© リブレ

義理の兄弟、禁断の愛と確執を描いた衝撃作。本書は、『薫りの継承 上』『薫りの継承 下』を1冊にまとめた【上下巻セット】です。更に、上下巻セット特典として単行本未収録の美麗イラストを収録しました。(作品内容は『上巻』『下巻』と同じものです)『薫りの継承 上』比良木忍は兄といっても、血の繋がりはない。義理の兄だ。竹蔵は後妻の連れ子として、比良木家に迎えられた。兄はいつも冷たく汚物のように、竹蔵を見下す。深い嫌悪と憎悪に満ちた射殺すような視線。毎日毎時毎秒、兄に殺され続けていた。竹蔵は兄に欲情していた。ある晩、竹蔵は正体を偽って兄の寝室に忍んだ。義姉の香水を身につけ、兄の目を覆い隠す。そして、己の欲望の猛るままに兄の体を貫いた……。/『薫りの継承 下』兄の目を覆い隠し、己の欲望の猛るままに体を貫いた。あれから何度も何度も交わっている。兄との道ならぬ愛は、閉塞感を極めてゆく。夏の盛り、竹蔵は兄夫婦と別荘で休暇を楽しむことになった。義理の兄である忍との関係を、露ほども疑っていない義姉から女性を紹介される。竹蔵は彼女に対しすげない態度を取ってしまい、そして……。その晩の出来事は、兄弟の運命を大きく変えてゆくのだった。

薫りの継承【上下巻セット・単行本未収録イラスト付】

| リブレ(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

薫りの継承【上下巻セット・単行本未収録イラスト付】のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

103件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ※ラストまで完全にネタバレしています。ご注意ください。
    ここは読まずに、本編を読んだ方が絶対に心に残る作品になると思います。
    ただ、地雷設定や好みじゃない展開がないかを事前に確認しておきたいという方は、どうぞ。


    さすがの中村先生。美しく繊細な絵柄にうっとり。淡々としたストーリーなのですが、ときおり胸がひりつく感じがするのも流石。目隠しと香水という小物使いが上手く、物語を引き立てています。
    義理のわんこ弟×ツンツン兄の切ないお話かと思って読んでましたが、まさかの近親相カンだったという衝撃のラスト。ほぼエッチシーンかも知れないくらい、全体的に濃密エロです。しかも、兄の息子までエッチに参戦しちゃうという近親者同士の3P…凄い作品です。ある意味で問題作ですね。ずっと顔が見えなかった兄の奥さんが、あの時だけアップになったのは、インパクト強かったです。星を1つ減らしたのは、兄が死んじゃうラストがちょっとありきたりすぎるかな…と思ったので。内容がドロドロと濃い話だったので、もうちょっとドラマチックなラストを期待しちゃってました。

  • 20

    cmoa

    以前から気になっていた作品でした
    今回〔上下巻セット〕で しかも割引期間に
    さらに割引クーポンを利用し購入しました

    中村明日美子先生の作品は
    初めて購読させていただきましたが

    画が何か懐かしいというかレトロ感のある独特なタッチで
    色気が醸し出されているように感じ惹かれました

    本作品のストーリーとしては刹那というより
    誰も幸せになっていない気がして虚しかったです

    しかも忍サンに想いを寄せている竹蔵サンが
    初めて身体を重ねるキッカケを
    忍サンの息子である要クンが姑息な方法で…というのが
    ちょっとギョッとしました

    その時の要クンは何歳か明確に書かれてはいなかったですが
    私は読んでいて小学生高学年くらいの印象だったので
    「なんじゃこのマセガキ」
    さらに
    「竹蔵サンもこんな子供に引きずられてるの」と
    ちょっと嫌悪感が湧いてきました

    個人的には好みなストーリーではありませんでした
    m(_ _)m

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 様々な疑問や小さな不満はあります。弟の兄との行為を婚約者候補に見せつける無謀さ、背徳系マンガとしてありきたりかつ安易な自サツという決着の付け方、家族として育った兄弟で関係をもっといて(連れ子だと思っていたとはいえ)今さら血のつながりに怯むという違和感、眼帯男の正体等々。

    でも、それ以上に耽美な世界観に迫力があります。
    視点や時系列があちこち飛びますが、不思議と取っ散らかることなく、登場人物たちの抱えてるものをあぶり出し、ストーリーに重厚感を与えています。
    すごく構成がうまい方なんでしょうね。

    4よりの星5つです。

  • 100

    cmoa

    読み終わったあと、放心状態。どこから話していいのか・・
    読んでて血の気がサーって引きました。これは凄絶・・。途中息子が加わった時には、「え〜!いいの〜?!」って1人で騒いでたけど、終盤・・こんな展開?!手紙読んだあと、涙して、もう1回数ページ前から読みなおして、フーーってタメ息。この結末で果たしていいのか、今はちょっと興奮してて分からない。落ち着いたら、もう1回挑戦。でも要くんのその後も気になる。
    追記:読後、他の方のレビューを読みました。皆様、深い!
    そんな伏線や、その言葉にそんな意味を見出だしてるなんて!それを踏まえて再度熟読します。ホントこの作品「神」です。

  • 80

    cmoa

    上下巻セットでクーポンが使えたので購入しました。義理の兄弟のインモラルな関係。ずっと続く閉塞感。少ないセリフ、繊細な絵から漂う耽美な世界にズルズルと引き込まれ、そしてラストの展開に呆然としました。読後、かなり引きずりますね…。苦しくて切ないです。女性とのシーン、重く苦しいお話が苦手な方には向かないかもしれません。描写は白抜きでした。

    「薫りの継承 上」1〜6話
    「汚れ」8ページ

    「薫りの継承 下」7〜11話
    「暗転」描き下ろし 16ページ

    「電子限定イラスト」
    中村明日美子先生デビュー15周年記念イラスト
    比良木要

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ダメだった。近親相かんやラストの死はNGではないです。
    ただ子どもを椅子に座らせて行為を見せるシーンで引いて、その後のシーンでは子どもを行為に参加させていて、拒絶感が。
    継承や家庭の狂気の表現だろうけどあまりにストレート過ぎて、もう少し唸らせる様な一捻りして欲しかった。
    テーマもストーリーも雰囲気も重く暗いのに内容は薄めでバランスもしっくりしないし。同級生シリーズ大好きなんで期待しすぎたかな。残念。

  • 100

    cmoa

    スタッフさんのコメントに衝撃的なのに何度も読み返したくなるとありましたが、全くその通り!気持ちわかりました。同級生シリーズの頃からフワリとした絵なのに何処か鋭く訴えて来るような印象的、かつ超個性的な作家さんだなーと思っていましたが、今作は内容とあいまってグワッとえぐられちゃいました。
    重いストーリーではありますが、やはり何処か爽やかで清純な軽やかさみたいなものがあるんですよねぇ…
    エロチックで耽美なシーンも満載なのに、この印象、凄い作家さんです。

  • 60

    cmoa

    自分はラストがどうなるか知っていたので、暗く重たい雰囲気の割には以外とあっさり読めてしまってちょっとガッカリ
    ネタバレせずに読めばもっと楽しめたと思うのでこれから読む方は注意です
    内容が内容なんで楽しむという言い方は少し違う気もしますが

    受けの心理描写がなくて最後まで何考えてるかよく分からなかったのでそこをもう少し読みたかったです
    最後の方に出てきたホームレス風の人物は誰だったんだろう…
    そういう作風なんだろうけど結構謎が残りました

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ずっと気になっていた作者さんだったのですが絵が少し苦手で読んでいませんでした。でもいざ読んでみるとあまり気にならなかったです。このお話は沢山読めば味が出るお話でしょうか…?最後で一気に残念な気持ちになってしまってスッキリしなかったのでまた読もうと思うまで少し時間がかかりそうです。評価を下げてしまって申し訳ないですが、ハッピーエンドが好きな方にはあまりオススメ出来ないかと…。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 久しぶりの明日美子先生の本で一気に読みました。幼い時から、弟を認めたくないが故に軽蔑し、酷い態度をとるも弟は潜在的に幼い時から絆を感じてたからこそ、どんな時でも兄から離れなかったと思うと歪んだ形が歪んでみえないというか、逆に純真にもみえました。責任感の強い兄だから、凄く重いモノを感じたのでしょうが、切ないエンディングでした。これからお互いを認め合う日を迎えて欲しかった。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 あぁなんて官能的で背徳的な美しいBLでしょう。読み終えて深い感銘の溜息しかでない。最後の方を読んだら受けの葛藤が切な過ぎて辛かった。こんなに切ない両片思いありますか(泣)そして想いが通じあっても誰も救われないっていうね。重い話だとレビューで知っていたので購入してからかなり寝かせてしまっていたのですが読んで良かったです。てかもっと早く読めばよかった。

  • 100

    cmoa

    同級生シリーズでファンになり作者買い。他の作品もいくつか読んだけど、中村先生はダウナー系こそ真髄だと思った。背徳感ゆえのエロスがたまりません!
    忍のエロスは最高級!全般にエロシーンは多いですが、美しさに魅せられます。細かいこと言うと乳首攻めがかなり萌えた。美しいのに萌えた☆
    ストーリーは暗いので読んだ後しばらく落ち込みましたが、満足感はかなりありました。大好物です

  • 100

    cmoa

    綺麗で耽美で悲しくて儚い。衝撃のラストでした。でもこのお話はあのラストが必然のように感じる。それほどにこの世界観に引き込まれました。ラストに思わず静かに涙が溢れてしまい、自分でも驚きましたが、とにかく登場人物の葛藤やらどうにもならない痛みのようなものが伝わってきて…。一言で表せばある意味これも愛なのでしょうね。是非読んで頂きたい!読んで損はないと思います

  • 100

    cmoa

    同級生シリーズ大好きだーーっっ!!

    この作品は、同級生シリーズとは、全く違うお話で、闇です。
    でもなんか…なんかなー。
    救いは無いかな…。
    ただ、二人がお互いの気持ちをお互いに染み込ませたかなって印象。二人だけで、二人で。
    あー同級生シリーズと違くて、これはこれでアリですっ先生!!!
    ありがとうございます!
    先生、ほんとーはこっち系?あっち系?

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 まさに耽美で官能Σ(゜Д゜)義理かと思いきや近親モノ小学生の要に恋慕を見透かされる大人は如何なものか まあ要の策略で大人たちは目隠しプレイで官能の日々なんだけど。要の要望に応えちゃう大人は如何なものか 3Pって父に叔父でってスゴいなー継承だもんね愛憎渦巻くBL版昼ドラってな概要 エロは星5つ

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 好きな作者さんで、やっぱりストーリーも引き込まれ、苦しい…でも、いい…と思いながら一気に上下巻を読んで。ドキュメンタリーではないなら、死を結末にするのは嫌だなぁ。それ以上も以下もなくなってしまうから。そうでなければ、どんな結末があったのか、自分の想像を越えた、別パターンの結末を読みたかった。

  • 80

    cmoa

    上下巻の読み応えは凄いです。そして、時々こちらに向けられる視線が強烈な印象を残します。冷たい美しさと闇にとらわれる官能さにドキドキ。どんどん不安なドキドキになって、ラストに胸がギュッと切なくなります。私は彼らの幸せな結末を願いつつ読んだので、読後しばらく悲愴感が抜けませんでした。今まで読んだ兄弟ものの中でも衝撃が強く、心に残る作品でした。

  • 100

    cmoa

    絵の感じは全く好みではないというか、むしろ苦手くらいな作家さんなのに、ふと読んでみた同級生シリーズにどっぷりハマり、さらに高額なのに迷わずポチっと。やーーー世界観が凄いですね。なんか読後しばらく何もできないといつか手につかない。え、コレで終わりもっと続きください!てなるけど、あの終わり方しかないんだろうな〜だからこそ美しいのかな。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 やっぱ凄ぇや。
    兄弟ものは苦手なんですが、何かもう、そんなこたぁどうでもいいぐらい超越してました。
    解釈によってはハッピーエンドともバッドエンドともとれる最後ですが、個人的には納得できる結末でした。
    本当に明日美子先生には脱帽。
    定期的に読み返して先生に平伏したいと思います。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 再婚する前に後妻がお金を無心に行ってた時点で賢い兄なのになぜ気付かないのか?と疑問に思ったが、兄は気付いてはいけないと心にフタをしてたのかな?
    だとすれば、兄はもっと前から弟のことが好きだったのかもしれない。
    切なくて綺麗で儚くて人それぞれ感じることができる漫画だと思います。

ネット上のイメージ

教師
切ない
エロい
独特
綺麗

イメージの近い作品(ランダム)

  • 鍵のかかる部屋
    大学時代に親友同士だった荻野と沢村は8年ぶりに再会した。実はお互いゲイだったと知るが、今は大人のトモダチ関係を楽しむ2人。ある夜、荻野の9つ年下の可愛い彼氏・南くんを含めて3人で沢村の家で飲むことに。南くんが寝てしまった夜更け、荻野は沢村に「沢村ってタチネコどっちなの?」と意味深に聞いてきて--。
  • ポルノトピア
    新人の五樹を目の敵にしている副院長の青野。だがある夜を境に、夜毎に淫らな行為に耽るようになり…? 深い情火に溺れる、これも愛の形。※本電子書籍は「麗人uno! Vol.4 職業・制服」に収録の「ポルノトピア」と同内容です。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • まんがグリム童話 野獣と7人の花嫁
    <内容紹介> 「狼と7匹の子ヤギ」資産家の後妻が退屈な暮らしの中でハマったのは獣のような下男!? 「つぐみのひげの王さま」成金男に嫁いだ伯爵令嬢は、夜ごと娼婦のような扱いを受けるが? 「がちょう番の娘」突然、女君主にまつり上げられることになったポートレット。不意にある視線に気づき……? 「Doll」理想のセクサロイドとの禁断愛! 「家財完備男付き」引っ越し先の近所にある陶芸教室で出会った男の素顔とは? ※配信済みの作品が含まれているため、重複購入にご注意ください。
  • lie cry like 1
    「美しい」ということを、その男は拒絶した…。人気俳優・十和田のぞみの専属ヘアメイクに抜擢された谷。気難しい人物として知られる十和田からの直接の指名は、ヘアメイク事務所での谷の居場所を奪うことに。特別仲がよいわけでもないのにと不思議がるも、逆境を力にして精力的に仕事をこなす谷は、一方で、十和田の意外な一面を知る。誰からも羨まれる美貌の十和田は、誰よりも「ふつう」の生き方を望んでいた。「ふつう」であること。それは、谷が両親から要求されつつもできなかったことで――。美貌の俳優と専属メイクアップアーティストとの密室ラブ。※こちらは、WEB雑誌『Charles Mag』に収録されている作品の単話配信です。重複購入にご注意ください。(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)

イメージの近い作品(最近)

  • ドSな元カレ、ドMな今カレ
    加奈子は同じ大学に通う大谷のことが気になって仕方がない。高校からの彼氏・恭司がいるものの、マンネリ気味。ある日、研究室で大谷とふたりきりになった加奈子は、大谷にキスを…?どちらも手放せないのなら両方と…●収録作品●「SALT」「LOVER’S OIL」
  • 深海のヴィーナス
    初めて達したのはお前の手の中だった…。ヤクザからの逃亡生活を送るトマと都に異常な興味を示す高等遊民・樹。昼夜なく繰り広げられるアブノーマルプレイの先にあるのは、光か闇か…!?愛は血や愛液で穢す欲望と表裏一体のラビリンス。渾身のSM愛、世界を変える大人気「ヴィーナスに接吻」完結編!!