© 講談社

東京で漫画家をしているニコ。家族は宮城に住む母と婆。実家は震災の時に流されてしまったけれど、婆の希望で、母が頑張って同じ場所に家を建て直した。そんな実家に久しぶりに帰省した際、ニコは婆の奇行を目にする・・・。幼い頃から、外で働く母に変わって、いつもニコの世話を焼き可愛がってくれた婆。しっかり者の婆が、なぜ・・・?大好きな婆が知らない人みたいになっていく・・・。ニコはまだ、認知症を知らなくて――。

わたしのお婆ちゃん 認知症の祖母との暮らし

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

わたしのお婆ちゃん 認知症の祖母との暮らしのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

8件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 爺ちゃんは病気で他界したのだけど、残された婆ちゃんはだんだんボケていったな。認知症ではなかったみたいだけど…。私は独立してるから、たまに実家に帰って母さんや父さんが婆ちゃんに怒ってるの見るの嫌だった。でも、自分は優しいフリして何もしてなかったんだよね。毎日会わないから父母の苦労は分からなかった。
    そんな婆ちゃんも亡くなり、父も病気で亡くなり、長らく実家に居た弟も結婚して家を出た。…が、私も弟も母さんが心配で近距離別居。母の希望。
    来年古希を迎える母さんはまだパートしたり地域の役員やったり精力的。
    今はいいけど、いつ糸が切れるか分からないもんね。
    いろいろ考えさせられた。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    認知症の家族あるあるが詰まっていました。特別な病の人には特別な環境が必要なのだと割りきらねばつとまらない。施設への入所はメリットもたくさんある。そう割り切ってみても残る罪悪感。介護に苦労されている方へお勧めです。自分だけじゃない、みんな大変なんだと知る事で抱える重責が減ったように感じました。

  • 100

    cmoa

    母親のように自分を育ててくれた祖母が、東北大震災で被災した頃から認知症がひどくなっていく様子を、孫のニコさんの目を通して描いた作品です。
    認知症の家族を抱える苦悩と、それを受け入れようとするニコさん達親子の葛藤に切なくも心に残るお話でした。

  • 80

    cmoa

    泣けます…。作者がおばあちゃんを思う気持ちも、おそらくおばあちゃんが思っているだろう色んな不安や寂しさの気持ちも、胸をえぐるように伝わってきて涙が止まりませんでした。自分の家族や、大切な人のことを思い出しました。

  • 100

    cmoa

    介護施設で働いていますが、改めて気付かされることが多いお話でした。私の祖母も認知症が始まっていることも重なり、時折胸が痛くなるシーンもありました。認知症とは、介護とは、家族とは、考えさせられる漫画だと思います

  • 100

    cmoa

    最初はお婆ちゃんがかわいい!と思っていましたが、途中からは認知症のリアルさを感じ、認知症が始まってきた自分のお婆ちゃんのことを考え、優しくしようと思いました。

  • 100

    cmoa

    明るく、でも重い内容を可愛らしい
    絵柄で赤裸々に描いてくれてます
    本当に今の時代に誰もが直面する問題で
    考えさせられました…

  • 80

    cmoa

    切り離せない問題。認知症について直面から戦おうとしない主人公に最初はかなりイライラさせられた。

ネット上のイメージ

家族
優しい
感動
可愛い
切ない

イメージの近い作品(ランダム)

  • ひそひそ-silent voice-
    ただ漫然と無気力に高校生活を送っていた光路は、ある日、木漏れ日の下で犬や猫に囲まれて眠る男の子・大地を見かける。 光路は、大地が 「もの」 や 「動物」 の声を聴く不思議な力の持ち主だとすぐに気付く。それは、光路が同じ力 ―― 今は失われた ―― をその昔持っていたからだったのだが…。 藤谷陽子が描くイノセントふしぎストーリー第1巻。
  • 暇恋い【電子】
    亡き祖父の家に住むことになったサラリーマンの幸一朗。しかしその家には、霊力を失った座敷童子が先に住みついていた。名前がないという彼に「あずき」と名付け、彼の霊力が戻るまで一緒に暮らすことになって…?【電子書籍限定描きおろしマンガ5P「幸せの勉強」収録】

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 夜はともだち
    いたぶること、唯一ゆるされた愛しかた。ノーマル似非S×真性ドM。――顔は可愛いのに、無口で無表情でミステリアスな飛田(とびた)くん。飛田くんが、実はゲイでドMだと知った真澄(ますみ)は、好奇心からサド役をかってでることに。プレイの終了は2人の繋がりも解消されるとき。しかし真澄はプレイメイトという限定された関係以上を期待するようになって──。「SとM」。役割以上の繋がりを求めてはいけない…?
  • 4分間のマリーゴールド
    救命士になったばかりの花巻みこと。彼は「能力」があることに気づく。手を重ねた人の「死の運命」が視える。自分の大切な人の「死の運命」まで……最愛の義姉・沙羅。彼女の命はあと365日。これは「死」の運命が視える救命士の祈るような愛の物語。

イメージの近い作品(最近)

  • はじまりのにいな
    『初めて会うはずなのに、私は確かにその人を知っていた。ずっと前から、生まれる前から。青八木新菜、10歳。前世から、あなたのことが好きでした』桜咲く春──。新菜はボールを拾いに入った隣家の庭で、前世の恋人・篤朗(25歳)に再会する!! 切ない年の差転生ロマンス☆
  • わたしのお婆ちゃん 認知症の祖母との暮らし プチキス
    「お母さんと一緒に死のうかと思うの」久しぶりに帰省した際の母の衝撃発言に動揺するニコ。東日本大震災で母は婆を必死に助け、流された実家を婆のために同じ場所に建て直していた。幸せな家庭だったはず。それなのに、なぜ…?「昔の婆とは違う」とは?ニコはこの時まだ、婆の変化を、母の置かれている状況を、認知症を知らなくて――。第1話「いっしょに死のうと思うの」、第2話「いつもと変わらない婆ル」を収録