© リブレ

《明日、俺は父親に呪いをかけた――》幼少期に別離した父親との再会を果たした直後、突如22年前にタイムスリップした凉! 時は、バブル絶頂期の昭和。そして、そこには三つ年下の父・果がいた…!慣れない環境と、現在へ戻れない不安から焦燥感を募らせる凉だったが、透明な果の存在に癒され、その感情がやがて形を変えていく…。池玲文が放つ、本格長編意欲作、第一巻!!

≠ ノットイコール

| リブレ(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

≠ ノットイコールのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

78件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    このページにたどり着いたあなた!ためらう必要はありません!即買いましょう!
    どうして60件しかレビューがないのかな?もっともっとたくさんの人に読んでほしいです!
    レビューって1番頭から読むじゃないですか?私はこの作品をたくさんの人に読んでほしいので先頭の方にいる者として責任まで感じちゃってるほどです。差し出がましいでしょうが、私にはたくさんの人にこの作品を広める義務がある…とまで感じてます!
    内容はズッシリと重いような、でも幸せなような、不思議の国に連れていかれたような、頭の中が完全に果と凉に支配されてしまいました。いい意味で読後の疲労感半端なかった!なのにですよ、読み終わったの夜中の1時だったのにまた一巻から読み直したんですよ!自分でも驚きました。
    その後は毎日2巻読み返しの日々です!
    内容を少し書こうと思いましたが、これは絶対無の状態で読んでほしいのでネタバレはやめにしました!

    タイムスリップという特殊な設定なのに、ストーリーが矛盾なく進んでいく、池先生の頭の中がどうなってるんだ?天才かよ!と思いました!
    仕事中も家に帰ったらまた≠を読むことでいっぱい。こんな気持ちは初めてです。読む価値大有りです!
    今年、いや今まで私が読んできたBLコミックの中で最強最高の作品でした!池先生素敵な作品ありがとうございました!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 その作家さんと言えばやくざ物、と勝手なイメージが
    あったのですがこんなタイムスリップ&背徳&同性愛&イケメン&ショタ(?)がミックスだなんて、
    そしてストーリー性まで最高で、、、。
    これが父と娘だったらなおさら倫理観が強まる所、
    このお話はタイムスリップで出会ってからの
    同性純愛(?未遂?)なので読み手としては
    許される?思いが勝る、のかな、と。
    二回読み直しまして「オレ(凉)が来る前から
    未来のお金お財布があったんだよ」という
    台詞だけが、謎なのです。
    おばあちゃんとおじいちゃんも
    あの庭でタイムスリップ、同じ体験をしている
    ようですし、二人を結びつけるための〈運命〉と
    するためのキーだったのかな、と。。
    しかし10年前の作品ですが黒電話が普通に
    使われていたり携帯がパタパタのタイプで
    時を感じました。スマホでのストーリー展開よりも
    やはり雰囲気が強まるなぁと。。
    胸をギュッと締め付けられる、
    2巻で収まったお話だったっけ?
    もっと長くなかったっけ?と思わせて
    くれるようなとても印象深いお話でした。

  • 100

    cmoa

    読む前は親子モノかーと抵抗があったけれど、評価が高いのでえいやっと手を出してみました。
    そして評価が高いことに納得です。
    ただのラブラブBLでもない、エロエロBLでもない、親子同士という関係に(作者が)真面目に問いかける内容で、読者にも考えさせるようなお話でした。
    話が進むほど、考えが深くなってよいです。
    1巻で終わらせず2巻まで読むことをおすすめ。
    1巻は凉(息子)が果(父)に対し、そういう感情になるのがどうも唐突感があるのですが、それさえ目を瞑れば深くてよい作品です。
    タイムスリップはマンガならではですが、登場人物の行動とか表情とか、辻褄がちゃんと合っていて、最初からよく練られています。
    親子という関係には変わらず抵抗感はあるけれど(←それも作品は問うてますが)、作品としてよいです。
    ゲイには抵抗がないけれど、世の中にはゲイに嫌悪感を持ってる人もいて、自分が親子に嫌悪感を感じるのはそれと同じなのかな、理解が浅いのかな、とか考えちゃいます。
    1巻188ページ、2巻196ページ。

  • 40

    cmoa


    作家買いです

    池玲文さんの中でもこの作品人気があるみたいで
    感動した、泣ける等の感想が多く
    興味が湧いてこちらも読んでみたのですが・・・


    このお話、親子としての絆がより強く
    結ばれるという展開なら納得できるのですが
    それではBLになりませんもんね

    ただこの親子関係で息子の方が父親に対して
    あんな感情になるなんて
    どうしても不自然さを感じました

    だってただでも男同士で更にはこの二人の関係も
    ああいうもので
    それなのにも関らずあんな展開で恋愛対象として
    好きになるなんてありえません


    私はそこらへん流せませんでした;;


    池玲文さんの絵は大好きだし好きな作品もあるし
    力のある作家さんだということは知っているのですが
    この作品は納得できませんでした

    この親子が結ばれるのには説得出来る根拠が
    必要だと思います

  • 100

    cmoa

    人は秩序ありきで存在しているわけではないにせよ、社会もまた秩序なくしては存続しえないわけで。だからこそ、どうしようもなく泣けた。その本質が"本当に"愛であるならば人を愛するということは尊いです。社会規範上裁かれる内容だとしても心情としては見守ってあげたい、ツッコミどころはあるにせよ。倫理、タブーそして幸せとは何か?を考えさせられる作品でした。あとがきの「倫理観とはとても大事なものだから、常に懐疑的でなければならないと思い・・・」という考えに共感。読んで欲しい作品。只一つ思うところがあるとすれば、自分の中の正しさは曲げるなと思うのでこの部分は解せない。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 まだ1巻しか読んでないけど、なんか先行き怖いな〜、嫌な予感がするーと思って、2巻の購入を断念。
    先生の絵は好きなんですが、この話の設定は少し無理があるような。。
    ちょっとタイムスリップして、事情が複雑になって未来の親子だと分かって見ている側は
    えーなんも葛藤とかなしに身体の関係か〜。。と落ち込んでしまいました。
    お父さんが14歳と若すぎだから
    なんか納得いかなかったのかも。
    可愛いと思えない。結構評価が良い中、辛口ですみません。

  • 60

    cmoa

    予想外のフクザツなお話だった主人公が、実の父親の若かった時代にタイムスリップしてしまい恋に落ちていきますーが。なにせ(のちに)実の父なので、血の繋がりがあるがゆえに互いの気持ちをどうにもできなくて切ないです個人的にはタイムスリップもの特有の点と点が線で繋がるような展開が好きなのもあり、それでいてBLという二度とおいしいかんじで楽しめました2人がどういう答えを出すのかここでは言いませんが、納得ですこの作者さんのきちんとストーリーを着地させているところはポイント高いです

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 タイムスリップものって「鶏が先か卵が先か」を考えてしまう。14歳の果に会っていなければ父親の果を好きになる事はなかったかもしれない。凉と会ってなければ凉の母親と会っても果は何も感じなかったかもしれない。そうなると凉は生まれてなくて・・・云々と解決しないループにはまってしまいます(笑)
    お互い忘れる方向で決着したけど、結局離れられなかったという倫理に反した結果になりましたが、私は良かったと思います。

  • 100

    cmoa

    この作者さんは媚シリーズで好きになりました。絵がとても綺麗!内容はタイムスリップで親子もの…と、なんだか凄いハナシだな!?と思ったのですが、読んでみたら…泣けました。タイムスリップするという設定ですがファンタジー感がなく、話に入り込めました。絵がとにかく綺麗で、エッチシーンもすごく色っぽいし受けが愛しい!一応ハッピーエンドだけど凄く切なさの残る、どうか二人は幸せになって!!と祈りたくなる作品です。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 タイムスリップからの近親恋愛これだけ聞くとどんな作品かと思われるかもしれませんが、内容は至ってシリアスで切なくて泣けます。凉は17だったのね、思ったより若い。故に果かつ父親への想いがまっすぐ。対して年取った分理性的な果は受け入れ拒否。そりゃあ今までを考えたら受け入れ難いと思うからそうなるのも納得。二人の終着点が分からない、からこそ気になる!!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 親子だけど果は若くて可愛いし長いこと一緒に暮らしていなかったので親という感じが全くせず、禁断ということでの嫌悪も感じない。中学生の頃の果も今の果も可愛くて愛しくて好きにならずにはいられないような魅力的な人なので、凉が好きになるのも自然で違和感がなかった。もっと果を二人を見ていたかった。他のコミックに番外編があるようなのでぜひ読みたいと思う。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵がとても綺麗なので読みやすいです。
    子供の頃に父親に愛されたかった思いが回り回って実るんだけど、そこにたどり着くまで何度、胸を締め付けられる思いで読んでいたことか
    最後はハッピーエンドで本当に良かったです 最初読んで、じっくり読み返すと新たな発見や気付きや納得感があって、何度も読み返しました! でも、何度読んでも胸は締め付けられます!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 評価の高い媚のシリーズから作者買いです。他の方も書いていますが、私もこの作品が一番好きです。親子ものといってもストーリーも深いし、絵も美しく、印象に残ります。このまま誰にも気付かれずずっと一緒に暮らせることを祈るばかりです。凉が結婚しないと母が気付いてしまいそうだけど…。作者のHPにその後がちょっとあるので是非そちらも見て欲しいです。

  • 100

    cmoa

    評価は☆4.5。
    最初はもっと軽くて明るい内容なのかな〜、なんて読み進めると、後の方になるにつれ、切なくて…。
    タイムスリップなんてするので、SFモドキ?なんて思ってたけど、実の親子の葛藤を乗り越える純愛物語でした。この作者さんは割と濃いめのHが多いんですけど、これは少ないかな〜。でも、それがよかったと思います。
    最後まで葛藤があるけれど、なんとかハピエン!絵もキレイでオススメです。

  • 80

    cmoa

    良かったです。
    コミックス購入は初めての作家さんで、何気なくレビュー高評価とレビュー数から選びました。二巻分タップリだし読後感も良いので、読み終えた今、ジンワリと余韻に浸っております。他の作品も読みたいと思いました。
    最初はファンタジーから入るのですが、中盤以降は禁忌の関係である二人のこれからの行き方をすれ違いながら色々と模索しあう感じがなんかズンときました。
    迷ってるなら読むべし!

  • 100

    cmoa

    媚の凶刃Xsideにこの二人の話があった(20pくらい、エロなし)ので、気になって本書も購入しました。

    親子モノと聞いて、恐る恐る読み進めました。でも、タイムスリップというSF要素で現実感が薄れるためか、嫌悪感はわいてこなかったです。現実感が薄れるといっても、お気楽にラブラブするのではなく、親子であるが故の葛藤など心理描写はしっかりありました。読み応えがありました。オススメです。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 池玲文先生の作品はとても絵が繊細で大好きなのですが、この作品は未読でした。タイムスリップして自分の父親と会って恋に落ちるというちょっと現実離れした話ではありますが、確かにその時はお互い一生懸命で、血がつながっているからこその葛藤があったりと上下巻なので、下巻までどうなるかわかりませんが、2人がどういう結論に至るのか楽しみです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 好き嫌いわかれるかもですが、ハマる人はハマると思います。
    不可抗力の近親相○。時間のいたずら。SF要素。純愛。葛藤。
    手放しのハッピーエンドじゃない面白さ。

    池先生の作品は美しさと残酷さと醜さと純真さがミックスになっている作品が
    多く感じます。

    続きが楽しみ過ぎて悶えていた日々を思い出します。

    今でも心に残る作品です。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 タイムスリップ、親子、年齢差の逆転、、、設定が凝っています。その中でずっと惹かれ合う受攻が倫理やモラルを前に悩む。特に攻がずっと考えるモノローグや最後に出した答えが印象深いです。悩んだ末のハピエンで終わってよかった。
    「眉の凶刃」とは全然違った作風ですが、ストーリーや人間関係、愛情の深さ、黒髪受は色っぽさ共通ですね。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 日常の話とはかけ離れているけど、違和感など感じる間も無くストーリーに引き込まれてしまいました。親子でも、こんな出逢い方ならこうなっても致し方ないような気がするので全く抵抗感じず。
    結末もこれ以外考えられなかったので、とても満足。切ないけど最後は満たされる。このような難しい題材をこんなに素敵に描けるなんて、凄いです。

ネット上のイメージ

切ない
幸せ
教師
綺麗
エロい

イメージの近い作品(ランダム)

  • アンダーグラウンドホテル~KISS&KILL~
    監房に「ア…ァ、ン…ッ…」と響き渡る男の喘ぎ声。パンパンと肌がぶつかり、軋むベットの音がS●Xの激しさを物語る…。ここは合衆国刑務所「アンダーグラウンドホテル」地下30Mに造られた脱走不可能な監獄。レベル3の受刑者達が収められた太陽に見放された場所…。この監獄のシャットコール(親分)・エリーは行為の最中、ノーマンが自殺している姿を発見する…。一命を取り止めたノーマンは、これが初めての自殺ではない…。とある理由から自殺を繰り返し、その度にエリーに救われて(?)……いる。それぞれの思惑が複雑に交差し、激しい烈情が蠢く!この閉ざされた空間で繰り広げられる、危険でハードな愛ー… 大人気「アンダーグラウンドホテル」のその後、新たな物語…
  • カッコウの夢
    「気持ちいいのは身体のせいだ」本命とセフレの、体が入れ替わり…!? 「今の白島(本命)なら抱いても汚れはしないんだ」大学生の名塚(なつか)は、高校からの親友・白島(はくしま)に4年間片思い中。しかし、眩しく完璧な白島を汚せないと告白できず、破裂しそうな恋心を抑えるために、白島の代わりとしてセフレの瀬野(せの)を抱いている。ある日、瀬野のバイクと白島が事故に遭い、白島は意識不明に。一方、目覚めた瀬野は「俺は白島だ」と言い出した! 本命の魂が抱き慣れたセフレの体に入ったことで、名塚は「この身体なら白島に触れる」と思ってしまい――。 愛しているのは心か、身体か。入れ替わり三角関係ラブストーリー。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ぼくらが恋を失う理由
    「俺のこと、利用していいよ」謎めいた優しい男と幼馴染の間で揺れる、にがくてあまい三角関係BL。電子書店【殿堂入り】の人気配信作、待望の書籍化★描き下ろしペーパー特典付! !★<あらすじ>幼馴染のコバへ長年密かに想いを寄せている央志郎(おうしろう)。ある日、バーで飲んでいると稲村(いなむら)という男に声をかけられる。軽い調子の稲村を不審に思うが、コバへの恋に悩む央志郎は優しく包容力のあるその手に救いを求めて……。CONTENTS「ぼくらが恋を失う理由」1話~6話「ぼくらが恋を失う理由」描き下ろし
  • 不倫初夜、許されない恋に溺れるカラダ…
    「…奥手だった自分が心底憎いよ」そう言って彼は唇を重ね、舌を絡ませながら私のアソコに触れた。後戻りできない夜が始まる……高校時代の夏、不倫をきっかけに両親が離婚した。愛なんて幻想なのかもしれない。そう絶望した当時の私は、幼馴染の彼から受けた愛の告白にも耳を塞いだ。12年後、未だ彼を引きずり続けていた私は、職場で彼と偶然の再会を果たす。止まっていた刻が流れ出すように急速に縮む彼との距離。しかし…彼は結婚していた。冷え切った家庭に傷つく彼を慰める為一夜限りのつもりで重ねた肌がこんなにも蕩けるなんて…

イメージの近い作品(最近)

  • 院内感染
    大学病院内で不倫関係にある天才外科医・伊織と内科医・朋也激務に追われる二人が情事を重ねる場所は、植物状態で眠り続ける少年の病室。不謹慎で甘美な関係も朋也が急患で運び込まれた夜に急展開する。朋也の事故は自殺なのか!?執刀する伊織は朋也を救うことができるのか!?時を同じくして植物状態から目覚めた少年が語る言葉は・・・!?絡み合う三人の行方は!
  • 快楽レプリカ~背徳の性玩具
    みだらな事情をかかえた女達が、最愛のカレとの最高のセックスを求めて、この館を訪れる。肉体検査をされ調教されて、私はもう一度、絶頂を味わうの。愛と快感を知った女達に、伝説のドールマイスターが望みどおりの快楽を与えてくれる、背徳の極上エロス。