© ハーレクイン

亡き双子の姉が代理母出産した子を養うジェマイマのもとに、ある日突然、現れた冷徹無比なイタリア人大富豪ルチアーノ・ヴィターレ――魅惑的な美しい瞳に軽蔑をたたえ、彼は言った。「オレの子供はどこだ? おまえが8か月前に産んだ子だ」なんと姉はジェマイマの名をかたって出産し、契約を無視して姿を消したらしいのだ。ルチアーノの誤解を解けば愛する甥を奪われてしまう…。ジェマイマは母親になりすましシチリアにある彼の屋敷へ同行するのだが…!?

ハーレクイン シチリア大富豪の誤算

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン シチリア大富豪の誤算のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

46件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    見るからにまっとうな生き方をしてるなりをしてるも、それを最初は嘘だと思う。接触するうちに違うのかなと。自然にいくかと思えばいやいや騙されるな、と、戸惑い隠して疑い続けようとするも、結局確認。もうヒロインに魅力を感じている自分が(←ルチアーノ)。だって職業考えると嘘もない。そっちを確認しなさいよ、勤務履歴ですぐわかる。
    それでもこれはお話だから。
    赤ちゃんの親権はHQ定番中の定番。でもここはあれ?、最後にバレるヒロインが隠してることが、簡単に事が運んで拍子抜け。自分で「名士」を名乗る彼、しょうもなさ過ぎて笑える。

    惚れた方が負け、というなら、二人のシーンで少し甘さを足しておいて欲しかった。けれど、17か月待った、という下りは胸が痛かった。部下も家の使用人も皆憎めない。彼が本当は繊細で、優しい人、というのをヒロインが見抜くのもいいところだったと思う。クライマックスとはいえ告白シーンに少しドキンと来たかった。羽生先生の描かれる綺麗な絵が、ここに感情的な盛り上がりより、端正さを狙うのが、私的にはウーン、なのだ。
    ドラマ的に、なんだ、そうだったのか!、というのをより味わって見たかった。そこにお話の主眼がなかったと言っても、物語終盤のただただ筋が絵になったという感覚ではない、「読んでる」気分よりも、二人を「眺めて」、互いに、相手の想いを、または相手へのどれだけ想っているかを、より感じ取りたかった気分が残った。

    ただ、私が読んだ羽生先生の他のHQ作品よりも、時間をかけて読めた。
    双子ものは、ホントにHQには多いなぁとつくづく思う。

    蛇足:私の甥っ子は、その月齢で哺乳瓶を手で持って飲んだ。(私の娘には全然出来ない事だった)
    「マンマ」は言えるかどうかまでは記憶に無いけれど、多分喃語(つまり大人は特定の意味付けを取りにくいが、言いたいことを、赤ちゃんなりに発声出来る音声で、表現を試みてる)として、かなり言ってたような気がしてる。甥っ子はもちろん、それなら我が娘も。彼等なりの言語は早くから発してる。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 純粋で自分の出自を嫌悪しているルチアーノ。良くも悪くも全てを彼は持っている。指を一本鳴らせばー、というところは自覚して熟れているといえる。当初、17か月その手に抱くのを待っていた子供を取り返しに来る場面でも、有無を言わせずに引き取っていくつもりだった。しかし、ジェマイマに出会ってしまった。本来ルチアーノが欲していた暖かな家庭を思わせるもの。自分の出自では入手困難なものだ。牧師の言葉によって自らの進むべき道を見出した彼にとって、牧師であるジェマイマの両親を見た時から、彼女への攻撃は威力を亡くしていた。横柄で強い口調をしていても強引なことはせずひたすらに冷静に、穏やかにと自制している姿には可愛らしささえ見受けられる。すでにジェマイマに惚れてしまったのだ。その後は淡々と進んでいくがこれは羽生先生の絵の特徴故と感じる。感情による起伏表情の乏しさ、セリフは強いのに絵からはその熱さが伝わらない。好みはあるだろうが、物足りなさを感じてしまう。ジェマイマの環境の変化に特化した情景描写が多く、ルチアーノにときめき、心揺れるものが乏しい。ルチアーノを取り巻く人たちも強面であるが憎めない人柄が伝わりはするが、もっとジェマイマが居心地よさを感じていることを分からせてほしい。裏家業は辞めたとはいえ、それらに従ってきた人たちを路線変更させるためには、不本意でも染まらねばならない部分があったはず、その対比を色濃くするのもジェマイマの表情(居心地よさの様)の大きさにあると考えるのである。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    作者さん買いです。とにかく、好きなんです、この作者さんのお描きになる男性も女性も。たまに 見惚れたいなぁって思うんですよ、読みたいなぁ、じゃなくって、それくらい、絵風が好きで、この作品もそういった 不足最中に購入して読みました。とにかく、ハーレクインは美女と美男の恋の駆け引きがキュンキュンしますよね。この作品も意地っ張りの二人に さんざん キュンキュンしました。好きっていう一言が言えなくてえ、いじらしい、です。ハーレクインはハッピーエンドだとわかってるので、フフフフフーって鼻歌交じりでも読めるのが最高ですね。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 トラブルメーカー。そんな妹に振り回されて借金を抱え、恋人も寝盗られたのに、健気に妹の尻ぬぐいをする真面目な教師の姉。トラブルメーカーの妹が代理母をして金を盗みドラッグに溺れ死んだ。その尻拭いを勝って出た姉と代理母を雇ったセレブイケメンとの恋、なかなか進展しない仲なのに意識し合ってる感じがいい。作者さんの絵が好きです。特にS系イケメンが!カッコ良すぎます。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    良かったかな。初めて羽生先生の作品を購入しました。絵はとても綺麗。ストーリーは…良いんだけど、最後があっさりでちょっと残念。最初からお互い惹かれつつあるのはバレバレだけど、それにしても最後の数ページでホントの結婚まで一気に進んでしまってもうちょっと膨らませて欲しかったです。代理出産、結局子供はヒーローと誰の子?双子の姉?所々モヤモヤが残ってこれも残念のひとつ。試し読みで期待した分、ちょっと肩透かし。

  • 80

    cmoa

    ルチアーノとの出会いも最悪だったけど、出会ったことによって2人とも幸せそう。始まりは生き別れた双子の身勝手な姉との再会で、借金、契約違反な代理出産、子供放置で預けたままとか。子供の父親がルチアーノで迎えに来たり、成り済まし代理出産だったり。またHQらしく変な駆引きで、自滅するとか?今回は珍しく、ルチアーノのプロポーズ三昧で面白かった。色んなものが、てんこ盛りです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローを見るたび頬を赤く染めてるヒロイン、嫌みのない健気さで可愛いすぎます!
    購入してからもう何度も見返してますが、ストーリー的にも見返す度に徐々に可愛い!可愛い!が増えていきます。
    ヒーローのしつこいか?しつこいか?と気にしながらのプロポーズ、最高です♪ 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローの大富豪の傲慢ぶりが典型的なパターンですが、この作品ではヒーローはすごくいいひとのようです。
    ストーリーもよくあるパターンではあるのですが、いいですね。
    一番いいのは「オレも自分が一番すきなタイプのように見える」と自覚してところがいいですね。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    赤ちゃんでも、ヒロインでも無く、ヒーローのルチアーノが一番可愛かった。乱暴者でキレやすいのを自制しようとブツブツ言うのも、イケメンだと思ってるからか(イケメンですけど)自虐ツッコミしたり(笑) 王道のハーレクインヒーローでは無いかもしれないけど、思春期こじらせてる感が良かったです。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 なんだろう・・・話の設定はよかったのに彼との進展がいまいち期待とは違って平凡な感じだった。
    男に心引かれる理由が薄くて。一目惚れってことかな?もっとしっかりとした展開が欲しかった、価格と比べると満足感はない。 続きを読む▼

  • 80

    cmoa

    ヒロインは外見は美しく、内面は強く、素晴らしい女性。まだ24歳だけど、さすがニッキーを育てただけある!ヒーローはものすごく俺様だと思うけど、ヒロインが言うように回りの人に慕われていたり、色々気にしてるところがかわいらしくもあって、結果お似合いの二人でした。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 試し読みを見て、どうしても続きが読みたくて購入した、初めてのハーレクイン作品です。
    他の作品と比べれないので分かりませんが、話が淡々と進んでいく感じで、私には盛り上がりに欠けました。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    作者買いしました。ストーリーはいつものハーレクイン。ハッピーエンド大好き

    絵がきれい。今作は特にきれいで読みやすいです。作者さんの作品、4作目です。今回は男性の表情の変化が1番多いと思いました。多分また作者買いします。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 羽生シオン先生の作品は全部買っていますが、今回の作品も裏切らない作画でした。 ただ双子のくだりと、代理出産の絡みがチョット弱い気がして今回は星4個になりました。 続きを読む▼

  • 100

    cmoa

    お互いとも、子供を第一に考えながらぶつかり合って、ひかれあって、いつしか夫婦、家族となっていく話です。双方の想いの変化が、それぞれ表現してあって、読みやすかったです。絵も雰囲気があり、似合っていて、とても良かった。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 広告が気になって購入しました。様式美というか、ハーレクインらしい内容でした。
    ただ両想いになる下りがあっさりというか、そこからエンディングがあっさりというか。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    羽生先生好きなのとクーポンがあったから購入してみたけどなんかイマイチ盛り上がりに欠けるお話だったような気が。
    ハーレクインらしいといえば、ハーレクインらしい。
    誤解が解けて、うまくいくというよくある話。

  • 80

    cmoa

    あっさりしていて、安心して読める。
    ハッピーエンドは最初からわかっているので、スッキリ読めてストレスフリーな作品。
    ただ、ボリュームの割には値段が高い。クーポンなしではお薦めしません。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 代理出産も妊娠も、よく耐えたと思いますが、子育てはできなかったのね、双子の片割れは。パスポートはかしてはダメです。 続きを読む▼

  • 60

    cmoa

    羽生先生の絵が綺麗で好きなので、この作品に興味を持ちました。
    無料立ち読みで続きが読みたくなり、購入しましたが、ストーリー展開があっさりしていて、少し物足りなかったです。

ネット上のイメージ

ヒーロー
教師
綺麗
可愛い
子供

イメージの近い作品(ランダム)

  • 契約のキス 大富豪と貴族令嬢
    没落した男爵家の令嬢ジュリアはとあるパーティーで知り合った実業家エリックから条件不明の融資の誘いをもらい…貴族嫌いの彼のこと、爵位が目当てと思っていたけれどベッドで体を開かされ、甘く優しい愛撫を受けて――!?「私にだけ見せなさい、君の全部を」資金援助の条件は彼に体を委ねること!?年上紳士に教えこまれる 初めての甘い快感…初めての感覚に、甘く体が震えて…奥まで開かれ、情熱的に溺愛される――!!
  • ハーレクイン ファム・ファタールの息子たち Ⅰ 恋の罪、愛の罰
    ラファエレの車の助手席に座っただけで、彼のものにされた気分になる――サマンサは体が熱くなった。4年前、激しく求めあったあげく妊娠した私は、そのことを打ち明ける前に、彼から遊びの関係だと釘を刺され、無惨に捨てられたのだ。もう2度と会うことはないと思っていたのに、再会してしまった。息子を見たら、彼は自分の子だと気づくだろう。そしてその存在を隠してきた私を、財力と権力のすべてを駆使し、思いつく限りの残酷さで際限なく責めるに違いないわ!!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン ジュダールの王冠 千一夜におぼれて
    玄関のドアを開けて、カルメンは息をのんだ。憎しみに満ちた目でファルークが自分を見下ろしていた! 1年半前、国際会議で砂漠の国の王子ファルークと出会い、恋に落ち、そして妊娠した。けれど身分違いの彼と結婚などあり得ない。カルメンは妊娠を隠して身をひいた。今、事情を知ったファルークは娘をひき取りに来たと言う。抵抗しても無駄だった。腕をとられ荒々しく唇を奪われると、体中から力が抜けていく。彼の圧倒的な魅力に抗える女などいるはずがないのだ。
  • ハーレクイン 屋根裏の聖母
    「結婚に異議を申し立てます」式場に響いた声にエリンは戦慄した。ディミトリ・マカロフ! ロシアの新興財閥の彼は美貌のほかにふたつのことで名を馳せている。ひとつは“辣腕の実業家”、そしてもうひとつはスキャンダル。美女、ギャンブル、乱痴気騒ぎ。危険なことには好んで飛び込んでいく。エリンはかつて秘書の身でボスである彼と一夜を過ごした。痛恨の過ちだと言い放った彼に身ごもったことは告げず姿を消したが、まさか7年後、結婚式に現れるなんて…!

イメージの近い作品(最近)

  • 王子様に片思い
    ピアは3年前、宮殿に招かれたことがある。それは、親友のジェニファーがサンリミニの皇太子と結婚した披露宴。ドレスアップした人々も建物も、すべてはまばゆく夢のようだった。“プリンス・パーフェクト”と呼ばれる皇太子の弟、フェデリコ王子も美しかった。でもまさか彼が平民の私のことを、覚えているなんて!? 今、妊娠中の親友を訪ねて再び王宮を訪れたピアを出迎え、王子はにっこり微笑んで言ったのだ。「礼儀知らずの貴女のことは、覚えていますよ」と!?
  • ハーレクイン 罪深き結婚
    ガブリエラは義理の兄ルーファスに恋していた。母がルーファスの父と再婚したその日から。だがその想いは、「金目当ての誘惑はやめろ」という酷い言葉で踏みにじられた。以来、ガブリエラは彼を憎んできたが、6年後、義父が亡くなり意外な遺言が明らかになる。ガブリエラとルーファスが遺産を相続するには、ふたりが夫婦となり、半年間一緒に暮らすという条件を満たせというものだ。なんてこと!私を財産目当ての悪女と信じている義兄と結婚ですって!?