© ぶんか社

日本とインドの国際結婚を描いた大人気コミックエッセイ『インド夫婦茶碗』の流水リンコが描く、インド夫婦茶碗~ハーフの子育て編。子育てって大変…だけど、文化が違うともっと大変!? 日本母&インド父による異文化子育て奮闘記!!

インド人と練馬で子育て。

| ぶんか社(出版)

立ち読み

インド人と練馬で子育て。のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

22件のネット上の評価があります

  • 20

    amazon

    他の方も書かれている通り、内容の95%は過去の単行本の再録です。作者の描き下ろしが10頁程度あるので、出版社が勝手に出した訳では無いようです。つまり作者も同罪。作者のオフィシャルHPを見てもこの本については何も触れられていません。確信犯としか思えません。帯には「インド夫婦茶碗」スペシャル育児編と書かれてますが本体には何の記載も無く、再録本と類推するのは不可能な装丁になっています。「インド夫婦茶碗 育児編特集」とでもすれば察しが付くのに、こういう売り方をされるとアマゾンのように内容を確認出来ない購入者にとっては非常に腹立たしい限りです。読者なめんなよって感じです。ぶんか社と流水さんには失望しました。今までは名前買いしてましたが、次回からはレビュー見て低かったら、このシリーズはもう買いません。わずかな小銭欲しさにファンからの信用を失って、いい年して何やってんの?と言いたいです。こっちだって再録本に無駄な金を出す余裕なんて無いんです、ほんわかしたハートフルな話を描く人だと思うからこそ大事なお金を出して買っているんです。大反省して下さい。*5/28日追記 作者HPのBBSの5/21日分に今回の件に対する御詫びが載ってました。一応反省しているみたいですが、気になるのは以下の部分。「もっと本の帯なども私自身でチェックして再編集本であることを入れるべきでした。」それじゃ駄目なんです!アマゾンじゃ本体表紙しか表示されないから帯の注意書きなんて全く意味ないんです、帯は外されちゃうものなんですってば!分かってないなぁこの人…新作っぽいタイトルに変えるな!本体表紙に再録本と明記しろって話なのに…あらためて予約ショッピングカートに入れるのはもうよそうと思いました。

  • 20

    amazon

    毎回楽しみにしていた「インド」シリーズ。わたしは単行本購入派です。今日、通りすがりの書店で本書を見つけ、「お、新刊!」と購入したのが運のつきでした。ページを繰るにつれ湧き上がるデジャブ感。「これ、もしかして、持っている?」と思わず発行日を確認しましたが、今年の日付。しかし、読み進める内に「全部、再録・・・?」と確信した時の絶望感といったら。頼むから「あとがき」ではなく「表紙」に「再編集」と書いてください(涙「再編集」とわかれば、買いませんでした。シリーズ全巻を持っているわたしには、本書に1000円の価値は見出せませんでした。これまでの結構長いお付き合い(いや、読者としての一方的な、ですが)を思うと、とても残念です。言ってしまえば裏切られた気分です(これも読者の一方的な言い分でしょうが)。それにしても、迂闊だった〜。購入前にちゃんとレビューを確認すれば、良かったです。大好きな「インド」シリーズに対して「今後は、気をつけよう」と思わねばならないのが、更に残念です。

  • 20

    amazon

    私も流水さんの、そして旦那さんの大ファンで、お二人の(?)本はインド放浪記時代をを含め、全部アマゾンから取り寄せしています。最近はそろそろ新刊が出る頃かなと思っていたところに、嬉しや、メールでこの新刊のお知らせが。注文してしまってから皆さんのレビューを拝読して。。。。まだ受け取っていませんが、何か。。。。がっかりはしています。でも、流水さん、そして旦那さんの人柄と人格を今までのマンガとエッセイを通じて既に自分なりに熟知しているので私はお二人には立腹したくないし、しません。失敗や思い違いは誰にでもあるし。お二人の健康をとても心配していた私だったので、こうして新刊を出せたことを 祝したいだけですね。まだまだお若いお二人だから健康を大事にしてこれからも楽しくて愉快な人生夫婦家族漫画を心から期待していますよ。LOVE注入!!

  • 60

    amazon

    これは書き下ろしではなく、本編からの抜粋です。「再録」とつけたら確実に部数が下がる。よぉ〜く解る。しかし、それで題名から消去したのなら、出版倫理にもとるのではないですか。こちらは購入前は中を確認出来ないのですから。「よりぬきインド夫婦茶碗子育て編」これを題名に加えれば良かったのに・・・長期連載のマンガでよくあるケースです。古くはサザエさん、ドラえもんなどに例があり、全部揃えるのは大変だけれどテーマを絞って読みたい人向け。このレビューでも初心者(?)の方の評価は高いです。落ちてしまった信頼は取り戻すのは難しい。これ以上ファンを減らさない為にも、次回からは「よりぬき」でお願いします。中庸を取って☆3つにいたしました。

  • 60

    amazon

    インド夫婦茶碗〜ドタバタ国際結婚編(文庫本)と働くインド人が面白かったので購入。再録本というのはアマゾンのレビューで知ってはいましたが、文庫本とも被っているとは思いませんでした。多少は被ってるかな?とは思っていましたが、コラム以外の8作中入っていないのは2篇だけ(内一作は2ページ作品)。「子育て」の文字に文庫本に入っていない小学生辺りの作品も入っているかと思い込んで買ってしまったのが悪いのですが、がっかりしました。まだ流水作品を読んだことのない方には、良い取り掛かりになると思います。結婚前に「子供はいらない」と思っていたとは思えないほど良いお母さんを頑張ってらっしゃっる姿には好感が持てます。

  • 20

    amazon

    わたしも流水さんの新刊! と喜んで手に取った派です「インド夫婦茶碗」が780円ぐらいだし、1000円ってマンガにしたら高いなと思いましたまさか再編集の寄せ集めなんてオチはないよねと、一瞬不安になりましたが、流水さんに限ってそんなことはと買いましたマンガはどこもビニールで閉じられているんです中身の確認は出来ないのです。だからこそオビに、他の方も書かれている通り、よりぬきの「インド夫婦茶碗」ですと知らせるべきです「インド夫婦茶碗」読んでいる人なら本当にいらない本ですもうこの出版社やこの著者の本を買うのは慎重にならざるをえませんこんな形でファンをなくしていくなんて残念とは思わないんでしょうか

  • 20

    amazon

    作者のファンのため、新刊というだけで思わず買ってしまいましたが、単なる今までの総集編・・・というか、「インド夫婦茶碗」1〜15巻の主に前半を1巻にまとめて(絵もピックアップされただけ)、ちょこっとコメントが載っているだけという、がっかり感オンリーな1冊でした・・・。初めて作者の本を買う方には何の問題もありませんが、「インド夫婦茶碗」などの作品を既読されている方はお金と時間がもったいないので、オススメしません。作者のファンなだけに、出版社は一体何を考えているのか・・・という意味で、腹の立つ本です。

  • 20

    amazon

    この作者のインド人シリーズはすべて購入しているため、楽しみに届くのを待っていたら、単なる総集編・・・。「総集編です」の記載は欲しいところです。がっかり。多少はエッセイページとかもありますが、これも書き下ろしではなく他に掲載されていたもの。がっかり。大部数となったインド人シリーズを購入するかどうかの試し読み版とかのふれこみがあるなら正確ですけど、これじゃ詐欺。最近、こういう売り方の本おおくなったなー。タイトル変えてるのに、中身が同じじゃ詐欺じゃないか。

  • 20

    amazon

    新刊出たので高かったけど買って来ましたが、帰宅して呆然。再録本ですよね!こんな売り方反則でしょ?被災地で一ヶ月以上本屋も開かず、新刊も買えず、やっと開いた本屋でこれやられたらどういう気持ちになるかわかりますか?再録なら帯に書くべきです!千円って安くないよ!消費者怒らせるような本を出さないで欲しい。せっかく楽しみに本を開いた心を踏みにじられた。

  • 80

    amazon

    1回読み終わって、2度見してしまいました。今は国際結婚の夫婦はどんどん増えていますが、文化の違いでいろいろ大変なことが多いんですよねきっと。この本を読んで、異文化や変わらない親子愛のようなものを改めて学ぶことができたし、なにより自分はまだまだあまっちょろいな〜と考えさせられました。何度読み返したくなる数少ない貴重な本です。

  • 20

    amazon

    インド夫婦茶碗など作者のエッセイものは全部もってたのでこれも楽しみにして買ったのですが9割くらい見たことあるものでした。好きな作者だけにガッカリ度が高くて 表紙を見るたびにつらくなります。今後このようなことがないように、帯にでも再編集ですとかかいてほしいものです。これからも応援してますので、気をつけてもらいたいです。

  • 20

    amazon

    作者の作品が好きなのでシリーズで読んでいました。見たことがないのがある!と思って手に取り、会計を済ませ、パラリと中を見たところ、読んだことがある、見たことがあるものばかり。あわててその場で返品しました。書籍名が違うので気付かないところでしたが内容は今までの作品と重複してますね。不要にモヤモヤするところでした。

  • 20

    amazon

    本屋で購入。単行本のファンなので、ロクに確認もせずに購入。と言うよりも、ビニールが被っているため立ち読みは出来なかった。新作が読めると帰宅し、中身を見るとまさかの寄せ集め。もう持ってるって・・・。えらくがっかりした。ちゃんと詳記して欲しい物だ。安くないし。

  • 20

    amazon

    りんこさん、こんな本の出版を許さないでくださいよ〜ちゃんと帯にでも今までの総集編って書いてくれなきゃ中身確認せず買っちゃうよ、絶対こんな商売の仕方、なんだかな〜〜〜それも地震後の元気ださなきゃならないときにさがっかり・・・・・・・・・・・・・

  • 60

    amazon

    タイトルに興味ひかれて購入しました。私は出産経験がないので、妊娠〜出産時のリアルな内容にクギづけになりました。途中途中に入っているコラムはインドと日本の子育ての違いがわっかっておもしろいです。この作家さんのほかの本も読んでみたいと思いました。

  • 80

    amazon

    練馬にすんでいるので、タイトルを見て思わず買ってしまいました。私も2児の親なので、とーーーーってもキモチわかります。間に入っていたコラムも、私の身に染みるものばかり!反省&尊敬いたしました。インド人のダンナさんってどんな感じなんだろう!!

  • 20

    amazon

    新刊だと思って買いました。が・・・「インド夫婦茶碗」からの再録でした。楽しみにしていただけに、ショックも大きかった。流水りんこさんはこういう商売しないって思っていた自分が甘かった(笑

  • 20

    amazon

    詐欺でしょ。これって返品出来無いの?本屋でビニールかけられてて中身読めず。表紙にも帯にも再録本とは書いてない。タイトルもわざと変えてある。これ詐欺でしょ、普通に。最低!

  • 80

    amazon

    インド人と子育てをして、しかも自分も働き続ける。並大抵の努力じゃできませんね。でも努力が全面に出てこないのがすごいと思います。

  • 40

    amazon

    夫婦夫婦茶碗からの抜粋でした。ちょこっとコラムがありますので、それが救いでした。早く新刊でないかなあ。

ネット上のイメージ

詐欺
感動
驚き
子供
家族

イメージの近い作品(ランダム)

  • ダーリンはおまけつき
    恵(めぐみ)の愛するダーリン・洋(ひろし)は、売れない小説家。二人の間には確実な愛があった…はずが、結婚間近にして、洋に子供がいたことが発覚! 母親を亡くして身寄りのない娘・杏奈(あんな)を引き取ることになった洋。結婚したい気持ちは変わらない恵だけれど、杏奈と家族になれるのか不安で…?
  • 終末のワルツ
    終焉を迎えようとしている世界で、荒廃を食い止める生命体を生み出すためだけに生きてきた科学者のシロウ。「やっと会えた」という言葉とともに彼の前に現れたクロエの正体とは……!? 終末の世界で生まれた永遠の愛の物語。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • わが家の母はビョーキです
    母が精神科に通い始めたとき私はまだ4歳でした――。これは、精神病にかかったお母さんを持つ、著者の実話を描いたエッセイです。病名は「統合失調症(トーシツ)」。昔は「精神分裂病」と言われていたこの病気、なんと100人に1人の割合で発症しています。これはがん患者と同じ割合です。でも、どうしてあんまり聞いたことがないのでしょうか。その裏には家族のやりきれない想いがあったのです……。著者とお母さんの心と心のぶつかり合い、通じ合いがリアルに胸に迫る、31年間の想いが詰まった感動のエッセイ!
  • 蜃気楼家族 1
    週に二度しか風呂に入らず、漏らしたパンツを棚の裏に隠すパンチパーマ頭で暴君の父、肌の手入れが趣味で性的なものを毛嫌いする母、神経質ですぐ嘔吐する弟、学校で「チャーハン臭い」とイジメられる私。「蜃気楼の見える町」魚津(富山県)の小さな中華料理店を舞台にかなりおかしな一家が繰り広げる爆笑&少しせつない怒濤の実録ストーリー開幕。

イメージの近い作品(最近)

  • アイシテル ~海容~
    私の息子が殺された……。いつもと同じ日のはずだった。たった10分間の母親の不在を除いては――。下校時に行方不明になった7歳の清貴(きよたか)ちゃんが死体で発見されたのは行方不明になった翌朝。殺された我が子を受け入れられず呆然とする母親。やりばのない怒りと悲しみ、綻ぶ家族の絆――。そんな中、被疑者として保護されたのは11歳の少年だった!! 全ての母親に捧げる、渾身(こんしん)の物語――。
  • 東京家族
    原田壮、38歳、ベストセラー作家。彼の元に昔の女たちが子供を連れて現れた。引き取った子供の数は6人。父親初体験の荘が家族のために大奮闘。