© ハーレクイン

ルイーザは有能な秘書であり、2児を抱えるシングルマザー。彼女のボス、パトリックは女性の噂が絶えないプレイボーイで、つきあう女性から結婚を期待されることに辟易していた。そんな彼に、ルイーザは酔った勢いで自分との「契約結婚」を提案してしまった! 冷静な自分なら、ボスの結婚相手もこなせるし、何より子供たちの将来に不安もなくなるわ。彼女の言葉に驚いた様子のパトリックだったが、なんと返事はイエス! けれど彼からのプロポーズは最悪で…!?

ボスとの約束

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ボスとの約束のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

18件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    台詞の一つ一つが見事にストーリーを無駄なく進行させて、生き生きと語っているために、地味な絵が却ってキャラの表情を、読み手の想像力の翼に委ねさせてくれる。
    まるで、単純化されている方が豊かな表現力を持っているみたいに、コミックの持つ可能性は、キラキラや麗しい絵柄だけではないと気づかせてくれる。
    「のだめ」の二ノ宮先生の画風が派手でないのに凄く中で楽しめるのを思い出す。

    そしてこのHQ、定石通りに彼はやはり最高の部類に属しており、何もかも持ってるのだが、ヒロインを愛していると気づくときの描写がまた盛り上げてくれる。ヒロインもまた、気持ちを伝えようと決意する流れに入る過程があるのだが、唐突でなくて、恋に臆病になっていたヒロインの背中を押す一連の言葉に私自身まで説得されたような気分になる。
    恋愛の高揚感も意外な位にちゃんと味わえる。

    家族の日々も題材としてどこかリアルな印象があり、台詞に嘘臭さのないことや十分な生活臭が描かれていることが、このストーリーを味わい深くしている。

    こうなると、彼も素敵に見えてしまうから不思議なものだ。
    私はこんな人と再婚したかったな、と、心底思った。彼の一挙一動が素晴らしい。
    そして、随所でベタな台詞のインパクトが不思議なほどに心に刺さってくる。
    12月毎に公開されるアメリカのロマンス映画(このハーレクインの舞台は英国だけれど)のように、ラストは彼がビシッと決めてくる。今度はヒロインよりも先に伝えたいことをキチンと言葉にしてくる。
    だからそのやり取りは、それまでヒロインの心の動きにずっと寄り添った読み手の私に、効果的な爆弾として感動を運んでくる。

    子供たちは、本能的に大人を受けとめている。間に通うものが本物であれば、血の繋がりや「ママのお友だち」など関係がない。
    このストーリーは、私の求めていたような幸福がある。

    読み続けてきた流れの中で偶然手を伸ばした一冊だが、見つけて良かった。

  • 60

    cmoa

    HQにはお馴染みの契約結婚 欧米諸国では 当たり前の風習なのでしょうか? なんだかんだ言っても 全く相性が合わない 自分の半径1メートル以内には絶対存在して欲しくない相手を契約対象に選ばないものです。結局 結婚しちゃうのだから……なんだか 理解不能です

    私の愚痴はこの辺で………くぼた尚子先生の絵は 媚びた様な目付きの女性ではなく 意志がハッキリした女性 が描かれていて好きです。内容も 起承転結がしっかりしており 話の流れにも無理がないです。ヒーローが 少々?傲慢&上目線なのが鼻につきます。買って損はないと思います

  • 100

    cmoa

    高評価納得の作品でした。
    絵は、最近の雰囲気のものではありませんが、お話がとても良くて、満足感がとても高いです。
    子供や生活、そういった現実に対応するために、理性で契約結婚したけど、お互い共にいるうちに、改めて好きになる。
    他にもありそうなネタですが、子供や生活の為、という部分が、とてもリアルに感じました。
    また、そんな中で改めてお互いを思い合う様になる流れも、決して無理のある書かれ方はしておらず、とてもスムーズに受け入れられました。

    評価5を迷い無くつけれました。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最初ヒーローを最低なヤツと思ったけれど、ヒロインの子供達に対する態度はとても良い人でした
    ヒロインの私生活がリアルで契約結婚を受け入れたその気持ちも良く分かった
    お金持ちのヒーローと結婚しても、今までの価値観を変えずに生活していくヒロインがとても誠実で、好感が持てた
    ヒーローも約束した事は守る誠実な人でした
    二人の想いが通じ会うまでがじれったかった 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    敏腕ボスと完璧秘書の契約結婚という、よくある設定だけど、予想の斜め上の展開で楽しく読めました!!
    そして、いつもはハーレクインは割りと「こんな事有るわけないじゃん」という醒めた気持ちも持ちつつ楽しんでますが、この作品には久しぶりに感情移入してしまいました。
    そしてラストのボスの告白は、思わずキュンキュンでした

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインは仕事に育児に家事に疲れた頑張るシングルマザーです。若い子が幸せになるシンデレラストーリーもいいですが、やや歳もいってくたびれた女性が苦労の先に幸せを掴むのがいいです。いい歳した男女がお互いに恋してもじもじしてるのもいいですね。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    割りきった「契約結婚」のはずだった二人が徐々に気持ちが近づいてきて、二人の思いが交錯して切なくてキューっとなる場面も。結婚式での娘の会話はジーンときた。この子は大人をよく見ている。傲慢だったけど正直で誠実で家族に優しいヒーローは素敵です。

  • 80

    cmoa

    お互い大人同士で割り切っていたつもりが、いつしか別の感情が芽生えて・・。よくある話しだけど、ヒロインに思春期の子供が二人もいるところが、他と違い、大人の話しになっている。淡々とした中に暖かさが流れ、心地よいラストになっていた。

  • 100

    cmoa

    くぼた先生好きです!じれじれ感とラブ感が絶妙で、かわいいお話です。もっとページ数があればイチャラブも見たかった。これからももっとハーレクイン描いて欲しいです。応援してます!

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 多分、上司に酔った勢いで何て事をと同じような状況なら叫ぶかも。でも、それがきっかけで二人は、結ばれる。って、凄い。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 子どもの為の契約結婚をした二人。
    ヒーローのクズっぷりがヒドイ。
    でも結婚したら子どもに対して誠実でびっくり。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    本人たちのラブシーンはないのね? うわースゴく残念。でも子どもたちのセリフが良かった。ちゃんと見てるんだよね、子どもって。恋わずらい…なんて素敵な言葉かしら(笑)

  • 100

    cmoa

    契約婚のはずが、子持ちのヒロインのことが気になり。。。でも、やっぱりヒーローが心ある優しい人だから、ヒロインの心根のよさに気づけたのだと思う。

  • 100

    cmoa

     愛情ではなく 二人の子持ち女性は生活の安定、男性は自由に女性と遊ぶ生活を続ける為に 友情結婚するという なかなかの設定。でも面白かったです。

  • 100

    cmoa

    若くて軽い女の子と違った、大人の女性の魅力と家族愛がボスの心を包んだのね!とキュンとしました!絵柄もサラッとしてて好きな作者さんです!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 子ども達のための結婚が……ヒーローの最後の告白がキュンとなる。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    ハーレークインのボスシリーズが大好き。
    その中でも、新鮮なストーリーと定番のバランスがよく、こんな夫は、最高です。

  • 100

    cmoa

    好きな作者さんです。子どもたちが二人の事をよく見ていて面白かったです。

ネット上のイメージ

ヒーロー
子供
家族
教師
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 花嫁に立候補
    テディベア専門店を経営するホイットニーの元を、ある日、高校時代の憧れの人・ローガンが訪れる。依頼されたテディベアを口実にローガンと会うようになり、ひそかに淡い想いを募らせていくホイットニーだが……
  • ハーレクイン 家なき子へのプロポーズ
    ピアノの天才少女だったノエル。しかし大人になった今、世間から忘れられ、自分を金儲けの道具として利用した母親は全財産を持ち逃げしてしまった。そんな彼女の前に現れたのはホテルの経営者イーサン・グレイ。今でもファンだと言う彼はノエルに共感し、とんでもない提案をする。「君と僕が婚約し、再び世間から注目を浴びる姿を見せて母に復讐しよう」ノエルは賛同するが、次第に彼に惹かれてしまう。彼が復讐の道具としてノエルを利用しているのに気づかぬまま…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン フィアンセ雇います
    「大富豪で国際金融家の婚約者を500ポンドで演じてほしいの」ロンドンで人気のパン屋を営むジュリーは、常連客の売れない俳優ロバートに意を決して頼んだ。彼は偶然にもジュリーが親の小言から逃れるために作り出した架空のフィアンセと同じ名前。1週間後に行われる妹の結婚式に、これ以上好都合な同伴者はいない。ジュリーはすべてがうまくいくと確信した。まさかロバートの情熱的な演技で女心を翻弄されることになるなんて、この時は思いもしなかったから。
  • Love Jossie 理性と感情の問題。 story01
    子供は大好き、産む気もまんまん。そんな小児科医の美奈子の悩みは、ただひとつ。男性が大嫌いということ。いっそのこと適当な男をつかまえて子種だけ提供してもらおう、なんてことを考えていたある日、勤める病院での親睦会に誘われる。したたかに飲んだその翌日、目覚めた美奈子の隣にいたのは、超絶女タラシで大嫌い、と思っていた小児科医・桐谷だった!! 「ムーンライトノベルズ」(「小説家になろう」グループ)で大人気の藍野芙美の小説が、「カフェときどき彼」などで大人気の瑞樹奈穂の手によって満を持してコミカライズ!妊娠と結婚の新しいカタチを描く40P!(この作品はウェブ・マガジン:Love Jossie Vol.26に収録されています。重複購入にご注意ください。)

イメージの近い作品(最近)

  • 残酷な神が支配する
    友達に恵まれ、ボランティアと勉強に励む幸せな生活を送っていたジェルミの日常は、ある男との出会いで一変する。母・サンドラの婚約者で大金持ちの英国紳士・グレッグ。ジェルミの苦痛に満ちた地獄の日々が始まった
  • 中年スーパーマン左江内氏
    さえない中年男がある日突然スーパーマンに? 主演:堤真一、その妻:小泉今日子という豪華キャストによる、地上波TV連続ドラマ化を記念し、全作品全カット完全収録の新装版で蘇ります。出世とも浮いた話ともまるで無縁な、さえない中年サラリーマン左江内氏は、ある日先代スーパーマンに見込まれスーパースーツをしぶしぶ引き継ぎます。日常の裏に隠れた、さまざまな人間模様を垣間見ながら、ささやかな希望をみつけ、ときには「正義」に疑問を感じ、思い悩む。練り上げられた全14話は、どれも「SF・異色短編」に匹敵する深みを持った大人の珠玉のストーリーです。連載は1977年『週刊漫画アクション』。2017年は誕生40周年にもあたります。左江内氏は、当時46歳だった藤子・F・不二雄とほぼ同年齢の主人公で、という立場も共通しています。「エスパー魔美」、「ドラえもん」の連載も絶好調で、『コロコロコミック』も創刊されたばかりの時期に、読者層をさらにグンと広げた本作は、藤子・F・不二雄が漫画家としてノリにノっていた時期のまさに隠れた名作と言えるでしょう。