© ハーレクイン

若きホテル王アンドレアスは我が目を疑った。あの惨めなウエイトレス姿の女はまさかシエーナ!? 5年前、シエーナはうら若き令嬢、アンドレアスはホテルの従業員だった。パーティーで出会ったふたりは身分差を忘れ激しく求めあった――そこへ父親が現れ、「乱暴された」とシエーナが告発するまでは。権力者のシエーナの父により暴力を受け仕事を奪われたアンドレアスは必死の思いでホテル王にまで成り上がった。再会に怯えている彼女を今度こそ思いどおりにしてやる!

ハーレクイン 愛の逆転劇

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 愛の逆転劇のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

28件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    私のせいでアンドレアスを傷つけ社会的にも貶めてしまったのに半年間も探してくれていた。それがどんな形の想いでも再会が嬉しい、そんなシエーナの想いがとてもよく伝わってくる冒頭です。もっと自分が利口だったなら、勇気があったなら、過去を悔やむシエーナの想いが切々と描かれ涙が溢れてきます。世の人の多くは知らない事でしょうが「良家」というのは行儀作法や勉学において厳しく教育されます。それは「体罰」を伴うことがあるのです。「伝統」の有る「家」では「当たり前」の世界なのです。しかしそこに育つ子供には地獄ともいえます。たとえそれらが身についたとしても心が正しく育つとは必ずしも言えません。それは「体罰」という名の暴力のせいで。一般的な子供が夢をえがく時間を 体罰に恐れ耐える時間に充てられてしまうのだから。擁護はしませんがそれがシエーナの父なのだろうと想像します、素質もあったのでしょうけど。耐えられずにそうとうに歪んでしまった。植え付けられたであろう「帝王学」という名の拝金主義、名誉欲、抑え込まれた恨み辛みを晴らす為に子供を、自分以外の全てを道具にしたのです。全欲求を満たす為に。その為に犠牲になった姉妹の身の上はむごすぎる。想像するだけで身を切られるほどに痛い。辛すぎます。自分を変えなければ全てを変えられないと思い詰め努力するシエーナが痛々しすぎるのです。全てが悲しい。それにしても作中に毒を含んだセリフのなんと多い事か。どん底へと導いていく感が溢れています。苦渋の想いで真実を語らねばならないシエーナの心中は如何ばかりか…ようやく全てを吐露してアンドレアスに謝罪することが出来た展開には心から安堵を感じました。しかし、しかし、しかし、ここが最大のHQ展開の見せ場であるP121のシエーナの告白「好きよ」と答えるシーンはいただけません。葛藤が永いだけにこの告白は 身体の奥底から絞り出すような叫びにも似たものであるはずなのに、そうであって欲しかったのに、アッサリ「1コマ」のみ???せめて片ページ、希望は見開きで、これは興ざめです。違う意味で泣ける。内容が重く暗いものだけに、もっともっと大きな光を放って欲しかった(泣)残念至極。心残りの有るエンディングでした。HQなのに…。

  • 80

    cmoa

    ヒロイン、再会できて良かったねと思う。彼も人生を狂わされたので、綺麗な再会劇の始まりではなかった。ヒロインが精一杯彼を誘い、彼も抗えなかった運命の五年前の出逢い。ヒロインの想いを台無しにする方向に暗転し、一瞬で彼を奈落に突き落とした忌まわしい事件。
    しかし、その時に抱いた相手を思う気持ちは途切れずー。
    お話の世界はひどい親を描くことで、ヒロインにとっての、暗黒の少女時代から脱け出す彼との結び付きをドラマチックに見せてくれたが、彼の苦労と許しは、ドラマが少し弱かったように思う。
    ヒロインの親のせいであって、ヒロインの責任ではない、とヒロインの立場で言いたいが、ここは、彼の被ったものも無視できないからだ。
    そして、気があったのはヒロインも同じ。

    それにしても、話がほの暗くて救いはハピエンである為に、後日談に多くの頁を割いていることは、全体のバランスを取ろうとした構成かと思われるものの、二人の関係の転換点が説明に頼っている気がして、そちらの視覚的描写にも紙幅使って欲しかった。もう少し感情面の推移を眼で見たかったと思う。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ではないみたいだけれど、グレイシーとロッコがで出てきますよ。

    ん〜、面白かった。全体的に面白かったんだけど、最後がねぇ(*_*;)期待しまくって読んだだけに盛り上がりのピークを見失ってしまって肩透かし。

    あそこまで、伏線も登場人物もその心情も上手く繋いでおいて、なんで結局はヒロイン自身でネタバレ?あそこは逃げてる父親〜とか、姉あたりからネタバレがよかったなぁ。そして、ヒーローが「そうだったのかぁΣorz」となるのが王道だけど好きよ(笑)

    まぁ、父親の影から自立したいヒロインが、自らの言葉で真実を告げることが過去の自分との決別になったのかなぁ。。
    でも、喋っちゃうとどうしても説明くさくなっちゃってやなんだよなぁ。

    伏線の回収は「どーだ!ドーン」ではなく「実はこうだったのよ。しっとり。」です。好みが別れるかもですね。

    しかし、相変わらず作者さんの絵は綺麗。心情や表情の描写も細やかで良かったぁ。そして、途中で出てきた家政婦さんが一番の良キャラだったな(笑)

  • 80

    cmoa

    貴族だから誰も手出し出来なかったのかも知れない 父親からの虐たいはヒロイン姉妹に多大なる傷を残した ヒロインに非は1つもない ヒーローに謝罪を受け入れると言われてヒロインはようやく癒せたのかも けど ヒーローも言っていたように 幼い頃から受けてきた虐たい しかも自分にではなく 自分への罰も姉が体罰として受けないといけない ヒロインには何も出来なかっただろうと容易に想像できる ラストに姉妹 そして義兄 みんなの幸せがみれてよかった 過去の辛いシーンには涙しました 感動の作品

  • 80

    cmoa

    ヒロインが可哀想過ぎて涙腺崩壊です。父親の虐○で辛い子供時代を送り、それが原因でヒーローを傷つけてしまいます。そうしなければ姉を守れなかった為だけどヒーローが気の毒過ぎる。最後は事情も分かってヒーローに愛されるヒロイン。ホントに幸せになれて良かった〜。もう少しヒロインの絵が綺麗ならいうことなし!ちょっと令嬢には見えなかったなぁと☆−1です。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵がきれいだし、女の人はかわいいし、男の人はイケメン〜(^o^)★
    内容もいい!!!
    復讐にかられると男の人は強くなるんです!でも復讐しようとした相手が令嬢からみなりが一般市民に!復習なんかできないですよね、また男性の葛藤が素敵です♪
    最後に男性が許すシーンはなんかキュンとします!

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この姉妹の父親はなにがしたかったのでしょう?妹の方に良い嫁ぎ先を見つけてとか,全く理解できない。よく自分の娘達に身体を売るとかさせなかったもんだ。5年前とヒロインとヒーローは完全に逆の立場である様に見えて,実際5年前のヒロインは父親の奴隷でしかなかったんだから,今の方が幸せかも。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインは裕福ながらも傷を抱えていてヒーローに出会い変わっていきますがヒーローが心の支えになってた訳ではなく自力で頑張っていたのでラストまで報われず可愛そうでした。
    兄のストーリー同様、父親が人格破綻者で、欲を言えばもっと痛い目あって欲しがった(笑)
    ラストの幸せの光景が救いです

  • 60

    cmoa

    ヒーローが酷い目に合ったのはヒロインの意気地が余りにもなかった為 その通りですヨーロッパの上流社会のお嬢様達って 一般常識がない と言うか 率直に言って 馬鹿 なのかしら……でも母親不在で父親が暴君過ぎる家庭だから仕方ない面も‥しかしヒーローの嘆きも分かります最後はハッピーエンド良かった

  • 100

    cmoa

    「情事の身代金」のスピンオフですね。ロッコとグレイシーが友情出演しています。相変わらず七星先生の作品は、濃厚で深いな〜。漫画というよりも、アニメーションを見ているみたいで楽しめます。今回ラブシーンにドッキドキですやっぱり期待を裏切らない内容でした。面白かったです

  • 80

    cmoa

    できてよかった。あまりにも複雑で残酷な生い立ちのヒロイン。全て円満に解決、関係復帰できてよかった。現実的には、登場人物の心の解放の為には、もっともっと時間がかかるでしょうけれど、ハーレクイーンですので早いです。お陰で後の長い人生幸せに過ごせますね。

  • 80

    cmoa

    親のせいでひと目見て惹かれた相手を酷い状況に追いやってしまったヒロイン。それから5年、自身も悲惨な境遇に陥っていた。ふたりの再会と誤解を解いて許し合うまでの流れが読み応えあります。シリーズ物ですが他の話を知らなくても問題なく楽しめます。

  • 100

    cmoa

    こちらの作品の関連作品を読んでいたため流れで購入しました。ヒロインの親がとにかく怖いし酷い。逆らえないヒロインは勿論仕方ないし、それにより被害を被ったヒーローもかなりかわいそうです。それでも惹かれ合う2人…切ないけど良かったです

  • 60

    cmoa

    普通によくあるHQ的なお話でした。身分の違い、捨てられた男がその憎しみを糧に成り上がり、今では落ちぶれた彼女に復讐をしようと近づくが彼女には秘密があった。「情事の身代金」のスピンオフでしたがあちらの方が面白かったかな。

  • 100

    cmoa

    ハーレクインって、いろいろと、「そんなワケ無いだろっ」って、ツッコミどころ満載ですけど、ハマります…。絵もキレイだし、面白かった。情事の身代金のスピンオフらしいので、そちらも読んでみようかなと思います。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 お互いに思いを抱きながらの擦れ違いストーリでよくあるパターンかなとおもいきや、シリーズを読んでみるとなかなか濃厚、最終ページでホットしました。

  • 60

    cmoa

    作者さん買いでしたが、ヒロインの過去が重すぎてヒロインには残念ながら共感出来ませんでした。ただ、他の方も書いていらっしゃるように、ヒーローの行動は当然のものばかり。根はとても優しいヒーローです。

  • 80

    cmoa

    情事の身代金のスピンオフ作品。ロッコとグレイシーも出ましたが、妹のお話です。互いに忘れられない存在だったのですね。すれ違いがあったけど、分かり合えていけたらいいと思います。

  • 100

    cmoa

    ヒロイン姉妹の人生が壮絶過ぎて辛い。
    ヒーローはそれに巻き込まれて犠牲になったわけだけど、真実を知ってヒロインを許し愛を認めることで二人が幸せになれて良かった。

  • 60

    cmoa

    あらすじを読んだときは、悪女に復讐する話かと思ったのですが、実際読んでみると、男の人の気持ちも分かるし女の人の気持ちも分かって、なんだか切なくなってきました。

ネット上のイメージ

ヒーロー
幸せ
姉妹
子供
綺麗

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 奇跡が街に訪れて
    アナは手厚い診療を行うことで評判の高い産婦人科医として、忙しい毎日を送っていた。そんなアナには誰にも話していない過去があった。5年前、夫を愛しすぎたばかりに、別れを告げなければならなかった自分の選択を、後悔したことはない。自分の勤務先の病院に、元夫のサムが赴任してくるまでは。アナは平静を保とうとするが、体温を感じるほど彼が近づいてきた瞬間、過去の幸せな思い出がよみがえり、心も体もまだ彼を求めている自分を思い知らされて…!?
  • ハーレクイン もつれた愛
    セリーナは幼い頃から父親に虐げられていたが、妹のおかげで心身回復して自立するためにチャリティの仕事に就く。しかし、ブラジルへ飛んだ彼女を待っていたのはかつての恋人ルカ! チャリティ財団のCEOだとセリーナに告げる彼の瞳は怒りに燃えていて…こんな形でふたたび出逢うなんて。7年前のあの日、パーティーで惹かれあうもルカは無実の罪にも関わらず麻薬所持で捕まった。そしてその罠を仕掛けたのは私だと今でも思っている。「今すぐ僕の目の前から消えろ」

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 誘惑された夜
    セクシーなドレスを身にまとい、バーに乗り込んだジェシー。彼女の任務は浮気調査のターゲットに近づき、下心を見せたら証拠を撮るというもの。やりたくないけど、どうしても臨時収入が必要だわ。標的の彼は写真よりも洗練されててあまりに魅力的だった。ダンスで体温が混ざりあい上昇。熱いささやきで誘われるが最後の理性が押しとどめ、その場から逃げだす。忘れるつもりだったが、本業の仕事の面接で現れたボスはなんとバーの彼! しかし、彼は別名を名乗り…!?
  • ハーレクイン もう一度信じて
    ヘレンは夫のダンを心から愛していた。少女だったときからの憧れの人と結婚して2年。最高の日々だった――ヘレンが会社を早退したあの日までは。風邪でもうろうとしながら帰宅したヘレンを待っていたのは、バスタオル1枚のゴージャスでセクシーな美人と半裸の夫。不倫。相手はダンのアシスタントのセリーンだった。あろうことか、ふたりは妻の留守中、自宅で愛を交わしていたのだ!「信じてくれ」ダンは言った。でも、いったい何を信じろと言うの!

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン キスは金曜日に
    2か月前、故障したエレベーターに閉じ込められたシャロン。暗闇の中で怯えた彼女はジャックという見知らぬ男性と愛を交わし、身元も知らない彼の子供を身ごもってしまう。しかし、クライアントとの初会議の日、つわりに苦しめられていたシャロンの目の前に現れたのはなんとその男性、ジャックだったのだ!
  • ハーレクイン シークとの一夜
    母の葬儀の日、イーヴァは驚くべき事実を知る。亡き父は中東の王国アザリムの王子で、自分はプリンセスとして隣国の皇太子との結婚話が進められているというのだ。しぶしぶ見合いに応じるが、相手のシーク・カリムはなぜか真夜中に血だらけで部屋に現れた。ひとまずソファで休ませるが、その夜、イーヴァは男性のたくましい腕に全身をさわられ、身体の芯を熱くひき裂かれる夢をみる。翌朝、裸で目覚めたベッドの横には彼がいて…!?