© 講談社

眠ることがなにより好きな、野々宮月子と、眠ることが苦手なショートスリーパーの紅葉谷陽一の、幸せで、ちょっと美味しい同棲生活を描くオムニバスちょっとショート!

野々宮月子はいつも眠い

| 講談社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

野々宮月子はいつも眠いのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

4件のネット上の評価があります

  • 100

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 単行本が発売されるのを待っていました!
    小沢先生の描かれる絵や物語がとても好きで、購入しました。
    二人のラブラブな感じも、読んでいてニヤケてしまうし、幸せな気持ちになれました。
    後、睡眠の事や、美味しそうなおつまみとか、色んな意味で楽しめました
    今後の展開が楽しみです ▼

  • 100

    cmoa

    プチキスを読んではまって、続きをこちらで購入して読みました。ヒロインちゃんとヒーローくんがとてもかわいいです。読んでて幸せな気持ちになります。

  • 100

    cmoa

    ほのぼのカップルで癒されます。
    単行本が出たようなので買ってみました。
    早く続きが読みたい

  • 100

    cmoa

    すごくほんわか、ほっこりします。絵もかわいくてとても好きです。早く先が読みたい!!

ネット上のイメージ

可愛い
感動
幸せ
教師
ヒーロー

イメージの近い作品(ランダム)

  • メイドを拾った億万長者
    メイドのベラは朝食を運んだスイートルームで凍りついた。マッテオが女性とベッドにいる! 5年前に別れた恋人が…。故郷のシチリアを出た彼は今や実業家として名を轟かせている。ベラが働くホテルも彼が買収するらしいと噂だ。かつて18歳のベラが娼婦として売られる前日、ベラは彼に純潔を捧げ、ふたりはマフィアの支配する島を出ようと約束した。しかし、ベラは待ちあわせ場所へは行けなかったのだ。再会したマッテオは冷たい憎悪に満ちた瞳でベラをにらみ…!?
  • ハーレクイン シンデレラの屈辱
    アリストン・カバコス――キーリーは彼ほど傲慢で冷徹な男性を知らない。今やギリシア一の海運王の彼は、8年前、休暇で母親とギリシアを訪れたキーリーとの甘い口づけのあと、罵声を浴びせた。「奔放な母親と同じあばずれ」だと。そして振り向きもせず立ち去ったのだ。あの時の心の痛みは忘れられない。しかし今になって再会した彼は、キーリーを多額の報酬で雇いたいと持ちかけてきた。いったい何を考えているの? また私を侮辱する計画でもたてているというの?

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 伯爵の花嫁候補
    恋人だと思っていた男性にあっさり捨てられた田舎娘ヘンリエッタ。舞踏会の陰で悲しみにくれているとき、目を見張るような美貌の男性と出会う。彼はロンドン一のプレイボーイと評判のデベン伯爵。蜜に群がる蜂のように寄ってくる女性に辟易していた彼がなぜ私のもとに――!? デベン伯爵は警戒の目を向けるヘンリエッタに、挑戦的なまなざしを向け言い放った。「きみを誰よりも光輝く社交界の華にしてやろう」と。――ロンドンを舞台に花咲く絢爛ヒストリカル・ロマンス!!
  • ハーレクイン 子爵に片想い
    名付け親の伯爵の死の真相を探るため、令嬢ジョージアナは大胆にも少年に扮してロンドンに向かった。容疑者のひとりに名があがっていたフィンチャム子爵を追ううち、街中で突然子爵が何者かに襲われた。その場にいあわせたジョージアナは、思いがけず彼の窮地を救うことに。命を助けてくれた美しい瞳の少年に心動かされた子爵は、その正体が卑しからぬ身分の若い女性だと見抜くや好奇心を抑えきれず、ある提案を口にしていた。自分の従者として働く気はないか…と。

イメージの近い作品(最近)

  • ハーレクイン モンテカルロの愛人
    君のすべてを奪いに来たんだ。家も、財産も、もちろんその貞操も――借金を残して亡くなった父の葬儀で、マギーは2度と会いたくない男性を目にして凍りついた。彼の名はケイレブ・カメロン。ありとあらゆる手で父を追い詰め、会社と一族を破滅に追いやった世界的実業家だ。一家の将来を弄ぶかのように、彼は唇に冷酷な笑みを浮かべゆっくりとこちらに近づいてくる。彼女にはケイレブが求めるものがわかっていた。彼は半年前のあの夜を、忘れてなどいなかったのだわ!
  • ハーレクイン 一週間で恋に落ちる方法
    会計士のアマンダは友人から頼みこまれ、あるテレビ番組の企画に協力することになった。正反対の暮らしをしている他人同士が、互いの生活を交換するという内容だ。アマンダの相手はガーデンデザイナーのウィル。植物を愛し、日々の暮らしを豊かに楽しむ彼と、1日中デスクにかじりつき、数字を相手に計画どおりにいっさい事を進めるアマンダでは、まさに水と油…。ところが彼女は気づいてしまった。ウィルと出会ってから人生が生き生きと輝きだしたことに。