© 芳文社

子持ちの男とは恋愛しないと決めていたのに、男手ひとつで子育て中の会社の後輩・真木に恋してしまった。これ以上好きになる前にいっそ関係を壊してしまえと、ある晩、真木を誘ったら意外にも乗ってきて…!? 「ただの誠実なパパだとでも思いました?」お悩みラブ!

狼パパは羊ヅラしてやってくる【シーモア限定おまけ付き】

| 芳文社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

狼パパは羊ヅラしてやってくる【シーモア限定おまけ付き】のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

188件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 律ちゃんの可愛さに癒されましたバイバイしたらはぎが帰っちゃうからしたくないなんて萩原さんも言ってましたが可愛すぎるでしょ〜キュンキュンしました

    そしてメインの二人。
    羊ヅラした狼こと後輩の真木くんと
    家庭持ちとは恋愛しないと決めていた先輩の萩原さんの物語。ライオンジャーのチケットをきっかけに急接近する二人なんですが、結ばれるのがちょっとあっさりしてたかな…もうちょっとじっくり読みたかったかも

    でも、真木くんの
    『僕がただの誠実なパパだと思いましたか?』にはドキドキしました豹変する瞬間がgoodです
    メイン二人の話だけ読みたかったなぁ〜
    もしくは二人に関係がある誰かの話しなら納得するけど、急に他のカップルの話しがちょろっと出てきます面白かったけど残念
    でも来栖ハイジ先生のファンになりました次は由良くんのお話しを読んでみようと思います
    半額購入600pt→300pt 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    「狼パパは羊ヅラしてやってくる」
    萩原は自身の過去から、家庭のある人とは付き合わないと決めている。だけど、同じ会社の後輩で子持ちの真木に惹かれ始めて…。タイトルの狼パパって本当?と見返す位、穏やかそうな真木。突然の豹変ぶりが見所です。ネタバレになるので多くは語れませんが、昨今の悲しいニュースを見ると、このような家族の在り方はどんどん増えていってもいいんじゃないかなと思ったりします。家族と無縁だと思っていた萩原が、律を本気で大切に思い、真木と共に過ごしていく幸せが感じられる優しいストーリーでした。もちろん狼パパになるとグイグイくるので、二人のラブラブぶりも良かったです!

    「キス魔は100万回愛を誓う」
    同じ会社の和貴と潤のお話。二人は同棲することに。お酒が入るとキス魔になっちゃう潤は…。

    「狼パパは羊ヅラして甘えてくる」描き下ろし 16ページ
    律が真木の実家にお泊まりの日の二人のお話。

  • 80

    cmoa

    半額だったので。育児ものBLはお子ちゃまが可愛いのでどうしても☆多くなっちゃいますね汗
    子持ちのイケメン真木と家族に対してトラウマがある萩原先輩。律くんきっかけで急速に接近していきます。確かに真木は羊ヅラなんだけど、萩原先輩の同僚の由良に対して牽制したり(由良さんはスピンオフ「先生は仏頂面してやってくる」があります)先輩の律くんに対する気持ちを試したり、色々狼パパな腹黒な感じは見受けられます。
    わりとあっさり恋人になりますが、律くんがいるのでなかなかHもできず、白くぼわ〜としたぼかしとか、絡みだけで見えないとかさらりとです。
    短編は1CP。会社の上司と新人くん。友達に嫉妬して…受くんが可愛らしいお話でした。
    律くんメイン家族メインなんで、ほのぼのです。真木が先輩に家族のあり方を話す場面がいいですね。律くんの保育園の行事の写真がいちいち癒されます♪

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 過去のトラウマから、家庭のある男とは恋はしない。と決めている萩原。
    対する可愛い子持ちのシングルファーザー真木。

    もう真木がね...出来すぎですよ
    こんなイケメンのイクメンパパなんて、いませんよこんな息子を溺愛する様を見せつけられたら、ダメと思ってても、恋に堕ちちゃいますよ。それでいて、穏やかで柔和な表情の中に、時折見せる表情(狼パパ)、腹黒感にゾクゾクしました

    可愛い律ちゃんの出生には切なくなりましたが...
    家族とは、血縁だけじゃない。自分が家族と言う限り、律も萩原も家族なんだ。という真木の発言に、男気を感じると共に、家族なんて無縁と思っていた萩原も、諦めていたものを手にすることができて良かった

    初めての作家様でしたが、絵が綺麗で色っぽい。
    描き下ろしも、面白かったです 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 生い立ちから家庭持ちとは恋をしないと決めていたのに、コロッと落ちてしまった萩原。その辺の葛藤や慎重さをちゃんと読みたかったな。
    でも真木と律ちゃんと過ごして、幼い頃求めていた家庭の温かみを知る事が出来たのは良かった良かった〜。

    ただ真木が(笑)
    タイトル通り物腰柔らかな羊ヅラの肉食狼なんだけど、なんかキャラが定まらず胡散臭い男にしか見えず苦痛でした。彼が他人の子を育てる不自然さも付いて回り。

    遊園地エピや赤の他人の学生が親権を持てるとか細かい事を気にしたらダメね。育児モノはおばちゃんにはキツイ(笑)可愛い律ちゃんを愛でる本くらいの気持ちで読むと良いのかも。

    読み切りもリーマンモノで上司とキス魔の部下。これは脈絡が無さ過ぎてなくても良かった。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    ヒーローショーチケットのやりとりから知り合った会社の後輩・真木×先輩・萩原。真木が若いのに幼い子供・律を育てるシングルファーザー。子持ちNGな萩原だけど、グイグイくる真木に押されていつしか家族ぐるみのお付き合い。可愛い子供を育てる二人のほのぼの子育てBL。萩原の過去、子持ちと付き合うこと、突然家族になることなど実際は簡単じゃないだろうけど、なにもかもスムーズにするする進むのでさらっと読めます。さすがにもう少し葛藤があってもよかったと思うけど、幸せ家族は見てて癒されるので細かいことはスルーで。萩原の良き同僚・由良のスピンオフも読んでみます。他に上司×部下の短編もあり。一コマ目の構図がなんだかときめく!同棲開始CPの可愛いお話。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 BLで男同士だから、臆病になってしまうけど、うまくいって良かったーです。このシリーズの続きも、会社の同僚のお話なんですがオススメです。この巻のお話に戻りますね。やはり同性だと不安や世間体を考えちゃいますが、少しずつ悩みながら、お互いを知りながら、幸せを感じながら話は進んでいきます。はぁー幸せですね。良かったですね。このシリーズの子供たちの続きも読みたいですね。作者さま、よろしくお願いします。後、贅沢を言ってすいません。もう少し、エッチシーンが見たかったです。もう少し、イチャイチャしてもいいし、エッチを増やしてもいいのでは。幸せですしー。(笑)すいません。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    なんか…なんか違和感。ほのぼのしたいい話なんだろうけど、なんかヤダ。ギャップ萌え狙いなのかもしれないんだけど、豹変ぶりがなんか悪意感じる…。きっと私視点が他の人と違うのかもしれないけど、騙された感ハンパない。たしかにタイトルからもギャップありきなんだろうとは思ってたけど、予想の斜め上にもってかれた感じ。もっとお互いに惹かれ合う感じが見たかったのに、いつのまにかフツーにキスしてるしエッチまでの流れに慣れを感じてしまった。トラウマがすんなり解決したり、いつ好きになったのか気付かないほどのスムーズさにちょっとイラっとしてしまった。私には合わなかったようです…。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 まるっと表題作。父子家庭で 再婚してできた継母と父は自分をかえりみずな環境で育ったから 人の幸せは壊さないをモットーに していた先輩が 穏やかに子供に愛情を注ぐシングルファーザの後輩と出会い。子供とも仲良くなり いつの間にか家族ぐるみなお付き合いに。なハピエンなんだけど。サラッと出てきた先輩の幼少期や何故シングルファーザーになったかとかが なかなかの衝撃なのに なんでも無いような感じで淡々とお話が進むのに違和感。 1巻に色々詰め込みすぎなので ダイジェストをみせられてるように感じました。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    作者さんの身近に小さな子供がいない。と思いたい。
    そうでなければ、赤ん坊の生態に無知であったり、幼児の健康や成長に無頓着であったりする無数の描写が気になって尾を引きます。
    BL作家さんの中にも
    「ああ、実際に子育ての経験がありそうだな。」
    あるいは
    「近くに観察対象となる親子がいそうだな。」
    と微笑ましく思わせる方がいらっしゃいますし、それらの作品は楽しく読ませていただいています。
    でもこれは駄目でした。
    色々なジャンルに挑戦するのは良いことなので、あとはもう少し取材、勉強をしてほしい。
    半額セールで買っておいて贅沢なレビューですみません。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 スピンオフの方が良かったのでこちら読んで見たくなって購入した。
    両親が不倫のせいで離婚してしまってそのことがトラウマで家庭のある人は好きにならないと決めていたのに後輩の真木を好きになって悩む達海が何か可愛かった。
    恋人になってからの甘い2人も好きです。
    真木の子供の律がめちゃ可愛くて見ていて癒される。
    攻めは「先生は仏頂面」の加持の方がカッコ良くてです。
    「先生は仏頂面」に入っていた奏太と律のお話が良かったのでもっと読みたい。
    先生2人の話の続き描いて欲しいです。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    スピンオフの『先生は仏頂面してやってくる』を先に読んでいたから真木が由良を敵視するのに違和感を感じなかったけど、こっちしか読んでいなかったら萩原の同期である由良に対する態度としてどうなの?って思ったと思う。こちらの作品では由良の気持ちはハッキリ表現されていないし……。

    真木の狼の部分がかなり強調されてて萩原の前だけいい男の腹黒に見えてしまい、羊ヅラの所をもっと丁寧に描いてくれてたらもっと素直に応援出来たかな。

    表題以外の作品が入っていたけれど、その分、真木と萩原と律の話をもっと深く書いてほしかったです。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 こちらも読みました。うーん、真木は前から萩原を知っていて狙っていたと言う設定ならタイトルにも唐突さにも納得できますが、そうでなかったら二人が付き合うまでが猛ダッシュ過ぎて…。萩原も子持ちはって凄い言ってたのにあっさり割り切ってしまうし…。大学生の真木が一人で他人の赤ちゃんを育てたってのも余りに現実味がなさ過ぎて…。読んでいて、とにかく色々と置いてけぼりをくらった感じでした。ただ、ダークな時の真木は結構好きでした。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    自分の過去のトラウマから、家族への特別な思いがある萩原。
    そんな彼の前に子持ちのイケメン真木が現れて、戸惑いながらも真木の優しさに惹かれていきます。
    ほぼ丸ごと1冊なので3人がだんだん家族になっていく姿とラブラブが描かれていて良かったです\(^o^)/
    後、萩原の同僚の由良は萩原に対してそういう気持ちは無さそうだけど、真木はすんごい警戒してて。でも、萩原君愛されてるよねって思えるのでもっとその辺り拗れたら面白かったかも!
    最後に律ちゃん本当に可愛かった(^-^)v

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 出会ってから両思いになるまでのお互いの心理描写がほとんどなく、全く感情移入出来ませんでした。
    萩原が自分の過去を思い出して、そのあとどう葛藤しつつ両思いになるのか期待してたけど、びっくりするぐらいあっさりくっついちゃったので、正直つまらなかったです。

    その後の展開があるのはいいけど、最初に感情移入出来てないから面白く感じないし、もったいないと思います。

    子供に癒されたい、あっさり読みたい人にはいいのかも。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    1『狼パパは羊ヅラしてやってくる』→2『先生は仏頂面してやってくる』です。
    私的にはニコイチな作品です。好みは人それぞれですが、私は2の方が断然面白かったので、どちらかしか買わないと決めているなら2をおすすめします。最終的に両方読むなら1→2の方が、子どもたちの関係や主人公たちの関係も分かりやすいと思います。好みの問題で、子育て方針ネタや食べ物プレイなどがひっかからなければもう少し評価も高くなるのかもしれませんが、個人的には攻めが好きになれませんでした。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 由良と加持先生と奏太君のストーリーから先に読んだのですが…
    その時から真木の牽制する嫌な目や仕草が好きになれなかったのですが…可愛い律君見たさに購入して…後悔…凄く後悔…
    やっぱり真木が好きになれない…
    真木のしたたかで計算高い蛇みたいで最悪な性格が嫌いだな…
    律君、真っ直ぐに育って奏太君と幸せになってね! 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    ストーリー的には普通かなーって思ってしまったけど、攻めの優しい笑顔と腹黒い感じになる時のギャップが好き。そして、受けも煽られてたまに意地悪な感じになるのがまたいい。ほんわかな話だけじゃなく、家族の時と恋人の時とのギャップがあるから楽しめました。まぁ子供の事とか親の事とか、いろいろ言いたい事もありますが、あまり深く考えずに読んだ方が楽しいと思います!

  • 60

    cmoa

    先に購入し、良かったので、本作を後から購入。
    本作購入しなくても仏頂面だけで十分楽しめます!
    表題作とその後+別cpの話、全185頁。
    狼でなく性悪な感じで、パパなのに性悪ってところがどうも好きになれませんでした。受けが攻めに騙されてるってどうしても思ってしまって…
    律とのやり取りは可愛くて癒されましたが、律がいる分仏頂面よりエロ少なめでした。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 律ちゃんがただただ可愛い!事情があり血の繋がりのない律を一人で働きながら育てている爽やかイクメンの攻めと、過去のトラウマから子持ちとは付き合わないと決めてる受けの話。攻めが爽やかで人当たりがいいのにちょいちょい黒いのがイイ!スピンオフで受けの同僚の話も読みましたがそちらも良かったです。 続きを読む▼

ネット上のイメージ

可愛い
子供
家族
幸せ
教師

イメージの近い作品(ランダム)

  • おうちへかえろう-猫耳オメガバース-1
    家族でたくさん幸せを見つけようね――。α(アルファ)・Ω(オメガ)・β(ベータ)が存在する世界。半獣の姿で産まれるのは、希少種のΩだけ――。シイナとアオイはα(アルファ)とΩ(オメガ)のラブラブ夫婦。ふたりが授かった息子・ノエルと一緒に、人知れず仲良く暮らしています。パパとママに守られてすくすくと育つノエルでしたが、ある日、パパのお仕事に付いて行くため初めて人里におりて行くことになり……。「どうして?ノエルとママにだけミミがついてるの?」笑顔も涙も・家族・なら乗り越えられる。ちびっ子×もふもふがたまらない・猫耳オメガバース!※こちらは、WEB雑誌『Charles Mag』に収録されている作品の単話配信です。重複購入にご注意ください。(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)
  • 世界は尻尾でできている【コミックシーモア限定】
    『半獣人』と人間が共存するようになった現代。半獣人と人間の恋は普通じゃない――。半獣人の暮らしを支える公務員・伊織は恋に臆病なゲイ。孤児となった半獣人・凜久と一緒に訪れた先は、凜久と同じ日本オオカミの半獣人・強羅の家だった。「子供の前でセクハラするとはね」思わず強羅の尻尾をモフモフした伊織に、人気小説家の彼がニヤリ。野性味があって気さくな年下の彼は伊織のタイプど真ん中だった!獣人で同性なんて望みなんてないと言いきかせるが…。「アンタいい匂いだな」急に密着してクンクンする強羅。オスの顔を見せる彼は伊織の首筋を噛んできて…!?シャイなちびっ子狼と不器用な男達が織りなす胸きゅん&ハートフルBL。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハレの日
    【本作品は『オリジナルボーイズラブアンソロジーCannaVol.34』収録作品の単話配信です】とある一家の事情について。 朝田ねむい「ハレの日」
  • 蜜情
    84 蜜情
    人狼が妊娠、そして出産――!?人狼の血を引きヤクザを生業にする神宮寺家。長男の迅人は、敵の組の組長・賀門と禁断の恋に落ち、英国へ駆け落ちをする――。そんな束の間のハネムーンを過ごす迅人を襲ったのは、英国にいた“人狼”で――?同時収録は人狼×人間カップル。攻人狼、受人狼、ダブルでもふもふに愛される、獣充な本作、コミックス描き下ろしでは人狼の赤ちゃんが誕生! また岩本 薫先生のコミックス書き下ろし小説では久しぶりの“夫婦だけの夜”を追います。

イメージの近い作品(最近)

  • 愛される、娘
    【本当にあった刺激的な性と愛の体験告白・宮沢なつき(仮名)19歳】ワタシは裸にされて、身動きができなくされ、そして、いきなり浣腸をされたんです。こんなお仕置きをされるのは、ワタシが彼氏と淫らなことばかりしているいけない娘だからです。「どんな風にオマ○コを舐められたんだ? こんな風に開かれたのか?」と言って、パパとママはワタシのオマ○コを指でおしひろげて、グリグリと中を掻き回しました。ワタシは我慢できずにお漏らしをしましたが、それでも許されず、父は、「お前はママそっくりの淫乱女だ」と言いながら、ワタシの中に
  • 家族になろうよ
    和馬ラブで優男な会社員の千秋と、ヤンキー顔でしっかり者の和馬はつき合いの長いゲイカップル。2人の仲を知る破天荒な女友達・巴に呼び出され行ってみれば、目に入ったのは生命を宿した大きなお腹。父親は分からない、とあっけらかんとして話す巴に呆れながらも世話を焼いているうちに時は過ぎ、あっという間に出産の日を迎えた。何だかんだでしっかり母親をしている姿に安心していたのも束の間、ある日、2人の元へやってきた巴は涙声でこう言った。「この子をお願い…!」湧き上がる母性、上がる母スキル、邪魔される営み!? 『トモダチ以上のこと、シたい。』の倉橋トモ、新境地! 2人の絆、そして家族の愛を描く、ハートフル・ストーリー。