなあ、この漫画。

    一気に突っ走って読んでしまう、っていう感じじゃないんだけど、
    ジワジワと面白さを感じてくると言うか。

    途中どこに行くのか?、という展開だったけど、最後は何か切なく
    しかし微妙なハッピーエンド?で、何か目が潤んだ。

    プチSFとヒューマンドラマが上手くハマった良作だと思います。
     

  • 80

    manga_review

    初めて1巻を読んだとき、新人とは思えない漫画のレベルの高さに衝撃を受けました。
    仮想現実(オンラインゲーム)で擬似的なアクションが体験できるのに加え、擬似SEXまでも可能というのは斬新でしたね。
    打ち切りという話もあるようですが、個人的にはこのくらいすっきりと終わらせるのも悪くはないと思います。
    次回作にも期待。

  • 100

    cmoa

    カスレビキャンペーン対象でクチコミが高く気になったので試しに購入しました。画も馴染みやすく現実に起こりそうな話で面白かったです。主人公のキャラ設定が本当にさえないところが逆に気を惹きます。(他の漫画だとさえないって設定でも中の上)これから先の主人公が気になるので10話以降はパック買いしようと思います。

  • 60

    manga_review

    読んでほしい。むしろ
    ボーイズオン・ザ・ランを読んで
    あ、俺青山サイドだから田西の気持ちわからねーや。
    ってあんたに読んでほしい。

    切なくて、そんでもって
    暖かくなれて 登場する一人一人が
    なにかメッセージをくれているそんな感じ。

    個人的にはラストと表紙のリンクが良かったと思う。

  • 60

    manga_review

    すごくブサイクな男が、仮想現実の恋愛にハマっていく話。声を出して笑うほどではないが、妙に引き込まれた。読了後すぐにラブプラスにのめりこんでいる後輩に、この漫画を読むことを命じた(笑)というか、ラブプラスが進化したらこういうことになるのではないか?という感じ。説得力があった。

ネット上のイメージ

恋愛
可愛い
女の子
感動
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • Prism Love 
    天真爛漫な女子校生、今日子と不器用で素直になれない勝彦の淡い恋心を中心に総勢9人の美少女が登場する甘酸っぱくも過激な性体験集!!
  • セーラー服にお願い!
    松本雛菊は16歳の女子高生。ある日校舎の裏山の神社を半壊させ、ご神体の鏡を体に取り込んでしまう! そのせいで、否応なしに“神様代理”を引き受けるハメに!! ヒトにもなれる狛犬・シシとコマが同居し、雛を護ってくれるというが…!? (このコミックスには「【プチララ】セーラー服にお願い! story01~05」の内容を収録しています。)

イメージの近い作品(知名度:高)

  • むちゃくちゃ大好き。
    “東京は怖い所!東京モンは怖い人!!”そんな素朴な田舎の女子高生・あおいが、なんと東京モンの男のコ・剛くんに一目ボレ。彼を追いかけ、東京に転校してきたはいいけど、そこには、ちょっとツレない剛くんと、超大ヘンな東京ライフが待っていた!?
  • 君の膵臓をたべたい  1話
    「君の膵臓を食べたい」「その君っていうのは僕のこと?」「他に?」本屋大賞2位、至高の青春小説を「ひとひら」の名手が完全コミック化!高校生の【僕】は、クラスメイト・山内桜良が重病で余命いくばくもないことを偶然知ってしまう。ただし桜良は病人とは思えないほど元気で天真爛漫、内向的な【僕】とは正反対である。秘密を共有する2人の奇妙な交流が始まった…!読後、みんながこのタイトルに涙した…ベストセラーの感動をそのままコミックで!

イメージの近い作品(最近)

  • さろめりっく
    転校生のさろめには秘密があった。 魔法を使えること。 そして同級生のひかりから目が離せないこと。 そんなある日、わがままな母親が町を出ると言い出して……。 魔法少女さろめの秘密の恋日記。
  • 3秒、すでに恋
    中学時代の後輩で元カレの堅と高校で再会した苑。カレの気持ちを試そうと一方的に別れを切り出してしまったことをずっと後悔していた苑は、もう一度やり直したくて堅に近づくけれど恋のタイミングは大きくずれてしまっていて――??切なくてもどかしい、ココロがきゅっとなるラブストーリー。