© リイド社

天明七年、火付盗賊改方・御頭(長官)をつとめることになった長谷川平蔵。金箔付きの盗賊たちをお縄にしていく彼を、人々は鬼の平蔵と恐れたのであったが……。「血頭の丹兵衛」「老盗の夢」など読み切り4本収録。

鬼平犯科帳

| リイド社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

鬼平犯科帳のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

24件のネット上の評価があります

  • 60

    manga_review

    同名の池波正太郎作品のコミック化です。
    原作があるためゴルゴのような作品とは全く異なる色合いになっていますが、原作の小説を高校時代に何度と無く読み返した自分にはとても思い入れのある作品です。

    盗人を取り締まる長官、といった役目上概ね似た展開(時代劇にもなってますし)になるのですが、画力と脚本がしっかりしており当時の江戸の風景や旅情を楽しめて読みやすいです。
    悪党だけどどこか憎めないのがいたり、下半身にだらしないが目をかけて貰っている部下がいたりと個性のある登場人物も見逃せません。

    難点は単行本を余り見かけないことでしょうか・・・自分もいわゆるコンビニ版の方で集めてましたし、古本屋などで見かけるのもこれが大半です。ですが作品としては変わりないし、どの話も基本1話完結なのでどこからでも読みやすいですし、何冊か持っているだけで、ちょっとした暇潰しに読むには最適です。

  • 100

    cmoa

    中村吉右衛門氏主演のTV時代劇を観て初めて原作を知りましたが、漫画版も非常に面白い(原作と漫画版とTV版(運の良い事に再放送しています!)のそれぞれの脚色の違いも味わえる事が出来る)!!
    良い意味で「清濁飲み合わせる」事が出来る平蔵が、非常に魅力的です!!また、平蔵だけじゃ無く、奥方の久栄殿や与力・同心の皆や密偵の皆も、これまた魅力的で素晴らしい(忠吾(別名"うさぎ")は笑えるが)!!
    ですが、一番重要な点は、世間一般から「鬼」と恐れられる人ほど、実は心が暖かいのだ、心の中には仏が居られるのだ、という事を作品を通して示している所です。

  • 100

    cmoa

    ときいて、あんな凄みのあるキャラクターを画にするのは相当プレッシャーだろうし一体どんな風貌になっているんだろうと思っていました。
    が、さいとうたかをさん!!なんてイメージ通りの鬼平を描いてくれるんだろうと感激しました。和装ゴルゴって感じですかね。
    鬼平自身も誇れるような過去を持っていないし、成敗される悪人たちもそれぞれに自分のポリシーを持っていたりして、誰しもが光と闇を兼ね備えているからこそ人間らしいんだな思わせてくれました。

  • 80

    sakuhindb

    劇画家さいとうたかを率いるさいとうプロダクション製作の時代劇漫画です。昔から、さいとうプロは無用の介や影狩り等、時代劇漫画を数多く製作してきましたが、これは最高傑作の一つかと。 最後の江戸っ子であった故・池波正太郎氏の代表作の一つですが、ドラマに負けない出来であると感じました。 若干、原作とは違う部分もあるようですが、原作を先に読んでいればいっそう楽しめるかと。 相変わらず、木村忠吾はお調子者の三枚目ですな(笑)。

  • 50

    manga_review

    ゴルゴ13、藤枝梅安とこれが、現在も連載中です。

    劇画というジャンルを脚本、作画のプロ達で分担して生産性を挙げ成功しています。

    しかし、一方で長期化した名作のほとんどがマンネリ化から抜け出せない。

    本作品もその一つ。全作を読み通せるのは、よほどのファンだけのように思います。

    私は、暇に任せてつまみ食い読みさせてもらっています。その分にはOK。

  • 100

    cmoa

    原作である小説や、中村吉右衛門氏主演の時代劇等で御馴染みの本作。だが、さいとう・たかを氏に依り更に身近なものとなった。完全な正義では無く、自分も不良同然だった過去を持つ主人公。描かれる悪党も単なる外道から、意地やプライドを持つ者等幅広い。何度も読み返したくなり、食事のシーンが御気に入りである。

  • 100

    cmoa

    池波先生の原作や、天の配材・中村吉右衛門版のイメージを壊すのじゃないかと思い、今までずっと読まないでいましたが間違いでした。
    情景や風物も微にいり細に穿ち書き込まれており、池波作品の雰囲気を全く損なっておらず、読み出したら止まらなくなりました。パック買いお薦めします!

  • 80

    cmoa

    さすがは、さいとうたかを先生。いつもながら、画の迫力に圧倒されます。それでいて、読者を飽きさせずぐいぐい引き込んで、まるで江戸時代にタイムスリップして見ているような錯覚をさせられます。本当は今すぐにでも全巻そろえて読みたいぐらいです。

  • 40

    manga_review

    良くも悪くも典型的なさいとうプロ作品。

    ストーリー展開は大体いつも一緒。
    偉大なるワンパターンとでも言うべきか。

    と言いつつも定食屋とかラーメン屋とかに置いてあったら
    何故か読んでしまう。そんなマンガ。

  • 100

    cmoa

    小説、ドラマのファンで、コミック板には失礼ながら偏見を持ってました。
    しかし、さすが劇画の巨匠!面白い!
    劇画はほとんど読んだ経験がないけど、立ち回りの迫力や人情の機微など、敬服しました。早く読めば良かったです。

  • 100

    cmoa

    池波正太郎世界はすごい!時代劇ファンなら、絶対に1度はハマるでしょう。
    とにかく鬼平を始め、登場人物が魅力的で男性の色っぽい生き方とか、女性の強さと弱さとか。
    古き良き時代に想いを馳せるのに、ぴったりの作品です!

  • 60

    sakuhindb

    ゴルゴ13の長さにばかり目がいきがちだが、これも相当長い。ドカベンの影に隠れてるあぶさんみたいだ。原作小説もドラマも未見ですが、結構楽しめました。話全部追いかけてるわけじゃないんですが。

  • 100

    cmoa

    池波正太郎先生の名作を巨匠さいとうたかを先生が描くとは盆と正月が一緒に来たみたいなもんだ!
    読み応え抜群で脳内で鬼平のドラマ版BGMを再生しながら読むと更に世界観に入り込めます!

  • 100

    cmoa

    時代劇が好きで入院中に院内のコンビニで購入。
    その後、こちらのサイトでも購入して改めて読んでいます。
    時代劇好きの方には是非読んでいただきたい!
    解説もわかりやすいと思います。

  • 60

    ebj

    ご存じ池波正太郎の時代小説のマンガ化。火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする。大人の娯楽として楽しい。また、軽く江戸時代を知るという意味でも参考になる。

  • 60

    ebj

    グルメで粋な鬼平様。こんなお頭の下で働きたいわぁ。出来ることなら忠吾と替わりたい。でも、原作と漫画はかなり違います。その違いを楽しむのも楽しみの一つ。

  • 80

    cmoa

    時代情緒があふれ、背景まで、その時代そのままじゃないかと思わせます。時代劇ファンはもちろん。歴史が嫌いな私みたいな女性でも納得の作品です。

  • 100

    sakuhindb

    【良い点】漫画は最高 流石さいとうたかお巨匠【悪い点】TVは爺さんすぎて キツい【総合評価】漫画からのにわかなので、TVは幻滅しました

  • 100

    cmoa

    江戸時代の風俗、情緒、文化あふれる中に鬼平の痛快な悪党取り締まりが、やみつきになります。どんどん次の話が読みたくなります!

  • 100

    cmoa

    子どもころ、勧善懲悪に憧れ、火盗改になりたいと言っていました。バカでしょう!
    でも、鬼平になら命かけても悔いはない?かも

ネット上のイメージ

教師
江戸
歴史
天才
高校

イメージの近い作品(ランダム)

  • ますらお
    山深い寺に預けられて育った少年・遮那王。寺の暮らしがイヤで何度も脱走を図るが、ことごとく失敗。だが、騒動を聞きつけた平氏の御曹司・平維盛が寺にやって来て、度胸のすわった遮那王に興味を抱く。だが、天狗探しに出かけたふたりの前に盗賊が現れ…!?激動の源平争乱の世を描く、歴史大河ロマン!!
  • Fate/Grand Order -mortalis:stella-: 1
    人理保障機関カルデアに所属するマシュは、ある日一人の少年と出会う。彼――藤丸立香は、これから行われる人類史の未来を守るというミッションに参加する為に集められた一般人のマスター候補生だった。だが、その作戦の直前、カルデアの内部で原因不明の爆発が起こり……。人類最後のマスターとなった少年と、彼の盾として立つ少女の聖杯戦争が今、始まる――!

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 陽だまりの樹
    蘭学医・手塚良仙の息子の良庵と、府中藩士の伊武谷万二郎は、美女・おせきをめぐって犬猿の仲。そんな最中、良庵は適塾で蘭学を学ぶため、大坂へ旅立つ。幕末に実在した著者の曽祖父をモデルにする長編歴史作品・第一弾。
  • 三国志 諸葛孔明
    三国志の世界と歴史上最高の軍師・諸葛孔明を、『スーパージェッタ―』、『冒険ガボテン島』などで有名な巨匠・久松文雄が描く感動巨編。群雄割拠の後漢末に現われた英雄・諸葛孔明。父親の死後、流転の生活を送っていた孔明は、荊州に身を寄せ学問に精を出す。自らを戦国の英雄・管仲・楽毅に喩えた孔明の幼少期とは!?目次第一章 孔明誕生第二章 後漢動乱第三章 隆中の孔明第四章 劉備と曹操

イメージの近い作品(最近)

  • JIN-仁-
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】南方仁は東都大学附属病院に勤める脳外科医である。ある日、彼が頭部裂傷の緊急手術を執刀した患者が、病院を脱走しようとする。患者と揉みあう内に仁はなんと幕末の1862年にタイムスリップしてしまった。電気も消毒薬も抗生物質もない世界で、医師南方仁の戦いが始まる。
  • 一輝まんだら
    燎原に広がる火のように、義和団の乱は中国全土を覆いつくした。野心をむき出しにする外国勢力の前に、真の太平国家の建設は可能なのか!?激動の時代に抗して、ひたむきに生きる中国女性の姿を描いた異色のドラマ!