© 実業之日本社

イギリスに留学中の城木田桃花は父親の秘書・二階堂から、突然帰国するように連絡が入る。帰国した桃花を待っていたのは、莫大な借金を背負った父の失踪だった。そして二階堂に見知らぬ屋敷に連れて行かれた桃花は、そこの主人・鮫島と名乗る男に、父親の贖罪をしろと命じられる。桃花の美しく汚れのない肉体が、見も知らぬ男たちの薄汚い欲望の餌食に…。※コマ単位で配信されている『聖女のつぐない』の改題作品で、同内容となります。ご注意ください。

監禁の美聖女

| 実業之日本社(出版)

立ち読み

監禁の美聖女のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

6件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 作者さんの描く女性の主人公がかわいくてけなげでよいです。お嬢さまの主人公が、お屋敷でドSな男にいろいろされてしまうお話です。最後は、ええーってなりました。「聖女のつぐない」と同じだと思います。

  • 80

    amazon

    監禁されても父のために責め苦に耐える少女の話。ウェブの広告から試しに買って読みましたが、よかったです。

  • 60

    cmoa

    絵がきれいです。ただ、終わりがあっけなくて少し物足りなかったです。他の作品も読んでみたい作家さんです。

  • 40

    cmoa

    聖女のつぐないと一緒ですね。1冊にまとまって読みやすかった。最後はもう少し先のふたりを見たかった。

  • 20

    cmoa

    なかなか普通でした!!!!!!!!
    とくになしですな!!!!!!!

  • 20

    cmoa

    ただの男の欲望・妄想の世界?!
    中身がないのでガッカリでした。