© ふゅーじょんぷろだくと

【もっとひろがる、幸せの輪。】あなたの心をやさしく癒す大人気・子育てBL、第三弾!松尾(まつお)と祐樹(ゆうき)、進展…!?――「お友達ができました」専業主夫の妻・真生(まさき)、エリートサラリーマンの夫・弘(ひろむ)、2人の愛の結晶である輝(ひかり)と陽(ひなた)。波風立たない穏やかな日常を送る藤吉(ふじよし)家。そんな時、藤吉家の住む街に引っ越してきた父子家庭の望月(もちづき)家。彼らと仲良くなる真生と輝だが…?

ただいま、おかえり -またあした-

| ふゅーじょんぷろだくと(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ただいま、おかえり -またあした-のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

231件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    読み切り連作、現在4冊。
    <1ただいまおかえり→2かがやくひ→3またあした→4ひとやすみ→?>

    気づいたら続刊出てて、せっかくならと3冊まで読みましたが、、
    これ、まだ続くね!!

    と思ったら案の定、次の巻出てました。
    どうやらやっとスピンオフ?
    脇役に焦点が当たるようです。

    本作では初のお友達ちびっこ登場、弟双子も登場し脇役も増え、お話の幅が広がってきます。
    さて、この辺から前ふりが回収しきれていない。

    隣人コミュ障?少年ゆっくたちはもちろん、ちび友パパも不安定で今後が気になる!?
    じいじの会社も出てくるし。

    これは今までみたいに、いつ最終巻になってもいいような流れではなく、あと2-3冊(以上?)続いてもおかしくない、長期連載(ダラダラ連載)になるかも??

    ファンには嬉しいでしょう。
    何せここまで、どれも投稿数3ケタで4,5以上ってスゴイ!

    まれに評価低いレビューあるけど、自分もだな。

    うーん、、悪くないけど?
    ここまで高評価に理解できん。

    家族ほのぼのだけど、それだけ。
    オメガらしい葛藤さは、ストーリー上流されて飛ばされて進んでます。
    出会いの結婚前の話もないし。
    その分、深みはあんまない。

    そういったダークやヒクツさが軽い分、ほっこりさ、子供の可愛さに当てています。
    そこがこのシリーズのウリというか、良さ、特色でしょうね。

    BLじゃなくても?いいんじゃね?
    と評価低いレビューにあるけど、同意見ですね。

    でもま、BLであるなしにしても、悪くはないので星4、、、

    ですが総合4,9ー!?
    とか聞くと、いくらナンデも高すぎでしょ!
    (3つけたくなる。。)

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 藤吉家の第3弾!とっても良かったです

    今回は輝(ひかり)クンに
    満(みつる)クンというお友達ができます

    満クンの家族は全員がΩ(オメガ)

    知り合った当初 満クンのお父さんは
    真生(まさき)サンがΩであることから
    勝手に真生サン一家もΩだと思い込んでいた様子

    しかし弘(ひろむ)サンに挨拶する時
    弘サンがα(アルファ)と知り
    今まで楽しく遊んでいた輝クンから
    満クンを離し距離を取ろうとします

    その事から
    種の違いによる付き合い方や考え方の違いなど
    センシティブな問題に直面!

    弘サンと真生サンは どのように解決へ向かうか!
    という真剣な内容もありつつ

    本作では陽(ひなた)チャンの心の声が
    文字になっており可愛さ倍増
    もちろん輝クンも相変わらず可愛いし
    新登場の満クンは静かだけど可愛く
    子供三人で癒し力が増し増しでした(((o^^o)))

    さらに新登場の大人も二人いて
    ワチャワチャさも倍増

    お子達の成長もまだまだ見ていたいし
    松尾サン×祐樹クンの行く末も
    気になる木〜で 花が咲くのか?

    ぜひ第4弾をお待ちしております!(*≧ ≦*)/ 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 「かがやくひ」に続く人気シリーズ3作目。松尾×祐樹のじれったい関係と、新しい友人との交流から派生した種の差別問題にスポットを当てた今巻。恋愛過程と、オメガバースには付き物の種の問題。ひろさんと真生はすでに番になって差別問題もある程度飲み込んでのスタートだったので、逆に新鮮でした。その手のことにとことん疎かった祐樹にようやく気付きの時が!次巻でさらに進展ありそうなので楽しみ!そしてひーくんの新しいお友達・みつとその父親がΩなことから、異種間交流の難しさが浮き彫りに。こちらは根本的な解決はなかなか難しいかもしれないけど、真生にとっても子供達にとってもせっかくできた友達なので、これからも助け合っていけたらいいな。松尾の双子の弟も登場してさらに賑やか。藤吉家がわいわいしているところは見ていて優しい気持ちになります。 続きを読む▼

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 オメガバース物が好きでこちらの作品もシリーズ前作観ましたが3巻目にして自分の持ってた認識の違いとの差異に違和感が生まれてしまった…
    首噛んで番になったら発情ってお互いにしかしなくなるんじゃなかったのかな…この作品ではその設定を取り入れなかっただけかしれないけど…運命の番って設定なら尚の事通常のカップルよりも特別な存在なのでは…?
    みちくんの親のフェロモンに反応した弘さんに違和感を感じてしまってそこから一気に読み返して何度も見たい作品の位置から離れてしまった…
    最初のページの設定見てもΩ側は番になった時の制約があるのにαには何も無いのとかも…あれれぇ?状態で一気に特別感が薄れてしまいました…お話は凄くほんわかしてて好きなんですが…
    自分の中でオメガバース設定で一番好きな設定だっただけに残念です 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    本作はシリーズ第3弾ですが、半額等を利用して一気にシリーズ3冊読みました。読む前は、オメガバース特有の悩みやらを抱えながら、ほのぼのと子供の可愛さを愛でる作品かと思っていましたが、違った…!いや、違うこともないのですが、もっと深くて芯のある作品でした。オメガバース世界の葛藤を、作品の起承転結のために利用するだけという表面的な作品が多い中、このシリーズは現実世界でも十分共感できる言葉があって、いいですね。しかも、巻が進むごとに、どんどん素敵な作品になっていってる。あと、個人的にはスピンオフカップルってあんまり感情移入できないのですが(メインの魅力に敵わないから笑)、こちらの松尾と祐樹はすごい気になる笑。祐樹可愛いし、祐樹にしか見せない松尾の顔がもっと見たいです。あ、でも、ひろと真生の出会いと番になるまでの10年弱も、ぜひとも読みたいです!

  • 100

    cmoa

    ただいま、おかえり」〜「ただいま、おかえり-かがやくひ-」〜「ただいま、おかえり-またあした-」と続く子育てオメガバースBL作品で、今作は第3弾となります。

    「ただいま、おかえり-またあした-」全6話
    明るく穏やかな藤吉家のお話第3弾は、輝に初めてのお友達ができて…という展開でした。いろいろ問題がでてもみんなで向き合っていく姿や輝と陽の存在が愛しくて、暖かい。読み手の心も暖かく満たされた気持ちになります。気になる祐樹と松尾ですが、今回はちょっと進展かな?今後が楽しみです。そして一番好きな弘が今回も素敵でした!もっと登場してほしい!!

    「夫婦の特権」描き下ろし8ページ
    発情期がきた真生。これ、今までで一番エロい雰囲気じゃないかな?ドキドキしちゃった!こんな弘がもっと見たい!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 オメガバースものは作者によって微妙に設定が違うのでまだまだ初心者の身ではよく分からないのとそれが家族ものとなるとしんどい場面もあるのかなと避けていたのですが読み放題で2弾目を拝読し、気になって既刊全て購入しました。このシリーズは輝くんの健気さと可愛さに救われます。3弾目となるこの作品は満くんという新たな天使も加わり、でも望月さんの苦悩もしんどく…奥さんを亡くし、やっと授かった満くんがΩで…望月さんにも幸せになって欲しい。
    4弾も読みましたが多少重たくてもこの巻がとても重要に思えたのでここにレビューを投稿しました。
    もともと家族モノに弱いのもあり、とても素敵な作品でした 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 今回もとってもとっても良いお話でした!
    番の絆もそうだけど、それ以前の人との深い繋がりや、相手を想いやる気持ちって、綺麗で尊いんだなって。
    新たに登場するキャラクターで作品の深みが増し、なによりも松さん祐樹くんの進展具合が気になる!!
    真生さんが祐樹くんに、家族について語る言葉には涙がこみ上げました。

    描き下ろしで、お義父さんのセリフに"αβΩ"じゃなく "♂♀" のマークがついてる事に驚いて「本当にこの人も変わったんだな」って、弘さん真生さんやったね!ってまた涙が溢れました。
    もう最高です! 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 このシリーズは本当にほんわかしていて、世界観が可愛くて大好きなのですが、今回のお話はそんな中でも考えさせられることが多かったです。自分を守るためにΩのコミュニティだけで生きること、αとは仲良くなれない、対等でないと感じること、番がいる・いないこと…。子どもたちは相変わらず可愛くて、さらにかわいいお友達も増えるのですが、なかなか一筋縄ではいかないですね。最後はいつも通りほっこり終わってよかったです。おとさんにも素敵な人が現れますように、と思ってしまいます(>_<) 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    前2作に続き素敵な藤吉家と仲間たちのほんわかストーリー読ませてもらいました。新しい登場人物も出てきてさらに賑やかになったかな。
    弘と望月さんが出会った時少しどうなることかと思ったけどお互いを分かり合えてよかった。弘と真生のベッドシーンも初めて?出てきたしこの2人は夫婦生活重ねるほどラブが増してる感じがします。現実にはあり得ない世界だからこそ、ワクワクしながら読めるシリーズです。まだ先も続きそうな感じなので次作にも期待します。
    松さんとゆうきくんがさらに進展するといいなー
    楽しく読ませていただきました。

  • 80

    cmoa

    オメガバースの作品の中で読むたびに考えさせられるシリーズαもβもΩも、一生つきまとうそれぞれの立場で家族がこうやって出来ていくんだよというのを上手く表現されていると思うさらっと読めそうでいて読めない作品軽く読めてエロさを堪能できる作品が良い方にはオススメしません子供もがっつり絡みます(ストーリーのほぼ中心、今回の第三弾は特に)のでシリーズ抜粋して読んでも大丈夫ですが余計にサッと読んでしまい物足りないと思うひろさんのスパダリぶりには毎巻惚れなおす

  • 100

    cmoa

    今作が一番せつなかったかな。新しいおとさんとみちくんとの出会い。寂しさをがまんするみちくんがとてもいじらしくとても可愛かった。
    ひかりんとみちくんの小さな友情。会えない寂しさ。おとさんの事情もよくわかる。けれど幼い子供たちにはそんな事情を理解できるわけもなく、なぜ一緒に遊べないのかが分からない。一緒に遊んでいいですかのお願いが、ものすごく胸が痛かった。。
    ゆっくとまちゅも少しずつ前進、、かな。また続編出てくれるだろうと期待して待ちたいです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 今回は新たな展開が。オメガバースは作者さんによって設定が多少違うので、その辺たまに迷う事が有りますが、やはり同性同志でも子供が産めるのが最大の利点ですよね。BLにはもってこい。ずっと気になってた
    オメガ同志のカップルの話もチラッとあって良かったです。個人的には真生さんと弘さんのなれ初めの話が読みたいです。私が知らないだけ?
    もしそうならどの作品か教えて欲しいです。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 家族愛に溢れたオメガバースもの。3作品まとめ買い!一気読みしました。輝くんが良い子過ぎて泣けるー。癒される!!!ただ真生さんが自分のことを俺呼びするのにはちょっと違和感を感じました(真生さん 普通に見た目女子すぎて...。何度も繰り返し読みたくなる癒しの作品です。読んだ後気持ちがホッコリしました♪ 成長していく 輝くんや陽ちゃんを もっともっと見たいなぁー。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 今回新キャラ登場でしたが、最初αかと思ったので面白くなりそうかもって、ワクワクだったのにΩって…αの性であれヒロサンが反応しちゃうのは見てて嫌だったな。でも、ヒロサンとマサキは相変わらずのラブラブでお子様達は可愛く、松尾とユウキの距離も少しづつ縮まり、みんな良い感じでほっこりほっこり。☆4にしようと思ったけど、おまけの漫画がサイコーに良くって☆5にしました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ただいま、おかえりシリーズ第3弾です。
    輝くんに同年代のお友達ができ、アルファやオメガなど気にしないで仲良くする輝くんとみちくんがとても尊く感じました。
    大人になると、偏見や経験からくる排他的な感情があってなかなか種を超えて仲良く、と言うのは難しいのかなと思いますが、そういったことを感じない世の中を願う心穏やかな人たちが集まっていて心が温まりました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 まさかお友達がらできるとは、予想外てしたが!とてもとてもハートフルでした今回は、松さんたちの進展や新キャラの登場で主人公たちは控えめでしたが、大満足です

    最後の発情期でまさか…3人目が?!と思い、次回がまた楽しみになりましたヾ(●´∇`●)ノ

    このシリーズは私何巻でても買い続けます!永遠に続いてほしいですー!大変だと思いますが、頑張ってください□ 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    このシリーズは必ず泣く。何度読み返しても泣く。涙腺崩壊だよー。オメガバースなのに、エロは毎回少ないけど、めちゃくちゃ満たされる。買ってよかったといつも思います!今回も素敵なお話でした!ひーくんに元気づけられる。良くやった!!って思います。弘さんと真生くん夫婦やばいっ。ほんと理想の夫婦で、理想の家族だなぁ。
    最後の最後に真生くんが…色っぽいかったー!次はどっちかな
    まちゅと、ゆっくの今後も楽しみ!!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 もー!このシリーズ大好きです!!なんという優しい世界。BLとか関係ないね!オメガバースも関係...あるか。葛藤の中での家族愛。子供って最強なんだなぁ、、としみじみ。。ゆうきくんと松さんの今後の関係も気になる。前作、前々作と変わらず、ゆっくりと読める、じっくりと読みたい作品です。子供たちの成長にもほっこり。てか、ひかりん良い子過ぎるからっっ!! 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    オメガバースを好んでよく読みます。
    今シリーズも大変好きで読破していますが、今回はオメガバースの知識がないと、途中で展開の繋がりが読み解けない部分があったように思います。なので、オメガバース初心者さんには、ある程度世界観の把握が必要だと思われます。
    もちろん、ひーくん、ひなちゃんの尊い可愛さは、オメガバース関係なしに楽しめますよ!今回が、一番わちゃわちゃしていて、シリーズ史上一番楽しい巻でした!

ネット上のイメージ

可愛い
家族
子供
幸せ
優しい

イメージの近い作品(ランダム)

  • そして…二人
    夫が長期の海外赴任になり、その間幼い娘との生活は大変だろうと、夫の実家に同居することになった主人公。初日、姑に、今日からはこの家の一切の家事をやれと言いつけられ、その日から姑は何もしなくなった。そんな生活が続いて数年後、舅が亡くなり、夫も事故で亡くなり、小姑も夫の転勤で引っ越していき…
  • お互い40代婚
    大人気イラストレーター、たかぎなおこの結婚&出産、子育て模様。40代ならではの焦燥感と貫禄? をたっぷり味わえる、ファン待望のコミックエッセイです。ひとりぐらしを満喫して、仕事に趣味に楽しい毎日をおくってきたけれど、楽しいからって私、ずっとこのままでいいのかな…?そんなときにカニがご縁で(?)仲良くなった通称「おつぐやん」。ほのぼの優しくて、食べ物の趣味も合うし、なんかこの人いい感じじゃない…?お互い40代で出会ったからこそ、オトナの幸せを満喫…と思いきや、妊娠・出産は待ったなし!!「別冊レタスクラブ」に掲載された漫画に加え、書き下ろし94ページ!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 狼パパは羊ヅラしてやってくる【シーモア限定おまけ付き】
    子持ちの男とは恋愛しないと決めていたのに、男手ひとつで子育て中の会社の後輩・真木に恋してしまった。これ以上好きになる前にいっそ関係を壊してしまえと、ある晩、真木を誘ったら意外にも乗ってきて…!? 「ただの誠実なパパだとでも思いました?」お悩みラブ!
  • の、ような。【紙・電子共通】
    それは人生の劇的変化…。一人暮らしの希夏帆の前に恋人・愁人が連れてきた二人の少年。二人は愁人の親戚で両親を失ったばかりの兄弟だという。希夏帆の家で生真面目な中学2年生の冬真、天真爛漫な5歳の春陽、そして愁人の4人は同居生活をすることに。戸惑う日々の中、彼らの新たな関係が始まるーー。

イメージの近い作品(最近)

  • となりのメガネ君。
    男勝りな栗子と少々どんくさいメガネ君・美波は血の繋がらない同い年のきょうだい。5歳の時に美波の両親が亡くなり、栗子の家の養子になって以来いつも一緒のふたり。でも最近、その関係に変化が――!? せつない桜色のラブストーリー「コイシイヒト」も併録!
  • チーズスイートホーム
    この子猫、拾ってください。モーニングで大人気の猫漫画、完全オールカラーで配信! さんぽ中にぽーっとしてて迷子になっちゃった、のんきな子猫に手を差し伸べたのは、ペット禁止のマンションに住む家族だった――。