© KADOKAWA

たった独りで、彼女は地獄の道を往く…! 「ゾンビ屋れい子」の三家本礼が、その本領を全面解放! 甘ったれた時代をザックザクに斬り裂く、女子中学生大暴走のウルトラ・スプラッタ・ロマン、ここに大開幕?! ※作品の表現や演出を考慮して、電子版は一部のページを加工、追加または削除しております※

血まみれスケバンチェーンソー

| KADOKAWA(出版)

84

非常に良い

7件のレビュー
立ち読み
Ebook販売元 : コミックシーモア

血まみれスケバンチェーンソーのレビューが0 件あります

レビューを投稿する

7件のネット上の評価があります

  • 60

    sakuhindb

    中学生の巨乳スケバン「ギーコ」がチェーンソーで同じく中学生の開発した様々なゾンビと戦い、首謀者である「ネロ」を倒すため進む物語。最初はソロで戦っていたギーコだが、徐々に「キンバリー」「ナグルシファー」「部長、水島」「爆谷」「ドリエ」といった共闘者が徐々に増えていく。手足が千切れ目玉が飛び出しなどというレベルの描写は当たり前、チェーンソーで縦横自在に真っ二つ。絵柄のグロさは相当なものだが、不思議とそう感じさせない。敵を倒す流れも良い。この作品を支えているのは黄金パターンの名作設定だ。無双の主人公は数多あるが、学校での立ち位置や武器、「ヨーヨー」に持ち替えたらそっくり、のギーコ。部下を大量生産してしかも微妙に寝返られたりとか「JOJO」型のボスキャラであるネロ。爆発寸前にネロの手を固定したドリエなど、「キラークイーン」との戦いそのものだ。設定どころか名場面までいろいろと食い散らかしているが、それはそれで楽しめればいい。一歩間違えると「彼岸島」になってしまいそうな内容であるが、そこが作者の力量か。それにしてもキャラがみな魅力的。メインキャラだけでなくすぐ死んでしまうMOBもしっかり作りこまれており、このような丁寧さが作品に厚みを持たせている。「収監」で終わりでも良かったように思うが、続く限りは楽しみたい。

  • 100

    cmoa

    もう、タイトルがストーリーの全てと言ってもいいでしょう(笑)。ある意味ヒロイックバトルアクションですが、ヒロインの超人的と言うか、破壊的と言うか、兎に角、ド迫力なアクションは一見の価値あり!話運びに少しだけ無理矢理感は無くも無いですが、「んな事ぁ知るか!」と言わんばかりに勢いのあるこの作品。お食事中やスプラッタに耐性の無い方以外には、御薦めします。

  • 50

    manga_review

    B級スプラッターアクションの怪作です。
    アナーキーでぶっ飛んだ世界観がたまらないです。

    サムライミとかジョンカーペンター作品好きな人は合いそうです。

    勢いや熱量で押し切る作風ですが人物描写は丁寧で、王道展開は素直に熱いです。

    改造人間などの造形も毎回楽しみです。

  • 100

    cmoa

    女の子と武器とスプラッタ、ゾンビ屋れい子と似てるのかな?と思いきやマンネリ感もなく、相変わらずのテンポの良さ、予想を裏切る展開の連続。敵の執拗さと不気味さと残酷さ、対する主人公の威勢の良さ、文句なしにハラハラドキドキ盛り上がれます。

  • 80

    cmoa

    表紙とタイトルが気になって読んでみましたが、スプラッタのシーンがはじめは見ていて痛かったです笑 読んでいくうちに色んなゾンビが出てくるしスケバンは強すぎるし笑えます。

  • 100

    cmoa

    実写映画化もされました。主人公のギーコが同級生のゾンビをぶっ殺していく痛快娯楽ゾンビストーリーです。ありえない設定ですが、ぐいぐい読ませます。

  • 100

    cmoa

    爆谷、ギーコ。

    最高すぎる…

    さらには、途中途中に出てくる個性豊かなキャラクター。

    早く先が見たくなる…