© ハーレクイン

「結婚に異議を申し立てます」式場に響いた声にエリンは戦慄した。ディミトリ・マカロフ! ロシアの新興財閥の彼は美貌のほかにふたつのことで名を馳せている。ひとつは“辣腕の実業家”、そしてもうひとつはスキャンダル。美女、ギャンブル、乱痴気騒ぎ。危険なことには好んで飛び込んでいく。エリンはかつて秘書の身でボスである彼と一夜を過ごした。痛恨の過ちだと言い放った彼に身ごもったことは告げず姿を消したが、まさか7年後、結婚式に現れるなんて…!

ハーレクイン 屋根裏の聖母

| ハーレクイン(出版)

86

非常に良い

32件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 屋根裏の聖母のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

32件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    息子を可愛がるヒロイン。 一夜の過ちとして片付けられてしまった翌朝から、彼の前から姿を消した。

    HQはなぜこうもひとりで父親を知らない子を育てる話が多いのか。そして、しかもなぜ、そこから結婚に?
    ストーリーはそれぞれに背景や経過を語り、男性に、その時から実はもう好きだったんだ、と愛を遅れ馳せながら気づかせる。

    ストーリーは新奇性無いが、相変わらず絵柄が断然魅力的で、コマの枠をはみ出してくる作図が巧い手法。
    男性も女性も、藤田先生は綺麗に描かれ、温かみがある。照れたような恥ずかしそうな表情に可愛いげがある。男性はヘルシーな存在感があり、かつセクシー。女性はどこか純な清潔感があり、そしておそらく男好きのするたたずまいとはこういうことではないだろうか、という雰囲気を持つ。

    彼ディミトリーの育った環境はかなり特殊で、さすがオリガルヒ設定とも言える一方、ロシアの利権抗争に、彼の父親ならば真っ只中にいただろうが、ディミトリーからは全く政治的野心を感じられない。これで、本当にオリガルヒ設定とは無理がないか?と思える、ハーレクインの甘さしかない。

    また、HQがよく使う舞台である中東も出てくるが、またまた、服装しかかの地を想像させるものがないほど、かなりらしくなさそうな光景ばかり続く。

    このストーリーで、私が強く記憶に残ったのは、「父親の責任を放棄する気はない」といった、ディミトリーの台詞と、「親とは途中で辞めることはできないのよ」と、ヒロインが彼に言った言葉。この基本が貫かれていることが本作品を信頼に足るクォリティにしている。

    彼への愛が消えていないことを再会したばかりで早くも自覚するヒロインと違い、ディミトリーは、ヒロインを愛していないと明言していた。
    しかし、冷たい家庭で父に愛されなかった、愛は注がれなかったと思って、家庭の味を知らないとばかりに暗い生育環境を思い返して、ヒロインへの愛を、それが愛だとの自覚がなかった。

    ただ、このストーリー、ヒロインは、彼からの彼女への、愛している、との一言がほしかっただけ。
    と言ってしまえば、みも蓋もなくなるが。藤田先生の作品世界は、そのどこかであったような話を、かくも美しく映像化してくれるハーレクイン職人だ。

  • 60

    cmoa

    7年もかかって〜。HQだから。でも、色々無理がある・・・かな。それかヒーローが相当バカなんだな。あんな事あって、酷いこと言われて、あんな場面見てそりゃ、居なくなるわ。多分、ヒーロー居なくてもヒロインは幸せになれたよね。女は強だよ。話は淡々と進む感じ。だからか、あまり・・・・。ヒーローの生い立ちもそこまで、正直同情をかうものでもなく。う〜ん、ヒロインの心が広いなぁと感じる話でした。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 育った環境のせいで女性関係にだらしないヒーローでしたが、何かをきっかけに改めます。存在を知らなかった息子を見たら自分にそっくり!一夜限りの元秘書の気持ちも、自分の気持ちも気付かず、酷い言葉を言いますが、それも自分の生い立ちから来るもの。克服してプロポーズする場面は素敵でした。息子が大人でしたね。最後のワンシーンが笑えました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    藤田先生の作品はどれも大好きだからこれも良かったわ。けど、ヒーローはダメでしょう痛恨の過ちと言われたヒロインの心情を思うとものすごーくムカつく。まあ複雑な子供時代があった事で少々大目に見てあげるけど、この先はヒロイン&レオを大切にしてよと期待を込めて。ヒーローは今ひとつだったけど、綺麗な絵と芯のあるヒロイン、可愛いレオ、そしてエンドの2人のやり取りが好きなので☆5つ

  • 100

    cmoa

    正直言ってヒーローとヒロインがあまりに淡々としているせいか、最後まで今ひとつ盛り上がらずに読み終わりました。でも藤田先生の美しい絵を堪能できただけでも幸せです。作家買いしても後悔しない方の一人です。個人的にはヒーローよりもシーク・サラディンが気になりました。彼のお話も藤田先生の絵で読みたいです。



  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインに去られて生活を改めた、って結構な衝撃を受けていたはずなのに探さなかった?と思うけど、自身が不義の子で、しかも義父が実父を殺したと思われる・・凄い背景がきちんとあって、きっかけがあってのこの結末なので納得しています。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    読んだあと、幸福感に満たされます。不器用で、刹那的な生活をしていた男が、落ち着いて、愛のある生活を掴むお話。初めはヒーローの冷徹さと非常さに、憤り悲しくなる時がありましたが、次第に雪解けのように自分の気持ちに気づいていったので、読み手としてはほっとしました。

  • 20

    cmoa

    藤田和子先生の作品は素敵だし評価も高いですね 私も好きな作品もあります でも この作品のように ヒーローがヒロインを見捨てておきながら 年月が経ってから子供の存在を知って ヒロインに近づく という内容はダメです←←購入したのは自己責任ですね( ノД`)…

  • 80

    cmoa

    ハーレクインの王道のボスと秘書、シークレットベビーものです。先生の絵でなければヒーローはただの傲慢で駄々っ子、生い立ちのせいとはいえちょっと面倒くさい人。彼が魅力的に見えたのは聡明なヒロインと可愛い息子のおかげ!最後のサッカーのシーンがよかったです☆

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 愛を知らないヒーローが何年もたってから本当はヒロインを愛していたんだ、と分かるお話です。レオが可愛い!ヒーローに会った瞬間に「パパだ」と分かったのに黙ったまま両親を見守っている姿に打たれます。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    女性としても母としても、しっかりしているヒロイン。
    ヒーローは幼少期の事もあって、ヒロインに対してスットコドッコイな態度を取る事もしばしば。
    そんな彼を変えられるのはヒロインだけ。
    息子も可愛くて、最後のオチも微笑ましかったので良かったです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 藤田先生の絵はとても繊細で、読んでいてもうっとりします。別れた二人に、ヒーローの切らない子供がいるのはハーレクインによくあるパターンですが、それを感じさせずに、一気に引き込まれてました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最後のヒーローのセリフにちょっとびっくり。サッカーで始まり、サッカーで終わったような気も…。
    藤田先生のハーレクインのヒーローは濃い髪色のイメージが強いので、ちょっと違和感が…。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    シークレットベビーがいるシングルマザーのヒロインが生活に困窮していた時にヒーローが現れる。始めはヒーローのキャラがあまり好きになれなかったけど、話しは面白く、ヒーローの衝撃的な過去が話しを盛り上げます。プロポーズのところは好き。

  • 100

    cmoa

    絵もとってもきれいだし、お話も丁寧に進んでいきます。登場する人物のキャラもすべていい
    藤田先生のお話は好きなものが多いです。
    でもときどき「あれ?」と思うものがあるのだけど、このお話は本当に買ってよかった

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵はよかったけど、内容がイマイチ面白くなかったです。ヒーローになんか腹が立って・・クーポンがあったので購入したのですが、レンタルにすればよかった。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    というイメージではないけど、とても意志の強い素敵なヒロインのおかげで、ヒーローが本当の意味でいい男になっていくお話しでした。欲を言えば、ラストはもう少しだけゆっくり展開してほしかった。

  • 80

    cmoa

    ヒーロー然りヒロインも!自分の生い立ちをものともせず、しっかり人生を軌道修正出来たヒーロー凄い!ヒロインもブレない一途さは羨ましい。作者には安心して読ませてもらえて感謝です。^_^

  • 100

    cmoa

    途中から 完全に ヒロインに感情移入してしまい 泣けてきました。ヒーローが ほんとにクズ野郎からの脱出で ホッとしました。これからは イケメン夫でパパでいてくれる事を信じてます!

  • 80

    cmoa

    ハーレクインのコミックは原作がとても良いのに、絵がいまいちというものが結構あります。でもこの作品の絵はすごくキレイで丁寧なので購入して良かったーと思えます。

ネット上のイメージ

ヒーロー
教師
可愛い
綺麗
子供

イメージの近い作品(ランダム)

  • 偽りのウェディング
    僕の妻になってくれないか――偽りの妻に「気持ちいいと、君の体は言ってるけど?」下級貴族の娘ジュリアーナは、容姿端麗・頭脳明晰、王子様のようなレナートに頼まれ偽りの結婚をすることに!? 名家の令嬢に遊びで手を出し結婚を迫られている彼は、ジュリアーナを偽の妻に仕立て、令嬢には諦めてもらおうと企てたのだ…。周囲に悟られぬよう、本物の夫婦のようにジュリアーナを愛撫し甘やかな快楽を与えるレナート。恋心を抱くジュリアーナに対し、「愛がなくても濡れるのはただの現象だ」と言うが…!?★ヴァニラ文庫のコミカライズ版★
  • ハーレクイン カリアキスの秘密の跡継ぎ
    国王の伝記制作のため、地中海の島国アゴン王国を訪れたジョーは出迎えに現れた王子様を見て驚愕した。テオ!5年前、身も心も捧げた運命の恋人。しかし、リゾート島を出ていった彼から連絡はなかった。その彼が、まさかテセウス殿下だったなんて。彼は偽名をつかい、短いアバンチュールを楽しんだに過ぎなかったのだ。ジョーにとっては最愛の息子を身ごもり、人生を変えた夜だったけれど。そして今夜、彼は王家のため舞踏会で未来のお妃探しをすると聞き――。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン ジュダールの王冠 千一夜におぼれて
    玄関のドアを開けて、カルメンは息をのんだ。憎しみに満ちた目でファルークが自分を見下ろしていた! 1年半前、国際会議で砂漠の国の王子ファルークと出会い、恋に落ち、そして妊娠した。けれど身分違いの彼と結婚などあり得ない。カルメンは妊娠を隠して身をひいた。今、事情を知ったファルークは娘をひき取りに来たと言う。抵抗しても無駄だった。腕をとられ荒々しく唇を奪われると、体中から力が抜けていく。彼の圧倒的な魅力に抗える女などいるはずがないのだ。
  • ハーレクイン シチリア大富豪の誤算
    亡き双子の姉が代理母出産した子を養うジェマイマのもとに、ある日突然、現れた冷徹無比なイタリア人大富豪ルチアーノ・ヴィターレ――魅惑的な美しい瞳に軽蔑をたたえ、彼は言った。「オレの子供はどこだ? おまえが8か月前に産んだ子だ」なんと姉はジェマイマの名をかたって出産し、契約を無視して姿を消したらしいのだ。ルチアーノの誤解を解けば愛する甥を奪われてしまう…。ジェマイマは母親になりすましシチリアにある彼の屋敷へ同行するのだが…!?

イメージの近い作品(最近)

  • 王子様に片思い
    ピアは3年前、宮殿に招かれたことがある。それは、親友のジェニファーがサンリミニの皇太子と結婚した披露宴。ドレスアップした人々も建物も、すべてはまばゆく夢のようだった。“プリンス・パーフェクト”と呼ばれる皇太子の弟、フェデリコ王子も美しかった。でもまさか彼が平民の私のことを、覚えているなんて!? 今、妊娠中の親友を訪ねて再び王宮を訪れたピアを出迎え、王子はにっこり微笑んで言ったのだ。「礼儀知らずの貴女のことは、覚えていますよ」と!?
  • ハーレクイン 罪深き結婚
    ガブリエラは義理の兄ルーファスに恋していた。母がルーファスの父と再婚したその日から。だがその想いは、「金目当ての誘惑はやめろ」という酷い言葉で踏みにじられた。以来、ガブリエラは彼を憎んできたが、6年後、義父が亡くなり意外な遺言が明らかになる。ガブリエラとルーファスが遺産を相続するには、ふたりが夫婦となり、半年間一緒に暮らすという条件を満たせというものだ。なんてこと!私を財産目当ての悪女と信じている義兄と結婚ですって!?