© ハーレクイン

輝く美貌と肢体を売り物にしてきたタレントのアンジー。元夫から慰謝料にもらった美しい屋敷で静かに過ごそうとしていたが、そこには以前の主ヴィットリオがいて……!?

ハーレクイン 月夜の告白

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 月夜の告白のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

19件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    ヒロイン、当人としては精一杯生きてきた感じはあるのだけれども、如何せん理解しにくい生き方。
    恋人を捨て結婚し、失敗し、人生やり直すも、行き当たりばったりにレモン畑とバラ。
    訳あって手塩にかけた農園を手放した彼は、レモンへの未練からヒロインに巻き込まれてしまう。
    芸能人だからと色眼鏡で見て欲しくないだろうに、金策に少し戻ったり、彼ならずとも、読み手のこちらすら、彼女のやることには振り回されるばかりだ。

    彼のプライドもわかる。
    ヒロインの積極性は魅力ではある。
    それがなければ、このハピエンにたどり着けない。
    でも、何より、結末への原動力はおじいさんであったことに、そもそもの設定を考えると不自然でならないのだ。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインがいい。人に自分に真っ直ぐ向き合う。恋人に裏切られ、若い女性の弱味に漬け込まれ結婚して、また裏切られ、サムとやり直す為にイタリアへ。ヴィラを譲り受けたのがヒロインだったからヴィラもレモンも守れたんだよな〜。ちょっぴり後ろ向きでプライドが邪魔をしちゃったヒーローだけど、ヒロインとサムのお陰で前を向けて良かった。薫り豊かなお話でした。

  • 80

    cmoa

    テレビではおばかさんな女優を演じるが本当は傷つきやすい英国女性と悩めるイタリア青年の純愛物語です。
    相手を知るたびに惹かれあってゆく二人…ハーレクインです。
    後半ぼろぼろ泣かせていただき、以来作者・高山先生の大ファンに。おじいちゃん子にはツボかもしれません♪…小ネタですが、原作者・ルーシー・ゴードンさんのお話には英女性×伊男性+おじいちゃんのコンボが多いような…(汗)

  • 60

    cmoa

    ハーレにはキャラを演じるヒロインが出て来ますが、こちらのヒロインは分かり難かったです。色んな要素を詰め込み過ぎでヒーローサイドの問題とかそれでいいのか逆に気になってしまう。サムは全てが唐突で、広げた風呂敷そのままで完結してしまった感じ。ヒーローが陰気なイタリア人なのは珍しい。

  • 60

    cmoa

    高山センセイの作品が大好きで読ませてもらってます。
    レビュー評価も良いので購入。
    期待が大きいからか少し物足りない。人物も設定も良いのに・・
    LOVEの描写が少ないせい??
    HQでの期待値が高いせいですね。とはいえ絵もきれいなだけではなく
    表情豊かなので素敵な作品です!

  • 80

    cmoa

    先生の絵が綺麗で好きなのでサンプルを読んでみたら、後半思ったより深くいいお話でしみじみしました。ヒーローヒロイン共に苦労してこの場にいる。アマルフィというイタリアの情景がストーリーに生きていると思います。登場人物、特にヒロイン祖父が魅力で良いお話でした!

  • 60

    cmoa

    イラストも綺麗だし、ストーリーも爽やか。レモンの香りがしてきそうな気がします。こんなところに住みたい

    「今までと違う生き方をしてるのも私の選択なの」って言い切るヒロインのセリフがお気に入りです。
    爽やかすぎて物足りなく感じる方がいるかもしれません。

  • 80

    cmoa

    芸能人っというだけで好奇の目にさらされながらも懸命にいきているヒロインに涙しました
    ヒーローも徐々に理解し、家族が見えた矢先にまたなくし、再出発しウエイトレスで頑張る姿も健気。ラスト少しあっけないので−1にしました。

  • 80

    cmoa

    ヒロインの芯の強さがかっこよくて、うらやましい!
    ヒーローが付け込んだと思われたくなくて苦悶する所も好き!でも認知症のおじいちゃんのくだりがあまりにも都合よく進みすぎて、ちょっとイマイチでした。

  • 100

    cmoa

    今まで散々な人生なのに唯一の家族の愛する気持ちで頑張っていて泣けちゃうくらい強い。

    この絵も素敵だけど私は話もまとまっていて読みやすかったと思う

    今度こそ幸せになってほしい

  • 100

    cmoa

    おバカに見せかけて本当は自立した女性と誠実な青年の話。
    ヴィラの人達やおじいちゃんも含めて読了感が良くて泣けました。
    珍しく理性的でしたね、ヒロインもヒーローも。

  • 100

    cmoa

    元彼とか元旦那とか最悪だったけど、ヒーローの真面目さに救われた感じです。

    ヒロインも心の傷を負いながらも深い愛情を持った素敵な女性でした(^-^)

  • 40

    cmoa

    話があまりまとまっていないから
    えっ なんで?
    だから?
    って 感じ
    絵がすきだから
    買いしましたが
    損した気分でした
    でも 絵は綺麗

  • 80

    cmoa

    上手くまとまっていると思います。この後の二人には穏やかな暮らしがあるんだろ〜なと。子供が生まれ、家族が増えるところまで見たかったです。

  • 80

    cmoa

    絵が綺麗で読みやすかったです。全体的に爽やかな雰囲気ですが、おじいちゃんの件は泣けました。終わり方には少し物足りなさを感じました。

  • 100

    cmoa

    美しく強いヒロイン良いですね。ヒーローも惚れるよね。
    元彼と元旦那に天罰ないのが残念だけど、ハッピーエンド良かった。

  • 60

    cmoa

    始めのほうはとても印象的で続きが読みたくなりますが最後の結末はややあっさりとしていて物足りなかったです(>_<)

  • 100

    cmoa

    がんばりやと優しさがあって、とてもよかったですでも、後日談も欲しかった感じがします

  • 80

    cmoa

    おバカな芸能人を演じてきたヒロイン。本当は賢くて素敵な女性でした。

ネット上のイメージ

ヒーロー
綺麗
家族
教師
子供

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 献身
    天才外科医の失明…。私は彼からすべてを奪ってしまった!大好きな彼に償いたい!
  • 漫画家 檀からんセットvol.3
    檀からん先生の人気作品をピックアップしてお届けするハーレクインコミックスのセットです。「天使と悪魔の愛人契約」「天使と悪魔の結婚」「イタリア貴族の籠の鳥」の3巻をまとめて収録。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 王子様に片思い
    ピアは3年前、宮殿に招かれたことがある。それは、親友のジェニファーがサンリミニの皇太子と結婚した披露宴。ドレスアップした人々も建物も、すべてはまばゆく夢のようだった。“プリンス・パーフェクト”と呼ばれる皇太子の弟、フェデリコ王子も美しかった。でもまさか彼が平民の私のことを、覚えているなんて!? 今、妊娠中の親友を訪ねて再び王宮を訪れたピアを出迎え、王子はにっこり微笑んで言ったのだ。「礼儀知らずの貴女のことは、覚えていますよ」と!?
  • ハーレクイン あの夜の代償
    「見つけたぞシンデレラ。もう逃がさない」ブルックは勤務先の病院で思わぬ人物と再会した。彼は6年前、お互い名乗りもせずに熱い一夜をともにした男性。どうして彼がここに? 彼はジェド・マシューズという優秀な医師で、診療部長に就任したのだという。初対面のふりをしたのに、彼は鋭い眼差しを向け、あの夜の答え合わせをしてくる。彼が覚えてくれていたなんて…。この6年間忘れることのなかった想いがこみ上げる。でも私には秘密がある。5歳の息子のことは…。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 長い試練
    結婚以来6年間、夫に人格を否定され続けてきた令嬢・テスは、地獄のような結婚生活にピリオドを打つと決めた日、敏腕弁護士のアレックスと運命的な出会いを果たす……
  • 中年スーパーマン左江内氏
    さえない中年男がある日突然スーパーマンに? 主演:堤真一、その妻:小泉今日子という豪華キャストによる、地上波TV連続ドラマ化を記念し、全作品全カット完全収録の新装版で蘇ります。出世とも浮いた話ともまるで無縁な、さえない中年サラリーマン左江内氏は、ある日先代スーパーマンに見込まれスーパースーツをしぶしぶ引き継ぎます。日常の裏に隠れた、さまざまな人間模様を垣間見ながら、ささやかな希望をみつけ、ときには「正義」に疑問を感じ、思い悩む。練り上げられた全14話は、どれも「SF・異色短編」に匹敵する深みを持った大人の珠玉のストーリーです。連載は1977年『週刊漫画アクション』。2017年は誕生40周年にもあたります。左江内氏は、当時46歳だった藤子・F・不二雄とほぼ同年齢の主人公で、という立場も共通しています。「エスパー魔美」、「ドラえもん」の連載も絶好調で、『コロコロコミック』も創刊されたばかりの時期に、読者層をさらにグンと広げた本作は、藤子・F・不二雄が漫画家としてノリにノっていた時期のまさに隠れた名作と言えるでしょう。