© グループ・ゼロ

島から出るには、それなりに学力と資金が必要な状況。島高の補欠も危ぶまれる成績の仁井は、ちょっと気になる存在の藤野と共に浜谷から勉強を教わることに。そんな中、藤野は島外の高校に進学するという噂が――?

最後の三月 

| グループ・ゼロ(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

最後の三月 のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

73件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    短編集ですが、全体的にバランスのいい作品です☆
    切なかったり甘かったり痛かったりエロかったり。
    絵は好き嫌い別れると思うので無料読んで判断して下さい

    1・2話⇒お調子者の康平に恋したハル。ひとりぐるぐる恋に悩む大学生のお話。

    3話⇒一見無愛想な遠野は実は優しい。そんな遠野に好意を抱く高槻。遠野×高槻のリーマンモノ。

    4話⇒若くして成功をおさめた書の先生とその弟子のお話。

    5話⇒健気な亮太と心にトラウマを抱えた織田のお話。

    6話⇒過去心に傷を負った洋介は最中に突如暴力を振るう。暴力を受けながらも瑛はそんな洋介を受け入れる。痛くも切ないお話。

    7話⇒大学の後輩金江と戸田先輩のお話。

    8話⇒金江×戸田の続編です。


    凄く雰囲気あって短編なのに引き込まれますBLだけど、等身大のストーリーなので普通に読めちゃいますよあ、でもエロいとこはエロいんで

    どれも好きですが〜1・2・3・7・8話がお気に入りです

  • 100

    cmoa

    素敵な物語です(´∀`)ウフ
    一つ一つの作品の内容も確りしていて、勿論ちゃんとエロスも
    中々のエロさデス(´Å`*)
    ページ数も少なくないし(作品によって疎らですが)70P以上はだいたいあります。
    ポイントも30ポイントと安くて、短編集で気軽に読めるので、パックで購入が良いかもです★+
    お得だと思います☆★
    全体的に読んだ後ほこっとするようなお話達。
    でも、「欠けた鎖」はちょっと救われない感じも。でも、ハピエンです。(読者としては複雑?)

    私としてはおすすめ(゜∀゜)!!
    好き嫌いも有るかもですが、短編スキーな方は立ち読みしてから検討してみては??


  • 80

    cmoa

    独特の絵に独特の雰囲気。個人的にはスキです。短編集ですが、一話一話がしっかりとしてます。Hシーンあるけど、一話完結にありがちな無理矢理感もないし、話つくりの上手な作者さんだなと感じました。や、一話30円はホントお買い得だと思いますよハッピーエンドの話ばかりなので、安心して読めます。
    ただ、6話目だけはちょっと雰囲気違って怖いです。DVって・・・。それも一つの愛の形?私はイヤ。というわけで、一つマイナスで4点評価ですが、それがなければ文句なく5点です。
    ちなみに7話と8話は同じCPの話。
    安いからパック買いオススメ。もしくは6話以外買いで(笑)

  • 80

    cmoa

    とにかく作品全てに独特の雰囲気があります。
    その雰囲気のせいか、甘い話もくどく感じずに読めます。
    甘いのに切なくて、悲しいのに優しい。
    私は好きですが絵柄に少しでも抵抗がある方はパック買いはオススメしません。
    Hは濃くもなく、薄くもなく。でも期待はしない方が良い程度のもの。Hより内容を重視する方なら損はしないかも。
    試しに買ってみるなら3、4、5話のどれかがオススメ。私は4が雰囲気があって好きでした!
    6話は(愛のある)暴力があってシリアス。
    7、8話はかわいい!これは甘くてワンコ攻めが好きな方にオススメです。
    表題作が入ってないことが残念。

  • 80

    cmoa

    全話購入しましたが、短編集故にストーリーは多少弱さはありながらも、心理描写もしっかりとしているので、不完全燃焼なものはありませんでした
    大抵は大柄め攻めと細め受けのオーソドックスで、シチュエーションは多彩で楽しめました。艶やかさ、元気さ、もどかしさなどそれぞれにカラーがあって面白かったです
    どれにでもエロが手抜きなく入っているのも嬉しい!もっとエロを求めるなら、同先生の作品、純愛Immoralがオススメです
    ですが、安さ、話の多彩さがいっても、こちらを一巻買いすることも是非オススメしたいです

  • 100

    cmoa


    個人的に6,4話が好きです。

    6話はいわゆるDVの話。すごくシリアスです。ただ、これからも二人はずっと一緒なんだろうな、と思わせるラストが個人的に嬉しかったです。
    4話は書家の先生と弟子の話。月光と影が印象的です。手フェチのわたしは終始先生の手に釘付け。筆を走らせるその姿が本当に美しいのです。

    全体を通して流れるそこはかとなくアンニュイな感じが自分のツボに入りました(^^)
    おすすめです!


  • 100

    cmoa

    まさか こんなに個性的で雰囲気のある作品にであえるとは。(四話)絵も少し不安定に感じたし、お話は凝ったものでなく 今まで読んだ中にも同じ様なものがあったんですが、欠点なんて どうでもいい感じ。四話の陰影が見事で、その場の空気というか静寂さが 伝わってきました。性行為も その場にひきこまれているものだから 生々しかった。今迄にない感覚です。作家さんの他の作品も 是非読んでみたいと思いました。

  • 80

    cmoa

    心地よい空間で よくまとまってる短編集だと思いました。
    BLでHもそれなりにあるけど どれも個性的な愛情がいっぱい詰まってて
    サラッと読むことができました
    満つる〜は静寂感溢れる作風が すごく良かったです
    一番のお気に入りは窓辺〜ホームにかけての7・8話
    不慣れな年下(攻)をリードする先輩(受)が可愛いし
    不慣れながらも頑張る(いろんな意味で)年下クンも 好感持てました

  • 100

    cmoa

    透明感のある…という表現がよく合う作品と思います。
    一番気に入ったのは四話と六話。
    四話は作家と書生の話で、雰囲気が好き。
    六話は他の方のレビューでDV話なので怖いって多く書かれてたけど、リアルな暴力描写やグロテスクさは無かったし、何より2人の心の結びつきが良かった。
    他人には理解し難いけれども互いに強く思いあい、寄り添って生きているというかんじが伝わります。

  • 80

    cmoa

    1〜2話と7〜8話以外は、それぞれ1話完結になっています。
    ポイントが安く、どの話もハピエンで買いをお勧めしますが、『欠けた鎖』はDVっぽいので好き嫌いがあるかもしれません。でも2人の間にはきちんと愛があります。(背景もなんとなく推察できます)

    絵のトーンが少し暗めな感じですが、読みやすかったし、全体的に゙受け"の絵が可愛く見えました。

  • 100

    cmoa

    お話の構成がしっかりしていて、短篇と思えないものばかり。

    『満つる月の下』なんて、たったあれだけの台詞・シチュエーションなのに、深く限りなく黒に近い闇夜、細い月の光、先生の着物の色まで浮かんできました。

    叙情的な絵で素敵だし、表現はシンプルなのにすごくHに感じてしまいます。

    みどころのお話は載ってないけど?全話良かったのでお薦めです。

  • 60

    cmoa

    みどころ読んで買いましたが、全く違う話しか!?入ってませんでしたまたこれから描かれるんでしょうか…

    この作品は短編集で、大学生同士やら、リーマン同士やらDV恋愛話やら、いろいろあって、一話の中にハプニングやHが含まれていたので飽きないです。いろんな恋愛の形が見れました。
    まぁ結果的に良かったですが…

  • 100

    cmoa


    絵柄、ストーリー共にとてもすきです。

    登場人物、一人一人がすごくよく描かれてます。ストーリーも、短編なのにすごく引き込まれる感じで、
    この作品が30Pは安すぎとも思います。
    Hが必ず含まれてるのもよしです。

    私的に、満つる月の下という作品が好きです。
    読んでいて、キュンときました。

  • 80

    cmoa

    絵柄で好き嫌いは分かれると思いますが、中身はしっかりぎっしりと詰まっています
    一話のみの読みきりなのにも関わらず読み応えがありました。
    個人的に好きなのは4話です
    絵は安定していて、内容もしっかり。全体的にどことなく艶っぽくてとても良かったです
    これで30Pは安い気がしました

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最後にありますが、若干激しい…
    エロもちょっと激しい…
    バットエンドでした。
    でもつっぱしった青春みたいな感じでこれはこれでいいんでは^_^
    他はそんなことなくほのぼのしてます。
    あ、もう一つバイオレンス系あります。

  • 40

    cmoa

    読み放題。雰囲気のあるBLで読み応えはあったけど、短編のせいかどれも少し物足りない感が残った。キラキラ甘々なBLが苦手なのでわりと好みの雰囲気なのですが、話もキャラもあまり引っかかるものがなかったかな…。表題作はキャラの顔が似ていて、ちょっと分かりづらいのが残念でした。

  • 100

    cmoa


    短編集になってます

    一つ一つ、雰囲気があって良かったです

    特に私は4話と6話が好きでした
    4話は背景や構図が凄く好きでした

    6話はDVの話しなんですが、愛がしっかりと読み取れる作品です

    どれも読まないと分からない独特の雰囲気なので是非読んでみてください

  • 80

    cmoa

    大切なものまで全て壊してしまったかのような、とんでもないやり切れなさを感じました。切ない、というよりは虚しいような感じです。これも一種の感動ですから、物語としては素晴らしいものです。しかし、読後はスッキリした気分でないと嫌だという方にはオススメできませんね……。

  • 80

    cmoa

    絵とストーリーが好きなので、ポイントも、ぉ手頃だったので購入しました。 つくも号さんらしい独特な雰囲気で、柔らかいタッチ 購入して良かったです。 優しいぉ話から独占欲的なぉ話があって いろいろなストーリーが楽しめました 何度も 読み返してます。

  • 100

    cmoa

    最初は1話程度見てみようかくらいの気持ちだったのですが、よんでいくうちにこの作者さんの話しが大好きになってしまいました。

    一場面一場面での表情での心理描写が素晴らしいと感じさせられ、淡い思いをどの話しからも感じられました。

    大満足です。

ネット上のイメージ

切ない
エロい
独特
教師
恋愛

イメージの近い作品(ランダム)

  • ポルノトピア
    新人の五樹を目の敵にしている副院長の青野。だがある夜を境に、夜毎に淫らな行為に耽るようになり…? 深い情火に溺れる、これも愛の形。※本電子書籍は「麗人uno! Vol.4 職業・制服」に収録の「ポルノトピア」と同内容です。
  • 最も優しい殺し方1
    「――さぁ足を開いてください…まだ時間はたっぷりあります」――幼いころ両親が亡くなり天涯孤独となった私。小さいころからの夢だった憧れの劇団に入り女優を目指していた…そんなある日、突然「あなたの命をいただきにきました」と死神が現れて!? 死ぬまでのリミットは3時間。せめて死ぬまでの一瞬偽りでもいいから誰かに愛されたいと思い神に抱いてほしいと頼むことに…。彼の妖艶な色気と性戯に溺れてしまい――?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ポルノグラファー
    現実は妄想よりスゴイ。ポルノ作家と俺の“代筆”のお仕事。  大学生の久住(くずみ)は、ポルノ作家・木島(きじま)の腕を骨折させてしまい、口述筆記で代筆することに。仕事をはじめて数日。淫らな文章を読み上げる木島の声は久住の耳を責めたて、疼いた下半身は完勃ち状態に…。「抜いてあげようか? 口でしてあげる」からかわれた久住は、その日から木島で“エロい妄想”をするようになってしまい――? 純情大学生×思わせぶり官能小説家のお子様厳禁セクシャル・ワールド。
  • 薫りの継承【上下巻セット・単行本未収録イラスト付】
    義理の兄弟、禁断の愛と確執を描いた衝撃作。本書は、『薫りの継承 上』『薫りの継承 下』を1冊にまとめた【上下巻セット】です。更に、上下巻セット特典として単行本未収録の美麗イラストを収録しました。(作品内容は『上巻』『下巻』と同じものです)『薫りの継承 上』比良木忍は兄といっても、血の繋がりはない。義理の兄だ。竹蔵は後妻の連れ子として、比良木家に迎えられた。兄はいつも冷たく汚物のように、竹蔵を見下す。深い嫌悪と憎悪に満ちた射殺すような視線。毎日毎時毎秒、兄に殺され続けていた。竹蔵は兄に欲情していた。ある晩、竹蔵は正体を偽って兄の寝室に忍んだ。義姉の香水を身につけ、兄の目を覆い隠す。そして、己の欲望の猛るままに兄の体を貫いた……。/『薫りの継承 下』兄の目を覆い隠し、己の欲望の猛るままに体を貫いた。あれから何度も何度も交わっている。兄との道ならぬ愛は、閉塞感を極めてゆく。夏の盛り、竹蔵は兄夫婦と別荘で休暇を楽しむことになった。義理の兄である忍との関係を、露ほども疑っていない義姉から女性を紹介される。竹蔵は彼女に対しすげない態度を取ってしまい、そして……。その晩の出来事は、兄弟の運命を大きく変えてゆくのだった。

イメージの近い作品(最近)

  • THE END
    68 THE END
    男の名前はシロウ――。 毎日が退屈で、イラツいて、何もかもに意味を見出せなかったシロウの前に、ある日突然、空から女の子が降ってきた。シロウはルーシーと名乗る不思議なその彼女と過ごす時間に充実したものを感じていた。しかしある夜の事件をきっかけにルーシーは姿を消し、シロウ自身も巨大な運命の波にのみこまれてゆく……!!
  • 夏の前日
    甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。