© 双葉社

不動産業界で有名なライバル会社「近衛」と「華月」。その息子である近衛雅也と華月夕馬も、幼なじみなのに犬猿の仲! ──のハズだけど、本当は幼いころからのキモチを素直に伝えられずにいた。そんなとき、夕馬の婚約話を知った雅也。問いつめたけれど、夕馬の「嫌い」の言葉に傷ついてしまい──!? 人気作家・立野真琴が描く幼なじみBLの決定版!

キライ嫌いも

| 双葉社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

キライ嫌いものレビューが0 件あります

レビューを投稿する

10件のネット上の評価があります

  • 40

    cmoa

    1〜12話表題作『キライ・嫌いも』は話としてはとても可愛い話だと思います。幼なじみでお互い初恋で…だけど三代続く不動産大手のライバル同士の家に生まれ、代々喧嘩する事が最優先事項の家系(笑)夕馬は幼い頃から雅也への想いを自覚しているのに、あまりに鈍すぎる雅也に意地悪して悪態ばかり…でもその気持ちは分かる気がする両想いになっても痴話喧嘩が絶えない上、雅也が無防備で可愛いので夕馬は気苦労絶えないし毎回ドタバタするけどちゃんとオチ付きで(笑)結局最後は「お前なんか大嫌いだ!!」で落ち着く!?のもらしくて笑える
    13・14話『睡蓮』は兄弟の話。事故で一年間眠り続けた弟を愛していた兄。眠っている間自分を抱いていた事も、目覚めた後恐がっている事も解っていた弟。「怖がらないで抱いて」と2人だけの夢を見る事を選んだ2人…ちょっとゾクッとしました
    15〜17話『それを愛とは』この話は私には理解不能憧れてた人と同じ所にホクロが有る事から「あの人になりたい」と身辺を探るうち…“好奇心は猫を殺す”話の中に出て来る諺がピッタリの話
    所々に出て来る言葉や詩がピッタリ心に入ってくるので(小説向きカモ)今後に期待したい作家です。H描写は少ないので、苦手な人や可愛い話が好きな人向きカモ

  • 60

    cmoa

    誰しも心の奥に秘めている、誰にも知られてはイケナイ想い…、がこの一冊のテーマでしょうか。半年振りに掘り起こして読んだら、そんな気がしました。 表題作(1〜12話)は見どころの通り。意外と早くお互いの気持ちを知って、そゆことになりますが、その後の上手く行かない歯がゆさに、ホレ、ホレ、さっさとヤっちゃいな〜て感じで読んでました。だって痛くて「二度目」に怯えてるんだもの…雅也クンて泣いてばっかりです。夕馬はツンデレ?(いや、デレはないな…) 13・14話は、事故で目を醒まさない弟と、医者の兄貴の話。その道を選んだのね〜…切ないですが、お互いが居れば何もイラナイという事でしょう。ホントにあったらちょっと怖い結末かも。2人にとってはハピエンかもですが、読んでるこっちにゃ重〜い空気が…。 15〜17話は、キャーッッッ!!!怖いヨ〜ッ! これってストーカー&ホラー話で、昔に叔父を好きだったコトと男にレイプされるの意外は「それをBLとは…」て感じでした(しかもエロシーン無しです)。
    一話40ptだし、割引還元なら読みたいとこドウゾとしか言えませんが、カスタマ評価が低い割には、表題作は可愛いストーリー展開で案外良かったです。(後の2ストーリーで評価下げてる?)

  • 80

    cmoa

    表題の話は展開が遅いとおっしゃる方もいらっしゃいますが、個人的にはとても楽しませて頂きました。
    えっちネタを目的とされる方には物足りないと思いますが、受けの子が悩んだり泣いたり葛藤する話大好きです。
    もちろん、最終的にはハピエン前提でですが。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 兄弟ものの話が好きでした。ほの暗い雰囲気と兄弟二人だけで生きていく閉鎖的LOVEがとても好きです。立野先生は兄×弟派なので重宝してます兄×弟ものが少ないよ〜

  • 0

    ebj

    ※評価しない は、途中で投げた、まったく記憶に残らない、暇つぶしにもならない等、評価そのものができないレベルだったものです。あくまで当社比。好みの問題?基本、「やおい」だけな作品はたぶんみなこのラ...

  • 80

    ebj

    ━━魔人評価━━エロ度:0.5キャラ度:★★ストーリー:★★★過去作品の文庫化ですので、作品のストーリー及び展開・絵自体が古いという感は否めませんが、表題作以外の作品は、超シリアスでオスス...

  • 80

    cmoa

    シリアス調な話が読みたくて、表題以外の2つ読みました。
    評価低いけど個人的には好きでした♪
    最後の話は普通に女とやってたりするので何だかなって感じでしたが、終わり方は好きかも♪

  • 60

    cmoa

    表題通りの話でした。ライバルでケンカばっかりしている受けと攻めですが実はラブラブというかわいいお話でした。

  • 60

    cmoa

    犬猿の幼なじみなんですが、好きな事を伝える、まではいいんですが中々ラブラブになってくれない2人のお話です

  • 40

    ebj

    表題はイマイチ~…。でもまぁ昔の作品だししょうがないかな。同時収録の2作品のほうが影のある内容でよかった

ネット上のイメージ

可愛い
怖い
シリアス
切ない
教師

イメージの近い作品(ランダム)

  • 暁に哭く、風に鳴くコラール
    ジムは姿を消した親友・デニスを追って荒野を西へ向かう。彼の前に現れた男・スミスはデニスが吸血鬼に連れ去られたと告げるが……。
  • 内緒でキスをしよう
    5年前に両親を亡くした可里奈(かりな)は、ファッションフォトグラファーの兄・蒼 (そう)と2人で暮らしている。生まれてすぐに養女として引き取られた彼女は、血のつ ながりのない兄に恋心を抱くようになっていた。けれど、蒼は可里奈をプライベートモデ ルとしてしか見てくれない。ある日、学校に人気モデルの池澤淳基(じゅんき)が転校し てきた。全く興味のない可里奈だが、淳基はいきなり可里奈にキス!その後も毎日声をか けてくる淳基に、可里奈は少々ウンザリ気味。ところが、淳基はある日いきなり意外な事 実を告げる。彼は可里奈のおさな友達だったのだ!すっかり忘れていた可里奈だが…!? ●収録作品 内緒でキスをしよう/空と海の青

イメージの近い作品(知名度:高)

  • リブレのBL旬コミ!! 秋’15
    「リブレのBL旬コミ!!」って…!? リブレ出版が自信を持ってオススメするコミックスの約1話分が無料で読めちゃう電子限定冊子です。2015年秋号のラインナップはこちら! kanipan「愛の実験」/市梨きみ「可愛い先輩の飼い殺し方」/牛込トラジ「愛しい彼はただの友だち」/漫画:七瀬はし 原作:河村りの「もっと話をしたいのだけど。」/ 初めて出会った本や購入を迷っている本があったら、ぜひチェックしてみてね! 「リブレのBL旬コミ!!」に掲載されている作品の製品版は、なんと電子限定の描き下ろしペーパー付です!
  • 【合冊版】最後のドアを閉めろ!+開いてるドアから失礼しますよ 全3巻【電子限定かきおろし付】
    「最後のドアを閉めろ!」シリーズが合冊版で登場!※本書は2018年6月まで販売しておりました「最後のドアを閉めろ!(1)(2)」「開いてるドアから失礼しますよ」を1冊にまとめ、表紙を変更し、単行本未収録の描き下ろしまんが2Pを追加収録したものです。※単行本未収録の描き下ろしまんが2Pは、「【新装版】最後のドアを閉めろ!(1)【電子限定かきおろし付】」「【新装版】最後のドアを閉めろ!(2)【電子限定かきおろし付】」「【新装版】開いてるドアから失礼しますよ【電子限定かきおろし付】」と共通です。ご購入の際はご注意ください。『最後のドアを閉めろ!』飲んでこの痛みを忘れたい! 特別にかわいい後輩・斉藤が結婚し荒れる永井は、その夜、本田と飲み狂いうっかりホテルへ。「なぐさめセット」と称したキスに流されちゃって…。苦悩する永井に、今度はヨメに逃げられたと斉藤が泣いてすがってきて…。どうなる3人の恋バトル!! 大人気作品!/『開いてるドアから失礼しますよ』本田の兄・正一は、税務署に勤めるお堅い青年。ある日仕事の最中に、失踪していた真ん中の弟・俊二と再会する。正一と俊二は10年前、たった一度だけ抱き合った。そしてその直後に俊二は、正一のために家を出たのだ。本田兄カップルの家庭内恋愛。

イメージの近い作品(最近)

  • 夏の逢瀬
    幼なじみの一馬からの電話で、涼は久しぶりに正月を実家で過ごすことに。高校時代、周りからは「遊び相手」ではなく「オモチャ」として扱われるようになっていた涼を助けたのは一馬だった。そして涼は一馬とも体を繋ぐようになる。しかし、その関係は涼の大学進学で終わったはずだったが……。その後のふたりを描く描き下ろし32Pを収録した作品集。
  • マジックメールチョコレート
    「ダイスケのこと好きな奴、絶対いるって」そう言ってくれるのは、親友のタケだけ。苦節17年。全くモテない人生を送ってきました。迎えた17回目の聖バレンタインデー。神が降臨した。ゲタ箱にチョコレート。女の子と初めてメールのやりとり。嗚呼!素晴らしき哉、薔薇色の日々! けれど初めてのモテ期には、予想だにしない結末が待ち受けていて――。繊細で鮮烈、気鋭作家の珠玉の読みきり集。