© ハーレクイン

ジェントルマンになる為のレッスンを通じて、互いに惹かれ合うが、想いを押さえながら接するジョーとキャサリン。二人の恋の行方は――!?期日は着々と近づく……

ハーレクイン マイ・フェア・ジェントルマン

| ハーレクイン(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

ハーレクイン マイ・フェア・ジェントルマンのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

4件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    が、橋本先生の力量で2冊セットとして持ちこたえています。
    抑制的に振る舞ってきたけれど、ヒロインのほうから彼を求める場面が、ありがちな流れなのに、彼のこれまでの経過を思うと、本当のハッピーエンドが来る前でも、良かった良かった、という気持ちになります。
    ひどいお父さんの影で人災を被った母娘が幸せとなるのはホッとしますが、お父さんを懲らしめる場面があっても良かったような気持ちは残ります。ヒギンズ教授のイヤなとこをこの父親が分け持ち、ヒロインはあくまで「原始人」ジョーにひかれていく自分を否定したり出来ない、素直な女性。

    婚約者との幸せがあるのなら、という身を引くことを辞さない潔さ。それでも、セクシーでここぞというときに頼りになって胸を貸してくれる、自分を認めてくれる男性。

    何もない(中身が豊か、という点では、いろいろなものを持っていると言える)男性に飛び込むヒロインの清々しい思い切りに感動する。

  • 60

    cmoa

    ポイントが60Pもするのに一話があまりに短すぎて残念1と2に別れてるから全20話なんだけど、詰めたら10話でも余るぐらいだと思う今までハーレクイン大好きで色々読んできたけど、これならもう読む気なくなりそう。内容はガラの悪い男をジェントルマンに仕立てあげるちょっと男版シンデレラストーリー。あのボサボサ頭があんな素敵な紳士になるなんて…ドキッとします話の内容だけなら5つけたいけど、あまりに短すぎてショックだったから3にしました

  • 100

    cmoa

    時々、ハーレを読んでて物足りなかったり、エピソードがまとまってなくて、残念に感じることがありますが、前後2冊で読みごたえがあって、ストーリーの流れもスムーズで大満足です!!
    個人的には、無理に1冊にまとめてあるより、この作品みたいにジックリタップリ読みたいなぁ。お金はかかりますが…
    内容は、基本的に題名の通りマイフェアレディーの逆パターンですが、ヒーローもヒロインも心に傷を抱えていてそれを克服するお話でもあります。

  • 100

    cmoa

    タイトルにあるとおり、マイフェアレディの男女逆バージョン。野蛮で下品なヒーローの変わりっぷりが見ものです。でももともと素材は悪くなかったったわけだし。当て馬の婚約者がいい人そうだったので、ちょっと可哀想な気もしたけど。駄目オヤジから開放されたヒロインと生まれ変わったヒーロー父娘。末永く幸せになってほしいと思います。

ネット上のイメージ

幸せ
ヒーロー
教師
感動
驚き

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン キスよりもっと
    「アーム・キャンディ」…それは、協定を結んで男性に同伴するモデルのような美女――。その役目をまさか自分が務めているなんて。デザイナーのノーラはまさに今、隣にいる男性デイヴィッドのアーム・キャンディとしてパーティーに出席していた。初対面の彼は息をのむほどハンサムだが、傲慢で、頭にくる相手だった。今日1日だけのことと我慢し、ノーラは無事に役目を終える。けれど数日後、再び彼から同伴の依頼が! 1度は押し込めた感情が高揚するのを感じた…。
  • ベッドの中の別人
    度重なる誤解をといて、ようやく結ばれたソフィーとキット。だが、軍の赴任地から久しぶりに戻った彼は、相変わらず愛を交わすときには情熱的だけれども、以前のキットとは別人のように陰鬱な雰囲気を漂わせていた…。思いわずらうソフィーだったが、キットからのプロポーズと実母にともに会いに行ってほしいという言葉で、この上ない幸せに包まれていた。――しかし、ソフィーは知らなかった。キットが決して人には言えない重大な秘密を抱えていることを…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 疎遠の妻、もしくは秘密の愛人
    初恋の伯爵、エイドリアンと結婚したエミリーは幸せだった。けれど挙式後、夫はロンドンへ行ったきり帰ってこなくなった。そうして3年が過ぎたある日、夫の従弟がやって来て、跡継ぎが生まれないなら爵位も所領も従弟のものになると言う。エミリーは思わず口走った。「私のお腹には伯爵の子がいます」と。こうなったら早急に跡継ぎをもうけなければならない。歓迎されないことを承知でロンドンへ向かったエミリーは、夫が戻らない、衝撃の理由を知る。
  • ハーレクイン 壁の花の叶わぬ恋
    女学院に捨てられていたジョアンナにとって、学校は我が家そのもの。でも、19歳になったら家庭教師としてひとり立ちしなければ! 親友や先生との別れはつらいけど、派遣先の准男爵家で家庭の雰囲気を味わえるかも…。ところが、待ち受けていたのは一家の娘たちに侮辱される日々。ある日、付き添いで出た舞踏会で彼女は威風堂々とした貴公子ルークに窮地を救われる。身分に関係なく優しく接してくれる彼に恋心を抱くが、伯爵家存続のため花嫁を探す彼は雲の上の人で…。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 大富豪と淑女
    悲しい過去から逃れるため、友人のいとこが経営する大企業の秘書として、テキサスにやってきたレスリー。ところが、優しいと評判の社長マットは、わざとレスリーを挑発するような態度をとってくる。ひっそりと目立たぬよう生きてきたレスリーの心の中に、嵐のように踏み込んでくるマット。その行動がレスリーに変化を与えて・・・。 ――あなたと出会って、あなたの優しさに触れ、私は生まれてきた喜びを知ったの。でも、人には言えない過去がある私に、あなたを愛する資格があるの!?――
  • ハーレクイン 葡萄色の追憶
    英国の小さな村でティールームを営むアニーは、今でも昔の恋人エチエンヌが忘れられない。9年前、フランスのワイナリーで出会い恋に落ちたが、彼は暴力沙汰にまきこまれて亡くなったのだ。そんなアニーに、近頃アプローチを仕掛けてくる男性が現れた。これまで姿を見たことのなかった家主のマイケル・ハーディングだ。彼は世界的に有名な作家で、静かなこの村に執筆のためやって来たのだが、まったく似ていないはずの彼の姿が、なぜか亡き恋人と重なって見え…?