© 大洋図書

「寝込みを襲うんじゃねー! この万年発情エロオヤジ!」花の男子高生・小森弓太と、その親戚・河西越郎。ちゃらんぽらんな越郎は女グセが悪く、弓太にまで何かとちょっかいをかけてくる。そんなある日、越郎が弓太をかばって名誉の負傷!弓太が住み込みで越郎をお世話することになったから、さあ大変!!果たして弓太は越郎のエロエロ攻撃をかわしきることができるのか!?ふしだら狼さん×なまいき子猫ちゃんのドキドキ同居ライフスタート【電子限定のおまけマンガ(1P)を巻末に収録配信!!】

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん

| 大洋図書(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

おいたが過ぎるわ子猫ちゃんのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

229件のネット上の評価があります

  • 40

    cmoa

    可愛い表紙、中表紙のカラーの美しい路地裏、ダメな大人をピュアな若者が救い上げるお話、緒川さんの中で一番好きな「このおれが〜」の主人公達が出ている…と魅力的なポイントが多かったけど、やっぱり苦手でした。好みが合わないって事なのね…。

    いい言葉やシーンはあるのに浮いてしまっているし、エツローの背景もいろいろある割に浅くて展開その他の粗さが目についてしまい。骨折や打撲や高熱などにだけ頼る展開もつまらないです。

    キュータのキャラはホント可愛くて好きで、健気でどこか鈍感さのあるところがユルい大人のエツローに合うと思うけど。いい子なだけにエツローじゃなくても他にもっといい人いるよ…と言いたくなる。

    気に入ったキャラがスピンオフに登場するのは「誤算の〜」烏童くんで懲りたはずなのに、期待してまた失敗。「このおれが〜」で大好きな 御徒町×藤間と双子ちゃんはこちらの作品にもチラリといたけど、特に御徒町と藤間の二人はただのモブでまたガッカリしてしまいました。チラリでもキャラらしさを感じたかった。惚れ込んだキャラに対する作家さんと読者の温度差は仕方ないのかな。他作家さんの作品では愛着ある再登場の嬉しさを知っているだけに、この扱いはとても寂しい。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 DK弓太とハトコで35才、チャランポラン書道家、越郎。
    弓ちゃんをかばって、越郎が怪我をしたことで始まる同居生活。

    そんな中、チョコチョコ、弓ちゃんに手を出す越郎。その度に、弓ちゃんを家に帰したくない越郎の執念か、手を出した天罰か。ぐらいに怪我したり、熱を出す越郎が笑える

    手を出される弓ちゃんの、越郎への気持ちも図りかねましたが、ドンドン恋をしてる顔になっていくのが可愛い

    でも、手は出すけど、肝心な時に何も言わないズルイ大人、越郎。それには、当たり前のようにいてくれた両親の死が関係していて…。誰かに寄りかかり生きて、それを無くした時の怖さ、辛さを知っているから、人と真剣に向き合えなくなってしまったんですね。

    弓ちゃんが事故にあって、いなくなるかも…となった時に、ようやく。ようやくですよ。無くすかもしれないという怖さより、今の気持ちを大切に、前を向いて歩きだせるようになった越郎。弓ちゃん、越郎を救ってくれて、ありがとうという気持ちで、読み終えました

    やっと、結ばれた時の弓ちゃんのエロ可愛さたがが外れた越郎は狼でした太平洋に沈められないように頑張れ越郎 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙の賑やかで可愛らしい落書き風のポップな印象から一転、本編冒頭の1ページ目で描かれた小路の奥の木造家屋の佇まいとモノローグ。あ、これはきっと好きな物語、と感じる描写でした。こんな風に引き込まれると大変心地良いです。高校生の弓太と彼が通い詰める木造家屋の主で親戚でもある書道教室の先生・越郎との関係。自分を庇って怪我をした越郎の世話を焼く弓太の様子が可愛くて可愛くて堪りません!揺れる気持ち、増してゆく恋心、弓太の魅力にどっぷりとハマりました。越郎のいい加減でズルイ大人の部分も悪くないです。オチや笑いも随所に盛り込みながら物語の芯や深みもしっかりと描き切ってあって素晴らしい!この先きっと何度も読み返してしまいそうです。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    作者の他作品を読んで、作画と作風がどうも苦手で表紙とタイトルみてもチャラいビッチ受けか?!と思ってて値引きキャンペーンを何度かスルーした作品でしたが、試し読みしたときの家の描写にこれは良いかも?!と思い購入。いやいや、とんでもない一途な健気受けでした。しかも大好きな王道展開で特に風景描写が秀逸でした。日本のどこかにありそうな息遣いを感じる風景。両親がいなくなり時が止まってしまった様な古い家が攻めと共にまた時を刻み始めるような情景がとても素敵でした。四季をしっかり描く事で心理描写も丁寧に描かれていてストーリーにもすんなり入り込めます。買ってから何度も読み返してしまう程、自分的神作品に出逢えました。

  • 100

    cmoa

    受けの弓太が可愛い!擦れてない高校生いいなぁ…家族に愛されて育った感出てます。攻めにはツンデレだけどそこがまた可愛い。
    攻めは受けとははとこ同士で35歳の書道家ですが、女たらしのロクデナシ。でも少し繊細なところもあるというギャップ…いいですね。
    過去作の「このおれがおまえなんか好きなわけない」の4人が受けの友達として少し出てきます。
    致すシーンのときの受けが可愛くて、イケナイことをしている感があってよかったですw
    緒川さんの暗い話(ラクダ使いと王子の夜とカーストヘブン)は結構な地雷でしたがラブコメは好きです。これ攻めが周りの信頼を取り戻してからの続き読みたいな〜

  • 100

    cmoa

    とにかく弓太がかわいい。こんなかわいい子好きにならない人なんているんだろうかと思うくらいかわいい。言うことも表情も素直な性格も私が今まで読んだ漫画の中でダントツでかわいいです。越郎は少し翳があるところがありますが、そこが色っぽい!でも、基本的に2人とも明るいキャラクターなので重さを感じることはなく、よかったです。本当においたが過ぎますが笑、話のテンポとか流れも最高にいいです。エロさについても!絡みがメインって感じじゃないですが、どのシーンも満足できるえっちさです。もう一度言いますが弓太がかわいい。星5こ以上つけたい作品です。

  • 60

    cmoa

    正直ちょっと物足りなさがあるんだけど、これはこれでまぁいいかとww『このおれがー』の御徒町と藤間のCPがちょいちょいコマに割り込んでくるのがたまらん良かったwwあと安吉徳子の双子も登場で私的にはおいしかった。ただ、このストーリー的には前半ちょっとグダグダというか停滞した感じがもどかしかったです。『このおれがー』と繋がっているのであれば、もう少しアホっぽいというか軽快さが欲しかったかなと贅沢にも思ってしまい、そういう意味での物足りなさがあります。でも後半この作者さんならではの切なさがあったので全体的には満足です。

  • 100

    cmoa

    えつろーの悲しみや孤独の隙間にすんなりと入り込んできたきゅーた。
    まだ無邪気な子供だったからこそ、そばにいることが許されたように思う。
    大人になると相手を気遣うことや配慮することが自然になっていくけど、あの時のえつろーに必要なのはそういう優しさではなかったんだろうね。
    利用していたと言っていたけど、良い意味できゅーたの存在に救われていたんだと思う。

    それがいつしか愛しく思う存在になりふたりの関係が変わっていくことは、至って自然のように思いました。

    ちょっと切なくてほっこりするようなお話でした。良かったです。

  • 80

    cmoa

    緒川先生は学生同士の恋愛多いけど
    久しぶりの年の差CP。

    エツローの普段は弓太と似たような精神年齢だけど

    親以上に冷静に弓太のこと見てたのと
    自分の保身も心のストッパーになって
    ずっと寂しかったんだと思うけど

    そういうの全部ほり投げて
    自分の本心と向き合えたことで
    寂しさから解放されたのは
    読んでて、良かったね…って思った。

    ほのぼのだけじゃない、大人のエツローが
    これまで抱えてきた心の問題もあって
    良かったです。

    髪型のせいだと思うけど
    エツローの方が格好いいのに
    ナイナイの矢部がチラチラするw

  • 80

    cmoa

    美味しい所で、怪我したり邪魔が入ったりして、コメディー?と思うほどの面白さ。
    高校生のキュータもツンデレで!可愛いくて!一途で!たまりません。緒川先生の描く登場人物の中で一番ピュアかも!
    後半は、段々とシリアスになってきます。
    えつろーさんは両親の死のせいで、弱さを見せないずるいヘタレ大人になってしまっていたので、どうなる事かと思っていましたが、最後は腹を括ってキュータをゲットしてくれて本当に良かったです。
    最後は、ホロッときました。
    笑いあり、涙ありの大満足な内容でした。

  • 100

    cmoa

    カーストヘヴンから緒川千世さんのファンで他にも何作か読ませてもらってますが、これは本当に良きでした、、おじさん×おじさんはちょっと苦手なんですけど、この作品ははおじさん×男子高生。なんかこう、いいよね!!若い子がおじさんにほだされちゃっていくの!笑 しかもこの作品のおじさん(エツロー)は普通に格好良いし、きゅーたにゾッコンで常に食っちまいたいと思っているところも凄く良かったです(笑)きゅーたがどんどん色気増していくのも素晴らしかった、、大満足でした。

  • 80

    cmoa

    ちょっと女の子っぽいかわいさのある高校生の弓太と、独り身な書道家でちゃらんぽらんな“はとこ”の越郎のカップル。
    弓太は、「このおれがおまえなんか〜」の藤間や御徒町と同じ高校で、ちろっとだけ2人や安吉と徳子兄弟も出てきます。
    軽いノリの楽しい展開ですが、後半にちゃらんぽらんな越郎のシリアスな本音も描かれ、いいお話な部分も。
    ただ私は「このおれがおまえなんか〜」の方が好みでした。
    弓太が、まま女の子に置き換えられるのが残念。
    総199ページ。

  • 100

    cmoa

    あっぱれな作品です。好みがあると思いますが画力が凄い。古民家の雰囲気、エツローが弓太との関係を考察するときの寂しさの表現、エツローが寂しさを埋めるために書道に没頭する鬼気迫る迫力、かなり絵だけで色々表現されててわかりやすく上手いです。春夏秋冬のホッコリな感じも素敵。弓太が事故ってエツローが病院に駆けつけて落ち葉が落ちるとこは素敵過ぎ!私は緒川先生はシリアスよりギャグのが好きなので楽しく読めました。エロもしっかりあるし弓太も可愛いし

  • 100

    cmoa

    なんと言っても弓太くんの色気、高校生ですよね…。ウソだ〜(笑)あの表情ヤバくないですか?そうかと思えば年相応の幼い振る舞いや意地を張る可愛さも十分あって、いやぁ恐れ入ります。越郎さんは、いい加減で適当な女ったらしの大人ですが、本当は大切な人を失う辛さを思い出したくなくて、人を深く愛さないようにしてたんですね。しかし、これが越郎さんも何とも色っぽい。一日も早く弓太くん一家の信頼を回復して、家族に2人の仲を認めてもらってちょうだい。

  • 60

    cmoa

    タイトル通りの作者買いなのですが今回は受けが好みではなかったので星3つ!
    受けがおバカで可愛いタイプを描かれることが多い気がします。
    突き抜けておバカとか突き抜けてあざといなら良いのですが今回はどちらとも言えず、元々私自身可愛い受けはそこまでですが読み進めたら好きになるかなーとか希望を持ちましたが試し読み部分とあまり変わらなかった印象。
    やっぱり緒川先生はダークな世界や透明で歪んだ世界とかが個人的にツボるみたいです笑

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 緒川先生の作品は
    絵がとても綺麗で好きです。
    そして
    出てくるキャラクター達が
    みんなイケメン、可愛いです。

    好き→すぐエッチ
    という流れではなく
    葛藤もありつつの話なので
    ストーリーに引き込まれました。
    最後はちゃんと落ち着くところに
    落ち着きます。
    これから山あり谷ありそうですが
    この二人ならきっと大丈夫そうです(笑)

    購入してよかったです。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    エロと攻めの俺様に定評があるっていう作者のイメージだったので、今回の作品はびっくりしました。登場人物の成長や葛藤が描かれ、文字はなくても伝わるシーンや、後半から雰囲気が変わったり、ストーリーを練られたんだろうなと伝わりました。エロもあり満足行くものですが、エロやラブラブな場面以外も見返したくなる作品でした。切ない、ストーリー重視、主人公たちの家族まで描かれいる等を好まれる方にもぜひおすすめです

  • 40

    cmoa

    この作者さん好きなんですが全部読んでるわけでもなく、いつもの切な系や闇系ではない、こういう感じコミカル路線?『このおれがー』もコッチ系に入るのかな?少し登場人物がリンクしてますがアレも私はいまいちだったのでこの作者さんのコッチ系は合わない。ただのエロ親父が純粋な男子高校生を手込めにした話にしか思えない。男子高校生の親として長期間帰らないってのもあり得ないし。読み返すことはないと思います。

  • 80

    cmoa

    「このおれがおまえなんか好きなわけない」の御徒町と藤間が弓太のクラスメイトでちろっと出てきますよ!なんか萌えました。
    両親の死を経験したえつろーは弓太への気持ちに臆病になる、そんなえつろーに自分の気持ちを素直にぶつける弓太が愛しかったです(≧∇≦)
    軽妙な二人のやり取りが楽しくて表情豊かな絵はさすがやなと思いました。緒川先生の作品の変態的なとこが苦手な方も読みやすいですよ。

  • 100

    cmoa

    受け可愛すぎやろ!!
    絵も綺麗だしストーリーもすごく良かった。
    攻めのが受けを好きなようで実は受けの方が好きになってて最終的に。。
    って流れ大好物です。とまあ、ほんとはこんな簡単な言葉で片付かないぐらいエツローにはいろいろありました。
    長年築いてきた自分を壊すのは誰でもやっぱりこわいですよね。
    そんなエツローを変えていってしまうきゅーた、最高に可愛かったです。笑

ネット上のイメージ

可愛い
教師
エロい
切ない
綺麗

イメージの近い作品(ランダム)

  • 望むべくもない
    …ずっと好きだったよ でも言うつもりなかったし 女性関係がだらしない住善と彼に呆れながらもずっと隣にいた幼馴染みの篠元。 ある日、住善が篠元に女の子を紹介すると言ってから二人の関係が微妙になり……。 近くにいるから遠く感じるラブ・ディスタンス。
  • 世界で一番綺麗な嘘
    自殺しようとしている男性・直彦を ひょんなことから助けた晃。彼のもとに通いつめるうちに、いつの間にか好きになってしまい…でも彼は生粋のゲイで――!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 年頃のオトコノコとアレ【SS付き電子限定版】
    【電子限定版】描き下ろし番外編「年頃のオトコノコとしましまのアレ 」収録。●親友とのさわりっこは、恋か友情か――!? 童貞同士のウブでエッチなアレやコレ! 右手が恋人な童貞の高校生・桜井(さくらい)。ある日一人Hにはげんでいたら、親友・篠原(しのはら)に目撃されてしまう!! けれど篠原は引くどころか、なぜか桜井にキスしてきたあげく興奮してイッてしまった!? ――こいつ、俺のことが好きなのか…!? 恋未満の気持ちにココロもカラダも揺れる高校男子のアブなすぎる初体験!
  • プリンシプル
    絶対に誰にも本気にはならない、これが俺の信条(プリンシプル)。エリート建築士×褐色ビッチ大工。腕の良い大工の山城の性癖は30歳以上のノンケの童貞を奪うこと。でもセックスの際には独自の細かいルールがあった。そんな山城が職場で出会ったのが一級建築士で謎多きエリート・八代。彼から見た山城の第一印象は変態。第二印象は食えない人。しかし、そんな二人が一度きりのセックスで終わるはずがなく…。男臭いビッチ、インテリとガテンのバトル…などコミカルにエロい展開から目が離せない!大幅加筆11P描き下ろし。

イメージの近い作品(最近)

  • 憎みきれないろくでなし 
    隙のない切れ者上司を何とか籠絡しようとする五條だったが──。大人の恋のかけひきを描いた表題作他、実力派の著者が贈る珠玉の作品集。
  • LIVING DEAD
    杉崎ユキトは双子の兄・アキトと共に美人大学院生・七川はるかの家庭教師を受ける。憧れの気持ちを持つユキトだが、はるかはアキトと付き合い出す。ある日、兄弟の乗ったバスが事故を起こしアキトは死亡。その事実を拒絶し、ショック状態になるはるかに、ユキトは死んだのはユキトだと告げ、アキトになりすましてはるかの愛を得る。それはユキトの苦悩の日々の始まりだった…。純愛と心の闇を描く「偽装恋愛」衝撃のドラマ登場!!