© KADOKAWA

外国人の彼と結婚したらどーなるの? 日本人同士の何倍も大変な新居探し、母親当惑の第一声、おふくろの味論争・・・など、笑いと驚きがいっぱい。国際結婚の、コレが現実。

ダーリンは外国人

| KADOKAWA(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ダーリンは外国人のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

15件のネット上の評価があります

  • 60

    sakuhindb

    海外の人との意識の違いはあって当たり前。でも、トニーさんは日本人じゃね?今の日本でも増えてきた「国際結婚」しちゃったよんって方の日本での奮闘記?海外の彼と結婚するとどうなるん?なんて話です。《内容はどちらかというと・・・》どっちかというとこの作品の主格になってるのは、ちょっと変わった旦那「トニーさん」の観察日記的なものや、日本で生活している海外の人達のお話だったりするので、実際はあまり「国際結婚!!」中心の作品ではないと言う事は事前に言っておきます。《身近に海外の友人がいると納得します》基本的にリアルに存在してる人達を中心にしている作品でかなり現実味がありますが、トニーは「日本をかなり知っている外国の方」なんで実際の他の海外の方でみるとちょっと違うと思います。時折、他の海外の方のお話が出てきますが、そちらの方々の方があーいるいる!!なんて思えたりするのが不思議な感じ?ですね。《世の中甘くないんす・・・》国際結婚でみると、この作品の夫婦は本当にうまく行っていてほほえましいんですが、実際の国際結婚はそんなに生優しくない事も運が悪いとあります、国の違いから起きる誤解、様々な価値観の違いで起きる衝突などかなりきつい現実があるというのも実際問題として多いです。あんまり生々しく書けとは言いたくないんですが様々な問題が多く上がるのが国際結婚なのでそちらの方にも少し触れて欲しかったのは事実です。《違う国に住んでた日本人もわかるぜ!!その気持ち!!》後、この作品は海外に居た経験がある人が読むと、「あー日本に来る海外の方達も、結構俺ら(わたしら)と同じ思いしながら知らない国で生活してんだなー。」なんて思ったり出来るんですよねえ・・・と言う事で、海外で生活した経験がある人もこの作品を読むと結構面白いかもしれません。《まとめのようなもの》この作品は、海外の人ってどうなの?って思ってる人や、様々な雑学を求めてる人には最適ですが、真っ向から「国際結婚を考えてる!!」という人にはあまりお勧め出来ません。この夫婦は本当にうまく行ってるパターンなんで、実際に考えてる人はこの作品はあくまでも入門的なものとして読んで「大体そんな感じなんだなー」と雰囲気を感じ取る程度にした方がいいです。自分的には妙に納得してる作品だし、これで海外の方の価値観やイメージも少し把握出来ると言う面があるので、ちょい海外の人との付き合い方知りたいな!!って思ってる人には結構なサポートにもなるかもしれないと思ってます。

  • 80

    sakuhindb

    ユーモア溢れるほのぼの漫画で、こういった作風と、国際結婚という一般人がなかなか味わえない体験と、異国人と結ばれた事の生活とカルチャーギャップ、そして、それを通じて、日本の原点を思い返しているような部分が描かれている事も興味深く、色々な人の話は聞いておくものだと再認識させてくれそうな内容なのが本作の特徴でした。トニーさんのキャラクターも面白いし、国際結婚の後の生活はどんなモノなのかという部分も上手く捉えている感じがするし、今の時代に必要なのかもしれない常識というイメージも出してくれるし、それを判りやすく描いているのに好感が持てるのも良かったです。海外に行った日本人の男が・・・というニュースが度々出てきて、現地人の女性をほったらかしに・・・なんていうニュースも時たま流れ、そういった現実と比べると、本作は人の大切な何かという部分も捉えているし、外人であっても、同国人であっても、そして、夫婦であっても、どうしてもそれぞれの心の中に理解出来ないものはあるのですが、そういったジレンマやギャップの解決法のような部分も描いているのも判りやすくて好印象でした。外人に限らず、結婚という他人と結ばれ、共に暮らしていく事の大切さと、その後をどうやって暮らしていくか?という意味ではある意味バイブル的な部分もあり、結婚生活だけではなく、異文化や異なる考えを理解出来ずとも、受け止めてやる寛容さと、視野を常に広く持たなければならないという事をこの作品でも教えているようなイメージがあります。

  • 80

    sakuhindb

    とにかく旦那様のトニーさんが良い味を出しています。「怪談百物語」第5話の「耳なし法一」を見たトニーさんが「これ、ハッピーエンドに終わるよね!」と必死で言ってる中、主人公の奥様は『なるわけないでしょ、この絵面で』(確かにエグイ結末でした)その場面を見てしまいたくない人は普通TV画面を消してしまいますがトニーさんはどうしたでしょうか?ハイ、音声を消しました・・。様はあの「悲鳴や叫び声」さえ聞こえなければ大丈夫みたいです。外国の人は面白い面を持っていますよね。確かにサイレントにすれば少しは恐怖感は薄れます。(実際やってみると「世にも奇妙な物語」のOPも結構見ることが出来ます)他にも「考え方の違いや」「こだわり」などが可愛らしい漫画と共に知ることが出来るのもこの作品の良い所かも。そういえば映画化もしているんですよね。面白そうですね。

  • 60

    manga_review

    外国人トニーと国際結婚した作者の日常エッセイ漫画第一弾。
    といってもこの本が出版された時点では正式には結婚してなかったが。
    トニーとの面白おかしいほのぼのな生活を描いているが
    このトニー、ちょっと変だが非常に賢明で観察してても飽きない
    というキャラ的に素晴らしい人で読んでいて非常に好感が持てる。
    また、日本の物価や英語などちょこちょこ出てくる外国との
    比較文化の話も面白いのでそこら辺もおすすめ。
    このジャンルで良作ということで6点ぐらい。

    唯一欠点を挙げるとしたらこの本は書籍扱いなので定価だと
    ボリュームのわりに少々割高感があるかもしれないとこかな。

  • 60

    manga_review

    表紙を見て軽く読めそうなエッセイ漫画だろうと思って購入し、そのまま続けて読んでいる。
    内容は軽妙な絵日記漫画だが、タイトルのとおり夫が外国人と言う点が斬新と言えば斬新。しかし外国人との夫婦であれば誰でも遭遇するようなネタではなく、例えば言葉に関するエピソードなどは妙にマニアックで驚かされる。ダーリンが「外国人」なのではなく、ダーリンが「トニー」でないと醸し出せない世界だと感じた。
    テレビ番組で実際のトニー・ラズロ氏を見たが、果たせるかな、「外国人」であるより先に「変な人」という第一印象を受けた。

  • 80

    cmoa

    旦那さんのトニーさんが独特でカワイイ!外国人と暮らすと…というのも大いにあるのですが、トニーさんのキャラだからこそのネタがたくさんでおもしろいです。特に『頭ン中』とかはトニーさんのオタクっぷりがすごい!注意点として、ベビーが生まれてからは内容も初期とは少しずつ変化していきます。安くはない作品なので、内容説明とレビュー、試し読みで目次をチェックしてから購入することをおすすめします。

  • 60

    manga_review

    所々、トニーさんの人間性がよく表れてると思います。
    外国人ならではなネタ、そうではないネタ、
    役に立つ知識などが楽しめる本です。

    初めの2冊は絵も丁寧で塗りも綺麗な印象を受けましたが
    「with BABY」になると線や塗り方が少し雑に思えました。
    仕方ないですがね。

    7点つけるか迷いましたが内容と値段が
    若干釣り合わない気がするのでこのくらいに。

  • 60

    manga_review

    変な外国人との結婚生活を描いた漫画。
    異文化との遭遇というよりも、変な拘りを持った異国の人との遭遇という方が
    適切な気がします。
    井上真央さん主演の映画も見ましたが、原作に比較的忠実に描かれていました。
    変な生活習慣も可笑しいなあと笑える毎日も刺激的な人生かもと思えます。

  • 80

    cmoa

    外国人ダーリン・トニー氏の頑固なのか柔軟なのかよく分からない考え方と行動力が笑えます。外国人だからというより多分ダーリン個人の個性の部分が大きいと思う。二人が一緒に暮らす中で譲り合ったり話し合ったりする部分は、国籍関係なく他者との生活という点で参考になると思います。

  • 80

    cmoa

    エッセイ漫画ブームの火付け役だった作品です。これが大好きで小栗先生の著書はほとんど持っていますが、やっぱり初期の頃のが目新しい話題が多くていいです。個人的には「with baby」にも事前勉強させてもらいました。

  • 80

    cmoa

    おぐりさんとラズロさんのやり取りが本当面白く、時に勉強になります。最新刊は海外にお引越しのお話。あんなに小さかった息子君ももう小学生になっててビックリしました!!

  • 80

    cmoa

    なぜかいとこの本棚にこれがあったので、読んでみました。人によって違うと思うけど、国際結婚ってこんななのかも。。。と思わせるエピソード多々あり面白いです

  • 80

    manga_review

    万人受けしやすい作品。
    ここのリストにあることがなんか不思議ですが。。。

    ちなみにシリーズ全部立ち読みです!!

    古本で手元にほしいかなー、な作品。

  • 40

    cmoa

    高い!1冊1冊が高いよ〜
    参考書並み(;;)
    紙の質感なんて電子辞書じゃ分からないんだから せめてあと200円安ければサクサク全巻買えるのに…

  • 60

    cmoa

    このシリーズを全て持ってるので、ウェブで買いましたが、値段の割に内容にあまり満足できず残念でした。

ネット上のイメージ

怖い
優しい
オカルト
独特
教師

イメージの近い作品(ランダム)

  • 魍魎の匣
    終戦間もない昭和の日本。女学校に通う楠本頼子と柚木加菜子は、最終列車に乗って湖に行く計画を立てる。当日、加菜子は到着した電車に轢かれてしまう。偶然居合わせた警視庁捜査一課の木場刑事は、混乱した現場で頼子の監視を頼まれる。加菜子の安否を気遣う頼子とともに、運ばれた病院に向かった木場は、そこで加菜子の姉と名乗る女性、柚木陽子と出会う。それは、木場が憧れていた女優、美波絹子その人だった。京極夏彦の大ベストセラー小説のコミック版ついに刊行!!
  • いつか花の降る日に
    長い入院生活で我がままになってしまった真名は小児病棟に毎週人形劇を見せに来てくれるおじいさんを拒絶し続けていた。そんなある夜、おじいさんが置いていった兵隊の人形がしゃべり始め…!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 金魚の糞
    不幸な生い立ちを背負った菊吉(きくよし)と彼を受け入れるためにだけ存在しているような金魚、そして二人のそばで微妙な関係を保つ悟郎。 三人が紡ぎあげる痛くも美しい友情と愛情の三角関係。 圧倒的な画力を持つ桜田雛だから描ける素敵な青春群像絵巻をお楽しみ下さい。
  • ここは今から倫理です。 1
    「倫理」とは人倫の道であり、道徳の規範となる原理。学ばずとも将来、困る事はない学問。しかし、この授業には人生の真実が詰まっている。クールな倫理教師・高柳が生徒たちの抱える問題と独自のスタンスで向かい合う――。新時代、教師物語!!

イメージの近い作品(最近)

  • まんがグリム童話 四谷怪談
    玉座を欲し、男を調教した魅惑の女。愛されることを求め、縛られた少女など、女の復讐、禁断愛、怨念が渦巻く濃厚ストーリー!
  • SADE(サド)-古典名作集1-
    女性しか愛せないオーギュスティーヌに恋をした劇団の女形俳優・フランヴィルの物語など、残酷で甘美な愛を描く作品集・第2弾。