© 大都社/秋水社

「あたしえっち大好きだからあ」ってアタマと下半身がユルユルなオレの姉ちゃん。でも、5年前に母親に捨てられてから、キャバ嬢になって、俺を国立大学まで入れてくれた自慢の姉ちゃんなんだ! ずっとふたり暮らしだけど、AVに出演するわ、知らない男とすぐヤっちゃうわで、俺は心配でしょーがない。早くオレが給料の高い仕事に就いて、姉ちゃんと結婚してくれる男を見つけなきゃ…俺ってシスコンなのかな…? ある日、姉ちゃんが朝帰りしてからなんか様子が変わって…!?

秘めやかな体温

| 大都社/秋水社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

秘めやかな体温のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

11件のネット上の評価があります

  • 60

    cmoa

    冬森さんらしいといえばらしい作品ですが、私は好きになれませんでした。1巻完結なので、これといった盛り上がりもなくゆるやかに終わった印象です。

    男の子目線の物語で、実の姉を好きになり最後には結ばれるお話です。近親相カンモノということになるので、すでにその時点でどうかと思いましたが、ただの近親相カンというよりはもうそうするしかなかったというか……とても切なさの残る冬森さんらしいストーリーだとは思いました。

    悪くはなかったのですが、感情移入が全くできず今一つ楽しめなかったです。とくにお姉さん。
    求められることが嬉しくて、寂しさを埋められるからといって本当に誰とでも寝る女というのは理解しがたかった。気づけばAVにまで出ているし、騙されて複数の男にヤられちゃうし…。そのくせいつもあっけらかんと笑っているので、哀れみよりもバカなのかなぁと呆れた目線で読んでしまいました。
    彼女なりにつらい気持ちを誤魔化す為にそんな風に笑って生きているのかもしれませんが、私には理解できなかったです。
    そんな彼女のことを唯一理解している弟くん(主人公)が、姉に幸せになってほしいのに、誰も幸せにしてくれない…それならもう、俺が幸せにする。そう決心して、最後は涙の近親相カンエンドなのです。

    不幸な境遇にあった、誰よりも近い二人だからこそ、唯一の理解者として結ばれるのがベストだったといえるような展開です。
    このお姉さんを理解してあげられる、良い部分を誰よりも知っていて支えあえる相手はこの人しかいなかった。たとえ血が繋がっていても。

    私は理解できなかったけれど、読む価値がないと言いたいわけではありません。気になった方には是非読んでみてほしいです。

  • 100

    cmoa

    冬森先生の作品はたいがい読んでますが、この『おねぇちゃん』のキャラははじめてです!とても冒険したなぁ!と思いながら読みました>冬森先生

    ほんとにおねぇちゃんがユル過ぎて、ちょっと読みながら心配してしまいましたが、弟くんの気持ちがストレートに伝わって大変好感が持てました。ほわんとします。

    6話完結なのがもったいないくらいで、もっと続きが読みたいです。
    …でも、冬森先生の作品は長編が多いのでこういうのもたまにはアリかも。

    パック買いをおすすめします。

  • 100

    cmoa

    初めてこの作家さんの作品を読みました。正直、絵がすごい上手いわけではないんだけど、独特の雰囲気があります。
    そしてこの作品は私が今まで読んだ姉弟の禁忌を描いた作品の中でイチバン、切なくて、悲しくて、心に残る作品でした。是非、パック買いをオススメします。

  • 40

    cmoa

    にイライラしました。すぐヤっちゃうわー、AV出るわー、、、頭も下半身もユルすぎて読む気になりません。弟はお姉ちゃんのおかげて進学できたこともあって、しっかりしてると思いきや、お姉ちゃんとヤっちゃうとか、、、漫画とはいえ、なんだかなーと思う。

  • 100

    cmoa

    倍くらいの話数にして、たくさん読みたかったです。やっくんも社会人として安定した幸せを、そしてお姉ちゃんもやっくんと共に今後は与えて与えられる幸せを願いたいです。近親物ですが、とても良いお話でした。

  • 60

    cmoa

    かなり頭が弱い姉が弟のために頑張って働くが、オトコにも仕事にもいいように使われます。頭のいい弟が姉を心配しますが、なんで最終的に2人ができてしまうのか意味がわからない。

  • 40

    cmoa

    無料分だけ読んでいて、『姉』の浅はかさにイライラしてしまいました。漫画とは言え幾らいろんな事情はあれどあまりにも情けなくて言葉が出ませんでした…。弟頑張れ…。

  • 60

    cmoa

    この作者さんが好きなので読みましたが、姉がブッ飛んでてびっくりしました…。最終的にハッピーエンド?ですが、それで良いのでしょうか…

  • 60

    cmoa

    この作家さんの作品は重たいストーリーのしか読んだことがなかったのですが、この作品はひと味違って面白かったです。

  • 60

    cmoa

    いや、ほんと、こんなユルユル、ぶっ飛んだお姉ちゃん居たら弟は心配でしようがないと思うよ、ほんと!

  • 100

    cmoa

    作者買いです。
    先生らしい切ない感じが良く表れていて良かったです。

ネット上のイメージ

幸せ
教師
切ない
感動
独特

イメージの近い作品(ランダム)

  • 君の夢を見ている
    6月24日15:43――「俺と君は恋に落ちる運命なんだよ」 人気旅行ライターの雨森は初対面の由比にいきなりそう告げる。暗い少年時代、由比との幸せな予知夢だけが心の支えだったと。だからって雨森の予知能力なんて信じてないし、雨森と恋なんてしない。そう言い聞かせる由比だけど、予知通りにキスをしてしまい……!?運命の恋、予知夢の謎、由比の過去、雨森だけが知る未来。“悲しい未来が待ち受けてるとしても、ただもう恋に落ちるしかなかった”
  • ふしぎ遊戯 白虎仙記
    「ふしぎ遊戯」最後の白虎編、ついに始動!前作、「ふしぎ遊戯 玄武開伝」の完結巻から5年!ついにシリーズ最後の四神「白虎」編が開幕───!!待望の「ふしぎ遊戯 白虎仙記」第一巻が、いよいよ発売となる!!時は大正12年・・・。奥田永之助の娘・多喜子と、四神天地書にまつわる玄武の物語は、世間的には父と娘の心中・・・などといったスキャンダラスな事件として葬られようとしていた・・・。その事件の”真相”を知っていたのは、奥田の弟子であった大杉。奥田から「四神天地書」の”処分”を頼まれた大杉にはまだ幼い娘・鈴乃がいたのだが・・・・ある日・・・・!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ふしぎ遊戯 玄武開伝
    時は大正時代。多喜子は、父・永之助が訳した中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれる。降り立った異世界で、自分が玄武の巫女だという運命を知り…!?「ふしぎ遊戯」の始まりの物語、玄武の巫女の伝説が今、幕を開けた。ファン待望の第1巻!!
  • 少年の境界 1【電子限定かきおろしマンガ付】
    自分の一生を左右する性別検査。男女とは別に存在するα・β・Ω性は、そのまま社会的地位をも分ける。性別検査を受検したゆかは、仲間内で自分だけがΩだという事実を突き付けられた。クラスでの孤立、αである友人の大我を恐れ、Ω性であることをひた隠しにするゆか。しかし保健室に駆け込んできた幼なじみである薫の様子を見て、大人しく地味な彼が自分と同じΩ性だと気付き――?コミックス描き下ろし13pに加え、薫の葛藤を描く電子限定のマンガ4ページを収録。

イメージの近い作品(最近)

  • スリィピングビューティ
    「十戒って破ったこと…ある?」―――隠塚葵は友人の高原吉祥から目が離せなくなっている自分に気付く。それは、目の眩むような真夏の熱のせい? それとも…。水城せとなが贈る、少年達のセンシティブラブロマン。
  • 中村明日美子コレクションI コペルニクスの呼吸
    中村明日美子の初期8作品が、新装版で登場!!第1弾『コペルニクスの呼吸1』仮面の下に美貌を隠したピエロ・トリノス。孤高のジャグラー・レオ。少年を買う外交官・オオナギ。トリノスに惹かれてゆく青年・ミシェル。70年代パリのサーカスを舞台に描かれる、美しき男たちの物語。◆描き下ろし『la sieste』収録。