© 集英社

4歳で出会った“りおと遼太郎”は、恋とバスケに夢中の10代を過ごし、『結婚』というゴールに辿り着く。あの時は、信じて疑わなかった。どんなに時を重ねても、すれ違っても私たちはずっと一緒だと…。しかし13年後、ふたりが出した答えは―。

月の夜 星の朝 35ans

| 集英社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

月の夜 星の朝 35ansのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

46件のネット上の評価があります

  • 40

    cmoa

    タイトルで懐かしく読みましたが、読み進めるにつれ思い出しました。このまんが、絵も可愛らしいしバスケ部のお話で元気一杯!青春!なはずなんですが、漂う暗さ。
    あー嫌いだったな。私。
    ただ周りに甘やかされてるりおと
    りおと小さいときに結婚の約束をした遼太郎(たぶん暗さの半分の原因だと思う)
    今回はその二人の結婚→離婚から始まる話。
    相変わらず感情を伝えず、本心は目で伝えようとする遼太郎。
    好きなのに拒否られて他にフラフラして結局回りを傷つけるりお。
    成長してないな。こいつら
    読んでてイライラ。
    今回はさらに身体的にも周りに迷惑かけてるんで呆れる。

    変わっていないまいちゃんが救いで強くて可愛らしかった。
    むかしも今も麻衣ちゃんが1番でした。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 「月の夜星の朝」であれほど純愛和貫き結ばれた二人がいきなり離婚かよ!と最初は「読むんじゃなかった」と後悔してしまいました。でも若い頃には感情のままに突き進むことができていたのが、大人になって思うようにいかなくなったり挫折があったり。互いを想いすぎるがゆえに知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまうというのはやっぱりりおと遼太郎らしい。「月の夜星の朝」の遼太郎はひたすら優しく強く女の子の憧れる理想の男性像であり、一途に遼太郎を想い続けるりおは理想の女性像だった。本作では現実の壁にぶつかるぶんりおと遼太郎がより身近に感じられるようになったと思う

  • 80

    cmoa

    評価もレビューもいまひとつで購入を躊躇っていましたが、完結してから購入。
    誰もが自分の正義を信じて行動しており、それを俯瞰する読者には歯がゆさやじれったさがいっぱい!
    けれど、彼らの中にあるドロドロや、気持ちの下がるエピソードには年齢を重ねたそれぞれの人間臭さが見えて、むしろよかったと思います。
    同時に人生はファンタジーではないと思い出させるものでした。
    誰に共感して読むかで、スッキリにもモヤモヤにもなり得る作品だと思います。

  • 100

    cmoa

    驚愕の展開からのスタート。
    最後まで読まな気になる始まり方。
    りぉと遼太郎が連載当時昭和44〜45年生まれ?
    位の設定だったはずなのに、49年生まれで
    自分と同学年になってた事に1番驚愕( ̄▽ ̄)
    本田作品らしく主人公達の行ったり来たり
    からの自己陶酔に自己完結。
    相談せずに勝手に決めて結論を相手に提示。
    中学校の頃から成長してなぃ2人の行先に
    当時と同じドキドキ感を持って読めました

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 いろいろと気になりますが‥。まいちゃんと先輩の話の巻で二人の子供が生まれてたので、それまでの経緯は勝手に想像して、丸くおさまったのねっ。なぁんて思って、無料立ち読み読んだら、6巻でミランダが子供を産んでたって。誰の子供なの?それだけが気になってしまう。やっぱ遼太郎の子供なのかな?誰かお願いします。ネタバレ書いてください。

  • 20

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ハッピーエンドで終わった大昔のマンガの続編は物の見事にハズレばかり。(ONEーしかり)
    結婚したまではいいけど離婚して、でも未練タラタラであっちフラフラこっちフラフラしてる二人。

    大人のリアルっちゃリアルかもしれないけど純愛マンガな本編だったのに今さらリアルな必要ある?全く面白くなかった。

  • 40

    cmoa

    年月がたっての続編はだいたい絵が全然変わるものだけど、変わらない魅力で懐かしさから読み始める事ができました。絵は本編の頃リボンではダントツの美しさでしたから。ストーリー的には好みではないです。作者は違いますがONE愛になりたいも続編が出ていてそっちは星1付けるのももったいないくらいの最低な続編でした。それを思うと評価が甘くなってしまった。

  • 100

    cmoa

    子どもの頃に親しんでいた2人が大人になって帰ってきたと喜んで読み進めてみれば、まぁ紆余曲折。35にもなれば色々あるよね〜と。でも色々あり過ぎ(笑)昼ドラのようにドロドロだったけどハッピーエンドで良かったです。これがまた別れて終わったりしてたら、私は大暴れしてたな(笑)

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 これを最初に読んでいたら、読まなきゃよかったって思わなかったと思うけど、主人公たちの中学・高校時代を読んでいるので、そこで完結のままでよかったような気がする。
    りおの精神的な成長のなさぶりにチョットげんなり。

  • 100

    cmoa

    連載されていた小学生の頃、一番大好きな漫画でした。木がよく出ていたような…?当時の登場人物など忘れてしまってましたが、それぞれの人生模様、楽しめました。そんなドロドロしてないよ;^_^A。少し説教くさい回想シーンが多目でしたが…。作者の愛が伝わってきました

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 月の夜星の朝大好きで、大人になった話が読めると思わなかったので、すごく嬉しいかったのですが、まさかの離婚…ショック!と思いきやいろいろありながらも、やっぱり離れられないんだなぁ〜と納得のラストでした。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 話が読めないなぁと思ったら、続きからなんですね。でも胸が締め付けられる思いしました。もうほんとに戻れないの?あんなにずっと一緒にいたのに、、、歯がゆい。んで、山口先生?うざい。笑 鉄のハートだわW

  • 60

    cmoa

    35じゃない月の夜を昔に読んだ記憶があり、題名だけ覚えてたんだけど、内容はこれ読んでみても全然思い出せませんでした。
    離婚した元夫婦のお話なんですね。
    無料分だけ読みましたが中々面白かったです。1巻目はちょっとこれまでの説明っぽかったかな。

  • 60

    cmoa

    子供の頃に、雑誌で連載されていた「月の夜星の朝」を読んでいました。35歳になった2人を見れるとは思っていなかったので、懐かしい気持ちで無料版1巻を読みました。仲の良い2人を見たかったので、予想以上にドロドロしていて、ちょっと悲しいです。

  • 40

    cmoa

    高校の時に好きで何度も読んだマンガだったから、続編だと楽しみに読んだんだけどまさか離婚から話が始まるとは…。無料版読んだ限りでは、こんな続編ならいらなかったって感じでしたね。そりゃ、大人になって色々あったにしても…なんか納得出来ない。

  • 80

    cmoa

    あの二人が35歳になってこんな事になるとは…
    前作(?)のあのハッピーエンドはなんだったんだ…と、少しショックを受けました。
    が、面白かったです。
    昔読んでいた頃の事とか色々と思い出しながら読みました。皆…大人になったなぁ…

  • 20

    cmoa

    皆さんのレビューで知りました。素敵に終わったラブストーリーが、続編でこんな内容になってたら、絶対に嫌だなー
    初めて読んだ人間としては…どのキャラクターもムカついて、魅力的ではありませんでした。イライラしたので、無料分で辞めました

  • 60

    cmoa

    私は遼太郎が大嫌い! 何でりおがそこまで彼を好きなのか分からない(-_-) 自分勝手で自分優先、嘘つきで散々りおの気持ち振り回して本当に最低な男! りおは先生と一緒になった方が幸せになれると思うんだけどなぁ…

  • 60

    cmoa

    前の話は読まずに無料なので読みました。
    10代の時に前のをよんでいたらきっと読むんじゃなかったと思うかも
    アラフォーになって共感できる所もあったから面白いかな
    主人公たちがつかずはなれずな関係なのはイラっとくるけど

  • 20

    cmoa

    前作は初恋が成就した話だったはずですが、大人になって離婚してから始まる話ですがなぜか怖い。
    高校生で小さい頃から好きで諦められないのは可愛く感じますが、大人だと怖い、なぜか怖い。
    諦められない大人って怖いんですね。

ネット上のイメージ

懐かしい
子供
怖い
教師
成長

イメージの近い作品(ランダム)

  • 七年目のかぞえ唄
    だれがセシリーを追いつめた――?かがやくばかりの女の子から笑顔をうばったのはだれ?平和なたたずまいになつかしい家。それは今も変わらない。なのに、何かがうごめいている!7年前の憎しみ、遠い記憶の糸をたどりながら、セシリーの心の旅がはじまる…。幻想と怪奇がうずまく曽祢まさこのオカルト・ロマン。
  • めしざんまい ~喫茶店のメニュー~
    作家の実体験や読者から寄せられたお便りの漫画化も大好評! 今回のテーマは「喫茶店のメニュー」。みんながホッとひと息つける喫茶店で提供される、さまざまなグルメ。そんな「喫茶店の味」にまつわるエピソードをご紹介いたします。グルメ漫画の人気作家・ラズウェル細木を筆頭に、バラエティー豊かな全編描き下ろしのグルメアンソロジー!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 雨色の居場所
    「ただ存在しているだけで邪魔な立場の人間もいるのですよ」複雑な家庭環境で育った御曹子・古都宮鈴の家庭教師になった辛島和泉は、出会った当初からなにかと慕ってくる鈴に苦しくなり、鈴の前から去ることを選ぶ。そんな辛島に鈴は「逃げることは許さない」と両手をベルトで縛り、無理やり体を繋ぐのだが…。
  • 赤い沼
    ザクロは血の味…。鬼子母神が人の子食らわぬよう、赤い果実を捧げましょう。子供を食い殺す鬼子母神を祭った神社に捨てられていた籠女(かごめ)。幼い頃から自分には分身がいると信じる彼女は、それを解くカギが鬼子母神にあると悟る。そして、籠女が神社の扉を開けたとき、山間の村は血の色に染まった。

イメージの近い作品(最近)

  • 地獄先生ぬ~べ~NEO
    あれから十数年……ぬ~べ~クラスの卒業生、稲葉郷子は童守小学校の新任教師に! イマドキの子供たちに四苦八苦する郷子だが、そんな時、ついにあの男が九州から帰還する!! 全てを切り裂く鬼の手で襲い来る妖怪や悪霊から生徒たちを守る! 最強先生、凱旋!!
  • ざ・ちぇんじ!
    時代は平安、若君&姫君が入れ替わった妹弟を描く古典の名作「とりかえばや物語」を新しい視点で解釈した山内&氷室コンビによる傑作!!