© 宙出版

アルドゥン王国の王女セレスティアは、王宮で命を狙われために、身分を隠し田舎の村に身を潜めていた。そこにある日、傷を負った美しき騎士アンドレアスが運び込まれる。一つ屋根の下で暮らし、危機を彼に救われるなどし、徐々に惹かれあうようになる二人。しかし王宮での危機も去り、遂に別れの日が訪れて――!?

高貴なフェアリーと光輝の獅子 漫画の表紙

高貴なフェアリーと光輝の獅子

| 宙出版(出版)

Ebook販売元 : コミックシーモア

高貴なフェアリーと光輝の獅子のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

5件のネット上の評価があります

  • 80

    cmoa

    …いい言葉ですね。
    ほかにも、グッとくる言葉があるのでチェックしてほしいです
    城にいると当たり前の生活が幸せなんだってなかなか気がつかないけど、村での生活、そしてアンドレアスに会って、セレスティアもだいぶ強くなった気がします。
    結婚相手のジョエルもいい人でよかった…
    愛の大切さを教えてくれるお話でした。

  • 100

    cmoa

    謎の傭兵と村の娘に扮してる王女の話。傭兵は実は・・・というありきたりな話なんですが、すんなり結ばれない状況で、ヒーローがヒロインと結婚するために一途に頑張る様子に心惹かれました。

  • 100

    cmoa

    と書いて良いのかな?
    津寺先生が、描く関連コミックが2つありますが両方とも読んでました!
    気になってた王女様の話だったので読めて良かったです
    素敵なお話でした(´∇`)

  • 100

    cmoa

    作家さん買い。今作でもヒロインは愛らしく、ヒーローは麗しい。ハッピーエンドと分かっていても途中の展開にはハラハラ。2人の想いが切なかった。

  • 80

    cmoa

    絵が好きで買いました。

    今回も津寺先生ワールドを堪能出来ました。

ネット上のイメージ

教師
ヒーロー
切ない
幸せ

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 【シリーズパック】悲しい秘密 セット
    コードが失明した!モロッコで義兄の事故を知り、マギーは急遽帰国した。支えあって生きてきて、いつの間にか愛していた。 なりゆきで一夜を共にした後、拒絶され、いたたまれなくなり彼の前から姿を消した。もう彼とは二度と会わないつもりでいたのに・・・。 でも、駆けつけたマギーに対する彼の態度は、侮蔑に満ちていて・・・。 「悲しい秘密 前編」「悲しい秘密 後編」の2巻をまとめて収録。
  • ハーレクイン ギリシア大富豪の愛し方
    ギリシアの大富豪である夫の家を出て2年。ようやく心の傷も癒え、宝飾デザイナーとしての人生を歩みはじめていたレクシーの前に突然、その別居中の夫ゼノンが現れた。彼女の弟が多額の借金を抱え、ゼノンに泣きついてきたと言う。以前と変わらない端正な顔に傲慢な笑みを浮かべ、彼はある条件を突きつけてきた。それは弟の借金を肩代わりする代償に妻として自分のもとに戻ってくること。あの日、あなたは私を冷たく拒絶したと言うのに…いったいどういうつもりなの?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 追憶の赤いばら
    書店員ローズは、ある日、店先に置かれていたメッセージカードと一輪の赤いばらを見つけ動揺した。ローズのためのローズ。カードに書かれたその言葉は、かつてジェイムズがくれたものと同じもの。ジェイムズ・シンクレア…才能に溢れ誰もが憧れる完璧な存在。そして…あんなにも私を熱く抱いた人。だがその恋は、ローズが仕掛けた誘惑ゲームだと彼に知られ、最悪の結末を迎えて幕を閉じたのだ。決して許されないあの日の過ち。あなたは今でも私を恨んでいるというの!?
  • ハーレクイン ラミレス家の花嫁 Ⅱ 二つの顔を持つ恋人
    「金持ちの男が必要なら、僕にしておきなさい」元恋人アントンの嘲りを含んだ申し出は、気高いクリスティーナのプライドを粉々に打ち砕いた。経営難に陥っていたクリスティーナは出資者を求めてパーティーに来ていた。そこへ世界的に有名な銀行の頭取となったアントンが現れ、彼女に蔑みの情けをかけたのだ。これはアントンの復讐だ。クリスティーナの脳裏に6年前、彼に浴びせた辛辣な言葉が蘇る。最愛の恋人を傷つけてまで別れなければならなかった事情も…。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン 流れ星に祈って
    親友の夫・ロウムを愛していたサラは、親友が亡くなった2年前も、ただ見守ることしかできなかった。だが、悲しみに暮れる彼となぐさめ合うようにキスを交わしてしまい……!!
  • ハーレクイン 白いドレスに憧れて
    知人の結婚パーティーで、カーラはゴージャスな男性に声をかけられた。彼の名はギー。有名な実業家のスぺインの伯爵だ。背高のっぽで太り気味、いつも壁の花のカーラにとって、こんな経験は初めてでドキドキしてしまう。すると、急にとげのある美女がふたりの間に割って入ってきた。どうやら伯爵目当てらしい。立ち去ろうとするカーラを、伯爵はすばやくひきとめて言い放った。「カーラは僕の婚約者だ。つまらない話なら遠慮してくれ」と。嘘よ、そんなの初耳よ!