© ハーレクイン

ピアは3年前、宮殿に招かれたことがある。それは、親友のジェニファーがサンリミニの皇太子と結婚した披露宴。ドレスアップした人々も建物も、すべてはまばゆく夢のようだった。“プリンス・パーフェクト”と呼ばれる皇太子の弟、フェデリコ王子も美しかった。でもまさか彼が平民の私のことを、覚えているなんて!? 今、妊娠中の親友を訪ねて再び王宮を訪れたピアを出迎え、王子はにっこり微笑んで言ったのだ。「礼儀知らずの貴女のことは、覚えていますよ」と!?

王子様に片思いのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

22件のネット上の評価があります

  • 60

    cmoa

    スーツ姿が多いのもいいにはいいのだが、反面、城内で相好を崩せぬミスターパーフェクトなのだから、と納得しきれない。自分を本当に何とかしたいと思っていた、という思いは誰にでもある。この王子様、その「パーフェクト」が無理した仮面だったのなら、ヒロインと共にこれからを歩むのが真の王子様と。
    なんだかわかったような、わからないような所で話が落着してしまう。ロマンスの成就と結びつけるのも説得力が感じられず。。
    この構成で一冊堂々編まれると少し核心が弱いという気がする。

    絵はヒロインにはかわいさ、王子様には男性としてはチャーミングなのに健全さも感じ取れる。
    HQで高井先生の他作品に比較して絵が若い頃のような印象。人物が皆、顔立ちが幼く、描かれている様子には淡い恋心といった趣。
    もっと大人の色気がある先生の作品を見てきたせいか、この作品からにじむどこか弾むようなキャッキャッとした空気感が、私の感覚的には恋に「憧れる」ストーリーで終わった。

    余談ながら、とあるBL小説(書名に月が入る完全版)を見たとき、絵は高井先生だと直感し、目にする度ににきっとそうだと思っている。
    そうしたフィールドではペンネーム使い分けされると思うが、そのクレジットにはお名前の一部があるので、余計妙に自信を強め、それを確かめに未読だったこの作品を読んだ。初期っぽさがプンプン試し読み段階でしていたが、絵柄の変遷を見るのは嫌いじゃないので。

    イラスト担当とおぼしき小説何とかの月については何度も立ち読みで止まっているため(値段が高い)、小説の中の他のところにまだ他に挿し絵があったとしても、見れてはいない。その強いイラスト力が関心をそそるのだがー。

    しかし、男性の絵に雰囲気を持たせられる先生は多くない。あの手の世界でよくある、まるで女のように美しいとか、華奢で妖艶、とか、可愛らしくてなつっこい愛嬌、とかというのではまるでない。
    一個の男性として二人共にそれぞれ見目麗しい、という組合せで、魅力的な絵だ。
    その感覚を、こちらになんとなく期待してしまっていた。
    というか、王子様物でも、今なら、絵柄がよりイケる仕上がりになったのでは?、とコミカライズのタイミングがなんとも恨めしい。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 高井みお先生の描く世界は とても美しく大好きです この作品も 高井みお先生の力量の素晴らしさが あちこちに感じられます しかし ヒーローのフェデリコの言動には 疑問を持ってしまいました や ヒロインのピアに二人の幼い息子の世話を頼む時の<泣き落とし> や 亡くなった前妻ルクレッチアを<幼馴染みで親友>で<政治上の理由で結婚>したが<最後まで ふたり間に夫婦としての愛情は存在しなかった>という 二人も子どもを成しておいての この言いぐさ←←←余りにも失礼で誠意が全く感じられませんでした。 高評価の中ですが 敢えて☆1個にしました

  • 100

    cmoa

    純粋にラブラブな良い感じにまとまっています。あえて言うなら、背徳感も何もないというところかな。プリンス・パーフェクトは前妻との間に2児の男子を設けているのだからもう第2王位継承者としての責務は終えているわけで、あとはどうとでも好きな人生を歩めばいいじゃん…というと元も子もない、身も蓋もないけれどそんな話です。前妻との間には「夫婦としての愛は無かった」という王子と、母からの愛情を得られず、その経験から傷ついたピアの恋物語。フェデリコは「僕はパーフェクトではない」というけれど、どこまでもパーフェクトな男になっていました。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 プリンスパーフェクトと呼ばれる皇太子とボランティア活動をしながら根無し草のように生きるヒロイン…普通なら交わることは無いはずが、プリンスの弟とヒロインの親友が結婚したことから縁が始まり…というシンデレラストーリー
    可愛らしいプリンスの息子2人もキューピッドになり花を添えています。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 王族などはしがらみの多い世界でしょうから、本当の恋などもできず、ルクレッツイアと結婚したのはしかたなかったのではないでしょうか。でも、二人も子供をもうけておいて「夫婦としての愛情は存在しなかった」と言うのはちょっと悲しいな。ルクレッツイアにはあったでしょうよ。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵もストーリーも好きで何度も読み返してしまう作品の一つです。

    プリンスパーフェクトと呼ばれるヒーローとかたやボランティアで世界を飛び回るヒロインとのストーリーです。
    個人的にはヒーローの息子達が誤ってヒロインに怪我をさせてしまった後の...場面が好きです。

  • 100

    cmoa

    絵がとても綺麗で素敵です。そしてストーリーもとても良かったです。ヒロイン&ヒーローの会話の掛け合いも楽しくて良い感じ。明るいままの話しかと思えばヒロインも屈託を抱えてて、ストーリーにちょっと深みがプラスで良かったです。ヒロイン&ヒーローもそして幼い王子達もみんな魅力的でお気に入りになりました

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この手の、亡き妻とは愛がなかった〜とか子供をしっかり複数もうけてから言うパターンがあまり好きではないので辛目です。このヒーロー長男じゃないし重圧も兄ほどではなかったはず。しっかり夫婦の営みもする「親友」ってのは都合いいなあ。

  • 100

    cmoa

    原作も読みました。この漫画家さんは原作のエピソードを上手くチョイスしてオリジナルのエピソードを加えて纏めるが上手いなあと思います。ラストは同じセリフを全く異なるシーンで使っています。ちなみに原作では前妻さんの扱いが違っていて、そこはちゃんと漫画に出して欲しかったかな。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 片思いとありますが、王子様もヒロインに好意を持っているのがわかります。
    思いを貫くのを戸惑う場面もありますが、最後にヒーローがきめてくれます!
    ふたりの子どもたちもナイスアシスト!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 完璧王子は策士で実は腹黒王子なのかも。バラ園でのヒロインの想いが叶いましたね。絵の動きがとても綺麗でした。コミカライズはこうでなくちゃ。

  • 80

    cmoa

    目の前にいる人が友達でも王族でも、言いたいことをはっきり言える正義感のある、でもとても無邪気でかわいらしいヒロインが好印象です。
    106ページに誤字があるから、探してみてください。

  • 100

    ebj

    意地悪なライバルも登場しないしどろどろもなくていい感じにハッピーエンドのステキな物語だった。物足りない人もいるかも。ヒロインがとてもかわいい。こんな感じのHQがもっと読みたい。

  • 100

    cmoa

    嫌な人が出てこず、魅力的なヒロインと素敵なヒーロー、そしてかわいい子供(王子)達のお話しでした。最後のヒーローの思いのぶつけ方は男前でしたし、ヒロインへの気持ちも良かったです。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 内容はいいんですがそんなに山谷がないので、普通な感じがします。でも、王妃がかわいそうな気もするし・・・。

  • 100

    cmoa

    王子様と。難民キャンプで働いていた元気なヒロインと。まさに夢のシチュエーション!親友が皇太子妃にってところでもう夢の世界じゃん。ごちそうさまでした。

  • 100

    cmoa

    この作者さんの作品は絵も綺麗で読みやすくとても好きな作品が多いです。
    今回も外れなくヒロインが愛らしくヒーローも素敵で素敵な作品でした。

  • 80

    cmoa

    政略結婚の妻がなくなり、実は一目惚れだったヒロインに再開して、自分の殻を破るヒーローということです。作画者さんが好きなので、好評価です。

  • 80

    cmoa

    HQって感じ。好みとしては、殿下の心理描写がもっとあったらパーフェクトだった。絵もストーリーも綺麗にまとまってて面白かったです。

  • 80

    cmoa

    いかにもなハーレクイン!分かってはいるけど良いんだよねー個人的に絵は好みではなかったけどキレイだし王子もイケメン!そりゃ惚れるわ

ネット上のイメージ

ヒーロー
教師
綺麗
子供
可愛い

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン シンデレラの純潔
    タビーは両親に捨てられたあと、掃除人として生計を立ててきた。親友のソニアが急死し、遺されたたった6か月の赤ん坊の後見人となったけれど、貧乏で独身のタビーは養育権を認められない…途方にくれたタビーは、共同後見人である大富豪、アケロン・ディミトラコスを訪ねた。ギリシアの若き実業家は恐ろしくハンサムで、とてつもなく冷酷だった。「その薄汚い女をつまみ出せ」すぐに追い払われたタビー。でも、なぜか数時間後アケロンから唐突なプロポーズを受け…!?
  • ハーレクイン アラビアのプリンスと私
    英国名家の娘キャシーはアラビアの国に滞在中、隣国のプリンスが娘の家庭教師を探していると知った。つらい思いをする母国にはもう帰りたくない・・・キャシーは素性を隠して応募する。採用され迎えを待つ間、キャシーのテントに突然男性が入ってきた!シーク・ジャミル・・・私の雇い主だわ。まさか女性が眠るテントに断りもなく入ってくるなんて!彼はキャシーを奴隷を品定めするような瞳で見すえると「ここは私の国。許可を得る必要などない」と迫ってきて・・・!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 屋根裏の聖母
    「結婚に異議を申し立てます」式場に響いた声にエリンは戦慄した。ディミトリ・マカロフ! ロシアの新興財閥の彼は美貌のほかにふたつのことで名を馳せている。ひとつは“辣腕の実業家”、そしてもうひとつはスキャンダル。美女、ギャンブル、乱痴気騒ぎ。危険なことには好んで飛び込んでいく。エリンはかつて秘書の身でボスである彼と一夜を過ごした。痛恨の過ちだと言い放った彼に身ごもったことは告げず姿を消したが、まさか7年後、結婚式に現れるなんて…!
  • ハーレクイン シチリア大富豪の誤算
    亡き双子の姉が代理母出産した子を養うジェマイマのもとに、ある日突然、現れた冷徹無比なイタリア人大富豪ルチアーノ・ヴィターレ――魅惑的な美しい瞳に軽蔑をたたえ、彼は言った。「オレの子供はどこだ? おまえが8か月前に産んだ子だ」なんと姉はジェマイマの名をかたって出産し、契約を無視して姿を消したらしいのだ。ルチアーノの誤解を解けば愛する甥を奪われてしまう…。ジェマイマは母親になりすましシチリアにある彼の屋敷へ同行するのだが…!?

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 罪深き結婚
    ガブリエラは義理の兄ルーファスに恋していた。母がルーファスの父と再婚したその日から。だがその想いは、「金目当ての誘惑はやめろ」という酷い言葉で踏みにじられた。以来、ガブリエラは彼を憎んできたが、6年後、義父が亡くなり意外な遺言が明らかになる。ガブリエラとルーファスが遺産を相続するには、ふたりが夫婦となり、半年間一緒に暮らすという条件を満たせというものだ。なんてこと!私を財産目当ての悪女と信じている義兄と結婚ですって!?
  • ハーレクイン ジュダールの王冠 千一夜におぼれて
    玄関のドアを開けて、カルメンは息をのんだ。憎しみに満ちた目でファルークが自分を見下ろしていた! 1年半前、国際会議で砂漠の国の王子ファルークと出会い、恋に落ち、そして妊娠した。けれど身分違いの彼と結婚などあり得ない。カルメンは妊娠を隠して身をひいた。今、事情を知ったファルークは娘をひき取りに来たと言う。抵抗しても無駄だった。腕をとられ荒々しく唇を奪われると、体中から力が抜けていく。彼の圧倒的な魅力に抗える女などいるはずがないのだ。