© リブレ

コミックシーモア限定でカキネ先生のサイン&コメント付き!恋を諦めたゲイの加美は、一緒に食べる人もいないのに今日もたくさん料理を作ってしまう。「和気が行く!ワキあいあい飯のコーナー!」そんな加美の前に突然現れたのは、イケメンアナウンサーの和気だった。味音痴だけどその食べっぷりと的外れなグルメレポがお茶の間で人気の彼は、加美の料理を気に入り、職場まで訪ねてくるようになる。おおらかな和気に次第に加美も心を許していくが、また傷つくのが怖くて素直になれず…。

恋チン!【コミックシーモア限定特典付】

| リブレ(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

恋チン!【コミックシーモア限定特典付】のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

143件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 私に、あの強烈な印象を残した《ファーストバイト》で、切ない恋をしていた加美さんのお話。

    過去のトラウマから、幸せになることを諦めている加美さん。
    そんな加美さんが、運命的に出会った和気くんは、本当に魅力的でした。

    子供が大人になったように無邪気で、自分の気持ちにまっすぐで、その言葉には嘘がない。そんな人が、自分のつくる料理を求めてくれる。一緒に過ごす時間の中で、加美さんが彼に惹かれるのは必然でしょう。そして、縮まる距離…。重なる想い…。でも手放す幸せ…。幸せになって欲しいから…。お互い想い合ってるのに出す結論が切なくて

    でも、お互い忘れることの出来ない想い…。
    和気くんの突拍子もない行動は素敵でした。彼のこのブレない気持ちのおかげで、加美さんは、自ら幸せを掴みに行くことができた訳ですから…。やっぱり、和気くんは凄いですね

    そして、加美さんのお母さんの息子を後押しする言葉にも、親の愛を感じ泣けてしまいした

    一冊かけて、加美さんが幸せを掴むまでが丁寧に描かれた作品。加美さんが、幸せになれて良かった 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 高い評価のレビューを拝見して気になり、購入しました。良かったです。タイトルの軽やかさに反して、読み応えのある作品ですね。
    元々、食が絡まるお話にはジャンルを問わず関心が高い方です。この作品は、生い立ちによって形成された食に対する意識や感覚であったり、それらが赤の他人にすぎなかった彼らの距離を縮めていく理由づけやその過程に共感できました。二人の今までと各々の食へのこだわりかたを考えると、個人的にはリアルなスピード感だと思います。性格による考え方・伝え方の違い、それにより生じる誤解やすれ違いも、分かるなぁと感じましたし、2人の心情の変化と食の絡め方、その描写に過不足がなく、ストレスなく読み終えることが出来ました。要所要所で2人の関係のキーとなってくる特定の料理の絡みかたも、無理のないものでした。BLにこだわりなく選んだため、そのジャンルとしての評価は分かりかねますが、他者には理解されにくいマイノリティな部分を抱えた二人の、不器用な成長を描いた一つの恋愛作品として良質なものだと思います。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    『ソフレ部下』に収録されているたった16ページの短編『ファーストバイト』で泣かされた皆さん!!続編ですよーー!!!…はぁもうまさか続編が読めるなんて思っていなかったのでめっちゃ嬉しいです。だってね、受けの加美くんがめちゃくちゃイイ子なんです。前作の短編の時からやっぱりどこまでもどこまでも優しい子で、その優しさに今作でもまたもや泣かされました。加美くんの幸せを願う私はもはや親目線。なので、正直サンプルページを読んだ時は攻めの和気くんに対して、ん?こんな無神経で厚かましそうなヤツにうちのかわいい加美くんはやらんぞ!!ぐらいに思っていたのですが、和気くんも一生懸命でイイ子だった!(←チョロい) 全体的にストーリー重視でエロはほぼないんですが、あの加美くんが乱れてるっていうだけでもうね、充分ですよ私は(笑)。ちなみに前作未読でも大丈夫ですが、前作を読んでからだとキャラへの思い入れや感情移入がより深まる感じかな。※修正はあからさまなブツの描写はほとんどないので気にしなくていいかと。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この作品に出会えて幸せです!最近私が読んだ本の中でダントツのおすすめです!切ないし泣けるし、でも読後感は幸せ!作者様のソフレ部下を読んだことがあって、その中の短編の続きと知り、その時短いけど好きなお話だったのですぐ購入。もし読みたい方はソフレ部下を先に読まれると、いいかと。ノンケ明るいアナウンサーの和気×ゲイであることで辛い想いをしたことのある健気な加美のお話。加美くんはお料理男子でひょんなことからアナウンサー和気くんにお昼ごはんを毎日作ってあげます。お互い惹かれていくけど、という感じで。とにかく加美くんが健気で切ない、ゲイということで辛い想いや偏見もあり、ずっと明るく読めるお話ではないですが是非おすすめしたい!ラストは満足のハピエンです!エロシーンは少なめですが、加美くんの幸せそうな姿みれただけで満足です。ストーリー重視であたたかいお話が好きな方に! 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 胃袋を掴んだ元同僚は料理のできない嫁と結婚した苦い経験もあり、ひょんなことから胃袋をつかむことになった和気に恋心を抱かないように自分を諌めるゲイの加美。
    話の流れはいいと思うんですけど、本人にも告ってもないのになんで同僚にゲイバレしてるのか、とか、友達いないとか好きな人とするのは初めてとかいいつつ、エッチには慣れてそうなのは、体だけの付き合いの人はいたの?遊んでたの?それでバレてるの?とか疑問がいっぱい湧いてきちゃった。
    ずっと真っ直ぐ帰宅してお弁当の残りを食べたりしてるのかと最初の方は思ってたので、なんだかどんどん加美がよくわからなくなった。
    あとは、母子家庭とか母親は料理すべきだというのは偏見だみたいな論もでてきたりしたのは、女子としては良かったかな。男の人は読まないんだろうけど。
    あとは、人物の描き分けがあんまりでした。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 カキネ先生のセール中で一番評価が高い作品なので買ってみましたが…、全くハマらず最初の突撃レポで作り置きまで残さず平らげるところもあり得ない図々しさだったけど、それで味音痴???攻めの職場にお昼ごとに突撃するのも図々しいし、アナウンサーそんなに暇と思えないし、受けのゲイを憎悪レベルで嫌ってた同僚が実は好きの裏返しなんて都合良すぎるし裏返しの割には酷すぎる嫌い方だったし、中盤お互いの気持ちをぶつけて両思いと分かって抱き合ったのに翌朝最後の想い出となってて、攻めはなんで引きとめない?そこで?と思ったし、田舎帰るために仕事辞めてまた戻って来てからの仕事は?と謎だし、お母さんも息子がゲイなのを知ったのに呑気な反応すぎるし、色々読んでてえ?と思ってしまって、最後まで読むのが辛かった理解出来なくてスミマセン 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    「ソフレ部下」内の 泣けた短編「ファーストバイト」の続編〜( *´艸`)

    全然知らなくてみなさんのレビューで知り、そのままポチッとして読めました〜!与士郎くんやったね!幸せになれた。泣けたわぁ。和気くんの切なさにも泣けちゃったよ。

    佐倉さんとは友人関係でいる事に決めたアノ痛切なラストシーンから三年!

    味音痴イケメンアナ和気くんと出会い同居。手作り料理と共に育む愛情が良かった。
    与士郎くんの臆病さにも磨きがかかって、離れ離れの間の和気くんの憔悴ぶりとか…もう心配でハラハラ〜与士郎くんの諦めの達人さがホントに切なくて…真っ直ぐな和気くんは決める時は決める男だった!

    これから存分に幸せの味を楽しんでくださいっ♪お母さんと和気くんが会うところ見たかったなぁ。お母さん元気になるよね〜!まさか続編を読めるとは思っていなかったので嬉しいです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 「ソフレ部下」にある短編「ファーストバイト」の続編になります。今作「恋チン」だけでも話は通じると思いますが、個人的には「ファーストバイト」読んでからをおススメしたい。今作、私はもう、加美さんがせつなくて堪らなくなって読みながら泣いちゃったんですけど、前作からの流れを知ると尚一層です。。
    加美さんは日陰者根性が染みついてて自分では相手を幸せにすることが出来ないと思っている(思いこんでる)けど、ゲイだからとか関係なく加美さんの優しさや奥ゆかしさは彼本来の人間性だと思うから、そこに惹かれる人が現れてもおかしくないよね。
    テレビの生中継での告白。すっごくすてきでした。胸に染みました。加美さんほんとに良かったね。。幸せになってほしい人だなって思うから。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    「恋チン!」全5話
    コミックス「ソフレ部下!」収録「ファーストバイト」主人公・加美と突撃訪問の食レポアナウンサー・和気のお話。他レビュアーさん達のコメントを参考に「ファーストバイト」を読んでから「恋チン!」を読みました。…泣けました〜!!やっぱり前作の切ない恋をした加美の姿を知ってから読むと、読後あぁ、本当に良かった(泣)!!と満足感が増すと思われます。ずっと孤独だった加美がこれからどんどん知るであろう幸せの味。共有できる相手に巡り会えて本当に嬉しくなりました。今作品は読んで良かったなぁとしみじみ思った作品です。描写は見えない感じでした。

    「しあわせの朝ごはん」描き下ろし9ページ
    和気アナがいくワクドキ同棲生活。

    「あとがき」1ページ
    「シーモア限定収録サイン・イラスト」1ページ

  • 80

    cmoa

    これだけでも読めるのですが、前日談の『ファーストバイト』を知っていると感慨深さが増します!
    加見さんが幸せを求めてるのに消極的・自虐的で、それが相手にも残酷な事してる結果になって…な人なのですが、前作を知っていると「いや、そうもなるよね…」と思えました。そんなタイプだからこそ、猪突猛進で、図々しいくらい懐いてくる和気さんでないと引っ張り上げられないよなーと、組み合わせ的にも納得。和気さん可愛いです。
    ご都合主義なところとか、現実ではあり得なさそうな部分もあるにはあるのですが、最初のアポ無しで個人宅に押しかけてご飯を山程掻っ攫ってくという時点で非現実というか、マンガでならよく見る世界観で読めば良いんだなと思って読め始められたので、個人的にはあまり引っかからずに読めました。

  • 100

    cmoa

    加美と和気の出会い方やその後の和気の昼食突撃がかなり強引で無遠慮で、そこだけ見るとちょっと引いてしまうのですが、読み進めるとそれぞれが抱える悩みや苦しみが見えてきて、話に引き込まれていきました。

    加美が幸せを諦めてしまった背景はかなり辛いもので、無自覚に加美を傷付けてしまう和気にムッとしてしまう瞬間もありながら、裏表のない真っ直ぐな和気は臆病になってしまってる加美には丁度いいんじゃないかなって思います。

    ただ、人物の書き分けがイマイチな感じがしました。和気と佐倉、加美の同僚の田口と加美の従兄弟の慎一、加美の職場の先輩?と和気の上司の見分けが付きにくく、話の筋で特定は可能ですが、登場人物が多い分そこをきちんと書いてくれていたらもっと集中して読めたのにと少し残念です。

  • 100

    cmoa

    「ソフレ部下」収録の短編「ファーストバイト」ページ数は非常に少なかったのですが、とても切なくて大好きでした。なので今作で加美さんが幸せになるのを見届けられて凄く嬉しかったですし、和久くんのキャラも良かったですし、話自体も読み応えがありました。是非「ファーストバイト」を読んでから今作を読んで欲しいです。そこで注意点ですが「ソフレ部下」に収録されているもう一つの短編「片っ端からぜんぶ愛」は「片っ端からぜんぶ恋」の続編なので、そちらを先に読む事をオススメします。つまり「ファーストバイト」を読もうとすると「片っ端からぜんぶ恋」も買わないと、と言う事態になります。ちなみに「片っ端からぜんぶ恋」は表題作なのにページ数は30pくらいしかありません…。

  • 100

    cmoa

    他作品に収録されている短編の続編のようですが単体でも読めます。味音痴の新人アナウンサー和気×お料理男子の加美のお話。突撃グルメレポで自宅に押しかけられて以来、和気とお弁当を分け合うようになった加美。加美がこれまでに何度もゲイであることで辛い思いをしていて切ない。単純な和気と過去の経験から身を引くことばかり覚えてしまっている加美、一度は離れた二人が互いを想い合っていて胸が痛くなります。それにしても美味しそうな料理と美味しそうに食べる和気の相性が抜群でお腹すきます。公開告白も上手くいきすぎだけど幸せなので結果オーライです。お母さんの愛情も暖かくてじんわり。幸せになってよかったーと心から思える二人でした。

  • 100

    cmoa

    ファーストバイトの主人公、加美君のその後のお話。単独でも読めますが、お話自体が続いているのと登場人物もほぼ同じなので、ファーストバイトを読んでから今作を読んだ方がよりハマれると思います。ゲイであることを揶揄され、職場で孤立している加美君の家に突撃してきたリポーターの和気さん。グルメリポートで食べた加美君のご飯がきっかけとなり関係が始まります。ファーストバイトの時と同じような流れ、過去のトラウマ等で色々諦めようとする加美君が見ていて辛かったけれど、ハッピーエンドを迎えられて本当に良かったです。しかし和気さん、あの身体の何処にあんな量のご飯が入るんだ(笑)表紙の雰囲気とは違い、中身はシリアスめです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 私、暗くてしんどい話が大好きなんですが、でもそれは救いとセットが前提なんです。そういった意味でこの作品はドンピシャでした。「ファーストバイト」は既読だったんですが、こちらがその続編であると知らずに読みました。最初読んでて、あれ?このお弁当の流れはどこかで見たことあるような?なんて思いつつ読み進めていた次第。佐倉君登場で、あー・・・みたいな(^^ゞこちらのお話だけ読んでも問題なさそうでしたが、できれば前作(ソフレ部下)とセット読みがお薦めです。蛇足ですが、佐倉君は「あの」お嫁さんとうまくやってるみたいですね。彼もまた良い人。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 今更ながらファーストバイトの続編が出ていると知り、購入。
    いや、本当、幸せになってくれてよかった……。てっきり佐倉と禁断の恋をするのかと読み切りの時は思ったのですが、新キャラでした。でも、和木くんすごくいい子でぐいぐいくるので、引き気味の加美さんには丁度良いのかなあ、と。
    取り敢えず、すったもんだあり、それがすごく切なかったけれど、あんなに号泣しながら読んだファーストバイトの加美さんが幸せになってくれて良かったです(2回目)
    あと加美さんえっちのとき受け身なのかなと思ったら積極的なのね。最高にえっちです。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    イケメン局アナ×料理上手で孤独なゲイの話。別収録の短編の続編との事ですが、読んでなくても平気でした。絵柄も話もほっこり系で良かったです。ただアナが番組を私物化して放送事故にするのはプロとして頂けない。職業が肩書き程度の扱いのお話ならともかく、本作は攻めの仕事内容が全面に出てるので、そこは誠実に描いた方が良いと思いました。感動ポイントなのでしょうが、私は少し冷めちゃいました。あと人気アナの恋人が同性だと発覚したら、週刊誌ネタになると思うのですが、そこの描写が皆無だったのが不思議。全体的にちょっとご都合主義過ぎに感じましたが、評価が高いので相性の問題だと思います。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 加美さん救済漫画だと知り読みました。ただね、攻めがテレビの中継でゲリラ的に私情を垂れ流すのは如何なもんかな・・・と思いました。迷惑と責任を考えようよ。社会人失格だと思います。もっと加美さんにしか分からない言い方が良かったな。そうしたら、男としても、アナウンサーとしても成長したな!って思ったのに。この作品の一番の盛り上がり部分かも知れませんが、一番萎えました。和気さんらしいのかも知れませんけど・・・とは言えハッピーエンド!加美さんよかったね!!!嬉しかったから☆いっこおまけ!!! 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    たまたま読んだ「ファーストバイト」に泣かされて、続編が出たとのことで急遽購入しました。前作で加美くんの孤独と、それでも大切な人の幸せを祈る強さに胸を打たれましたが、今作でもひっそりと孤独。でも相変わらず、お弁当は作りすぎてるし、ヒソヒソされてるのに同じ職場にいるし、加美くんメンタル強い。めんどくさいこと考えて閉じこもってる受けと自分からグイグイきてくれる攻め。大切な人と幸せになって、本当に良かった。シリアスめの話ですが、よく考えたら終始イチャイチャしていたような気がします。前作の片思いの相手からも大事にされてるし、結構愛されてる。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 評価が高かったこともあり、購入しましたが…個人的にはイマイチ好みではありませんでした。恋に臆病な加美さんと少し無神経な和気さん。正反対の2人が最終的にはラブラブになる王道な内容ではありますが、互いに一歩踏み出せないこともあり、気持ちをぶつけ合うまでが長く感じました途中出てくる同僚の本音もよくわからないし、加美さんが過去に好きだった相手がフラリと登場するのもなんだかなーとただ、加美さんのお母さんがすごく素敵だったようやく手に入れた幸せ、2人で大事にして欲しいです 続きを読む▼

ネット上のイメージ

幸せ
切ない
可愛い
優しい
エロい

イメージの近い作品(ランダム)

  • 笑わなくていいのに【合冊版】 第
    「痛くしてもいいから、最後まで抱いて…!」男女共から異常な程にモテてモテて仕方のない男・足立に懇願され、そんな男に身体を求められた優越感で抱いてしまった。いじらしくて健気な足立にどんどん惹かれていく橘だったが、そんな橘の想いとは裏腹に足立は橘と距離を置き始めて──【全9話収録】
  • しましまのシネマ
    街の片隅にずーーっとある小さな名画座「円(まどか)シネマ」。映画に詳しい、若い眼鏡の館長さんが出迎えるこの映画館では、いつもちょっといい感じのラインナップが上映されている。そんな「円シネマ」に行き交う、いろんな恋の物語たちと、館長さん自身の、少しガタのきた初恋のゆくえを描く、のきようこのラブロードショー。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ワンダー・ボーダー 【き】
    5年前に別れた元カレ・和秋と偶然再会し、飲みに誘われた洋春。もう吹っ切れたつもりだったのに、和秋の何気ない一言に翻弄されまくりで……。お互い恋人がいるにも関わらずホテルに連れていかれ、突っぱねても悪気なくけしかけてくる和秋に、ずっと蓋をしていた想いが溢れてしまう。ダメだと理解しつつも、ついに身体を重ねてしまうが――…。★単行本カバー下イラスト収録★【電子限定で描き下ろしの4ページ漫画が収録されています。】
  • 狼の花嫁 1
    【民族BL×両性具有】王と侍女の間に生まれた第六王子のルーイには、誰にも明かせぬ秘密があった。それ故に父王に虐げられ、母の命と引き換えに「女」として政略結婚することを命じられる。嫁ぎ先は隣国、狼と共に生きる民族の住まう地。しかし、婚礼を終えた晩、番となる王子・ゼスに、王女ではないことを見破られてしまう。追いつめられたルーイは、自身が「半陰陽」であることを告白し―――。新たに紡がれる番の運命の物語、開幕。【コミックシーモア限定★限定配布されたペーパーの漫画付!!】

イメージの近い作品(最近)

  • こっちにおいで
    会社員の森安は出向先で、明るく気さくだがゲイだという久坂と出会う。毎日楽しげな久坂を目で追ううち、森安はいつも彼の視線の先に同じチームの藤巻がいることに気づく。報われない片想いのはずなのに「好きなんだ」と笑顔で告げる久坂に対し、森安は何故か悲しみと憤りを感じ、そして強く惹かれていき――…。頑なな心に甘く切なく響く、大人の恋。※本編は、先行販売されていたDariaラブコレ収録の「君だけだよ」、「僕をみつけて」を含む内容です。
  • ハルと吸血鬼
    新人漫画家のハルは、ある日不思議な喫茶店に立ち寄る。夜にしか営業していないその店のマスターは、なんと吸血鬼で、常連客は狼男で……!! でも、ハルは驚くどころか漫画の参考にしたいとマスターから話を聞くため喫茶店に通い始める。彼のことが気になるのはお話の参考にしたいから? それとも好きだから――!? 紙版未収録の電子限定おまけ漫画付き!!