© 白泉社

赤ん坊のときに竹林に埋められていたのを発見されたという謎の過去を持つ少女・晶は、突然2人組の少年に連れ去られ、妖しき天女伝説が残る南海の孤島・神淵島へと連れて来られるが…!? 壮大なスケールで贈る、愛と陰謀と復讐のSF巨編!

輝夜姫

| 白泉社(出版)

立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

輝夜姫のレビューが0 件あります

レビューを投稿する

85件のネット上の評価があります

  • 50

    manga_review

    「少女マンガ」という枠を超えた非常にスケールの大きなSF大作・・・になるはずだった無念の作品。

    幼い頃、竹薮に埋められていたところを救出され息を吹き返した少女・晶。
    長じてその美貌は周囲の注目(特に同級生女子の)を集めるようになっていた・・・。
    捨て子だった彼女が引き取られた養子先で、義理の母親の実子である少女・まゆは彼女に異常なまでの執着心を燃やしていた。
    そんな彼女の家にある日二人組みの少年が忍び込んだことを発端として判明する自身の出生の秘密。
    そこには「かぐや姫伝説」にまつわる世界規模の陰謀が隠されていたのだが・・・・・・。

    この作品最初から晶とまゆの関係に象徴されるような「少女同士の愛情」を強調された作風だった。
    作者自身も5巻で「ボーイズラブが流行っている世間の風潮に対抗して描いた」とコメントしていた。

    それなのに中盤から「サットンとミラーの男同士のボーイズラブ」がやたらと強調されるようになったのは
    納得がいかない。作者が自分で言っていたことを自分自身で覆すとは!

    しかも晶の相手役と思われた「由」とは結局のところ結ばれず、かと言ってまゆと結ばれるわけでもなく、
    何と当初は本命でも何でもなかった「ミラー」と結ばれるという展開が訳分からない。

    クローン人間・遺伝子・ウイルスなどの最先端の技術を反映した展開の数々は確かに
    「少女マンガの枠組み」を大きく超えた男性でも楽しめそうな作品ではあったのだ。
    絵も「画集」が発売されるくらいに美麗。

    が、謎が結局のところ未解決のまま「放置状態」になってしまい終幕するなど、
    広げた風呂敷を上手く畳み切れていない部分が多々見受けられます。

    全27巻にも及ぶ長編となりながら、最終的には手放しで「名作!」と呼べるような作品には全然なっておりません。
    作家としての実力のある方だとは分かっています。
    が、この作品に限っては「大風呂敷を広げすぎて収集が付かなくなった」と言わざろう得ない。
    スゲー残念です。

  • 80

    manga_review

    27巻に及ぶ超大作で、賛否両論ありますが私は大好きな作品です

    最初の設定はどんどん関係なくなり。複線?謎、色々と解決されません。

    御伽噺から始まり、生贄、クローン、ドナー、世界情勢に宇宙人?

    その都度起こる解決されないけど、気になる展開を読んでいるうちにラストになります。

    この作者の独特の絵にある淡白さや、無機質さは素の見えないキャラクターにはピッタリ合い「由」のようなつかみどころのないキャラには最高に合っていると思います。

    余計なストーリーや寄り道?が多いですが、長くキャラと付き合っていくことになるので、思い入れが増しますし全員にキチンとしたストーリーが用意されているので、少年漫画には無いキャラの使い捨が無く主人公以外の話も楽しんで読めますが、一気に読まないと忘れますw

    歪んだ性格のキャラが多い漫画ですが、そのキャラの歪みに長い時間をかけて向き合い、変化していく人間模様は私は結構面かったです。

    時間をかけて数々のキャラの強い部分、弱い部分を十分に味わった中での衝撃のラストで私は号泣してしまいました。

    最後まで読まなければこの漫画の良さは絶対分からないと思います。

    27巻は長いですが、他の20巻越えの作品の中でこうもストーリーが荒れ狂う漫画はあまりないと思います。

  • 60

    sakuhindb

    <良いところ>・絵が丁寧で細かいところまでよく描かれている。・キャラクターのリアクション、表情が良い。時々織り込まれるギャグのコマがいい味出していると思います。・発想が奇抜で魅せるべきところは外さない。神淵島での犯人探し、まゆが後半変わっていく様子、楓のトラウマ描写などは巧みでした。<悪いところ>・キャラクターの性格に一貫性がない。由と晶は萌え都合であれこれ設定を動かされすぎ。・それどころじゃない場面で個人の恋愛事情を優先することが多々・・・ふざけるなと言いたくなる。・碧が幼児化&神格化されていくのに違和感を感じた。出てきた頃は一人称も「オレ」だったのに・・・。・どうして出てきたのかわからないキャラクターがいる。前半の犬連れた狩の少年とか、藤原司令官とか。<総評>竹取物語をモチーフにした神話・伝説と、天体の動きやクローン技術などの近未来要素をうまく繋げて独自の世界観を作っていました。これだけ複雑な話をよく書ききったと思う反面、キャラクター描写には納得できない点もあります。晶・由・碧は主要キャラであるにも関わらず心情が理解しづらく、不快感を覚えることが多いです。まゆ・柏木・楓など、微妙に問題のあるキャラのほうがよく描けていたと思います。BL要素は、まあお好きにやってくださいという感じ。

  • 60

    cmoa

    久しぶりに読んだけど、最初はどんな話か続きが気になって仕方ない話ですが、半ばくらいから最終回までにかけてがグダグダ感が残りますね。
    設定が変わってたり、最終回になって新たな設定が出て終わったり。
    絵柄もキャラクターも魅力的なだけに、それだけが残念な感じです。
    ネタバレになるので詳しくは書きませんが、近未来的な世界観らしいですが、最初はごく普通の現代社会に見えてます。
    月まで行くのにめちゃくちゃ到着が早いシャトルだったり(笑)
    晶は由に関心を向けられないとBに気持ちが移りまくったりで、え?そんなもんか?と突っ込みたくなります。
    設定がちゃんと固まってたら、違和感やモヤモヤがなく楽しめたかなぁ。

  • 40

    manga_review

    序盤は少年少女達が無人島で繰り広げるミステリーでした。
    その頃の展開は好きでしたが・・・
    途中から各国の要人とかドナーとか絡んで、わけわからない状態に。

    漫画を読む上でストーリーを重視する方にはお薦めできません。
    究極の行き当たりバッタリ、伏線未消化漫画です。
    ノリで描いてるような同性愛描写が多いため、好き嫌いが割れるかもです。
    でも絵は綺麗で、雰囲気を見て楽しむには良いです。

    凛としてた主人公は、途中から性格が変わってしまいました。
    「晶」に好感が持てなかったら、最後まで読むのは厳しいと思います。

  • 40

    sakuhindb

    正直ラストの展開にはがっかりでした……なんかふーん?っていう。設定変更をばんばん推し進めていって、スケールを大きくしたけれどぽしゃりました…っていう尻すぼみ感が無視できない。読み込みが浅いのかもしれないんですけど、ミラーが最後まででばって、打ちのめされるの見たさにみてたわけじゃなかったんですよ。主役のアキラがどう動くかが見たかったのに…これならボスキャラ死んだ辺りで終わった方がスッキリした気がしました。途中は素晴らしかっただけに残念な作品です。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 最近思い出して、読み返し。この作品、途中までは凄く面白いんですよね。
    しかし、作者自身もおっしゃっていましたが、途中で路線変更されましたね。人気が出て、引き延ばされたのかな?最初からあのラストを見越してたら、途中で藤原氏を死なせないよなーと思いながら読んでました。話し的に藤原の名前は重要でしょ?
    私は二番手の男が凄く好きなので、この作品も、ミラーで楽しめました。

  • 80

    cmoa

    作者さんの代表作ともいえる大作k。
    連載当時、途中までしか読んでなかったのですが、やっと全巻読破。

    壮大なスケールで話が進み、絵もすごくキレイでどんどんお話に引き込まれましたが、、、
    ラストに向かってどう話が終着するのか楽しみにしてたのに、なんかみんなイロイロ残念になってくる。。

    最初からのナゾもイマイチ腑に落ちないままエンド。
    正直ちょっと消化不良な読後感です。
    これなら、その前の名作月の子の方が好きだった。

  • 80

    cmoa

    とにかく絵の美しさ。画集を買うようなつもりで揃えました。繊細な絵でこれだけ壮大な話を作りあげていく作者に脱帽です。絵に穴がないだけに、終盤のストーリーのグダグダがかえって目につき残念でなりません。あと、ここまで引っぱったなら最後は晶と由の恋物語として完結して欲しかったーー!人類愛に昇華させたかったんでしょうが…話を広げすぎて回収できてないのが本当に残念!傑作の称号を目前にしていながら、返す返す残念!大名作。泣

  • 40

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 大筋の設定はミステリアスで素敵だけど、所々「?」っていう所が多くてねー。
    主人公が怒ったらなんで離れた仲間に伝わるのか?
    彼女は輝夜であっても、あくまで普通の人間なんだからオカシクネ?
    なんてのが最たるところでしょうか。それとも私の読みが甘いのか。

    まゆのエピソードも必要だけどくどい。

    気になって最後まで呼んだけど、絶賛するほどではない。

  • 100

    cmoa

    友人に勧められ、あっという間に最終巻まで読み終えました。
    かぐや姫の物語を下敷きにしたスケール感の大きなSF作品です。
    主人公、晶がまるで少年のような凛とした美少女で、異性愛を描いている作品にもかかわらず、どこか耽美的な雰囲気があり、少女漫画好きにも、BL好きにもお勧めできると思います。何より、ページの1枚1枚が芸術作品のような精緻な書き込みです。
    一度で2度も3度もおいしい作品です。

  • 80

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 絵が綺麗です。話が複雑なのである程度の年齢でないと難しいと思います。晶がカッコよくて序盤は百合要素もあったのに、後半は恋する女になってしまったのは残念でした。晶はラスト意外な相手と結ばれてましたが、まゆは何処に行ったのでしょうか?あれだけ晶に依存してたし、晶もまゆに何かしら気持ちがあるようだったのに。誰かまゆのその後を教えて!

  • 80

    cmoa

    なんて綺麗な絵を描く作家さんなんだろう…と思ったのが読むきっかけです。
    表紙で心を掴まれた感じです。
    ストーリーはSFっぽくもあり、サイエンスっぽくもあり、ファンタジーやラブストーリーの要素もあり、詳しくないのでうまくカテゴライズできないのですが不思議な世界です。
    個人的には純粋に、由のルックスと性格が好きです。
    なかなか懐いてくれない野生の美しい猫って感じです。カワイイ。

  • 80

    cmoa

    話が大きく良く読まないと置いていかれます。
    というか私が少しの間読まなかっただけで、すっかり置いてけぼりをくらったのですが。笑
    少しずつ読み返して読むのをオススメします。
    ストーリーはよくあるかぐや姫を題材に漫画ですが、こんなストーリーよく思いついたなと尊敬しました。
    子どもには難しいかなと思いますが、大人の男女ともに楽しめる漫画だと思います。

  • 40

    manga_review

    神淵島辺りと中国に渡ってすぐ辺りが面白かったです。

    この作者さんの漫画で面白い作品があったので、期待して読み始めたのですが、
    話が広がるだけ広がって訳が分からなくなったので、途中までしか読んでいません。
    主要登場人物の殆どが誰かに一方通行の強い好意を持っている状態にもついていけなくなりました。
    でも機会があれば、最後まで読んでみたいです。

  • 100

    cmoa

    中盤本当に凄い話なんです!!!
    ヒロインの晶が女王の様に振る舞う格好良さと、好きな人の前での強がりのギャップが好きでした。
    ちょっとBLも有ります(笑)。

    クローンや月の石、自己犠牲という壮大なテーマもあり、かぐや姫の物語とのリンクも素晴らしいです。
    何よりも本当に絵が美しいです。
    長い物語ですが、何とか頑張って読んで頂きたいです!!

  • 40

    cmoa

    絵は確かに美しいのですが、話が暗くてあまり好きではありません。チンパンジーが肉食というのは本当ですが、そんなにひどい食べ方はしないし、なんか物事を歪んで悪く書きすぎで、読んでて悲しい気持ちになりました。悲しい気持ちになりたいひとはよいとおもいますが、読後あまりスッキリもしないし一体何を書きたかったのかしら、よくわかりません。

  • 80

    cmoa

    清水先生の描かれる長編には、自由奔放で常識を無視する人が主役級か重要人物として出てきますが、由もその一人。自由に生きるというのが難しい現代人から見ると不快に思う事も多いのですが、これほどまでに魅力的に感じるのはやはり自由を求めて止まないからなのでしょうか?作者の中でも最長編です。物語半ばで大きく方向転換します。

  • 50

    manga_review

    序盤の設定はとても期待できるものだったと思います。
    画もためいきが出るほど美しいです。
    ただ、いつの間にか物語の方向性が変わってきたように思います。
    それはそれで面白いのですが、長々続いてしまった為に未消化な部分が多いまま完結しました。

    清水先生は短編など、簡潔な話の方が面白いと感じています。

  • 60

    cmoa

    【このレビューはネタバレを含みます】 まゆには終始イライラさせられましたが、とにかく絵が綺麗でした!
    壮大なストーリーにも関わらずスラスラ読めます。
    ただ最後ミラーとくっつくなら最後まで幸せにして欲しかったです。
    ミラーが不憫すぎて、晶と由が最後の最後嫌いになってしまった…(笑)

ネット上のイメージ

綺麗
教師
宇宙
幸せ
感動

イメージの近い作品(ランダム)

  • ハーレクイン 【シリーズパック】精霊の花嫁 セット
    15世紀イングランド、不思議な予知能力を持つキーリンは氏族の象徴である聖なる槍を守るため、伯父とともに故郷を遠く離れていた。旅の途中、ケルト人に襲われて父を亡くしたレクストン伯爵マーカスが、ケガ人をともなって現れる。献身的に看病するキーリン。二人の出会いが、大きな運命の歯車を動かすとも知らずに・・・!「精霊の花嫁 前編」「精霊の花嫁 後編」の2巻をまとめて収録。
  • 青夏 Ao-Natsu
    『先輩と彼女』『スプラウト』『隣のあたし』の南波あつこが描くピュアラブストーリー! 東京で合コン祭りのはずが、夏休みを田舎で過ごすことになった理緒(りお)。そこで出会ったのは、硬派だけど少しイジワルな男の子で――!? 蝉の声と川のせせらぎの中、青春よりもっと青くて熱い、夏空みたいな恋、はじまる!! 【『青夏 Ao-Natsu』1~4巻と合本版特典:映画撮影現場ルポまんがを収録しています】

イメージの近い作品(知名度:高)

  • ハーレクイン 道化師は恋の語りべ
    永遠の愛を誓いあったレディ・エリザベスと道化師タールトン。たとえその誓いが周囲に祝福されなくても幸せだった。ところが、とうとうサー・ロバートに追いつかれ、乱闘に巻き込まれたエリザベスは深い傷を負ってしまう! 自責の念にかられるタールトンと、傷をおして彼と旅を続けるエリザベス。それぞれの想いをかかえながら、ついにハンプトン・コートにたどり着く! 女王陛下との出会いが、さらなる運命へと導いて!? 殺人と罠と死と、永遠の愛の物語――完結!!
  • エデンの桜
    昭和12年、貧しい家に生まれたフキは生島家へ下働きとして仕える。生島家に住む透と出会い惹かれあう。だが、透が留守の合間フキは奉公と騙され遊郭へ売られてしまうのだった。フキと透、二人の運命はどうなるのか・・・

イメージの近い作品(最近)

  • 微笑みの日常
    強面の岩切チーフに唯一懐いている新人の麻生。無愛想な岩切はいつも笑って周囲を和ませる麻生に密かに憧れていたのだが、ある夜を境に2人の間はギクシャクし始め…?
  • 風と木の詩
    美しい少年ジルベールはラコンブラード学園内で多くの男たちと関係を持つ。そこにセルジュが学園に転入しジルベールと同室になる。セルジュの愛によってジルベールの心は開いていく。2人の切ない愛はどうなっていくのか…?少年愛のテーマを竹宮惠子先生が描きます。