© 集英社

キー坊こと宮沢熹一は見た目はヤンキーでケンカも大好きだが、実は純情でお人好しな高校生。ある日、キー坊は、トラックをたった5分で解体した“阿修羅のように”強い男・黒田光秀と出会う。黒田と戦うため、特訓を始めるキー坊だが…!?

高校鉄拳伝タフ

| 集英社(出版)

87

非常に良い

22件のレビュー
立ち読み

高校鉄拳伝タフのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

22件のネット上の評価があります

  • 100

    amazon

    「高校鉄拳伝タフ」はï¼'99ï¼"å¹'より週刊ヤングジャンãƒ-に連載された、格é-˜æŠ€æ¼«ç"»ã€‚主人å...¬ã¯ã€Œç˜ç¥žå½±æµæ'»æ®ºè¡"」の15代継承è€...、キー坊ã"と宮沢熹一。ストーリーはä»-の格é-˜æ¼«ç"»ã¨ç‰¹ã«é•ã‚ãšã€ç§˜ä¼ã®å¥¥ç¾©ã‚'会å¾-ã-ていきながら最強ã‚'めã-ã-ていくのがメイン。ã"の漫ç"»ã®é¢ç™½ã•ã¯çŽ‹é"ストーリーと、猿渡å"²ä¹Ÿæ°ã®ç‹¬ç‰¹ãªç"»é¢¨ã€ãã-て実際の格é-˜å®¶ã‚'ãƒ'ロッた登å '人物たちの登å '。特にç"»é¢¨ã¯ã‚¹ã‚¯ãƒªãƒ¼ãƒ³ãƒˆãƒ¼ãƒ³ã®ä½¿ã„æ-¹ãŒã†ã¾ãã€æ¿€ã-いç"»ãªã®ã«ç•°å¸¸ãªã¾ã§ç²¾ç·»ã«æã‹ã‚Œã¦ã„る。一コマ一コマがおおぶりなので週刊ではあっというé-"に読み終わってã-まう本作、是非単行本で読むã"とã‚'おè-¦ã‚ã€‚その本巻、æŠ'制ã‚'解かれた力ã‚'限界まで振り絞り、鬼龍は真正“å'ªæ€¨â€ã‚'æ"¾ã¤ãƒ»ãƒ»ãƒ»ã€‚肉ä½"の限界ã‚'è¶...えて、なおも立ちå'かう静虎ã!Œã€æ€'りや憎ã-みさえè¶...越ã-て到é"ã-た境地とは・・・。

  • 20

    sakuhindb

    すべてが胡散臭い。ディスタンスのはっきりしないYJにはうけるのね。これ。私は長いことYJ読んできたけど、なんでこれが前に載ってんのか不思議。作者はそこそこ大御所らしいけど、若い私にゃ知らない話だね。胡散臭い暗殺術、かいしゅうけんとかゆうの喰らうと寿命が大幅に減ってしまう。似た技は少年誌でよく見る。技の名前とかくらえっ!とか叫ぶの必要なんですか?ワンピース並のわかりやすさだね。本当に雑誌変えたら??胡散臭いキャラ、難しい漢字とかカッコイイ漢字てんこもり。んでビジュアルとの比較で大爆笑。静虎って!!!!たかしじゃダメなのか?背丈の設定もあいまい。毎回違うよね?やっつけ仕事が浮彫りになった格好。デフォルメは単にはっきりしない言い訳にしか見えない。あと年をとった漫画家に多いセンスの無い衣服類。時代の移り変わり関係なく、わが道を行く作者に感動。硬派気取りでも最低限女の子は可愛く書けよ。さしあたって個人に個性感じないのもひどいもんだ。思想、もしくは生き方の格好や描写は他の格闘マンガのそれに比べても引けはないと感じる。むしろ一人ひとりの描写はわかりやすく多くまとまっていて、それはいい。マンガとしてのお手本だ。ワザとらしくって私は大嫌いだけど。がっかりするのは絵だ。たいがい首が太い。さっきの背丈の問題もあいまって、みんな坊主にして後ろ姿にしたらだれでもいっしょでしょう。こんな絵は。一応筋肉の変化も書いてるけど、スクリーントーンも似たようなの多いし、周りが言うほど絵に力無いと思うよ。線のほっせえのもっと書いてみればいい。比べる対象は多い方がいいだろうし。日本人のマッチョと戦って、やれ次は外人のマッチョとやったろ。なんつー展開が続いた結果、最初戦ったマッチョの話なんて憶えちゃいねえわな。最終的には一人ひとりの個性が薄らいでいってるって感じ。さらに毎回(むやみやたらに)山場作っちゃうもんだから始末が悪い。牛丼食ってまた牛丼食わされてる感じ。こういうマンガはまとめて読みたくないね。しかもその牛丼まずいし。あーまだ、トーナメントとかそういうのもあるんだけど、私としてのまとめとしては、この漫画は真似ばっか安っぽいので存在する価値に無い。また作者の絵画的努力の感じず(これは言い過ぎか)、現在においては完全にマンネリズムの波に乗っておりもはや症状は末期的である。したがって後世に残したくない物として判断。ここに最悪と評価したい。

  • 80

    sakuhindb

    【良い点】やっと終わった。【悪い点】長々とやった。【総合評価】ようやくこの漫画終わりました。主人公の別流派が出てきた時には、いい加減終わってよ〜と思いました。晩節は汚さない方がいいです。もっともこのパートは、次回作の導入もあって、やらざるを得なかったもしれませんが。格闘シーンは板垣モノよりリアルです。もちろん漫画なんだから、嘘なんでしょうけど、その辺は「ガンダムよりボトムズの方ががリアルだ」とか言っているのと同じ。終盤離れた相手をエネルギーで倒す「かめはめ波」が出た時は「もうこの漫画は終わった」と思いました。波動にしても、やっぱり相手に触れないといけません。キャラで一番いいのは、なんと言っても鬼龍。態度はデカイし、当初は相手に容赦がない、と悪役満点ですが、一番正直者です。当人が言うように、確かに尊鷹や静虎は偽善者です。自ら持っている悪の心を隠して、エラソーなことを言ったりやったりしてます。もっとも、両人ともやってるレベルがすごいから、文句つけにくいですけど。主人公は?まあ「いい子ちゃん」でしょ。ストーリーは格闘物なんだから、こんなもんでしょうけど、高校編で主人公が結構負けるのは、面白くないです。やっぱりこうゆう漫画は、主人公が勝たないといけません。あと成人編で、デカいトーナメントを長々とやったのが、ダルダルです。一応予選・本戦と分けちゃいましたが、どっちもいたずらに長かったかな?(特に本戦)。結論は「とても良い」です。結構悪く書きましたけど「大人買いの一気読み」すると、満足感があると思います。

  • 80

    sakuhindb

    高校鉄拳伝:【画】良い〜とても良い【ストーリー】良いTOUGH:【画】最高!【ストーリー】悪い総合して“とても良い"高校鉄拳の方はちゃんと内容もあった。画は最初からうまかったけど最初は濃かった、でも徐々にキレイになっていった。TOUGHの方は画がさらにうまくなった(私的に全ての漫画の中で最高クラスだと思う)。しかし長期漫画の宿命か、内容が破綻してると言っても過言ではない状態になった。それでも主要キャラがしっかり確立されているので、未だに人気があるのだと思う。キャラは破天荒な喜一に、超真面目な親父がいるからいい雰囲気を出してるのだと思う。後に出てくる鬼龍や尊鷹も超強くてカッコイイ。宮沢一家はストーリーとか背景とか掛け値無しで魅力的。唯一そういう事抜きで嫌なのは、サブキャラとはいえ現実の人間をアレンジする事無く、殆どモロで出しているとこ。あれはさぶいのでやめてほしいと思う。

  • 60

    sakuhindb

    【良い点】・オトンがめちゃくちゃ格好良い【悪い点】・使い捨てキャラが多い【総合評価】今や大長編格闘技漫画にまで育っている本作ですが、その第一弾です。誰にも負けたくない!ケンカ大好きの喜一が、様々な強敵と対決することで灘神影流活殺術の跡取りとして相応しい男へと成長していくことになります格闘技漫画としては肉体の描写がリアルで迫力があり、それも良い点なのですが異種格闘技戦のように畑違いの競技者たちに挑んでいき、喜一が無敵なわけではなく厳しい特訓を乗り越えて、勝ち目の薄い相手にこそ全身全霊で挑んでいく!というのが熱くなっていましたストーリーについては語るようなところはないのだけど、TDK大会が開催され鬼龍が登場して、さらには兄弟の死闘があって、さらには巻数が進むにしたがって作画の上手さはさらにあがってと、盛り上がりどころを抑えていて優秀な格闘技漫画だったとおもいます

  • 60

    sakuhindb

    【良い点】キャラクターでは主人公の喜一を喰う程の高い魅力と存在感を放つ喜一の父・静虎と、彼と対極に位置する静虎の双子の兄・鬼龍の存在の大きさ。静虎主役の外伝や鬼龍の意外な一面を描いたコミックス巻末の書き下ろし漫画が本編より面白い位で、徹底的に傲慢かつ悪逆非道だった鬼龍が話が進むにつれ徐々に丸くなっていっているような気がする。【悪い点】長期のバトル漫画にはありがちだがパワーインフレによる後出し、後付け設定の多さと矛盾と、これも長期のバトル漫画にありがちだが、読者の期待している宿命の対決の明らかな引き伸ばし状態。喜一が静虎との試合に勝った以上、戦うに相応しい相手はもう鬼龍か尊鷹くらいしかいない気がするがその二人との対決をやたらと引き伸ばしている。【総合評価】普通にします。

  • 100

    sakuhindb

    個人的な感覚も入るけど絵がリアルで上手い!格闘描写が上手い。この作品は「絵で魅せる」作品だと思いますね。灘神影流という流派、というよりそれを取り巻くキー坊や静虎や宮沢一家が魅力的です。鬼龍や尊鷹の圧倒的な強さが後の展開を楽しみにさせます。ただ、説教や作者の思いを語る時、それらを垂れ流しにしている感は否めないかもしれません。でも実際読んでるとそんなに気にならないですけどね。とにかくこの漫画は絵を見る漫画だと思います。高校鉄拳伝は35〜42巻が特に素晴らしいと思えます。TOUGHではさらに絵がパワーアップしています。絵で魅せる漫画では間違いなく1,2を争えるんじゃないでしょうか。

  • 70

    manga_review

    次から次へといろんなたたかいが見ることができて一回は夢中になって読めます。
    初期と後期ではだいぶ絵柄が変わりますが、読み返さなければ気になりません。
    絵はマッチョ系作画家として相変わらず気合い入っています。
    そこがドギツサ、というか濃さを強調していますが、個人的には青年誌としてアリだと思います。
     前半のほうで敵キャラが師匠でもある酔っぱらいの親父に、見開きで「クソボケがー!」といきなり酒瓶で殴られる場面があります。技の応酬じゃなくて酒瓶で殴るほうに気合い入れて描いてるこういう天然的な笑いにどうにも耐性がなくて笑ってしまえるところも好きです。

  • 60

    sakuhindb

    高校まで良かった。灘新影流になって皆さんかかれてますが。言うまいと思ってましたが、言わんと腹ふくれる思いするさかい言うけど(by 美味しんぼ)ほんとのおやじじゃないって設定から滅茶苦茶になりましたね。もう収集がつかない感じで、なんたらフットが三つくらい出てきて読まなくなりました。なんでもいいから休載か打ち切りにしてほしい。しかし、ここの評価は高校鉄拳伝なので、よかった、よかった。評価は良い。

  • 80

    sakuhindb

    もっと評価されてもいい作品ですね。好みにもよりますがやっぱり「絵」が上手いですね。その通り「格闘を見る」漫画です。「リアルでカッコいい」漫画は珍しい(上個人的に好きでずっと求めていた)ので存在を知ったときは嬉しかったです。雑誌は週間少年漫画だけだと思っていた私にはグッときました。主人公一家の因縁の話、すなわち宮沢一家のキー坊、静虎、鬼龍、最近では尊鷹が出てくると話としても面白くなります。

  • 100

    amazon

    鬼龍と静虎(親父)たの”死合い”もいよいよ完結!力を解放された鬼龍の前になすすべのないままに、鬼龍の放った真正”呪怨”によって倒れてしまう!しかし、全ては愛息 喜一の為に静虎は立ち上がった。肉体はすでに限界を超えている静虎は過去に誰も成し得なかった、灘神影流究極奥義を鬼龍に放った!!...とこの後は自分の目で確かめて下さい、お願いします

  • 80

    manga_review

    他の格闘作品と比べて決定的に差別化が図られているのは、関節技のシーンの作画が非常に丁寧で、猿渡先生の愛が感じられます。

    ストーリーの組み立て方が、やや行き当たりばったりの感が否めなくて、アイアン木場やガルシアや鬼龍以外の敵キャラは一度きりのチョイ役になってしまっているのがキャラ設定が粗いです。

  • 60

    sakuhindb

    おとん、との対決が終わってしまった今、やっと終わりが見えてきましたね。一応昔からずっと読んでいましたがアイアン木場との対決あたりが一番面白かったですね。(個人的にはおとんとやって欲しかったけど)どちらにしても、バキなどの他の格闘漫画と比べると少し迫力に欠けてしまう気がします。

  • 60

    sakuhindb

    ほかの格闘漫画より数段レベルが上の漫画だと思っています。取り敢えず闘って戦ってのバトルオンリー漫画ではないですね。ほかの格闘漫画のキャラクターは良くも悪くも無茶苦茶な奴しかいませんが、この作品にはちゃんと『人』も出てきます。

  • 60

    sakuhindb

    【良い点】絵がうまい敵の事情も描かれている ゴードン(ヒクソングレイシー)の息子シーンなどおとんの存在感【悪い点】ストーリー性は皆無単順に格闘技漫画 女性には向かないかも。【総合評価】単順に格闘技漫画としては良いと思います

  • 80

    sakuhindb

    連載当初の時はかなり異質でもあり、リアルな格闘漫画だと思った。それがはまった要因となるのだが。登場人物が良い。格闘漫画としての質は高いレベルにある。だが「TOUGH」になってからのダルダル感はちょっと頂けない。

  • 70

    manga_review

    ブックオフに行くとついつい立ち読みしてしまう(笑)
    キー坊がどんどん小さくなっていきます。
    ストーリー的にはそんなに大したことないんですが、それぞれの戦いが独立しているので気張らずに読めます。

  • 60

    manga_review

     戦闘描写は楽しめるが大筋の物語がヘッポコ.素人目にも行き当たりばったり感が気になり物語に入り込めない.短期ならいいが長期連載でこれをやられると苦しい.

  • 100

    cmoa

    普段はおチャラけて、観戦者側では頼りなさげなんだけど、自分が試合になると頼もしく、終わった後対戦相手が改心したりして、後味が良い

  • 100

    amazon

    前に読んだことかあったのですが、改めて気になって購入しました。まだの方は静虎と鬼龍の戦いの行方に乞うご期待❗

ネット上のイメージ

格闘
高校
バトル
可愛い
熱い

イメージの近い作品(ランダム)

  • BLAZBLUE
    力を独占し、人類を統治する「統制機構」に全てを奪われた少年は、やがて最強の力を持って世界に闘いを挑む――蒼の魔道書・ブレイブルーを巡る、“死神”ラグナ=ザ=ブラッドエッジの闘いの物語が幕を上げる――!
  • オリハルコン レイカル DUO
    フィギュア造りに生活を捧げる貧乏大学生・作木光明とオリハルコン・レイカルの物語は新たな展開へ! ダウン・オリハルコンとの戦いの最中、新たな勢力「ミスリル」が光明たちに襲いかかる! 綱島志朗の最新作がここに登場!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • プラレス3四郎
    コンピューターを駆使して戦う最新IT格闘技、プラレス!!少年・3四郎が創り出した“柔王丸”が様々な好敵手と過酷な戦いを繰り広げる!!
  • 愛蔵版 蛮勇引力
    『シグルイ』の山口貴由がヤングアニマルで発表した入魂の一作がここに甦る!! コミック未収録のカラー頁や著者コメント等も多数収録。

イメージの近い作品(最近)

  • エアマスター
    女子高生・摩季は一見普通の女の子。だが、ストリートファイトでは空中殺法を使って無敵を誇る「エアマスター」となって戦う!
  • Ultra Battle Satellite
    UBS(ウルトラ・バトル・サテライト)。それはプロ・アマを問わずに、世界中の格闘家達が集まる賞金マッチを、全世界に中継する路上喧嘩である。そんな格闘家達の喧嘩に、高校一年生の祭矢陣(自称・喧嘩王)は、巻き込まれて行くが…!?