© 講談社

私はこの子を虐待してしまうかもしれない。――幸せな家庭を手に入れ、子供にも恵まれたりか。しかし育児に追われるうちに、最愛のはずの娘への愛情に疑問を感じ始めた。追い詰められたりかは思わず……!? 子育てでがんばるママ、応援します! 母親と子供の本当の絆、育児のすばらしさを描いた感動ストーリー! 転校先の学校でイジメられ、孤立していく少女を支えた友情の物語『ひとりぼっちの放課後』も同時収録。

はじめてママになれた日

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

はじめてママになれた日のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 60

    cmoa

    この主人公はかなり強いですよね自分の負の感情や行動はなかなか認められないもの…なのに自分を見つめ自分の中にある負を認めて他人にも打ち明けて、そこまで行くには大変だったと思うけど、それが出来る人ならどんな事でも乗り越えて行けると思う。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 子育てといじめの2本読み切りです。
    重いテーマですが、深くなくさくっと読めちゃう感じです。
    私としてはもう少し夫や母親の背景など掘り下げて欲しかったかなーと思いました。

  • 60

    cmoa

    昔、10代の頃、よく読んでた少女小説の挿絵を作者さんが書かれてました。作者さんも親御さんになられたんだなあ、としみじみ年月の流れを感じました。

  • 80

    cmoa

    育児中はホントにこうなると思う。
    共感して読める部分がある。
    話はちょっと重めだけど、良い話です。

  • 100

    cmoa

    育児中、ひとりでもやもやを抱え込みがちなママに特にオススメです。