© 竹書房

新人の五樹を目の敵にしている副院長の青野。だがある夜を境に、夜毎に淫らな行為に耽るようになり…? 深い情火に溺れる、これも愛の形。※本電子書籍は「麗人uno! Vol.4 職業・制服」に収録の「ポルノトピア」と同内容です。

ポルノトピア

| 竹書房(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ポルノトピアのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

52件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 エンドルフィン〜で五樹先生の元にスパイを送り込んでしつこかったあの副院長の話です。こういうの好きだな…
    副院長は五樹先生の毒牙(無自覚)に(勝手に)狂わされておりますね。。白昼夢を見出し、色々危うい。
    ほぼ、脳内でしか物事は起こっていませんが、副院長、ひとりでとんでもないことになってます。が、そばにいた部下が救ってくれそうな気配。
    ボーイズラブではなく、中年の男性の情念メインで人によっては受け付けないと思いますが、、私は続編が出て欲しいくらい好きです。でも激しめのSM話になりそうだな。(副院長はきっとおぞましいほどのドMでしょう)
    妄想の中と、あと少し、五樹先生も出演されてます。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 五樹はどんな匂いがするのでしょう?
    「エンドルフィン〜」で戸川くんに言われていましたが、その時は特に気に留めませんでした。しかし、こちらでもいい匂いがすると言われるていると、五樹の色気アップさせて読んでしまいます。

    そして、「エンドルフィン〜」での印象では副院長が嫌な奴と思いましたが、妄想の中の五樹に夢中で、やらしいです。

    妄想も良いですが、最後に見つかって現実の副院長の姿があらわになったところは、壊れ具合がステキでした

    分かりずらいかもしれませんが、読めば読むほど副院長がやらしく思えて、私はお気に入りです。「エンドルフィン〜」の後にぜひ。

  • 100

    cmoa

    井上佐藤さん大好きで購入しました。エンドルフィンマシンを読んでいなくても大丈夫だと思いますが、読んでいたら、より面白いかもしれません。私はエロ中心だったり、濃厚な絡みのある作品は苦手なんですが、井上佐藤さんについてはストーリーの面白さもさることながら、絵柄そのものが持つ妖艶さ、匂い立つような色気、更にエロシーンの描写が本当に素晴らしいなと常々思っており、この作品では、実際の絡みではなく、副院長の段々エスカレートする妄想と、併せて激しくなる一人耽るシーンがほぼ占めてるんですが、とにかく目が釘付けになるという感じです。ストーリーも面白く、是非続きが読みたいです。タイトルも秀逸ではないかと思います。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 エンドルフィンマシーンの前(過去)のお話です。
    なるほど、副院長が五樹を疑ってるのはここから来てるのですね。
    妄想系のエロエロ。
    エンドルフィンマシーンよりずっとエロ度高いです。
    エンドルフィンで戸川を何度も失神させ、副院長にこんな妄想させてしまう五樹先生の技のスゴサをさらに実感しちゃいます。笑。
    エンドルフィンの前の話だけど描いたのは後なんでしょうか?
    セリフ運びやストーリーの展開がだんだんこなれてるのが分かります。
    (でもエロ系はあまり好きでないので★3)
    総30ページ。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絶対にエンドルフィンマシーンを読んでからの方がいいです!じゃないと副医院長の妄想とそうじゃないところの境目が微妙で、見方によっては三角関係にみえちゃうかも。
    私はエンドルフィン読んでからだったので大大大満足です。
    あのニクたらしい副医院長がこんなエロエロだったとは!素晴らしい!!
    すぐそばにいる人に気付いて欲しいような、副医院長にはこのままズブ ズブくる っていって欲しいような。あーなんというか大人の官能ですね。流石です。

  • 80

    cmoa

    『エンドルフィンマシーン』天然悩殺マシーン(笑)五樹センセの被害者が、こんなトコに。。。
    前作で戸川君にスパイ頼んでた青野副院長の、歪んだ恋心が、どーにもならない内容ダケに、やがて疑心を生じ妄想を育て、自我崩壊へと落ち込んでゆく
    形や程度は違えど、人って、こうして狂ってゆくのね的な怖さもあり、青野先生の、エリートゆえのコジラセ恋心が不憫でもあり、短編ですが、サイコ・スリラー映画のような完成度

    井上佐藤センセの、ストーリーテーラーな腕が光るお作ですね

  • 100

    cmoa

    エンドルフィンマシーン冒頭のちょっと分かりにくい伏線が本作を読んでスッキリ。もちろんあちらはアレで問題なく楽しめたのですが。切なエロい本作ですが、色々と不器用な副院長先生にも救いの手が差し伸べられてるラストで読後感も悪くない。そのものずばりのエロシーン以外のシーンにも井上先生ならではの匂い立つような色気が全体に漂ってます。出来ればちょっと長めの続編とか読んでみたいです。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この作家さんのエロい描写が好きなのですが、流石にこの作品はちょっと気持ち悪くて拒否反応が先に立ってしまいました…

    副院長がどうしてそんなに魅せられていくのかも、境田さんがどうしてそこまで副院長を
    想っているのかも、この作品だけではわからず…。
    合わせて本編?の方を読まないと楽し目ないのかもしれません。

  • 80

    cmoa

    いやー、エンドルフィンマシーンにはまってからというもの、青野副院長が一体どんな人なのか、なぜ戸川をスパイに送り込んだのか気になって気になって夜も寝れなかったのでとにかく読めて嬉しいです! でも、新たなキャラが出現してる、、! 今度は境田と副院長の続きが気になって寝られない、、! そうじゃなくても短すぎて物足りないので星ひとつ減らしました。続きに期待してます。

  • 100

    cmoa

    夢の中での五樹先生に意地悪な言葉攻めをされ、
    年上のプライド高い青野先生が陥落する姿がとてもHです。
    夢の中でいやらしくなっているはずが、現実でも影響されていて…
    2話での青野先生の心情と、ラスト近くの光景が切ない。

    2話でさらに新しい展開がきて、3話が待ち遠しい…!
    夢の中に囚われている青野先生には幸せになってほしいです

  • 60

    cmoa

    2012年に描かれたまま、続編が出ないのはこれで終わりって事なのか、他タイトルで書くつもりなのか?エンドルフィンマシーンの方が早く刊行されてるって事はやっぱりこれで終わりなのかな。この状態でほっぽり出すのって生殺しだけど、この先描くとしたら、完全なポルノだよね。ふう、青野先生が居た堪れなさすぎて読むの恥ずかしかった〜

  • 100

    cmoa

    エンドルフィンを読んでからずッ〜と気になっていた作品でしたが短編だったので、続編が出るのではないかと期待して読まずにいました。
    今読むとエロい描写は当時から抜群ですが、表情と人物の書き分けが甘いかなぁと思ってしまいます。でも、エンドルフィンを読んで受けた衝撃からずっと好きな作家さんなので、ようやく読めて大満足です。

  • 80

    cmoa

    「エンドルフィンマシーン」のスピンオフです。本作では顔出しのなかった院長先生でしたが、いやあこんなエロかわいいおじさまだったとは。井上佐藤先生の絵は本当に男らしくて色気があります。特に裸のシーン、最高です。お話も、なるほどこういうことだったのかと本編のネタバレっぽい感じでおもしろかったです。

  • 80

    cmoa

    井上佐藤先生の本領発揮。官能的な短編。おそらくエンドルフィン・マシーンの始まる前のお話。五樹先生の若いころのお話です。すごいテクの五樹先生は若いころから有名だったようで、恩師は無意識下で欲情、妄想がとまりません。その描写がとにかくエロい。ハッピー展開を予想させるラストもいいです。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 エンドルフィン〜を読んでからのほうが、世界にはすっと入れる気がします。何かに嫉妬しているのかと思えば、欲しがりさんだった本作の主人公。描写がとにかくエロイ!!
    境田くんが、とにかく切なくて…彼に溺れる副院長が見たい!!

  • 100

    cmoa

    エンドルフィンマシーンの前日談のような内容です。
    陰険眼鏡な副院長の青野先生、お相手は…?
    続きが気になります。
    エロマシーン五樹先生にアテられて、青野先生が妄想するえっちな夢がとってもやらしー
    青野先生に片思いしてたらしい境田さん、これからどう頑張ってくれるか楽しみです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 エンドルフィンマシーンを読んでから読んだ方がいいと思います。あの副院長がこんなことを考えていたんだとしっくりくるというか、せつなくなります。この作品だけでも、大人のエロスとして十分楽しめるところがすごいところ!

  • 100

    cmoa

    エンドルフィンの前日譚。五樹先生を左遷させ更にスパイを送るまで執着した副医院長の話。いや〜面白かった(^^)天然悩殺マシーンに一番翻弄されたのは患者さん達ではなく二人の男性^^;
    これ読むとやっぱり五樹先生の元カノ達との武勇伝も読みたくなります!!(^人^)

  • 80

    cmoa

    エンドルフィンマシーンで五樹先生に執着していた青野副院長の妄想炸裂話。なんか抑圧されてるんですかねー。境田さんに頑張って欲しいですね。時系列から見るに、天然悩殺マシーン五樹先生は数年で育成されたんでしょうか。どんな女性のグループに目をつけられたんだか。

  • 80

    cmoa

    『エンドルフィン〜』のフェロモン迷惑男(そーだよね?)五樹センセに惑わされた青野先生・・・・自らプシコだなんて、気の毒すぎます 今2話マデですが、境田君のガンバりに期待しちゃう かなりヤバイ状態の青野先生には、ドSで当たるしかナイと思うの

ネット上のイメージ

教師
エロい
切ない
独特
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • インディゴの気分
    [ポルノグラファー]の過去編にして完結編、担当編集・城戸×若き日の官能小説家・木島のスピンオフ! ポルノ作家と俺の“言えない”お仕事――「さっきの…気持ちよかった?」 【登場人物】◆木島(きじま)・・・純文学崩れのポルノ作家。蒲生田の弟子になる。◆城戸(きど)・・・官能小説の編集者。困窮する木島に執筆を依頼。◆蒲生田(がもうだ)・・・死期の迫る官能小説の大家。鬼畜なくせ者。 (~本文より一部抜粋~)「じゃあ、こいつのブツをしゃぶれるか?」――イカせられたら俺の遺作はくれてやる。蒲生田の問いかけに、木島は訝しく眉をひそめた。あまりの提案に悪趣味だと狼狽する城戸だったが、木島の脳裏には、この仕事が絶対に欲しいと懇願してきた城戸が、あのとき握られた手の熱さが、よぎった。「やるよ。何てことないだろ、これくらい」そう言うと、城戸のまだ柔らかなそれを口に含み、いやらしく音を立てながら舌を這わせはじめる…。かつて憧れた男が跪き、淫らにその屹立を咥える光景は城戸の嗜虐心をひどく煽った。そして―――…。 [ポルノグラファー]から遡ること数年。凡人の憧れ×天才の孤独を描いた、城戸と木島の“言えない”過去の物語。
  • 四人のにびいろ
    俺を蹂躙しながら兄貴はあてのない愛を欲して叫んでいる―― ヤクザ一家の息子、十川誠(とがわまこと)と相(あい)は異父兄弟。母親に愛されなかった誠は、癇癪のような性欲を相にぶつける。相は、兄のたぎる熱を穴で受け入れたのだった。異様なつながりを経て、主従関係を結んだ二人はヤクザとなった。誠が囲い始めた愛人・ベティの逃亡をきっかけに、ベティに惚れたヤンキー・勇(ゆう)が十川兄弟の歪な関係に引きずり込まれ…!? 報われない渇愛が交錯する四つ巴BL。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • おおきい小竹とちいさい武田 上【電子配信限定描き下ろし付き】
    「僕、小さくなりに行ってくる」巨人族の小竹は手違いで普通の高校に入学してしまう。ほどなくして転校することになった小竹だが、普通サイズの武田と両想いだったことが分かり付き合うことになった。二人はセックスができなくても幸せな日々を過ごしていたが、ある日、小竹が大きいものを小さくする”木の実が存在するのだと言いだし――。”
  • 最も優しい殺し方1
    「――さぁ足を開いてください…まだ時間はたっぷりあります」――幼いころ両親が亡くなり天涯孤独となった私。小さいころからの夢だった憧れの劇団に入り女優を目指していた…そんなある日、突然「あなたの命をいただきにきました」と死神が現れて!? 死ぬまでのリミットは3時間。せめて死ぬまでの一瞬偽りでもいいから誰かに愛されたいと思い神に抱いてほしいと頼むことに…。彼の妖艶な色気と性戯に溺れてしまい――?

イメージの近い作品(最近)

  • かげふみの恋【き】
    好きな人には、好きな人(オレの父さん)がいました。伯父×甥っ子の表題作の他、オメガバース作品を含む珠玉の短篇集。描き下ろし大量の40P!★電子版限定 描き下ろしペーパー特典付! !★<あらすじ>悠太は伯父の秋文さんのことが好き。でも、秋文さんは悠太の父親のことが好き。二番以下の自分にこんなにしてくれるなら、叶うはずのないオレの想いは成就しているんだ。それでもくやしいんだよ――…CONTENTS「かげふみの恋」 「僕たちはまるで誘蛾灯のように」…オメガバース「籠の中」…オメガバース 「あなたは冷たい」「嫉妬と支配欲の共生論」「今度は幸せになろうね」「それぞれのハッピーエンド」…描き下ろし
  • 執事の分際
    革命期フランスの動乱の中、名門貴族に仕える切れ者執事・クロードと、贅沢に慣れきった美しい主人・アントワーヌの甘く密やかな恋愛劇。身分違いの、それ故に熱く切ない二人のロマンスを完全収録。(この作品はボーイズラブ作品となります。)