© 講談社

地味な内面と外見から、ドイツ語で黒を意味する“シュバルツ”さんと呼ばれる大学院生・元子(23歳)。憧れのドイツ文学教授・榊(64歳)に告白するも、勘違いと断言され…。これは“嗜好”か“恋”か。「恋の定義」を模索する、年の差 恋愛未満ストーリー。

長閑の庭

| 講談社(出版)

87

非常に良い

198件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

長閑の庭のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

198件のネット上の評価があります

  • 40

    cmoa

    表紙から設定から絵柄から、どれをとっても好みなのですが残念ながら合いませんでした。評価が高かっただけに残念です。
    穏やかでじんわりとしたストーリーを期待していたのですが、ただ主人公カップルの年の差が大きいというだけで基本的な流れはよくある少女漫画だという印象を持ちました。話の軸は主人公たちが年の差に悩みながら愛を育んでいくだけで良かったのではと思うのですが、脇役が三角関係・四角関係を作り上げて「嫉妬が云々」「愛はgiveで云々」としてきたことでごちゃごちゃと話が散らかっている感じがしました。
    特に助手のでしゃばりが気になって素直に読み進められませんでした。恋愛する気のない教授と自分に自信のない主人公なので仲を進展させるために周囲が煽るしかないのは分かりますが、主人公に絡んでは思わせ振りな台詞を一人ごちる…の繰り返し。番外編も出るところを見るに恐らく作者のお気に入りキャラなのだろうとは思いますが、そこまで魅力のあるキャラには映りませんでした。
    主人公の友人については、恋に落ちる相手もその展開もありきたりなパターンで「でしょうね」という感想ばかりでした。キャラもぶれていて、後付けがいろいろあったのだろうと思わせます。
    前妻はただ意地悪を言う恋敵というだけ。年相応の余裕を見せて欲しかったです。離婚原因から将来像に至るまで自己中なのも気に障りましたし、その割に出てこなくても話に支障のない人物だとさえ思いました。
    正直、脇役の話はある程度カットして主人公カップルにフォーカスを当てた方がこのカップル特有の空気感がこちらに伝わって良かったと思います。最終巻に向けて予定調和している感が傍目にも分かりました。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 優しく、いじらしく、文学的で、美しい物語でした。
    人と交わるのが不得手な主人公が、はじめて感じた胸の高鳴り。時に振り回され、闇に足をとられながらも、その気持ちに懸命に向き合うさまが愛おしいです。想いを向けられる教授もまた、ひたすら真面目で真摯。お互い気持ちは向かい合っているはずなのにその進捗ったらもう、一進一退でなんともだもだしいことか…でもそれがいい。
    最終巻、親子どころか祖父と孫ほどに歳離れているからこその、大きな試練を突きつけられるふたり。その大きな問題から逃げることなく、けれどあくまでも優しく描き終えてくださった作家さんに、泣きながら拍手を贈りました。
    最後に載っている、教授の助手の田中さん視点の短い話がまた、良い。教授と田中さんの間にも揺るぎない絆があって、ちょっと女子には入り込めない男同士の師弟愛がこれまた美しかったです。あっ、なにこれ、この三人てば相思相愛の正三角関係やん…尊い…

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 静かに詩的に進んでいく綺麗なお話。地味で人見知りの元子が教授に恋をして少しずつ成長していきます。だけどその成長具合が年齢の割には非常にゆっくりでまどろっこしくて、彼女の独白とウダウダがちょっとしつこいと感じました。本人と教授が大人しくてあまり動かないぶん、周囲の脇役キャラがガチャガチャ動いて物語を動かします。樹里、恋愛脳すぎてウザい。元嫁もいい女ぶってるけど自己中でウザい。田中くん、 頑張ってるけど、モテ男の割には元子にだけ態度が小学生並み過ぎ。田中が中途半端に樹里と付き合ったのはお手軽過ぎてムカつくけど、結局最後まで元子を思い続けているのは当て馬として立派だと思う。後半変なお涙頂戴ものにしたのは、作者が田中を気に入り過ぎたからじゃないかと密かに思ってます。私の中では2巻からずっと主役は田中。

  • 100

    cmoa

    年齢差激しい!けど、
    全ての年代にオススメ!!!

    恋の定義について模索する主人公の姿が
    一本筋が通ってるので楽しく読めます。
    元妻の言葉に揺れたり、イケメンに揺れなかったり
    先生の姿を追ったりと、フラグは立っているのに
    年齢差と立場がいい感じに邪魔していて面白い。

    恋って何でしょう。
    どうなったら恋?
    ドキドキは友達と一緒だってなる事あるし
    嫉妬だって友達やその友達に覚える事がある。
    好きだと言われたら、その気じゃなくてもやはりトキメクし、
    他の人から見たらどうでも良いような出来事が忘れられない。
    シュバルツさん(主人公)は考えます。

    教授の言葉もいちいち優しいから
    シュバルツさんのドキドキが止まりませんね。

    言葉も丁寧に使われていて
    穏やかに読める素敵な作品でした。

    4巻まで読みましたが、続きが楽しみです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 漫画を見て号泣したのは久しぶりでした。
    どうせ教授とシュバちゃんがハッピーエンドで幸せー、な展開で終わるものだと思っていたんですが…。
    まさかの教授がお亡くなりになるとは…。
    それぞれの葛藤が見れ、最終巻の番外編では田中さんの気持ちに共感してしまい画面がぼやけました。
    最初は教授じじぃだし、田中さんの方が断然素敵やん。と思ってたんですが最後まで読んで教授も素敵だなと思いました。(でも一押しは田中さんです笑)
    シュバちゃんも好きだし教授も好きだし田中さんも好きだしじゅりちゃんも好きです。
    久しぶりに女性漫画でここまで引き込まれました。
    シュバちゃん教授のことも忘れずに残したまま田中さんと幸せになって欲しいです。
    素敵なお話でした。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 何が正解か、自分で考えて、考えて、考え抜いて、自分自身にとって正解だと思える道を進むのが一番なんですよね、、ただし、人を故意的に不幸にするのは話が違いますが、、
    大抵はみんな、自分規準でものを考え、言葉を投げつけてくる。
    みんなの言う普通て、何?
    て考えることあります。
    二人が、自分の本当の想いに正直に生きることを選んでくれて、本当に良かった。
    わたしとしましては、いつかは田中さんと共に生きる道を選んでくれたら良いなぁ、て思います。
    二人とも教授を愛して、生涯忘れないと思うし、
    何となく、他の誰かより、田中さんが良いなぁ、て思ってしまう。
    これからの元子を、もう少し見ていきたかったなーて思います□

  • 100

    cmoa

    無料一巻ありがとうございました
    スッキリとした絵柄で読みやすかったです。あとね!私もよ!私も童話好きだよ元子〜!グリム童話のお話に関係したシーンがたくさんあって思わずニヤニヤ(笑)
    枯れ専じゃないけど教授の顔面は好みだわ〜逆に田中(呼び捨て…)はとっても苦手、顔も性格も。でもこの作品の一番のお気に入りキャラは田中。田中の『そうじゃないだろが』っぷりがすごいのなんの、毎回登場するたびになんかもうただただ残念で目が離せない。
    あと私だけかもしれませんが、不思議と『動物のお医者さん』の雰囲気があるなぁと思いました。(大学教授&野鳥のシーンでなんらかのデジャヴがあったのかも)

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 読み出しました。正直全巻読んだ訳じゃありませんが、年齢差ある話は好きで教授とかキュンとします。でも症状にもよりますが、余命宣告うけたら病気のことをもっともっと調べるし、セカンドオピニオン受けてもらうよう促すし、無駄でもやること必死にやってから、そこで初めて受け入れれる気がする…それでやっと2人で行きたいとこに行こうという気になる気がするけど…リアリティーに欠けていて全て表面的なものにしか見えない。特に最終巻は。。1番しっくりこないのは教授の元妻の言動、行動が違和感でしかない。。無理やり当て馬キャラにしてる印象。。

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 無料1.2巻を購入しました。まず主人公の友達がクソ女。片想い中の男が主人公に好意を持ってることで、主人公を嫌いになるとか、冷たくするとか、自分に都合のいい時だけ仲良くするとか、でも男には葛藤してるのよ感アピールしてドン引いた。性根腐ってるよ樹里。
    あと主人公もねちっこいし、教授には全然魅力を感じないし、教授の元奥さんも、私サバサバ系なのいい女でしょ感出しまくってて、うざかったし。結果助手の男が一番まともで良かった。
    リアルに描こうとするも、登場人物を美化しすぎてて、うーんて思う漫画だった。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 非常にじれったく萌え萌えする少女漫画です。
    シュバちゃんはちょっと頭でっかちに考えすぎよ!と思いつつも、そこがこの子の可愛いところよねと応援したくなります。

    ただ私は断然田中さん推しなので、田中さんと幸せになって欲しい!
    教授もナイスダンディーで素敵ですが、ちょっと影のあるチャラいイケメンという田中さんが好きなキャラ過ぎて〜〜
    しかもシュバちゃん以上に健気なんだもの‥

    でも勝手に予測するとフルネームが出たばっかりの存在感では教授以上に結ばれる可能性低いわな‥

    頑張って田中しゃーん!

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 それぞれのキャラや漫画の雰囲気がとても素敵です。恋愛がテーマだけどある種自己啓発本のような、いい言葉が沢山ありました。自分の性格に悩んでる人にもオススメです。

    ***

    6巻読みました。
    シュバちゃん良かったね〜(´;ω;`)
    教授にかばって貰ったり
    想いに応えて貰ったり
    シュバちゃんの周りへの感謝とか
    何度も泣きそうになりました。
    今までの呪いがひとつひとつ壊れていく…
    本当にそのようだなと思いました。
    素敵な漫画です。
    ただ最後が気になる〜
    教授そりゃ年だもんね…

  • 20

    cmoa

    64歳の教授と23歳の院生、哲学的な雰囲気、叙情的な絵柄、穏やかで静かな恋愛漫画が読めると期待して読んだのですが…全く違いました。
    教授と助手と親友(?)とで、不器用な人付き合いが苦手なヒロインをまあ、貶す貶す。いじめるいじめる。内心どう思おうが相手にぶつけた石は石だし、悪口は悪口ですよ。終いには元嫁まで出て来てヒロインをフルボッコ。
    作者は助手がお気に入りのようだし、助手タイプが好きな人は楽しめると思いますが、私は「いい年した大人の男が素直になれずに好きな女をいじめる」って幼児みたいで大っっ嫌いなので、合いませんでした。

  • 100

    cmoa

    最近のN〇Kの漫画原作のドラマ化はハズレがほぼない。この作品もシュバルツさんと呼ばれている黒系の服しか着ない元子さんという大学院院生と初老の教授の話。読み進めるうちに彼女たちの周りの方々も織り込みながら物語が進んでいくが、はたから見たらさざ波みたいな事でも元子さん自身の中では教授が絡んでいると、うねりにも似た波になり心が波うっているのがわかる。最後まで読んでいないのでネタバレに近いことも書けないが心を穏やかにしたいなら一押しの作品です。ただ残念なのはキャストがなぁ・・・教授はひげを蓄えていない俳優さんが良かった。。。

  • 80

    cmoa

    しっとりというよりじわりと来る感じ。
    まだ入り口ですが、ネタバレレビューを読む限りでは、私の欲しい結末でないかも。。
    切ない。。。

    ・・・・・・・・・

    最終巻まで読みました。
    切ない。
    誰かがコメントしてたけど、田中さんとうまくいって欲しい!

    いやぁ、いい話しすぎて言葉につまります。

    最後の田中さんのエピソードで、我慢してたわけではないけど、涙が溢れました。

    教授はきっと幸せだったはずだから、シュバルツさんにも次の段階の幸せを味わって欲しい。

    内容直結ではないので、あえてネタバレ含むにしないでおこう。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 個人的にはとても好きな終わり方でした。さみしいけれど、前を向ける清々しさを感じました。7巻に収録されてる田中さんの番外編には涙が止まらなくて、改めて私は田中さんというキャラクター、そして教授との師弟関係が大好きだなと実感しました。教授が素敵な紳士なのは当たり前だけど、田中さんだってとっても素敵な男性だと思います。
    こちらの感想でも見かけたのですが、シュバルツさんには、教授への想いごと愛してくれる田中さんと幸せになる未来があってもいいんじゃないかな。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 6巻までの主人公の努力や相手に対する想い、そこからの教授の告白シーンの流れ、鳥肌立つほど感動して泣いた。のに最後が嫌な予感させる終わりで、ラストが怖いです。本当になぜこんな美しいストーリーが紡げるのか?フィクションだからこその美しさなんだろうけれど心の機微や葛藤を描く時の描写がまた耽美でたまらなく、素晴らしい作品です。
    最終話読みました。尊いの一言に尽きます。美しい作品をありがとうございました。次作品期待します。

  • 100

    cmoa

    さすがに40の年齢差、相手はおじいさんってどうなんだろう?と思ったのですが、最後まで読んで、この結末には必要な設定でしたね。1〜2巻ではまだ年齢差への違和感が拭えませんでしたし、教授の弟子で助手の田中さんへの印象も中の下。まさか田中さんがこんなに魅力をみせてくれるとは。元子を見守る姿が一途で男らしくて、いつか元子と幸せになってほしいと願わずにはいられません。元子と教授と田中くんのそれぞれの想いが丁寧に描かれていてこの作者さんの他の著作も読んでみたいと思いました。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 先生がとても優しくて可愛いらしい。素敵な紳士でした。恋してしまうなぁ私も、としみじみと思いました。鳩のエピソードが可愛いらしくて、信用できる男性だなとそこで判断しました(笑)登場人物の葛藤や人を愛おしいと思う気持ちが丁寧に描かれていました。最後はとても寂しかったけど、それぞれが前を向いていて、読後感はけして悪くなかったです。寂しすぎてなかなか前半も読み返せないので星4です。内容はとても良いです。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 この漫画の素晴らしいところは、各年代でそれぞれ形の違う恋をしている姿が描けているところ。20代の若さ溢れる恋。30代の少し落ち着いてきた恋。50代の先を見据えた恋。60代の終わりが見える恋。若さ溢れる恋と終わりが見える恋が出逢うと、こんなにも男女間の恋愛が人間愛に近い様な形で幕を閉じるのだなと感じました。シュバちゃんには、先生への想いを共有できる田中さんと、是非幸せになって欲しい。

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 ドラマで原作の存在を知り、ドラマがとても良かったので、一部無料化されていることもあり、読んでみました。ドラマよりずっと深く、涙が止まりませんでした。アキヤマ先生の日本語こそ本当に美しいです。教授とシュバちゃんの会話は心が洗われる気がして、これからも何度も読み返したい漫画になりました。是非鎖ごと愛してくれる田中さんとシュバちゃんのその後、読んでみたいです。

ネット上のイメージ

恋愛
幸せ
感動
切ない
可愛い

イメージの近い作品(ランダム)

  • 片翼のラビリンス
    ごくフツーのぽっちゃり系女子高生・都(みやこ)。あこがれているクラスメイトの大翔(ひろと)がつきあっているのは都のお姉ちゃんの蛍(ほたる)。そんな都はある日謎の手紙とカギを手に入れます。手紙のメッセージに誘われ、カギを使うと行き着いた先は2年前の世界。もう一度恋をやり直すことになった都の運命は!? 「あやかし緋扇」のくまがい杏子が贈るタイムトリップラブストーリー開幕です!!
  • 三国恋戦記 ~とこしえの華墨~
    戦いをなくす、その先にきっと貴女がいるから。 不思議な本の力で、三国志に似た世界に来てしまった女子高生・花は、軍師・孔明の弟子として玄徳軍に身を置く事になる。孔明に導かれ、花なりに戦いに身を投じてゆくが、赤壁の戦いを経て「戦いをなくす」という目標をもった矢先、本の力でさらに過去の世界に飛んでしまい…。

イメージの近い作品(知名度:高)

  • 俺と部下の恋の先
    部下の高梨と付き合い始めたゲイの徳永。それから半年。ノンケの男、しかも人生初めてのお付き合いにいつも以上にツンデレ爆発の徳永だったが、次第に高梨の大切さを痛感するようになる。そんなある日、高梨の異動の話が持ち上がり…!?「俺と上司の恋の話」の続編が大量描き下ろしをひっさげ登場!!不器用なリーマン二人の恋の行方は…!?
  • 嘘つき達の長い夜~続・僕の可愛い酔っぱらい~
    ツリ目でチビで無愛想、年上だけど酔うと可愛い居酒屋「よき哉」板前のちぃさんと本当の恋を知らなかった天然イケメンの大学生・ヒナ。酔ったちぃさんのキスから始まった2人の関係。しかし、過去の恋愛にトラウマのあるちぃさんは、ヒナのまっすぐな気持ちをなかなか信じられずにいた。それでもヒナへの気持ちを諦めきれず、お互いに気持ちを伝え合った2人は「よき哉」のスタッフルームで初エッチ☆ ラブラブな蜜月期を過ごしていた。そんな中、ちぃさんの元彼が海外から戻り「よき哉」のエリアマネージャーに就任。元彼が現れたことにより、ヒナはちぃさんの過去の嘘と過ちを知ることになり――……。

イメージの近い作品(最近)

  • teddy bear
    春奈は成也の束縛が酷く別れてしまう。しかし成也はある病気を抱えていた…現役女子高生が書いた感涙のラブストーリー。
  • 花と悪魔
    齢200を越す大悪魔・ビビが人間界に居を構えて二度目の冬。彼が屋敷の前で拾った人間の赤ちゃんは、花のような笑顔を見せることから、“はな”と名づけられ、大切に育てられました。そして、はなは14歳になり、少しずつビビのことが気になるお年頃になったのですが…!?