© KADOKAWA

30代・独身・彼氏ナシ・キャリアに自信もナシ、いわゆる「負け犬」のえみこ。人の結婚話に過剰反応、クリスマス前だと好きでもない相手の誘いについ乗りかける、たまの恋のチャンスもうっかりミスで逃してしまう……など、不器用な女性の「あるある」が詰まったコミックエッセイ。

独りでできるもんのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

19件のネット上の評価があります

  • 20

    amazon

    独身の男性からも共感を呼んでいるという評判を聞き、購入を決めました。私も独身男性です。 まず、残念なのが、主人公がいつも、心の奥底のほんとうの自分の声を押さえつけている点。 心の奥底の自分は、結婚したい、というメッセージを表面の自分に送り続けています。しかし、表面の自分はそれを拒否し、ふたをしてしまいます。 拒否する理由はいろいろ考えられます。ひとつは、自分に対する自信のなさ。常に自分を低く評価しているので、幸せを受け取れません。自分が幸せを受け取るに値しない、と常に考えているのです。ふたつめは、変化に対する恐れ。 何であれ、人は今の安定が壊されるのを恐れます。それが、幸せに向けた変化であっても、です。不幸は、長く経験していると、それはそれで居心地が良くなってしまうのです。 自分の人生を信頼できる人は、ステップアップするためには、今の安定を捨てて、リスクをとらなければいけないことを知っています。 主人公は自分の人生を信頼できないので、リスクをとって、生活を変化させるのが怖いのでしょう。主人公は、心の奥底の自分と真正面から対峙して、「自分は人生からなにを受け取りたいのか。自分はどう生きたいのか」という問いに真剣に答えることを避けています。 周囲からどう見られるか、ということばかりを気にして、自分らしく生きることができない、という態度も、後悔を大きくします。いつも心の奥底の自分の声を抑え続けている主人公の態度は、読んでいて、ほんとうに痛々しいです。これは、静かなる自己虐待とも言えるでしょう。自分で変化をうけいれ、幸せを受け取る、という選択を拒否しているわけですから、そのとおりのことが自分の人生に実現してしまいます。そして、そのことに自身は気がついていません。ですから40を過ぎると、不幸な自分の人生に失望し、こんな状況になったのは、世の中のせい、会社のせい、親のせい、神様のせいだと言い出し、他者を逆恨みするようになります。そのような人を私は周囲にたくさん見てきました。「独りでできるもん」と,ご自身の人生に納得されているなら、何も問題はありません。 しかし、実際には納得などしていないのです。自分自身に向き合わなかった代償として、不幸な生活が現れます。原因が自身にあることに気がつかず、自分が被害者であると感じ、幸福な人を恨みます。幸福に結婚生活をしている人が悪者とさえ思えてきます。 ここまでくると、この種の人たちは社会のお荷物となり、深刻な社会問題ともなりかねません。 最後に、この本が多くの読者の共感を呼んでいる点について。 幸せな人は、幸せな人同士で集まって、幸せを高めあいます。ますます幸せになります。 不幸な人は、不幸な人同士で集まり、愚痴を言い、共感しあい、自分の不幸に安心し、不幸をますます強め合います。 一度そういうところに入ってしまうと、そこから出て、幸せの第一歩を踏み出すことが非常に難しくなります。「参考にならない」という評価が山ほどくることを覚悟で、あえて厳しいことを書きました。作者ならびに読者の皆さんが、もっとご自分の心の声を聴き、ご自分を大切にし、自分らしい人生を送られることを願っています。

  • 100

    amazon

     「独りでできるもん」この孤独な強がりを見せているようなタイトルからしていい。 私は男だが,男性の視点から見ても大いに楽しめた。 30代,独身,恋人なしの女性のありのままの姿を赤裸々に紹介したエッセイ漫画であり,とても共感できるところがある。 ラーメン屋で知り合いに声をかけられて驚くところ,カラオケで選曲に悩むところ,黒い侵入者に「お前も家賃払え!!」と絶叫するところ,肉まんを食べるためにあえて人通りのない場所を帰り道にするところ・・・等々自分も本当にやりそうなところがたくさんあり,思わず著者に「あなただけじゃないよ!」と声援を送りたくなる内容である。

  • 100

    amazon

    笑い話にしているけど、こういう内容ってある意味器が大きくないと書けないことです。森下さんの正体(?)はわかっていないとはいえ、このことを本のネタにできちゃうのは尊敬です。独身・30代のネタばかりで辟易したという方もいますが、それがテーマなんだから当たり前。こんなに事細かく書いてあるあたり、観察力は鋭い方なのだろうなあと思います。アラサーの私には「わかるなあ」「ある、ある」ってことばかりで、絵もかわいらしいので、読んでいて非常に和む本です。

  • 100

    amazon

    面白かったので、この作者のこのテーマの本をみんな読みました(笑)。30代に入るといきなり日に1回は必ず年齢・結婚を意識させられる出来事が否応なくふりかかってくるもんです。本人が軽くいなしても、周囲がそれを許さない。親を心配させるなとか子どもは産まないつもりなのかとか。そういうくせに相手を紹介してくれたりしない。「そのくらい自分で見つけなさいよ」。腹が立っても、本音をグッとこらえて笑顔で乗り切るえみこさんはエライ。癒やされます。

  • 100

    amazon

    とにかく共感しましたー!!webで連載している頃からのファンです。今回1冊の本になると知ったので購入しました。私は20代なんですけど、妹(10代)の友達とカラオケに行くと今時の人気曲が分かりません。リクエストされても「今はどんな曲が人気なの?」って感じです。森下さんの作品は内容もすごく共感出来るし全部カラーなので見応えありますよ。そして、絵もすごくかわいいです。10代・20代の方にもオススメです!!

  • 80

    amazon

    30過ぎて20代に見せるべく、歳誤魔化したり、肌へもケアしたり・・・30代だけど20代に見られたい「ちょいばば」に入った31歳の日常コミックエッセイしかし気がつけば・・・周囲からの主人公への気配りは20代の後輩とは違う接し方をされて・・・本人が思うほど人は甘くなくシビアなのかもしれない無駄かもしれないあがきと、抜いてしまったままの人生手抜き部分。それでも幸せを願う揺れる気持ち一杯の本

  • 40

    amazon

    30代、独身、彼氏なし、たいしたキャリアもなし…それってそこまで卑屈になることかなぁとふと思いました。ところどころ、共感出来るところもあるのですが、あまりにも30代、独身などを繰り返されると嫌気がさしてきます。たまに出てくるならいいけど、この本に関しては90%以上がそのネタ。最後の方は「もう勘弁して」と言ってしまいました。

  • 100

    amazon

    私は20代なんですが、この漫画好きです。彼氏無しキャリア無し、ついでにスキルも無し‥更には結婚したいけど相手も無し!(苦笑)ちょっと自意識過剰気味に周囲の目を気にしたり、それでも毎日地道に生活してる独身OL。「あ〜‥あるある。」って半笑いで共感しつつ、励まされつつ読破しました。絵のタッチもコミカルで好きです。

  • 80

    amazon

    独りでできても、やっぱり寂しい!?30代・独身・彼氏ナシ・キャリアにも自信なしそんな著者の日常が基本4コマ形式で綴られています私は男ですが、似たようなものです非常に共感できましたただ、著者の趣味(といって良いのかな???)はスキンケアやっぱり、男より女性の方が大変かも

  • 100

    amazon

    単行本だと思ってたら文庫本でした。(中古で1円だったので文句は言えない。)文庫本でも問題ないと思ってたら、小さい字が見えにくい。本より虫眼鏡(ルーペ)を先に買うべきでした。リアルに40代以上の方には単行本をお勧めしたい。面白かったので、続編も買う予定。

  • 80

    amazon

    内容は面白いけど、そんなに卑屈にならなくても30代独身・彼氏なしの生活をそれなりに満喫すればいいのにと思う。独身の今しかできないことって絶対あると思う。でも肩身が狭い気持ちも分かる(笑)私はあまり共感できないけど読みやすくて面白いです。

  • 20

    amazon

    同じシングルライフしてる者としては、もっとあっけらかんと楽しい日々が綴られていると期待していましたが、暗くて僻んでて、人目ばかり気にしてて... 読んでいくうちにどんどん滅入ってしましました。かなりガッカリです(--;)

  • 20

    amazon

    皆さんのレビューがよかったので、購入しましたが、あまりにも、自意識過剰でネガティブで卑屈すぎて読んでてしんどかった。しかも、4コマなのに、1ページでひとつのお題。 買って損したと思うくらいの本でした。

  • 100

    amazon

    私は男ですが、同じような境遇にあるので違和感無いまま、共感できます。別に特別な話では無く、一般的な日本人が普通に通る「独り人生道」を客観的に理解できる、素直な本ですよね。

  • 80

    amazon

    女、独身、独り暮らし、よくある事、そんなこと無いなぁと思うこと、楽しく一気に最後迄読めました。また、続編も買ってみようと思います。

  • 40

    amazon

    うーん、もうちょっと面白いかと思いました。そんなに共感できる部分も多くなかったし・・・。2冊目の購入はないですね。

  • 20

    amazon

    絵が可愛くないし、卑屈すぎ自意識過剰すぎですこんな生き方してたら辛くないですか?主人公がめんどくさいです

  • 100

    amazon

    森下さんの絵が好きで購入。内容も世代的に合ってるので面白いです。

  • 60

    amazon

    内容は面白いんだけど、主人公がもう少しかわいかったらなぁ、、、

ネット上のイメージ

幸せ
可愛い
日常
怖い

イメージの近い作品(ランダム)

  • きみに注ぐ
    大学一のユルイ男・大島翔。大学一のカタイ男・安藤祐一。カタチが違うからこそ固く結ばれる、とっておきの恋のお話。可愛い男の子とイチャついていた大島をじっと観察していた安藤。それをきっかけに大島は安藤に興味を持つ。孤高を保ち、凛と美しい安藤。自分とは正反対。そんな安藤に強く、強く惹かれていく大島は不意打ちのキスをしかけて…
  • おかざきくんのすとーかー
    最近、幸が振り向くといつもいるのは、同じ大学の甲斐真咲。大学構内、帰り道、家の前…どこでもついて来てるけど、これって絶対おかしい!! 注意してもサラッと流されるし、真咲のにこにこふわふわした雰囲気に絆されそうになるけど…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 星のうさぎ【限定】
    クールでかっこいい兎惟斗(ういと)は、星(せい)にだけむっちゃ底抜けに甘えんぼになる…!家族の留守を狙ってギューしたり、二人で暮らすために受験もバイトもがんばったり、卒業旅行で暴走したり…。先に恋に落ちたのはどっち?幼なじみ同士、ハートまみれのスクールデイズ!1冊まるごと1シリーズ、あまあまでとろとろでふわふわでほこほこでぐずっぐずに愛しあいまくってる二人を、東条さかなが描いてます!
  • 薔薇とへドロ
    学園キングの執着攻め×ド屑ヤンキーの狂愛俺以外に縋るのは許さない★特典ペーパー付き!!★〈あらすじ〉友達がいなくても、家族に見捨てられても、理人くんさえいれば大丈夫…どうしようもないクズの大我は、学園のキングで幼馴染の理人に懐いているし甘やかされていた。しかし、手ひどく扱った女が理人の彼女だと分かり、理人達からお仕置きと称して犯されてしまう。泣きながら何度も理人の名前を呼んで許しを請う大我。その姿を見て、怪しく笑う理人。「ああ、可愛い…俺の大我」学園キングの執着攻め×ド屑ヤンキーの歪んだ共依存BL。CONTENTS「薔薇とヘドロ」1~4話「幼なじみ」「片恋トライアングル」「描き下ろし」

イメージの近い作品(最近)

  • おかえり、ただいま。
    母の危篤の知らせを受けて10年ぶりに帰った実家。そこで出迎えてくれたのは20年前に亡くなった姉。唖然とする妹とは対照的に当時の少女のままの姿で無邪気に再会を喜ぶ姉。「まさかお姉ちゃん、お母さんを迎えにきたんじゃ…」姉の死で止まったしまった家族の時間がやっと動き出す…。ハートフル幽霊ストーリー。
  • 欲張りなお作法 イジワルな手ほどき
    ある日突然、降って湧いた姉・詩織の縁談。嫌がる姉を心配し、その許嫁で茶道家の跡継ぎ・碧衣(あおい)を偵察しようと、お屋敷に忍び込んだ詩子(うたこ)。ところが、なぜかそこで碧衣から行儀見習いをするハメに!?着物なんて着たことないし、正座なんてしたことないし、お辞儀の仕方に、畳の歩き方って……?しかも「間違えるたびにキス」ってどーゆーコト!?!? 初めて知る彼とのキス。初めて知る彼の腕のぬくもり。ダメなのに……好きになっちゃダメなのに、イジワルでゴーインな彼に翻弄されて…?ドS茶道家シリーズ、待望の第1巻!