© ハーレクイン

ガブリエラは義理の兄ルーファスに恋していた。母がルーファスの父と再婚したその日から。だがその想いは、「金目当ての誘惑はやめろ」という酷い言葉で踏みにじられた。以来、ガブリエラは彼を憎んできたが、6年後、義父が亡くなり意外な遺言が明らかになる。ガブリエラとルーファスが遺産を相続するには、ふたりが夫婦となり、半年間一緒に暮らすという条件を満たせというものだ。なんてこと!私を財産目当ての悪女と信じている義兄と結婚ですって!?

ハーレクイン 罪深き結婚

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 罪深き結婚のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

14件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    勝手に疑っていればいい。息子であるだけで親の遺産を当然に相続できるのだとしたら、親の結婚によりその連れ子である娘が、なさぬ仲であっても相続を父となった人から受けられるのとは、全く立場は同じ。いずれも当人たちは「親」から受け取ったという事実だけ。彼にヒロインを蔑む理由なんて、実は無いし、その権利も無い。
    ヒロインは自分の感情に正直だった。彼は素直になっていなかった。

    夫婦が愛し合っていようがいまいが、届を出して誓約すれば結婚は成立する。
    それは、彼もヒロインとの結婚で同様に経てみたことだ。

    資産家が、自分達の財産を守ったり、他人が財産目当てであることへの不信感を募らせる話は定番だが、おのれ自身の活動による資産形成で無い限り、他人を疎ましく思い蔑むのは間接的にはそれも立派な財産目当ての行動。
    後妻とは、かくも動機を疑われるものなのかと、読んでいて、人の不信感の根強さというものに背筋が寒くなった。お話だけれど、まんざらリアリティが無いとも言い切れないほど、義理の孫も近寄せなかった彼のヒロイン母子不信の徹底ぶり。6年も疑惑を残したまま対立を続けていたのは、凝り固まりすぎていて、何の証拠もないだけに、ただ、すごいなと思う。

    「おばあちゃま」という存在をホリーに味合わせてやれなかったのは、彼の独り善がりだから、自分の思い込みで娘まで不用意に不幸を拡げた事実の損失分は大きい。罪の深いことをしてしまっている。

    彼の信じる信じないを決定付けた、社員の突然の出来事からの、彼の、ヒロインとヒロイン母への猜疑心氷解の自覚シーン、もう少しドラマチックであったら、と思った。強制結婚期間終了後の財産放棄は、ヒロインのプライドのためには理解できなくもないが、ただ無実を証明するためだけに自分の長年の希望も捨てることに、お話の世界とはいえ、突っ張りすぎてる印象だった。

    弁護士先生のところでの勘違いも、二人の間の取り違えが今さらそんなところで発生?との印象。

    以上はストーリー上の引っ掛かりだが、絵のほうはやはり、藍先生の黒の使い方が効いていると思った。ヒロインは少女のような面差しと、大人の女性らしさをたたえる体つきと、共存的に表現されており、魅力がある。

  • 60

    cmoa

    最初、親不在の別荘でプールに寛いでいる義兄にいきなり水着で迫り、肌を晒して縋り付き、貴方が欲しいと誘惑するヒロインに、正直ドン引きしました。
    母再婚でできた義兄とは言え、バツイチ子持ちで可愛い娘がいるパパなのです。
    義兄の娘は、ヒロインにとって義姪に当たります。なのに、その子は同じ別荘内にいるのに眼中外で(しかも実はプールから見える位置の建物内にいました)、恋する義兄しか見ておらず、必死にビキニ姿で誘惑するヒロイン。日本ならちょっと考えられません。
    どんなに若かろうが、です。
    処女だろうが、自分の身体に相当の自信もあり、謙虚も恥じらいもなく、義兄という雄狙いの確信犯。
    子供立場からすれば、私のパパに近づいて何してるの、という敵。
    ここでおっ始めなくて本当に良かった。
    離婚してれば幼い娘ガン無視でも許されるのでしょうか?
    正直マイナス星5個からスタートでした。
    作者の美しい絵柄がなければ、誘惑に負けて、抗って、また負けて、抗って、という印象。
    後半、ぐいぐいヒロインが良くなり、ようやく義姪の事も視界に入れ義娘として可愛がってくれて、本当に良かった!
    後半はヒーローがヒロインの身体を忘れられず、跪いた感じだったのは楽しかったです。
    ようやく星回復です(笑)
    ヒロイン最初の性格がどうしても好きになれないのでマイナス星2つ。
    作者力量と後半ゆえに買っても損は感じません。

  • 100

    cmoa

    作者さん買いでるが、この作者さんは遺言にまつわるお話が好きなのかなと思いつつ、読みましたが、これもよかったです。
    ただ、義理の兄弟になった二人をくっつけようとする親も、もしろん、そこに愛が見え隠れしたからなんでしょうけど、それは現実に外国ではありなのかと思いましたが、でも、内容も素敵でした。
    ただ、ヒーローは自分の先入観をすてられず、もったいない人生を送ってたんだなとおもいました。同時にそれを娘にもさせていたので。
    でも、最後に誤解もとけハッピーエンドになってよかったです。

  • 80

    cmoa

    想いを寄せる義兄にお親子で財産目的で誘惑したと誤解され傷付いたヒロイン。それでも美しく聡明な彼女が嫌味に感じないのは計算ではなく、お母さんに深く愛されていたという事が自然と出ていたからでしょう。だから何事も前向きでどうしたら皆が笑顔になれるか考えるヒロインにホリーは心を開いたのでしょう。ヒロインの冷たい態度に焦るルーファスに思わずニヤリとしてしまいました

  • 100

    cmoa

    こんだけされてもまだ好きだって思えるヒロインは凄い。きっと慈愛に満ちたお母さんだったんだろう。そりゃ侮辱されまくりゃ怒るし許せないよな。
    是非2回読んで欲しい。
    ヒロインの素晴らしさ、忍耐強く気高く誇りを持った生きざまに、ヒーローを殴ってやりたい気持ちになるから(笑)
    オススメします。

  • 60

    cmoa

    義兄のヒーローの思い込みでヒロインとヒロインの母が侮辱され続けたのに、それでもお互いの身体が求めて止まない存在で最後はハッピーエンド。義父の遺言である2人の結婚という条件、ずっと口もきかなかった2人がうまくいくと思ったのがすごいし、義理の兄妹なのに面白い設定です。

  • 80

    cmoa

    ヒロイン、一途過ぎて切ないあんなに酷く侮辱されてもやっぱり好きな気持ちは変わらなくて…報われてホントに良かった12も上なヒーローは大人なのに思い込みでひどい態度。許せんが、ヒロインが冷たくする前後からメロメロになってゆく(笑)ヒロイン、終始冷静で良かったです

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 過去のトラウマから反発し、素直になれない2人をヒーロー父にはわかっていたのか遺言で2人の気持ちを試します。
    近づいて初めてお互いを少しずつ理解していき改めて惹かれ合う2人…ヒーロー父GJ!

  • 80

    cmoa

    一目で恋に落ちたヒロイン。
    母の再婚で義理の兄となったヒ−ロ−に一目で恋に落ちた。だがヒ−ロ−には過去妻に裏切られた事がトラウマとなり財産目当ての女の人と近づいて来る女の人を疑ってしまう傾向にあった。
    この2人が誤解が解け愛し合うまでのお話。

  • 80

    cmoa

    ヒーローの心の変化がよくわかった 気づいてからの反省や対応もよかったし HQあるあるヒーローみたいに放漫でないのも良かった きちんと子供にはヒロインを立てたり すごいいい話てわけではないが 納得できる話が好き

  • 60

    cmoa

    人の話を聞かない俺様傲慢ヒーローと、それでも一途に想い続けるヒロインのお話。あれだけ嫌われても好きってヒロインすごすぎ!この先生の画力でもったようなストーリーです、ぅんやっぱり絵が綺麗でよかったです☆

  • 80

    cmoa

    男兄弟がいないので、こういうの憧れるー。しかも恋に落ちるなんてありきたりな内容で先がよめちゃうけど、やっぱり乙女心をくすぐる

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最初からハラハラして読んでましたが、最後は結ばれて良かったです

  • 100

    cmoa

    読んでよかった!ひさびさおもしろくてスラスラ読めてました!?!

ネット上のイメージ

ヒーロー
教師
可愛い
子供
綺麗

イメージの近い作品(ランダム)

  • 偽りのウェディング
    僕の妻になってくれないか――偽りの妻に「気持ちいいと、君の体は言ってるけど?」下級貴族の娘ジュリアーナは、容姿端麗・頭脳明晰、王子様のようなレナートに頼まれ偽りの結婚をすることに!? 名家の令嬢に遊びで手を出し結婚を迫られている彼は、ジュリアーナを偽の妻に仕立て、令嬢には諦めてもらおうと企てたのだ…。周囲に悟られぬよう、本物の夫婦のようにジュリアーナを愛撫し甘やかな快楽を与えるレナート。恋心を抱くジュリアーナに対し、「愛がなくても濡れるのはただの現象だ」と言うが…!?★ヴァニラ文庫のコミカライズ版★
  • ハーレクイン アラビアのプリンスと私
    英国名家の娘キャシーはアラビアの国に滞在中、隣国のプリンスが娘の家庭教師を探していると知った。つらい思いをする母国にはもう帰りたくない・・・キャシーは素性を隠して応募する。採用され迎えを待つ間、キャシーのテントに突然男性が入ってきた!シーク・ジャミル・・・私の雇い主だわ。まさか女性が眠るテントに断りもなく入ってくるなんて!彼はキャシーを奴隷を品定めするような瞳で見すえると「ここは私の国。許可を得る必要などない」と迫ってきて・・・!?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 屋根裏の聖母
    「結婚に異議を申し立てます」式場に響いた声にエリンは戦慄した。ディミトリ・マカロフ! ロシアの新興財閥の彼は美貌のほかにふたつのことで名を馳せている。ひとつは“辣腕の実業家”、そしてもうひとつはスキャンダル。美女、ギャンブル、乱痴気騒ぎ。危険なことには好んで飛び込んでいく。エリンはかつて秘書の身でボスである彼と一夜を過ごした。痛恨の過ちだと言い放った彼に身ごもったことは告げず姿を消したが、まさか7年後、結婚式に現れるなんて…!
  • ハーレクイン シチリア大富豪の誤算
    亡き双子の姉が代理母出産した子を養うジェマイマのもとに、ある日突然、現れた冷徹無比なイタリア人大富豪ルチアーノ・ヴィターレ――魅惑的な美しい瞳に軽蔑をたたえ、彼は言った。「オレの子供はどこだ? おまえが8か月前に産んだ子だ」なんと姉はジェマイマの名をかたって出産し、契約を無視して姿を消したらしいのだ。ルチアーノの誤解を解けば愛する甥を奪われてしまう…。ジェマイマは母親になりすましシチリアにある彼の屋敷へ同行するのだが…!?

イメージの近い作品(最近)

  • 王子様に片思い
    ピアは3年前、宮殿に招かれたことがある。それは、親友のジェニファーがサンリミニの皇太子と結婚した披露宴。ドレスアップした人々も建物も、すべてはまばゆく夢のようだった。“プリンス・パーフェクト”と呼ばれる皇太子の弟、フェデリコ王子も美しかった。でもまさか彼が平民の私のことを、覚えているなんて!? 今、妊娠中の親友を訪ねて再び王宮を訪れたピアを出迎え、王子はにっこり微笑んで言ったのだ。「礼儀知らずの貴女のことは、覚えていますよ」と!?
  • ハーレクイン ジュダールの王冠 千一夜におぼれて
    玄関のドアを開けて、カルメンは息をのんだ。憎しみに満ちた目でファルークが自分を見下ろしていた! 1年半前、国際会議で砂漠の国の王子ファルークと出会い、恋に落ち、そして妊娠した。けれど身分違いの彼と結婚などあり得ない。カルメンは妊娠を隠して身をひいた。今、事情を知ったファルークは娘をひき取りに来たと言う。抵抗しても無駄だった。腕をとられ荒々しく唇を奪われると、体中から力が抜けていく。彼の圧倒的な魅力に抗える女などいるはずがないのだ。