© ハーレクイン

“神様、不憫な私に金髪で背が高くてハンサムな彼をください!”エマは限界だった。婚約していた同僚に婚約破棄され、社内で腫れ物のように扱われる日々…。彼女はつい強がりで口走ってしまった。「私、最高の恋人ができたの!」それならばと、エマは元婚約者の結婚式に、いもしない彼と出席することに――。慌てて代役を探したが、万策尽き果て残されたのはもう神頼みだけ。エマが願い事を入れたボトルを海に流すが早いか、なんと願いどおりの男性が彼女の前に現れ!?

ハーレクイン 神様、お願い

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン 神様、お願いのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

8件のネット上の評価があります

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 かつての恋人の結婚式に出る為に見た目の良い恋人役を探す話だが、金髪碧眼で背は195だとかホラを吹いてしまいその条件に合う男性を探すとか、、、恋人役を探せないと、自分が惨めになるだけでなく、仕事上も立ち行かなくなる為、断られると、海に入ってゴネる。ヒロインに全く共感出来ず、幸せな気持ちにもならず、全くオススメ出来ません。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ボスの娘に乗り換えられて捨てられたヒロインがカッコイイ彼がいる! とウソをつくのはよーく理解出来ます。代理彼が見つからず死にたい気分になるのも。最後に元彼を振るのもスッとします。星が少ないのは代理彼を探すところ、必死感を出すためか、ヒロインが汚く見えて残念。原作が借りられないのも残念。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ハーレクインの中でも時代設定は、新しい方だと思います。サーファーで鮫にのお陰で豪邸に住んでいるのでハーレクインなのでしょうか。ヒロインの顔が可愛い時とそうで無い時があり感情移入しにくかったです。

  • 40

    cmoa

    ヒーローの過去とその後の成功が、ハーレクインでは意外性があって新鮮でした。トントン拍子とはこのことだと思いますが、積極的な女性はいいですね。欲しいものを手に入れられるのは、そういう女性だろうなぁと改めて思いました。

  • 40

    cmoa

    サメに喰われたって、どこを喰われたの?襲われたの間違いじゃないよね。。。そしてそれが原因で彼女が去ったって設定も意味がわからない。ストーリーは面白いのに色々と残念です。

  • 40

    cmoa

    そんなヒーローの設定は今までにないなと思いました。よく生き残れたなと。そして、なんで元カノは、サメに喰われただけで去っていってしまったのかが不思議。

  • 40

    cmoa

    婚約したのに運命の相手に…って、なんか最低な屑な元カレにも腹が立つ内容。今カレに選んだ彼は、鮫に喰われたっていう設定もビックリですが。

  • 40

    cmoa

    悪く無いのに何故か物足りない。テンポは良いのにあっさりしすぎてるのかな?

ネット上のイメージ

ヒーロー
お仕事
可愛い
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 華麗なる企て
    恋に落ちた公爵は、馬丁になりすまして潜りこみ…!?
  • パパ活男子は今日もきまぐれ【電子限定かきおろし漫画付】
    恋した相手は“タチ専”パパ活男子!? フリーライターのマナブは仕事も私生活もうまくいかず、孤独を紛らわすためシェアハウスに引っ越したものの、より寂しさが増す日々。ある日、隣の部屋を興味本位で覗いてみると、汚部屋の中にイケメンが転がっていた! 茅根に一目惚れしてしまったマナブだったが、彼の正体はドMなパパを抱いてお金を稼ぐ「パパ活男子」で…!? ※帯に記載のプレゼントフェアは電子版は対象外となりますので、お気をつけ下さい。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 噂の傲慢社長
    傲慢な社長の出張に私が同行!? 不安のはずが…!?
  • ハーレクイン あなたがまぶしくて
    美しく才能溢れる弁護士ギデオンの結婚式のプランをまかされたアリスは、壮大な彼の邸を訪れ驚いた。庭師も家政婦もそろって若き美女なのだ。まるでハーレムだわ。使用人でこれなら、彼の結婚相手はきっとすごい美人よね。ところが会ってみると婚約者は平凡な女性で、しかも結婚に乗り気でない様子をみせる。彼ほどの男性になんの不満があるのかしら? そう思ってアリスは愕然とした。私、婚約者のいる男性に心を奪われてしまっている…。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 花嫁にプロポーズ
    病気の祖母と亡き父の借金を抱え、昼は不動産会社そして夜はレストランで身を粉にして働くカイラ。ある時、社内で若きやり手と名高いジェームスに、彼が進めるプロジェクトの助手に抜擢される。こんな平凡な私にどうしてこんな大役を…!? またとないチャンスだったが、勤務に時間制限のあるカイラは身を切る思いで彼の申し出を断ることに。「君が必要なんだ!!」断られてもなお端正な顔をカイラに近づけ、熱いまなざしを向ける彼。カイラは高鳴る胸の鼓動を抑えられず!?
  • ハーレクイン 氷の炎
    リディアは秘書募集の面接を受けた。社長のウルフは息をのむほどハンサムだが、とんでもない暴君だった。こんな人の下では私はとても働けない。ところが提示されたサラリーを見て、何がなんでもこの仕事を手に入れたいと思った。お金が必要なのだ。かわいい娘ハナのために! ウルフが求めるのは、機械のように仕事をこなし、彼に恋心を絶対に抱かない秘書。ミセスである私ならその条件にすべてあてはまる。たったひとつ、大きな嘘をつかなければならないけれど…。